長野で転職するなら知っておきたい転職を成功させる全知識

【この記事の語り手:宮前】

阪大卒。研究熱心で、転職の知識を伝えるため転職wikiでは語り手として皆さんにプロでしか知り得ない情報をお伝えしている。

【転職活動中の井上さん】
2012年、早稲田大学を卒業。ITベンチャーに入社し、Rubyエンジニアとして5年間勤務。ITベンチャーで得られる経験やスキルに限界を感じ、自身のキャリアアップとさらなる年収アップの為に大手上場企業への転職を希望している。

「長野で転職したい!」
このように思っていてもなかなか行動に移せない人も多いのではないでしょうか?その理由はとてもシンプルで、あなたが転職に関する知識があまりないからです。
この記事では、長野で転職するために必ず知っておきたい知識を全てまとめました。最後まで読んで行動していただけたら、あなたの望み通りの転職ができることをお約束いたします。

長野で転職する特徴

長野県は人口約215万人が住む町で、中心地となる長野市には約38万人、松本市には約24万人が住んでいます。
長野は軽井沢などの避暑地が有名で、日本一長い清流信濃川が流れており、南アルプスがそびえるなど、自然に囲まれた水源豊なところです。
長野県は内陸地で周囲を8つの県に囲まれていますが、内陸地でも夏の朝晩は涼しいので過ごしやすい地形です。
ただし、冬の冷え込みが激しいので、雪を利用したスキー場が数多く点在し、冬はウィンタースポーツのメッカとなります。
豊かな自然と水源を利用した農業が盛んで、ブドウ、リンゴ、ブルーベリーなどの果実の他、シイタケ、レタス、わさび、白菜など高冷地で育ちやすい野菜や山菜も名産となっています。
また、軽井沢は避暑地として、安曇野や上高地は美しい自然が見られるということで観光名所となっており、国宝指定の松本城や善光寺も観光スポットとして有名です。
さらに、南アルプスの登山者が年中通して訪れますので長野は観光業も盛んとなっています。
そんな長野の自然をうまく利用した農業が盛んに行われている他に、カーネーションやトルコ桔梗などの花弁の出荷も盛んに行われています。

長野県は製造業・精密機械関連・小売が盛ん

長野県は製造業や精密機関連の事業が盛んです。たとえば諏訪地域では通信関係機器などを製造する精密機械関連産業が盛んです。日本一の製造数を誇る時計の製造工場やIT関連企業も多め。
諏訪地域以外も中心地となる松本市や長野市では接客業・オフィスワーク・教育関連の求人が多く見られ、建設関係や製造関係の事務は求人がとても多いため未経験からでも採用してくれる企業も多々あります。
また、小売店の店長候補やコンサルティング業の求人も豊富なため、様々な職種への転職が可能な街と言えるでしょう。総じて長野の完全失業率は全国でも低く転職しやすい街と言えるでしょう。

長野で転職するメリット

長野で転職するメリットとしては以下の5つが挙げられます。

check
長野で転職するメリット

  • 年収が高め
  • 求人が多い
  • 交通網が発達している
  • 完全失業率が全国で最も低い
  • 夏は過ごしやすくウィンタースポーツを満喫できる
1つずつ詳しく解説いたします。

年収が全国平均より高め

長野の年収は全国平均より高く、全国で第21位と言う順位になっています。
特別高い年収というわけではありませんが、物価も平均的ですので、年収が全国平均より高いので住みやすいのではないでしょうか。
転職時に年収アップを狙っている人も十分可能ですし、貯金をしていきたい人にも向いている地域だと思われます。

求人が多い

長野は観光業やIT企業、精密機械関連企業、教育関連、接客業、建設業、製造業など様々な業種からの求人募集がありますし、3,000m級の山々がそびえる南アルプスもあるため山岳救助隊などの特殊な業種の求人もあります。
そのため、県内では求人数が多く求人倍率は全国平均より上回っていますから、自分が求める職種や業種に出会うことがあるかもしれません。

交通網が発達している

長野はJR西日本、東日本、東海などの3社が入り組む街であり、私鉄もしなの鉄道、長野電鉄、松本電鉄、上田交通などもあり、県内を縦横無尽に電車が走っています。
東京や神奈川、埼玉ともアクセスが良く首都圏に行きやすい立地ですし、県内を移動するには電車、バスがあれば比較的スムーズに目的地に着くでしょう。
通勤のことを考えると、交通網が発達しているので主要都市の長野市、松本市、上野市近辺はスムーズに通えるでしょう。

完全失業率が全国で最も低い

長野の特徴的なことの一つとして完全失業率の低さがあります。
完全失業率が低いということは、働きやすい職場が多く、離職する人が少ないということです。
長年働く人が多い企業は職場の雰囲気もよく、働き手のことを考えてくれている企業が多いので、長野は比較的雰囲気のよい職場が多いと言えるでしょう。
完全失業率が全国一低い長野に転職すれば長年勤められる企業に出会えるかもしれません。

夏は過ごしやすくウィンタースポーツを満喫できる

夏は朝晩涼しいので比較的過ごしやすく、冬は冷え込みが厳しいため、その冷え込みを利用してスキー場やスケート場などウィンタースポーツを楽しめる施設がたくさんあります。
夏の過ごしやすさは避暑地として有名な軽井沢があるのでお分かりかと思いますが、長野には3,000m級の山々が15座もありますので、長い滑走距離を取れるスキー場が多く冬にはたくさんの人が訪れます。

長野で転職するデメリット

長野で転職するデメリットとしては以下の5つが挙げられます。
長野で転職するデメリット

  • 冬は交通網が麻痺することもある
  • 車がないと不便な場所もある
  • 水道代が高め
  • 夏は避暑地、冬はスキー客が訪れるので常に人が多い
  • 冬は雪下ろし必須

1つずつ詳しく解説いたします。

冬は交通網が麻痺することもある

冬は厳しい寒さになる長野では雪や風の影響で交通網が麻痺することもあります。
雪のために電車が遅れることも多くなりますし、雪国ですから大幅なダイヤの乱れはないかもしれませんが、電車がいつも通常通りに運行していると思わない方が良いでしょう。
冬は普段より早めに出勤するなど冬に対する対策が必要です。

車がないと不便な場所もある

長野は縦横無尽に電車が走っていますし、バスもありますから交通に関しては不便に感じることはありません。
しかしそれは、県内全域というわけではなく、3000m級の山が15座もあるわけですから、その周辺は車がないと行けないような場所も多々あります。
もし、職場が中心地から外れている場合は車があった方が良いかもしれません。

水道代が高め

長野はガス代や電気代などの光熱費は全国的に見ても安いくらいの料金なのですが、水道代は全国で第10位と高めです。
電気代は40位、ガス代は32位と料金は安めなのに対し水道代だけ全国で10位と高めですので生活していくのであれば節水を心がけた方が良いでしょう。
ただ、電気代とガス代が休めなので、水道光熱費全てを考えるとそこまで高くならないとは思いますが、水の無駄遣いはできるだけしないように心掛けましょう。

夏は避暑地、冬はスキー客が訪れるので常に人が多い

長野は自然豊かなところなので観光客もそこまでいないように思われるかもしれませんが全国でも有数の避暑地である軽井沢がある為、夏は避暑地として賑わいますし、冬は3000m級の山々でスキー場が開かれるためスキー客で賑わいます。
春や秋は温泉や観光地を巡る観光客が多いため、1年を通して人が多くなり、人混みが苦手な人は中心地や観光地から離れたところに住むことを考えた方が良いですね。

冬は雪下ろし必須

長野は年間に降る雪日数が多く、北海道、青森、秋田、岩手、山形、に次ぐ第6位で、東北地方の福島や宮城よりも雪日数が多い街なのです。
もちろん、これだけ雪が多ければ雪かき、雪下ろしの回数が多くなりますから、冬は雪下ろしや雪かきは必須となります。
雪国に慣れていない人は雪下しは危険ですので、誰かと共にしなければなりません。
温かい西日本から、急に長野のような雪国に来るとなると最初のうちは慣れるまで苦労するかもしれません。

長野の平均年収

年収ガイドによると、2016年の長野の平均年収は約「449万円」という統計が出ています。
つまり、日本全国での平均年収は「420万円」であるため、全国平均をやや上回る データとなっています。
また、2016年に男性と女性では次のようになっています。

平均 男性 女性
月給 31万円 34万円 24万円
ボーナス 77万円 88万円 55万円
年収 449万円 500万円 350万円

 

長野における求人倍率

リサーチfunjobの統計データによると、長野での求人倍率は「1.53倍」となっています。
ちなみに日本全国平均では「1.43倍」となっているため、長野の求人倍率は全国に比べて高めであると言えます。
長野は1年を通じて観光客が多いため観光業の求人が多くなります。
また、長野市や松本市などの中心地ではIT企業も発展してきていますし、教育関係や接客業の求人も多くなっています。
さらに精密機器の製造なども盛んに行われていますので求人が豊富にあると思われます。

長野で転職しやすい職種

長野で転職しやすいのは観光業関係の職種と、オフィスワークではないでしょうか。
観光業と言ってもスキー場が多い長野は旅館やホテルの求人だけではありませんし、中心地では企業が集中しているためオフィスワークの求人が多くなっています。
では、それぞれ詳しく解説いたします。

観光業関連

長野は観光地が多く、軽井沢などの避暑地だけではなく、南アルプスへの登山者、冬にはスキー客、安曇野、上高地、国宝指定の松本城、善行寺、日本一の清流信濃川などがあり、1年を通して観光客が多い街です。
そのため、長野には旅館やホテル、国民宿舎などの宿泊施設が多く、仲居さんや調理師、接客係、清掃、宴会関係のホール担当者など宿泊施設の求人が多い他、南アルプスを管理・整備する管理者や整備士、山岳救助隊、観光案内人、スキーのインストラクターなど観光に関わる求人が多く、人手が不足しているため転職しやすいと言えるでしょう。

オフィスワーク(事務職など)

長野の中心地である長野市や松本市、上野市は人口が多く、企業も密集しています。
IT企業、精密機械工業、製造業、教育関係、建設業が多く、企業が密集していることもあり飲食店も多いので飲食業も盛んです。
これらの企業に必要不可欠なのが事務職などのオフィスワーク系です。
特に、一般事務、営業事務、経理事務などは求人が多く、事務系の求人もこれら中心地に集まっています。
企業が多い地域のためオフィスワークに転職しやすいと言えるでしょう。

長野転職に強い転職エージェント

長野には地域密着型で求人数の多い転職エージェントがいくつかあります。
ですので、地域密着型の転職エージェントには必ず登録しておいた方が良いでしょう。
また、求人数や大企業への転職を考えると大手転職エージェントにも登録しておきたいので、地域密着型2社、大手転職エージェント1社に登録することをおすすめします。
そこで、これだけ登録しておけば失敗しない、という転職エージェントを3つご紹介いたします。
より詳しくは『長野のおすすめ転職エージェントとその選び方』の記事で紹介していますので、ご参考ください。

リクルートエージェント | 業界NO,1の最大手転職エージェント


リクルートエージェントは転職エージェント業界で業績・求人数共にNO,1の最大手転職エージェントです。
求人数が多いので、必然的に長野の求人も多く、長野だけの求人を見ると業界第3位の多さを誇ります。
公開している求人数だけでも569件あり、非公開求人は約740件と長野県での求人は実質業界トップと言えるでしょう。
大手のため、大企業との取引もあり、年収アップやキャリアアップも可能な転職エージェントです。

詳しい特徴・評判を確認

公式サイトへ

イーキュア | 地域密着型で人気・求人数共にNO.1


イーキュアは松本市に拠点がある、長野で人気NO,1の地域密着型の転職エージェントです。
求人数は圧倒的に多く、長野の求人数は約850件と業界トップを誇ります。
長野県専門の転職エージェントですので長野にしかない特別な求人も保有しており、長野に転職するなら登録しておきたい転職エージェントです。

公式サイトへ

リージョナルキャリア長野 | 求人数も多くサポート力が高い


リージョナルキャリア長野は長野県に特化した転職エージェントで、長野県内の求人数は約530件と業界第4位の多さです。
地域密着型の転職エージェントですので、長野市に拠点があり面談可能な優良転職エージェントです。
リージョナルキャリア長野はサポート力が高く、顧客満足度も第3位にランクインするなど、丁寧で親切な対応で人気の高い転職エージェントです。
転職エージェントを初めて利用する人にも丁寧に対応してくれますので初心者向けの転職エージェントと言えるでしょう。

公式サイトへ

まとめ

いかがでしたか?
長野で転職する際に必ず押さえておくべきポイントを全てお話ししました。
その中で最も重要なのが、転職エージェントを利用することです。
まずは以下の3社を利用してみて、ダメだったら他の転職エージェントを利用するといった方法を取れば最短で転職が成功できるでしょう。

  • イーキュア
  • リクルートエージェント
  • リージョナルキャリア長野

あなたの転職活動が成功することを心から祈っております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *