年収別。手取り額や税金の負担額を紹介

転職アドバイザー・星野

早大卒。新卒でIT関連の大手企業に入社後、営業として活躍。5年営業として勤務した後、人事に異動。採用業務に関わる。

その後、IT企業を退職して転職エージェント運営企業に転職し、キャリアアドバイザーとして求職者の転職を支援する。

現在は人材系コンサルティング会社で組織運営コンサルティングに携わり、人事的な側面から企業の経営をサポートしている。趣味は読書で、週に1冊は本を読む。

求職者・鈴木

明治大学卒。新卒で大手製紙メーカーに入社。営業として働いているが、自分のやりたいことは何かと考えるうちに現状に対して違和感を覚え、転職活動を始める。

こんにちは!転職アドバイザーの星野です!

「年収」「税金」「手取り」というワードが気になる方は、

『年収からいくら税金が引かれるのだろう…』

『年収ごとの手取りはいくらくらいだろう…』

『年収を上げるための良い方法はあるだろうか…』

と考えているかもしれません。

星野

結論からいうと

「自分が支払っている税金や手取りを把握する」には、年収と手取りの違いを把握し、年収から引かれる税金の仕組みを理解することが大切です。

なぜなら、年収と税金の関係性を理解することで、「年収を増やすこと」が可能になるからです。

そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「年収と手取りの関係性や、年収を上げる方法」に関するノウハウを全てお伝えします。

最後まで読めば、年収と税金の仕組みが理解できて、今よりも年収を増やすためのテクニックを知ることができます!

年収と手取りの違いとは?

鈴木

毎月、給料日に会社から貰う給料明細を見ていて、引かれているお金の多さに愕然とします!給料明細に記載されている金額が多くても、実際に口座へ振り込まれるお金はガクッと減ってしまうのがツライです実際に会社から支給された額と、手元に残るお金の金額が違うのはなぜなのか、イマイチわからず納得できていない自分がいます。

星野

社会人になって初めての給料日、希望と期待に満ち溢れているなか、会社から渡された給料明細を見てショックを受ける人も少なくありませんよね。それほど、給料と実際の手取りには金額の差があります。しかし、年収と手取り額の違いについて、詳しく教えてくれる会社はあまりありません。求人票にも、おおよその月収や年収は記載していますが、引かれるお金や実際の手取り額まで記載していないので、お給料を貰って初めて、年収と手取りの差に驚く人が多いのです。

年収と手取りの大きな違いとは。年収は実際に振り込まれる金額ではない。

年収は『総支給額』で手取りは『実際に受け取る金額』

年収が高くても、実際に会社から支給される金額は大きく違いますよね。

結論からいうと、年収は、会社が自分に対して支給した給料の総額のことを指します。

手取り額は、毎月口座に振り込まれたり、現金で渡されたりする、いわば「使えるお金」です。

ではなぜ、年収と手取りに大きな差が生じるのでしょうか。

それは、年収から税金や健康保険料、介護保険料、厚生年金、所得税、住民税、雇用保険料、これら6つが引かれているからです。

これらの支払額は、年収を元に決定されるため、人によって引かれる金額が異なります。

交通費は手取りに含まれない

通勤に公共交通機関を使っている人や、自家用車で通っている人は、会社が「交通費」として、定期代やガソリン代を支給してくれるケースが多いです。

ほとんどの場合、毎月のお給料にプラスして交通費を振り込む形となります。

そのため、交通費が上乗せされた分、手取り額が高くなることから、交通費は手取りに含まれると思われがちです。

しかし実際は、交通費は手取りに含まれません。

一定金額以下の交通費は通勤に必要な経費となるため、税制上も非課税となります。

そのため、手取りだけでなく年収としても交通費は含まれないのです。

年収は「支給総額」、手取りが「自由に使えるお金」という認識になります。

総支給と手取りにの金額に差があるのは、その分税金や保険料がひかれているからなのです。

年収別手取り額をご紹介。年収300万〜年収2000万まで対応

鈴木

年収と手取りが違うことは分かったのですが

税金や健康保険料の金額は、年収によって違いがあるのでしょうか。これから年収UPに向けて頑張っていきたいと思っていますが、「年収が上がるとそれだけ引かれる金額も大きくなる」と聞いたことがあって年収額で目標を立てても、ひかれる金額が分からないので、実際に手取りとしてもらえる金額が知りたいです。

星野

税金は、年収から経費を引いた「所得」から計算されます。つまり、働けば働くほど、出ていくお金も大きくなってしまうという仕組みなのです。年収が高いほど支払うお金も高くなるのは悲しいですが、手取り額ももちろんUPします。実際に、どれくらいの年収で手取りはいくらくらいなのかを知っておくと、税金が引かれたときのショックが軽減されるかもしれませんね。

年収300万円~2000万円まで。年収別の手取り額を知ろう!

年収300万円の税金と手取り

年収300万円の場合、実際の手取り額は、245万円です。年収から、所得税59千円、住民税125千円、合わせて184千円もの税金が引かれています。年間の手取りが245万円となると、月額にして20万円少し。1人暮らしならやっていけますが、家族を養うとなると現実的には生活が厳しい収入額でしょう。

年収400万円の税金と手取り

年収400万円の場合、実際の手取り額は、315万円です。年収から、所得税185千円、住民税89千円、合わせて274千円もの税金が引かれています。年間の手取りが315万円となると、月額にして26万円ほどです。1ヶ月分の手取り相当する額の税金が引かれる計算となります。

年収500万円の税金と手取り

年収500万円の場合、実際の手取り額は、398万円です。年収から、所得税254千円、住民税149千円、合わせて403千円もの税金が引かれています。年間の手取りが398万円となると、月額にして33万円程度です。手取り30万円を超えると、家族を養っていくためのお金が確保できることから安心感もあります。ただ、年収500万円は、税金の支払い額は年収の8%を占めることを考えると、その負担は多く感じるかも知れません。

年収600万円の税金と手取り

年収600万円の場合、実際の手取り額は、472万円です。年収から、所得税217千円、住民税325千円、合わせて542千円もの税金が引かれています。年間の手取りが472万円となると、月額にして39万円程度です。自由なお金が月40万円近くあるため、年収600万円は、「これくらいは欲しい」という理想の基準年収として考える人も多くいます。

年収700万円の税金と手取り

年収700万円の場合、実際の手取り額は、537万円です。年収から、所得税39万円、住民税337千円、合わせて727千円もの税金が引かれています。年間の手取りが537万円となると、月額にして44万円程度です。年収700万円は、児童手当も満額支給される年収なので、比較的余裕のある生活を送ることができます。

年収800万円の税金と手取り

年収800万円の場合、実際の手取り額は、約603万円です。年収から、所得税496千円、住民税469千円、合わせて965千円もの税金が引かれています。年間の手取りが603万円となると、月額にして50万円程度です。手取り額そのものは高いのですが、もっていかれる税金は年収の約12%と、割合もかなり高くなります。

年収900万円の税金と手取り

年収900万円の場合、実際の手取り額は、668万円です。年収から、所得税655千円、住民税548千円、合わせて1203千円もの税金が引かれています。年間の手取りが668万円となると、月額にして55万円程度です。年収1000万円を目標にしているひとにとっては、あと一歩というところ。もちろん引かれる税金も100万円を超えますが、ゆとりのある生活がうかがえます。

年収1000万円の税金と手取り

年収1000万円の場合、実際の手取り額は、737万円です。年収から、所得税822千円、住民税614千円、合わせて1436千円もの税金が引かれています。年間の手取りが737万円となると、月額にして61万円程度です。年収1000万円を目指す人もいる人も少なくないでしょう。家族構成にもよりますが、年収が1000万円に到達すると、無理なく貯金ができる余裕が生まれます。贅沢をしすぎなければ、余裕のある生活を送ることができます。

年収1500万円の税金と手取り

年収1500万円の場合、実際の手取り額は、1,039万円です。年収から、所得税210万円、住民税111万円、合わせて321万円もの税金が引かれています。年間の手取りが1,039万円となると、月額にして86万円程度とかなり高収入の部類に入ります。住宅の価格や物価が高いとされている都内でも、年収1500万円あれば不自由なく暮らしていくことが可能です。

年収2000万円の税金と手取り

年収2000万円の場合、実際の手取り額は、1,300万円です。年収から、所得税367万円、住民税159万円、合わせて526万円もの税金が引かれています。年収に対する税金の割合4分の1以上を占めています。日本の平均年収が450万円程度と言われる中、平均年収を上回る500万円以上が税金として引かれることを考えると、稼ぐほど出て行くものが大きい税収のシステムを思いらされる数字です。

年収が上がるとともに引かれる税金が多くなる。

年収を上げるための転職テクニック7選

鈴木

年収別の手取り額がいくらなのか、具体的にわかったので、目標とする年収が明確になりました!今より年収をUPさせるために、転職活動をするうえで、大事なポイントは何かありますか?

星野

目標とする年収が決まり、思い切って転職へと踏み切った決断も素晴らしいです。年収UPを目的とする場合、転職活動を始める際に、給与交渉や企業選びなどのポイントを掴んでおく必要があります。

年収をあげるためにはテクニックが必要!

以下7つのことをできる範囲で実践し、給与条件の良い企業への転職を成功させましょう!

その1 スキルや経歴を惜しみなくアピールする

企業側は、前職の給与や、転職者の経歴やスキルなどをもとに、年収を決めます。

そのため、自分の強みやスキルを惜しみなくアピールし、「会社へこれだけ貢献できる」ということを、最大限伝えましょう。

スキルや経歴が認められ、即戦力として活躍してもらえると判断した場合は、前職よりも大幅に高い年収が貰える可能性もあります。

その2 転職先でどのように貢献できるかを具体的に説明できるようにしておく

自分の価値を客観的に見て、会社に対してどんなことができるのか、入社したらどれほどの利益を生み出すことができるのかを考え、面接の際に伝えられるように準備しておくことが重要です。

「会社にとって必要な人材だ」と思ってもらえれば、企業にとって多少高いと感じる年収であっても、採用される可能性は十分あります。

その3 年収交渉は早い段階で行う

目標とする年収を達成するには、受け身でいてはいけません。年収UPのためには、「年収交渉」をいかに行うかが重要です。

年収は内定時に企業から届く、「採用条件通知書」という書類で確認できるものです。しかし、この書類が届いてからの交渉では、時すでに遅し。年収交渉は、できるだけ早く行うことが重要になります。

年収交渉を行うタイミングとしては、面接時~内定通知を貰うまでの期間になります。

その4 年収水準が高い業界や職種を目指す

職種によって、ある程度の年収相場が決まっています。

そのため、どんなにスキルや経験があっても、年収水準が低い職種の場合は、年収UPが見込めません。年収をあげるためには、年収水準がある程度高い業種への転職を目指すことが近道です。

その5 転職先の企業の業績をチェックしておく

年収は、会社の業績によっても左右されます。そのため、今まで高年収と言われ続けていた企業であっても、業績悪化により年収が下がる可能性も0ではありません。転職先企業の業績はもちろん、業界全体の需要や景気状況なども事前にしっかり調べておきましょう。

その6 福利厚生や手当が充実している企業を選ぶ

年収UPに重きを置いて転職活動を進めていくと、どうしても年収にだけ目がいきがちです。

しかし、年収と同じくらい「福利厚生の充実」は企業選びの重要なポイントとなります。たとえば、年収そのものは前職よりUPしたとしても、以前はもらっていた住宅手当が全く支給されない企業だとしたら、自由に使えるお金が減ってしまうこともあります。扶養家族に対して支給される家族手当や交通費、資格手当なども同様です。

年収額だけにとらわれず、福利厚生や各種手当などが貰えるかどうかも事前に確認しておきましょう。

その7 転職エージェントを利用する

年収をあげるためには、自分のスキルや経歴などをアピールし、希望年収に見合った人材だということを理解してもらう必要があります。しかし、主観だけで自分の価値を理解し、伝えるのはそう簡単ではありません。

そんなときに役立つのが、無料で利用できる転職エージェントです!転職エージェントは、専任のキャリアコンサルタントが在籍しており、転職希望者11人の転職活動をサポートしてくれます。

長年の取引のなかで、求人情報だけでは知りえない企業情報や、年収・昇進にまつわる詳しい情報を持っている場合もあるため、年収UPを目指すうえでかなり心強いです。

また、あなたに代わって年収交渉をしてくれることも大きなメリットです。

年収UPを目指すには、自分のキャリアやスキルを明確にし、会社への貢献度を伝えることが重要です。

また、年収だけでなく、福利厚生や各種手当などにも目を向け、トータルで自由に使えるお金が増やせるかどうか確認しながら、転職先企業を決めましょう。

【コラム】ワンランク上の年収を目指すなら転職エージェントがオススメ

鈴木

年収UPをするために、転職活動に踏み切ったのは良いものの…。

やはり一人では心細いので、転職エージェントを活用して、キャリアアドバイザーの力も借りたいと考えています。

ですが、年収UPを目指す転職となると、どの転職エージェントを利用すべきなのかがわかりません。

どこかおすすめのエージェントはありますか?

星野

転職エージェントを利用すると効率よく転職活動が進められるのでとても良い判断ですね。

転職エージェントには、「総合型」と「特化型」の2通りありますが、年収UPを目指すのなら、どちらか1つに絞らず、両方をうまく併用していくことをおすすめします。

転職エージェントは、年収調査や高年収の企業の提案も行ってくれる!

転職エージェントには、求人サイトや求人情報誌などで一般には出回っていない「非公開求人」を多く保有しています。

非公開求人は、企業にとって重要な役職や、即戦力となる優秀な人材を求めているものが多く、なかには思いがけない高条件の求人もあります。

そのため、非公開求人には年収UPという目標を実現できるチャンスがたくさんあるのです。

非公開求人の数は、転職エージェントによって異なりますので、より多くの非公開求人を持っている転職エージェントへ登録することが年収UP成功への近道となります。

大手だと、リクルートエージェントマイナビエージェントは、転職サポートも手厚く、非公開求人の保有数も多いのでおすすめです。

年収UPを実現するには、転職エージェントの「非公開求人」をチェックすることが大切です!

好待遇の高年収の求人に出会えるチャンスも高まります。