年収アップ間違いなし!おすすめの外資系転職エージェントまとめ

転職アドバイザー・星野

早大卒。新卒でIT関連の大手企業に入社後、営業として活躍。5年営業として勤務した後、人事に異動。採用業務に関わる。
その後、IT企業を退職して転職エージェント運営企業に転職し、キャリアアドバイザーとして求職者の転職を支援する。
現在は人材系コンサルティング会社で組織運営コンサルティングに携わり、人事的な側面から企業の経営をサポートしている。趣味は読書で、週に1冊は本を読む。
求職者・鈴木

明治大学卒。新卒で大手製紙メーカーに入社。営業として働いているが、自分のやりたいことは何かと考えるうちに現状に対して違和感を覚え、転職活動を始める。
現在妹も人生初の転職活動中で、色々と悩みを抱えている様子。兄としてサポートしてあげたい!と考えているようです。

外資系の優良転職エージェントをお探しではないでしょうか?
キャリアアップや、年収アップをするのであれば外資系企業に転職することはもはや当たり前のことですよね。
しかし、今ネット上にある情報には、素人が書いた不正確な情報が多く、信頼性に欠けるものがほとんどです。
この記事では、外資転職を5回以上行ってきた筆者が、本当におすすめな転職エージェントやその使い方、選び方など、外資転職を成功させるノウハウを包み隠さずご紹介いたします。

外資転職エージェントの選び方

外資系の企業はたくさんありますが、外資系企業に転職するのは難しいと言われています。そこで強い味方になるのが外資転職エージェントです。
では、外資転職エージェントはどのように選べば良いのでしょうか。
ここでは、選び方をご紹介していきましょう。

大手の転職エージェントに登録する

大手の外資転職エージェントは総合的な職種もあるが外資専門の部署もあるため外資の求人をたくさん持っています。
公開している求人だけではなく、非公開の求人も多いため外資に転職するなら有利です。
また、大手ということで外資でも大企業の求人を保有していますし、企業とのつながりが強いため転職したい企業の細かい情報や社内の雰囲気、どのような制度があるのかなど、大手ならではの手厚いサポートも魅力です。
さらに、外資ということで英文対策もしっかり行ってくれますので面接前には力強い存在です。
これは転職エージェントの内情的なことですが、大手転職エージェントの中でも外資系の部門は特に優秀なキャリアアドバイザーが配置されます。
外資系企業の仲介料が他の業種の企業より高いのでヘッドハンティングされたアドバイザーや業界経験のあるアドバイザーを配置しています。
そのため転職率が良く、大手転職エージェントの中でも外資系が一番売上が高いというエージェントもあります。
このような点から、外資系への転職を考えているのであれば、優秀なアドバイザーがおり、優良案件の多い大手の外資転職エージェントを利用することをおすすめします。

有名な大手外資転職エージェント

大手の外資転職エージェントと言えば「JACリクルートメント」が有名。JACリクルートメントは特に外資系に強いエージェントで世界約60か国に拠点を持っています。同社が外資転職エージェントの中でも注目されているのは、外資系の求人数・登録者数がともに転職エージェント業界でトップクラスだからこそ。緊急性のある求人を出している企業は、とにかく早く新しい人材が欲しいのです。そこで、登録者数の多い転職エージェントに求人を託します。
つまりこれから外資転職を始めるならば、大手外資転職エージェントには最低でも一社程度は登録しておくのがオススメです。

業界に特化している転職エージェントに登録する

大手の外資転職エージェントではなくても、業界に特化している転職エージェントに1社だけでも登録しといたほうが良いでしょう。
大手の外資転職エージェントに登録していれば安心ということではありませんし、業界に特化しているということは、大手にはない秘匿性のある求人を保有している可能性があります。
このような求人は条件が良いことも多く、業界特化ということで大手では知らない情報も知っていることがあるのです。
ですので、外資系に転職したい場合は、業界に特化した転職エージェントにも登録しておくと良いでしょう。
外資転職エージェントのことが色々わかったところで、ここからはそれぞれの業界に特化している転職エージェントをご紹介いたします。

おすすめの外資転職エージェント

では、ここからは実際にどのような転職エージェントがあるのかご紹介していきましょう。

大手外資転職エージェント

リクルートエージェント


リクルートエージェントは日本では業績・求人数とも第1位を誇る転職エージェントで、世界で見ても売上は第4位と非常に大きな転職エージェントです。
求人数は7万件を超え、そのうちの9割が非公開求人ということで登録しなければ見ることができません。
外資の求人も多く、特にアジアの求人数と業績は世界NO1です。
また、年収1,000万円を超えるハイクラスの求人も保有しており、外資系に転職をすると同時に年収アップを狙える転職エージェントです。
ただし、キャリアアドバイザーの質がバラバラで、能力の高いアドバイザーもいれば低いアドバイザーもいるので、どんなアドバイザーが担当になるのかは登録してみなければわかりません。
もし、登録してついたアドバイザーに不満がある時は遠慮せずにアドバイザーの交代を申し出ましょう。

詳しい特徴・評判を確認

公式サイトへ

JACリクルートメント


JACリクルートメントは国内での外資系転職業績はNO1で、世界にも8か国に拠点がります。
国内での総売り上げでも第3位という大手転職エージェントで、海外の現地採用などに強みがあります。
JACリクルートメントは外資系に強いエージェントとして有名で、外資転職専門のアドバイザーも質が高く、面接時に受ける可能性のある英文のチェックや英語のインタビューなどもしっかり対策をしてくれます。
ネイティブコンサルタントがいるということで、他の外資転職エージェントよりキャリアアドバイザーの質が高いと評判です。
ただし、求職者の能力をシビアに判断しますので、能力が低いと判断されると質の低い求人を紹介されたり、紹介数が少ないことがあります。
ですが、能力が高いと評価されれば数少ない優良案件を紹介してくれますので、これまでの経験がある人には有利に働きます。

詳しい特徴・評判を確認

公式サイトへ

ビズリーチ


ビズリーチは外資系のハイクラス求人に特化した転職エージェントで、年収2,000万円を超える求人も保有しています。
どんな企業とも取引するのではなく、厳選した約3,400社と取引があり、ヘッドハンターの質も高いと評判です。
ハイクラス転職エージェントの中でも、国内最大級と言われています。
ただし、ヘッドハンティング型なので、すぐに仕事を紹介してもらえるのではなくハンティングしてもらうのを待たなければなりません。
また、会員になるには優秀なキャリアを持つ人材だけですので、誰もが登録できるわけではありません。
それでも会員数は30万人ということですから、年収などの高さや規模を考えるとヘッドハンティングされると年収アップすると言っても良いのではないでしょうか。

公式サイトへ

薬剤師向け転職エージェント

メディサーチ


薬剤師向けとなっていますが、メディサーチは製薬会社関係の求人に強い転職エージェントです。
外資系ではありませんが、製薬会社に関係のあるMRやGMP、前臨床開発や学術研究、マーケティング、CRO、メディカルドクター、創薬、人事など製薬会社に関する様々な職種を扱っています。
現在、薬剤師が飽和状態と言われており、資格を取るのに苦労したのに就職先がない状態です。
転職するにも次の転職先が見つからないのでやめることができないという状況ですので、薬剤師向けの転職エージェントはとても心強い味方になります。
メディサーチのキャリアアドバイザーは製薬業界のことを熟知している人たちばかりです。専門用語にも強いので、自分の希望を言う時もかみ砕いて話す必要はありません。
顧客満足度も高く、メディサーチのアドバイザーは質が高いと評判です。

公式サイトへ

ヘイズスペシャリストリクルートメント


ヘイズスペシャリストリクルートメントは、薬剤師専門ではなく、外資系専門の転職エージェントなのです。
しかし、製薬業界の専門部門があるので、外資系企業も製薬業界も、どちらの求人も保有しています。
もちろん、求人数はさほど多くはありませんが、メディサーチでは取り扱っていないような、工場長や、経営幹部などの求人もあります。
MRや人事などの事務系の求人も保有していますし、外資系の専門エージェントということで、グローバルな人材を扱う転職エージェントです。
キャリアドバイザーも有能で、求職者の転職を成功させるための対策や履歴書の書き方、面接時の質問などを教えてもらえますし、企業がほしい求人情報を熟知していますので、採用率が高い転職エージェントと言えるでしょう。

公式サイトへ

金融業界向け転職エージェント

コトラ


コトラの母体は日本IBMということで大手企業が展開する転職エージェントです。
コトラは金融業界の中でも外資系金融業界に特化した転職エージェントで、コンサルタントは業界経験者なので専門知識や情報を持っており、質の高いコンサルタントと言えます。
外資系の中でも金融業界は転職がとても難しく転職エージェントの力を借りなければ難しいと思った方が良いでしょう。
転職エージェントの力を借りてもすぐに転職できるかというと難しく、短期決戦ではなく中長期決戦で考えておきましょう。
取引している企業はスタートして間もない企業から、大企業まで幅広く、様々な支援活動もしています。
そのため企業からの信頼度も高く、設立からたった10年で外資系金融エージェントと聞くと「コトラ」という名前が出てくるほどに成長しています。

公式サイトへ

ムービンストラテジックキャリア Consultant転職


転職が難しい外資系金融業界に転職するには、自分がどのくらいのレベルにいるのか、自分の能力で転職に成功するのかを知ることが大切です。
そこを分析して検討し、適切なポジションの求人を紹介してくれるほど有能なコンサルタントがいるのがムービンストラテジックキャリアです。
ムービンストラテジックキャリアは、特にM&A金融やファンド業界に特化した転職エージェントで、これらの外資系金融業界に転職したいのであれば登録しておきたいエージェントです。
外資系金融転職エージェントの中では日本で業績第1位を誇るエージェントですし、キャリアアドバイザーの質も高いと評判です。

公式サイトへ

コンサル業界向け転職エージェント

ムービンストラテジックキャリア Consultant転職


コンサルティング業界への転職を考えているなら、ムービンストラテジックキャリアのコンサルタント転職が良いでしょう。
コンサルタント業界への転職実績は業界NO1でコンサル業界経験者がアドバイザーとして在籍しているため豊富な知識と情報を持っています。
コンサルタント業界は経験者が優遇されがちですが、ムービンストラテジックキャリアは未経験でも転職できるように支援体制が整っています。
ムービンストラテジックキャリアのコンサルタント転職が日本一のコンサル業界転職エージェントになった理由は、約20年にわたり積み上げてきた実績に基づいた適切なポジションへの転職支援や、国内大手のコンサルタント企業との取り引きから得た豊富な知識、求職者のコンサルタントスキルをアップするための適切なコーチング、転職に成功するための面接対策など、優れた知識と情報、経験で多くの求職者に転職を成功させたことです。

公式サイトへ

アンテロープ


アンテローブは転職が難しいと言われている外資系金融とコンサルタント業界の両方に特化した転職エージェントです。
外資系コンサルタントに関しては求人が常にある状態で、求人数の多さも定評があります。
求人情報はM&Aや企業再生、税務や経営戦略などがあり、外資系金融業界の求人が多くなっています。
キャリアアドバイザーは業界経験者で豊富な知識を持っている人ばかりで、転職しにくい外資系金融やコンサルタント業界への転職が成功するように手厚くサポートしてくれます。
チャレンジすることが大切とホームページでも謳っているため、未経験でも入念にヒアリングし、その人に合ったポジションへ転職できるようにスキルアップへのアドバイスも行ってくれます。

公式サイトへ

コンコード


コンコードはムービンストラテジックキャリアやアンテローブに比べると転職エージェント自体の質は落ちますが、より求職者に近い目線で親身になって相談にのってくれます。
コンコードの面接対策はとても丁寧で、何度でも行ってくれますし、面談も何度も行い求職者の要望をなんとか満たしてくれようと努力してくれます。
コンコードが面接対策をこれほど丁寧にするのにはわけがあり、コンサルタント業界は面接の難易度がとても高いのです。
そのため、何度も面接対策をして、面接対策は必須と言っても良いほど大切なものです。
コンコードは企業への対応も丁寧で、コンコードしか持っていない求人も多々あります。それだけ企業から信頼されている転職エージェントですので、特別案件を数多く保有しています。

公式サイトへ

消費財向け転職エージェント

アズール&カンパニー


アズール&カンパニーは外資系の中でも消費財業界に強い転職エージェントです。
実は案件のうちの8割が外資系ですので、特に外資系に強いエージェントと言えるでしょう。
その中でも消費財に強いとうことで公にできるほどですから、常に求人は400件以上保有しており、外資系消費財業界とのパイプも太いため豊富な情報量があります。
P$Gやロレアルなど大企業との取引もあり、転職が難しい外資系の中でも大企業への転職が期待できる転職エージェントです。
アズール&カンパニーが扱っているカテゴリーは、ラグジュアリー、ファッション、ビューティ、スポーツ、アウトドア、流通、通販、日用消費財(FMCG)、EC、ストアスペシャリストなどがあり、質の高いキャリアアドバイザーが適切なポジションへの転職に尽力してくれます。

公式サイトへ

製造業界向け転職エージェント

ISSコンサルティング


ISSコンサルティングは外資系の中でも製造業に特化した転職エージェントで、特に強いのが機械・化学・搬送業界に強いエージェントとなっています。
コンサルタントは業界経験者で内情も知っているため転職成功への強い味方となってくれます。
また、求人内容も年収800~1,500万円とハイクラスの求人を保有しており、ボッシュや日本GE、シーメンスなど世界でもトップ企業との取引があります。
世界トップ企業となると転職をするのはとても難しくなりますが、これらの企業とのパイプが太いため転職が可能となっています。
ISSコンサルティングが特に強いのは製造業界ですが、そのほかにも消費財や高級材、コンサルティングファーム、製薬業界や医療機器業界、ITや金融業界など幅広い外資系企業への転職が可能となります。
外資系製造業に強みのある転職エージェントは少ないので、業界でも評判がよく、世界トップの企業と取引のあるISSコンサルティングには登録していて損はないでしょう。

公式サイトへ

転職エージェントの使い方

せっかく転職エージェントを利用するのなら、最大限活用してあなたにとってプラスになるようにしたいですよね。
しかし、転職エージェントはあなた以外にも実に多くのユーザーを抱えており、転職に積極的でないと相手にされないこともあります。
転職エージェントはほとんど任せっきりのサービスではありますが、主体的に行動したり事前に活用する知識があるだけで、圧倒的に有利に転職を進められます。
そこで、ここでは転職エージェントをフル活用する方法をご紹介します。
ここを読めば、周りの転職希望者に圧倒的な差をつけられることをお約束いたします。また、より詳しい使い方につきましては、下記記事をチェックしてみてください。

転職エージェントの流れ

まずは転職エージェントを利用した際の、大まかな流れを把握しておきましょう。
転職エージェントのサービスはどこのエージェントも大体以下のような流れになります。

check
サービスの流れ

  1. 登録後、キャリアコンサルタントからメールもしくは電話で面談の案内をされる。
  2. あなたのキャリアや、転職条件の希望などに関することをキャリアコンサルタントと面談。
  3. 求人紹介(非公開案件含む)や企業情報を紹介してもらう。
  4. 面接のテクニックや職務経歴書の添削など、内定をもらうための指導の実施。
  5. キャリアコンサルタントとの面談後、企業への応募、日程調整を行う。
  6. 内定獲得後、円満退職のアドバイスや入社日の調整をキャリアコンサルタントが行う。
このように、転職エージェントではほとんどの転職に関わる部分をキャリアコンサルタントが代行してくれます。

転職エージェントをやる気にさせる方法

転職エージェントも企業なので、利益を出すことに必死です。
先述した通り、転職エージェントはユーザーを転職に成功させて初めて利益を得ることになります。
つまり、あなたが本当に転職してくれそうであれば転職エージェントは必死であなたをサポートしてくれるようになります。
主に転職エージェントをやる気にさせる方法としては下記の4点がかなり有効です。

check
転職エージェントをやる気にさせる方法

  • 「良い求人があればすぐにでも転職を考えております。」と伝える
  • 前の会社の退職理由を素直に話しすぎない
  • 事前連絡なしに面談に遅刻しない
  • 経歴などを詐称しない
それぞれ1つずつ詳しく解説いたします。
check
「良い求人があればすぐにでも転職を考えております。」と伝える
転職エージェントも、すぐに高い年収の転職をしてくれるとなればあなたをより大切に丁寧にサポートしてくれるのは間違いありません。
そのため嘘でもこのように言っておけば、キャリアコンサルタントはあなたの転職を支援してくれる支えになります。
check
前の会社の退職理由を素直に話しすぎない
もし前の会社での退職理由が「つまらなかったから」「上司と喧嘩したから」などのような、あなたが簡単に会社を辞めてしまうような人材と判断してしまうと、以下の理由がありエージェントはあなたをサポートしてくれなくなるかもしれません。

  • 転職先をすぐに退職してしまうと、エージェントは罰金を払わなくてはいけない
  • 企業との仲が険悪になり、今後の取引に悪影響を及ぼす
check
事前連絡なしに面談に遅刻しない
時間にルーズだと思われてしまうと面接本番でも遅刻してしまう恐れがあるので、良い求人を紹介してくれなくなります。
人間的にも、遅刻するような人とはあまり関わりたくないですよね。面談での詳しいポイント等はこちらを参考にしてください。
check
経歴などを詐称しない
キャリアコンサルタントの間で、「前言ってた経歴と違う」なんて言葉が噂で流れます。
経歴を詐称してしまうと、何に対しても嘘をついてしまうのではないかと警戒して良い求人を紹介してくれなくなります。

転職エージェントを使う上で注意すること

転職エージェントを賢く使う上で、転職エージェントをやる気にさせる以外に以下に注意しておかなければなりません。

check
転職エージェントを使う上で注意するべきポイント

  • 複数の転職エージェントに登録する
  • キャリアコンサルタントは自分に合う人を探す
  • 面談前から自分の経歴をエージェントに伝えておく
  • 1案件1サイトを徹底する
それぞれ1つずつ詳しく解説いたします。
複数の転職エージェントに登録する
1つの転職エージェントに頼ってしまうと1人のキャリアコンサルタントに頼ってしまうので、どうしても知識や案件が偏ってしまいます。
そのため、複数の転職エージェントを利用することで複数のキャリアコンサルタントから様々な案件を紹介してもらえ、客観的に良い案件を見つけることができ、より良い転職が出来ます。
弊社では、総合型転職エージェントを3~5社、特化型転職エージェントを1~2社登録することをおすすめしています。より詳しくは下記記事にて解説しておりますので、気になる方はチェックしてみてください。
キャリアコンサルタントは自分に合う人を探す
転職エージェントを利用する際に最も重要なことは、キャリアコンサルタントとの相性です。
どんなに優秀なコンサルタントでも、あなたが嫌だと思ってしまったら疑いが止まらなくなってしまいます。
なので、合わないと感じたらすぐにでも担当のコンサルタントを変えてもらうようにしましょう。


担当の変更申請メール例
お世話になっております。御社から転職のコンサルを受けさせて頂いている○○と申します。
現在、担当をして頂いている○○様には大変お世話になっており、丁寧なご対応を頂いている
ので大変感謝をしておりますが、他の方のご意見も参考にさせていただきたく思っておりま
す。
調整の方が可能でありましたら、志望しております○○業界に精通していらっしゃるアドバイ
ザーの方とお話をしたく考えております。
お手数をおかけし恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い致します。


面談前から自分の経歴をエージェントに伝えておく
はじめての面談を行う際に、あなたの職歴等をそこで聞いても案件を紹介することは可能です。
しかし、面談の前の登録する段階で自分の経歴やスキルについて書いておけば、担当するコンサルタントも事前に案件を準備することができ、紹介するスピードも案件の数も圧倒的に良くなります。


【会社名・部署・役職】○○株式会社:WEBマーケティング部:部長
【職務内容】約5年ほどマーケティングを担当。その後WEBマーケティング部の立ち上げに参画し部長に約10年ほど就任。12名のマネジメントを経験。
【保有資格・スキル】SEO、PPCによる広告運用、SNSにより広告運用などのWEBマーケティング全般知識。
【今後の仕事の希望】現職ではとても大きなチームで動いており、3人で出来るようなことを約10人体制で動いていることに嫌気が差し、もっと刺激のある職場で働きたいと思っておりました。そこで、ベンチャーのWEBマーケティング部であれば少人数体制でよりハイレベルなスキルが身につくのではないかと思った次第です。転職初心者なので何から始めたら良いのか、何を行動した良いのか全くわからない状態なので、ぜひともご相談させてください。
【希望勤務地】東京都内
【希望年収】現状年収750万円ほどですが、高度なSEOを学べる環境であれば、500万円程度までの減少は覚悟しております。


1案件1サイトを徹底する
良くあることなのですが、複数の転職エージェントを利用していると、どうしても同じ企業に複数の転職エージェントから利用してしまうという、案件の被りが生じてくることがあります。
これは担当のコンサルタントに不快感を与えてしまい、破談となってしまったり最悪の場合はもう案件を紹介して盛らなくなることがあります。
そのため1案件1サイトを徹底できるように、しっかりと応募した案件を管理してください。

まとめ

いかがでしたか?
外資転職エージェントを選ぶ際には、きちんと自分に合った総合型転職エージェントと、特化型転職エージェントを選ぶようにして下さい。
そのためまずは試してみることが重要で、そこで合わないと感じたのであれば次、といった感じに利用することをおすすめします。
転職活動をしている方、これからされる方の転職がうまくいくことを陰ながら祈っております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *