マイナビジョブ20’sの評判とは?メリット・デメリットも公開

「20代で就職活動をしている」

「はじめての就職活動なので勝手が分からない」

「はじめての就職先は大手に就職したい」

このようなお悩みの方におすすめの転職エージェントマイナビジョブ20’sの評判と特徴などについて紹介をしています。

20代で就職活動をこれから始める方には、ピッタリの転職エージェントになるので本記事で参考にして就職活動に生かしましょう。

目次

マイナビジョブ20’sとは

鈴木

私は現在20代で、就職活動をしていますが上手くいきません。20代に特化した転職エージェントなどはあるのでしょうか?

鈴木

20代で就職活動中の方には、マイナビワークスが運営する「マイナビジョブ20’s」という転職エージェントがおすすめです。
マイナビジョブ20’sは、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントです。

大手のマイナビグループだからできる、プロのキャリアアドバイザーが、お仕事をご紹介します。

求人企業様から依頼を受けている求人も全て「20代の若手社会人」を必要としている求人です。

マイナビジョブ20’sの特徴は2つあります。

  1. キャリアアドバイザーの徹底したサポート
  2. 適性診断で客観的に自分を分析

キャリアアドバイザーの徹底したサポート

マイナビジョブ20’sでは、カウンセリング、書類添削、面接対策、求人紹介などをサポートを徹底しています。

20代専門のサービスになるため、始めての就職活動になる方が多いが、年間45,000人以上の20代が登録をしており、(※1)さらに就職した企業編への定着率は96,8%にもなります。(2018年10月31日~2019年9月1日現在 ※2)

※1 マイナビジョブ20’s 登録数

※2 マイナビジョブ20’s 定着率

適性診断で客観的に自分を分析

マイナビジョブ20’sでは、数千人が受ける信頼性の高い適正診断を受けることができます。

診断を受けることにより、いままでに自分で気づかなかった強みを発見することができ、就職活動に生かすことが可能です。

既卒に特化したマイナビジョブ20’sアドバンスもある

今回紹介するマイナビジョブ20’sには、マイナビジョブ20’sアドバンスといった転職サービスがあります。

サービスを利用出来る条件などが異なりますので事前に確認しておきましょう。

エージェント 条件
 マイナビジョブ20’s 20代であれば登録可能
 マイナビジョブ20’sアドバンス 2019年4月から2020年3月までに4年制大学、大学院、専門学校、短期大学を卒業した就職未内定者の方

参照:https://mynavi-job20s.jp/advance/

既卒であれば、マイナビジョブ20’sアドバンスに登録し、20代で転職を考えている方はマイナビジョブ20’sに登録するのがおすすめです。

マイナビジョブ20’sの求人数

鈴木

マイナビジョブ20’sには、既卒特化のものと20代全般向けのエージェントがあると理解できました。マイナビジョブ20’sはどのような求人が多いのでしょうか?

鈴木

マイナビジョブ20’sでは、一般の求人サイトでは公開をしていない非公開求人も多いのが特徴です。どのような求人が多いのか見ていきましょう。
マイナビジョブ20’sには、現在公開されている求人で全1868件の求人があります。(2020年10月時点※3)

これらの求人情報を職種別、地域別にまとめましたので参考にして下さい。

※3 マイナビジョブ20’s 求人数

マイナビジョブ20’sの求人職種別

マイナビジョブ20’sの求人数を職種別に調査しました。自分の希望の職種がどれくらいあるか確認して見ましょう。

業種
 求人数(2020年10月時点※4) 
   割合   
営業 642件 約29%
事務・管理・企画・経営 285件 約15%
販売・フード 90件 約4%
美容・ブライダル・ホテル・交通 6件 約1%以下
WEB・インターネット・ゲーム 47件 約2%
クリエイティブ 25件 約4%
ITエンジニア 316件 約1%
電気・電子・機械・半導体 166件 約9%
医薬・食品・化学・素材 81件 約4%
建築・土木 165件 約9%
コンサルタント・金融・不動産専門職 45件 約2%
医療・福祉 15件 約2%
保育・教育・通訳 27件 約1%
その他 104件 約6%

マイナビジョブ20’sでは、営業職や事務職の職種が大半を占めています。

また、マイナビジョブ20’sは非公開求人も多く扱っているため、登録後アドバイザーに自分の希望の職種をしっかり伝えれば、非公開求人を紹介してくれるケースもあります。

※4 マイナビジョブ20’s 職種別求人数

マイナビジョブ20’sの求人県別TOP5

マイナビジョブ20’sの求人数が多い都道府県をまとめました。

マイナビジョブ20’sの拠点が東京・大阪・名古屋なので都心部の求人が中心となります。

都道府県 求人数(2020年10月時点※4)
東京 854件
大阪 481件
名古屋 338件
神奈川 284件
埼玉 207件

※4 マイナビジョブ20’s 地域別求人数

マイナビジョブ20’sのメリット

マイナビジョブ20’sのメリットは3つあります。

メリットを加味した上でマイナビジョブ20’sを利用するか検討してみましょう。

  1. 20代に寄り添った求人が多い
  2. 20代の就職に特化したキャリアアドバイザーが在籍
  3. 求人の質が高い

20代に寄り添った求人が多い

マイナビジョブ20’sの求人は、20代に寄り添った求人が多いのが特徴です。

未経験OK、残業少なめなど現代の20代が求めるような求人が多いといったメリットがあります。

20代の就職に特化したキャリアアドバイザーが在籍

マイナビジョブ20’sのキャリアアドバイザーは、20代の就職のみに特化したプロのみが在籍しています。

別の転職エージェントのアドバイザーは、様々な年代のユーザーを担当することが多く、キャリアアドバイザーのスキルにもバラつきがありますが、マイナビジョブ20’sは全員が20代の就職サポートのプロとなるので、安心して活動ができます。

求人の質が高い

マイナビジョブ20’sの求人は質が高く、マイナビジョブ20’s独占求人などを含め、約8割は非公開求人となっています。

そのため、大手に求人なども多く、20代でも条件の良い求人に応募することが可能です。

マイナビジョブ20’sのデメリット

マイナビジョブ20’sにはデメリットが2つあります。

デメリットも加味した上で利用を検討しましょう。

  1. 求人やセミナーは首都圏や地方都市中心
  2. 20代後半のキャリアアップには向かない

求人やセミナーは首都圏や地方都市中心

マイナビジョブ20’sの求人の多くは、首都圏や地方都市が中心となっているため、地方住みの方だと就職活動が難しくなります。

マイナビジョブ20’sでは、20代向けにセミナーなども定期的に開催していますが、これも首都圏や大阪などの都市中心となっています。

20代後半のキャリアアップには向かない

マイナビジョブ20’sの求人は、質が良いものが多いですが、20代前半でキャリアを積んできて、20代後半でキャリアップのために活動するというような求人は少ないです。

キャリアアップをしたいという方は、別の転職エージェントを利用する方が良いでしょう。

マイナビジョブ20’sが向いている人

鈴木

20代であればマイナビジョブ20’sに登録をしておけばいいのでしょうか?どんな人がマイナビジョブ20’sに向いていますか?

鈴木

20代で始めての就職活動となる、または就職活動の経験が浅い方には、マイナビジョブ20’sがピッタリといえます。他にもどんな人がマイナビジョブ20’sに向いているか紹介をします。
マイナビジョブ20’sは下記のような方に向いています。

  • 初めての就職活動で右も左も分からない人
  • 既卒、第二新卒で会社面接を受ける前に対策をしっかりやっておきたい人
  • 客観的な自己分析のために適性検査を受けておきたい人

初めての就職活動で右も左も分からない人

初めての就職活動で右も左も分からない人は、マイナビジョブ20’sに向いているといえます。

就職活動では、履歴書やエントリーシートなどの書類の作成や企業研究などやることは非常に多いです。

これをはじめての方が全て一人で行うのは、非常にハードルが高くなりますが、マイナビジョブ20’sを利用すれば、書類の添削などのサポートも受けられるため安心して就職活動をすることが可能です。

【関連記事】

転職エージェントとは | はじめての女性に贈る転職エージェントのトリセツ

既卒、第二新卒で会社面接を受ける前に対策をしっかりやっておきたい人

既卒、第二新卒で会社面接を受ける前に対策をしておきたい人には、マイナビジョブ20’sが向いています。

面接対策などは自分一人行うことが難しいですが、マイナビマイナビジョブ20’sを利用すれば、プロから面接対策のアドバイスがもらうことができます。

会社面接に自信がなく、対策をしっかりやっておきたい方にもマイナビジョブ20’sは向いているといえます。

第二新卒の転職理由は面接で必ず聞かれる!ポジティブに伝えて転職を成功させよう

客観的な自己分析のために適性検査を受けておきたい人

就職活動前に自己分析を行っておきたいという方にもマイナビジョブ20’sは向いています。

マイナビジョブ20’sの適性検査は、非常に精度が高く、自己分析に最適です。

会社面接などでは、いかに自己分析が出来ているかで勝負が決まるといっても過言ではないため、マイナビジョブ20’sの自己分析を受けたいという目的でエージェントに登録するのもおすすめです。

マイナビジョブ20’sの登録から内定までの流れ

マイナビジョブ20’sに登録してから内定までの流れを紹介します。登録から内定までは、5つの工程に分かれます。

  1. 申し込み
  2. 個人カウンセリング
  3. 求人に応募
  4. 面接
  5. 内定入社

申し込み

WEBサイトより申し込みをします。自分の登録情報(電話番号・メールアドレス)を間違えて登録すると、アドバイザーからの連絡がもらえないので、しっかり確認していから登録をしましょう。

個人カウンセリング

登録後、マイナビジョブ20’sのキャリアアドバイザーから連絡があり、個人カウンセリングを行います。

カウンセリングは、電話などでも可能です。自分の就職の希望条件を伝えましょう。

求人に応募

自分の希望条件などをキャリアアドバイザーと相談しながら応募する求人を決めていきます。

応募する際の履歴書などの添削もキャリアアドバイザーがしてくれます。

面接

求人に応募し、書類選考に受かれば、面接です。こちらから希望すれば、面接対策なども行ってくれます。

内定入社

無事内定が決まった後も、給料交渉や入社日の調整などもマイナビジョブ20’sのキャリアアドバイザーが行います。

マイナビジョブ20’sでは断られる可能性がある?

鈴木

先日、マイナビジョブ20’sの評判を検索したところ、断られて求人が紹介してもらえなかったという口コミを拝見しましたが本当なのでしょうか?

鈴木

マイナビジョブ20’sでは、条件によっては求人が紹介できないので、お断りをするケースもあるようです。どのような方が断られやすいのか見ていきましょう。
マイナビジョブ20’sが利用できないかもしれないケースを紹介します。

求職者に対して職業を紹介会社が利用を拒否することは法律で禁止されていますが、求人が紹介できないケースも中にはありますので見ていきましょう。

20代ではない方

マイナビジョブ20’sは、20代・第二新卒・既卒向けの転職エージェントのため、20代以外が登録をしても紹介できる求人がなく、実質断られてしまうといったケースになります。

サポート対象外の方は、別の転職エージェントを利用するようにしましょう。

地方住まいの方

マイナビジョブ20’sの拠点は、東京と大阪と名古屋がメインになっており、マイナビジョブ20’sの求人はこの付近地域のものがほとんどです。

マイナビジョブ20’sが求人を取り扱っている地域は下記の通りです。

  • 首都圏(東京・埼玉・千葉・神奈川)
  • 関西圏(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀)
  • 東海(愛知・岐阜・三重)

こちらの地域以外に住まいの方は、マイナビジョブ20’sから紹介できる求人がないので、結果断れらるといったケースになる可能性があります。

希望条件と合わない場合

就業経験の内容や希望条件によっては求人紹介ができないため、マイナビジョブ20’sが利用できないケースがあります。

非公開求人については、一般に公開しないことを前提に求人企業から預かっているので、経験内容・スキルなどが合致しており、応募可能であると判断した方のみに開示しています。

マイナビジョブ20’sの良い評判

調査概要

  • 調査日:2020年10月1日〜28日
  • 調査対象:マイナビジョブ20’sを利用したことのある方
  • 調査方法:インターネットリサーチ

欲しいサービスが揃ったエージェント(23歳・男性)

★★★★★

自分の強みとマッチする求人を紹介していただき、助かりました。選考に進んでからも面接でよく聞かれる質問を事前に教えていただいたので、しっかり面接対策ができました。また、不合格になった場合でも、理由を教えてくださるので、納得して転職活動を進めることができます。

担当者の方が親切(24歳・男性)

★★★★☆

登録してしばらくすると担当者から連絡があり希望する職種など条件など聞かれて希望する条件に合う会社を紹介してくれました。担当者さんが親身になって聞いてくれ面接対策までしてくれたのでとても助かりました。とても良い転職サイトです。

20代が利用しやすい(39歳・女性)

★★★★★

20代の頃に利用しましたが、20代に強い転職サイトだけあって未経験でも大丈夫な案件も多いのが特徴です。適正診断による的確なアドバイスもあり、初めての転職活動でしたが安心して臨むことができました。

マイナビジョブ20’sの悪い評判

自分でお仕事探せます(26歳・男性)

★☆☆☆☆

求人を送ってくるのみであり、個人的に良かったよかったとは思いません。ただし、自身の住居やキャリアといったスペックが弱かったため献身的なフォローがいただけなかったことも考えられるので頭ごなしに転職エージェントがダメとはいうつもりはありません。個人的にハローワーク=転職エージェントという感じです。

あまり興味ない案件ばかり紹介されました(26歳・女性)

★★☆☆☆

登録時の面談は、今後の流れなどを細かく丁寧に説明していただきました。しかしいざ転職活動を始めると、自分が伝えた条件とは全く違う案件ばかり紹介されました。そのことを伝えると、その条件だと厳しいのでもう少し色々な案件を見てほしいと言われました。それだったら面談の時に言ってほしかったです。

結局今の仕事に(38歳・男性)

★☆☆☆☆

今の仕事がもういやだと思い登録したが朝から晩まで仕事で掛けて来てくれた電話も仕事中で全然話せず結局何も進展なく終わってしまった。仕事が終わってからなどの夜間対応などもあればいいなと当時は思った。

マイナビジョブ20’sの よくある質問

マイナビジョブ20’sによくある質問を紹介します。

今すぐ転職するつもりはないのですが、登録できますか?

登録できます。具体的な転職時期が決まっていない20代・第二新卒の方々にも登録してもらって大丈夫です。

マイナビ転職との併用は可能ですか?

併用可能です。マイナビジョブ20’sは20代の転職希望者に向けられたサイトで、求人は20代・第二新卒を対象としています。

対象は違いますが、マイナビ転職とジョブ20’s両方利用する方も多くいます。

全て無料でサービスを受けられますか?

全て無料でのサービスを受けれます。

マイナビジョブ20’sは求人企業からの採用コンサルティングフィーで運営されているため、 面接対策や書類添削など無料でサポートすることが出来ます。

地方在住ですが、マイナビジョブ20’sのサービスを利用できますか?

利用可能です。オフィスは東京、名古屋、大阪にありますが、メールや電話での求人紹介や転職活動のサポートをおこなっています。

ただし、求人がご紹介できない可能性もあるので注意が必要です。

フリーターでもマイナビジョブ20’sに登録できますか?

利用可能です。既卒・離職中・フリーターの方向け企画セミナーなどの開催もしています。

マイナビジョブ20’sと併用すべき転職エージェント

最後にマイナビジョブ20’sと併用すべき20代向けの転職エージェントを紹介します。

転職エージェントは一社に絞るのではなく、併用した方がより多くの求人に応募ができるので合わせてマイナビジョブ20’sとは、別の転職エージェントの登録も検討してみましょう

リクルートエージェント

引用元:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、業界最大級の非公開求人を保有している転職エージェントです。

面接通過率35%アップの対策なども用意しており、20代で大幅な年収アップにチャレンジしたい方におすすめの転職エージェントになります。

doda

引用元:https://doda.jp/

dodaは、20代のサポートに強い転職エージェントです。求人数も6万件を越えており、大手などの高収入の求人も多く扱っています。(2020年10月26日現在 ※5)

転職をしたいが何から始めていいのか分からない方にもおすすめの転職エージェントです。

※6 doda 求人件数

まとめ

マイナビジョブ20’sの評判や特徴について紹介しました。

これから就職・転職活動を考えている20代にとってマイナビジョブ20’sは、非常にメリットにある転職エージェントになります。

また、転職エージェントは併用して利用することによりメリットがどんどん大きくなるので、いくつかの転職エージェントに登録をして活動をしてみましょう。