webデザイナーに資格は必要?身につけるべきスキル、仕事内容について詳しく解説

未経験からwebデザイナーを目指す場合、取得しておきたい資格はあるのでしょうか?

この記事では未経験者のために、仕事内容と流れ、身につけるべきスキル、資格の必要性などについて紹介しているので、webデザイナーに進むための参考にしてください。

目次

webデザイナーとはどのような職種か

鈴木

彩色など何かのデザインをすることが好きなので、webデザイナーになりたいと考えています。
どのような仕事をしているのか、詳しく教えてください!

鈴木

webデザイナーは、webサイト制作のなかでもデザインを担当する職種です。
まずは具体的な仕事内容や、webデザイナーに求められるスキルについて解説しますね。

webサイト制作に携わる職種

webデザイナーはツールやプログラミング言語を駆使して、webサイトのデザインを行う職種です。

クライアントから制作するサイトの要望を聞き出し、使用用途や制作目的に沿うようなwebサイトを制作することを目指します。

また、他者から見た使いやすさや見やすさなど、webサイトの体裁を整えることも業務内容に含まれます。

webデザイナーの仕事は、クライアントからwebサイトの制作依頼を受ける「受託制作」と、在籍している企業のwebサイトを制作する「自社制作」に大別されます。

webサイト制作に関わる高度なスキルや、商品・サービスなどへの深い理解が求められるケースがある点も特徴的です。

また、クライアントへのヒアリングや提案段階から、営業担当者とともに行動することもあります。

資格が必要な職種ではない

webデザイナーになるために特別な資格は必要ありません

資格を取得していない場合でも、webデザイン系の仕事をしていれば「webデザイナー」と名乗ることは可能です。

webデザイナーはスキルやセンスを問われる職種であり、資格なしでも業務を遂行すること自体はできるでしょう。

資格は必要ありませんが、デザイン業務に必要なPhotoshopやIllustratorなどのソフトに関する知識は必要です。

また、webサイト作成の際はコーディングやプログラミング言語についての知識も求められるため、webデザイナーを目指している人は勉強しておきましょう。

webデザイナーに求められるスキル

鈴木

どのようなスキルがwebデザイナーには求められるのでしょうか?

鈴木

クライアントの意向に沿ったものを正しく表示させ、かつ美しく作り上げるスキルがwebデザイナーには求められます。

デザイン力

webデザイナーには、美しい見た目と使用用途に即した機能性をあわせもつwebサイトを制作する能力が求められます。

クライアントの要望から、webサイトにあらかじめ備えておきたい機能などをあぶり出していき、全体の構成を組み立てていくのです。

コーディング・プログラミングスキル

デザインしたものをwebサイトとして正しく表示させるために必要な能力です。

HTML・CSS・JavaScriptなど使用する言語は幅広いものです。

加えて近年ではSEOに関する深い知識も求められる傾向にあることを覚えておきましょう。

提案力

制作したいwebサイトのコンセプトが定まっていないクライアントに対しては、webデザイナーからwebサイトの機能性などについて提案することもあります。

使用用途や制作目的をクライアントから自然に引き出すヒアリング能力も、あわせて身につけておきたいスキルだといえるでしょう。

工程管理能力

webサイトの制作現場では、各ステップに応じて工数などが定められています。

そのため、納期までにきちんと納品できるよう、各々がスケジュール管理する必要があるのです。

トラブルや対処法もある程度想定しておくと、後々工程管理しやすくなります

webデザイナーが資格を取得するメリット

鈴木

求められるスキルは多いですが、資格は必要ない職種なのですね。
それなのに資格を取得する意味はあるのでしょうか?

鈴木

webデザイナーが資格を取得するメリットは多くありますよ。
ここでは2つの観点から見ていきましょう。

webデザイナーに必須の資格はありませんが、資格の勉強によって得られるメリットは多いものです。

ここでは、資格を取得するメリットについて解説します。

資格勉強で必要なスキルを体系的に習得できる

webデザイナーは使用するツールが多いことに加え、各ツールに対して深い理解が求められる職種です。

webデザインの知識はインターネット上にも出回っていますが、断片的な知識ばかりで挫折してしまう人が多くいます。

しかし、資格取得の勉強をすると、Illustrator・Photoshop・HTML・CSSなどのツールやプログラミング言語を、順を追う形で習得していくことができます

勉強の際に使用する参考書などは、公式団体のものを利用しましょう。

信頼のおける情報源をもとに知識を習得していくことをおすすめします。

HTML言語の仕様書などは内容が難しく、理解が追いつかないおそれがあるため、入門として参考書から勉強を始めるとよいでしょう。

他にも、専門のスクールに通って資格勉強をするという手段もあります。自分のライフスタイルに合わせて勉強方法を選びましょう。

就職・転職活動の際に有利

webデザイナーは、スキル・センスがあれば未経験者であっても目指せる職種です。

しかし、自分のスキルやセンスを客観的に明示することは難しいものです。

その点、資格をとっていると、webデザイナーへの就職・転職活動の際に自分の能力を示せるため、選考を有利に進められる可能性が高まります。

選考の際には自分の作品集であるポートフォリオの提出を求められることがあります

クオリティの高い作品を提示できるよう、スキルを磨いておきましょう。

また、web業界の技術は日々アップデートされ、新しい知識を常に勉強していかなければいけません。

学習意欲の高さをアピールすることにもつながるため、情報収集を行って最新の知識を身につける努力をしましょう。

【関連記事】

デザイナーに資格は必須?資格の種類と受験をおすすめする人の特徴を解説

webデザイナーにおすすめの資格

鈴木

webデザイナーが資格取得を目指すメリットは理解できましたが、どの資格をとればよいのか分かりません。

鈴木

web系は資格の種類が多いため混乱してしまいますよね。
webデザイナーにおすすめする資格を紹介しましょう。

ウェブデザイン技能検定

特定非営利活動法人「インターネットスキル認定普及協会」が開催する試験です。

数多くあるweb関連の資格の中で、唯一の国家資格となっています。

厚生労働省の認定を受けており、取得すると自身のスキルや知識の専門性の高さをアピールできるため、資格取得を目指すとよいでしょう。

試験概要

1・2・3級があり、各々のレベルに合わせて受験する等級を決められます。

ただし、1級・2級は実務経験など受験する条件が設けられています。

未経験者は3級の受験を目指すことが現実的だといえるでしょう。

また、筆記試験のほかに実技試験があり、知識とあわせてwebデザインに関するスキルも問われる傾向にあります。

試験難易度

7割以上正答することで合格となります。

合格率は年によって変動するものの、3級の場合は60~70%、2級は30~40%、1級は10~20%程度(※1)。

3級はきちんと勉強していれば比較的合格に至りやすい傾向にありますが、2級以上は試験の難易度が高いといえるでしょう。

※1 ウェブデザイン技能検定 よくある質問

受験費用

Webデザイン技能検定に必要な費用は以下のとおりです。(2017年度第3回試験 ※2)

1級

学科: 7,000円 / 実技: 25,000円 (実技はペーパー実技含む)

2級

学科: 6,000円 / 実技: 12,500円(35歳以上)または7,000円(35歳未満)(※3)

3級

学科: 5,000円 / 実技: 5,000円 (35歳以上)または3,000円(35歳未満)(※3)

※3 平成29年度第3回試験より、試験実施年度の4月1日において35歳未満の方は実技試験の受検手数料が減免となります。

※2 ウェブデザイン技能検定

webデザイナー検定

公益財団法人「画像情報教育振興協会」が行っている検定試験です。

web系の職種に求められる知識を客観的に評価されます。

試験概要

ベーシックとエキスパートの2種類があり、自分のスキルによって選択できるようになっています。

試験では、以下のような幅広い知識が問われるため、対策を立てておきましょう。

  • コンセプトメイキング
  • webページのデザイン
  • テスト
  • 保守・運用

また、ベーシックとエキスパートでは出題範囲が異なるため、公式ホームページから確認することをおすすめします。

試験難易度

合格率などは公表されていないものの、一般的にエキスパートは設問の専門性の高さから難易度が高いとされています。

受験費用

  • ベーシック:5,600円(税込)(2020年度時点 ※4)
  • エキスパート:6,700円(税込)(2020年度時点 ※4)

※4 CG-ARTS 受験要項

Webクリエイター能力認定試験

株式会社サーティファイが実施する試験です。

webサイト制作に必須となるコーディングの知識やデザインのセンスを問うものとなっています。

試験概要

受験資格を設けていないため、未経験者でも資格取得のチャンスがあります

実践面を重視した試験内容であり、勉強内容を実際の制作現場に活かしやすい点が特徴的です。

HTMLに関する知識とCSSでのデザイン力を採点するスタンダードと、実用的なwebサイト制作のスキルを見るエキスパートの2つのコースがあります。

スタンダードでは実技試験のみですが、エキスパートでは知識問題と実技試験が設けられています。

試験難易度

スタンダード・エキスパートともに全体の65%の得点率で合格となります(2020年度10月20日時点 ※5)。

2018年度受験者の合格率は90%前後と、比較的難易度が低いといえるでしょう。

そのため、webサイト制作初心者におすすめの資格試験です。

受験費用

  • スタンダード:5,900円(税込)(2020年度10月20日時点 ※5)
  • エキスパート:7,500円(税込)(2020年度10月20日時点 ※5)

※5 サーティファイ Webクリエイター能力認定試験

アドビ認定エキスパート

アドビシステムズ株式会社による、同社製品への理解の深さを問う試験です。

アドビ社公式の資格試験であることから、認知度と信頼性がともに高いといえます

試験概要

アドビ認定エキスパートには、3つの種類があります。

  • IllustratorやPhotoshopなど、ひとつのアドビ製品に関する知識を問う単一試験
  • 複数のアドビ製品に関する知識を備えているか測るスペシャリスト認定試験
  • すべてのアドビ製品に関する知識を問うマスター認定試験

webデザイナーを志す場合は、最低限Illustrator・Photoshopの単一試験を突破していると、選考が有利に進む可能性が高まります。

実務における知識を問う設問も用意されているため、勉強したことが制作現場で役立つメリットがある試験です。

試験難易度

合格率は公表されていませんが、一般的に単一試験からマスター認定試験へステップアップするにつれて試験の難易度が上がるといわれています。

受験費用

  • 単一試験の受験費用は、各科目10,780円(税込)(2020年度10月20日時点 ※6)。
  • 学割価格も用意されており、費用は 8,580円(税込)(2020年度10月20日時点 ※6)。

そのほかは直接問い合わせて確認しましょう。

※6 アドビ認定アソシエイト 試験概要

Photoshop®クリエイター能力試験

サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が管理している、Photoshopのスキルや知識に特化した資格試験です。

webデザイナーはPhotoshopを活用するシーンが多く、客観的なスキルを提示できることから、資格取得を目指すデザイナーが多い傾向にあります。

試験概要

Photoshopを利用した編集スキルを重点的に問われ、スタンダードとエキスパートの2種類の試験が用意されています。

スタンダードでは指示されたことを適切に処理できるか、エキスパートではクライアントの要望に応えられる編集スキルがあるかが試される試験です。

試験難易度

スタンダードは実技試験の得点率が65%以上、なおかつ実践問題では70%以上の得点率獲得で合格です(※8 2020年度の場合)。

エキスパートの場合は知識・実技問題の得点率65%以上、なおかつ実践問題では70%の得点率で合格となります。

総合合格率は75%と、難易度は比較的易しい傾向にあります。(2019年度時点 ※8)

受験費用

  • スタンダード:7,600円(税抜)(2020年度時点10月20日時点 ※7)
  • エキスパート:8,600円(税抜)(2020年度10月20日時点 ※7)

※7 サーティファイ Photoshop®クリエイター能力試験

Illustrator®クリエイター能力認定試験

サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が運営しており、Illustratorに関する知識やスキルに特化した資格試験です。

Illustratorもwebデザイナーは実務の場で頻繁に利用するため、試験に挑戦することをおすすめします。

試験概要

試験にはスタンダードとエキスパートの2種類があります。

スタンダードではIllustratorの基礎的な操作や指示されたことへの正確な対応力が問われるようです。

一方エキスパートでは、クライアントの要望に即したクリエイティブなコンテンツを制作できる技能があるか、コンテンツの制作にどの機能を取捨選択しているかを問うものとなっています。

試験難易度

スタンダードは実技試験で65%以上、なおかつ実践問題で70%以上の得点率を獲得すると合格となります(2020年度時点 ※9)。

エキスパートでは知識・実技問題で65%以上、なおかつ実践問題で70%以上の得点率を記録できると合格です。

合格率は70.4%と、決して難易度の高い資格ではないことがうかがえます(2018年度時点 ※9)。

受験費用

  • スタンダード:7,600円(税抜)(2020年度時点10月20日時点 ※8)
  • エキスパート:8,600円(税抜)(2020年度時点10月20日時点 ※8)

※8 サーティファイ Illustrator®クリエイター能力認定試験

HTML5プロフェッショナル認定資格

特定非営利活動法人「LPI-Japan」が運営し、HTML5・CSS3・JavaScriptなどのプログラミング言語に関する知識を問う認定試験です。

webサイト制作に欠かせないスキルであり、webデザイナーを志望するなら取っておきたい資格だといえるでしょう。

試験概要

level.1とlevel.2の2種類から受験する資格を選択できます。

ただし、level.2の認定にはlevel.1に合格していることが前提条件とされているため、まずはlevel.1の取得を目指しましょう。

それぞれ出題範囲と傾向が異なるため、一度公式ホームページで確認しておくことをおすすめします。

試験難易度

level.1、level.2ともに認定基準・合格率は公表されていません。

一般的には、比較的難易度の高い認定試験だといわれています。

受験費用

15,000円(税抜)(2020年10月20日時点 ※8)

※8 HTML5プロフェッショナル認定資格 level.1

webデザイナーに役立つ資格取得の方法

鈴木

どれも難しそうな資格試験ですね。
資格取得の勉強方法を教えてください。

鈴木

資格取得の方法には2種類あります。
自分のライフスタイルに合わせて勉強方法を選びましょう。

独学

費用をかけず、マイペースに勉強を進めたい人におすすめする勉強方法です。

ただし、分からない部分があっても相談できる相手がいないため、インターネット上に出回っている断片的な知識を集めるしかない点がデメリットです。

web系の職種が未経験であり、なおかつ独学で資格を取得することは現実的には難しいでしょう。

専門スクールに通う

コストはかかりますが、講師に分からない場所を質問し、解決していけるというメリットがあります。

web系の職種に就いたことがない人は、専門スクールに通って資格を取得するほうが、効率的にステップアップしていけるでしょう。

通学する時間を作れない人は、オンラインや通信講座などの受講を検討してみるのもおすすめです。

一例)インターネットアカデミー:受講料388,000円(税抜)(2020年10月20日時点 ※9)

受講期間の目安は3~4ヶ月

※9 インターネットアカデミー

webデザイナーに転職するには転職エージェントの活用がおすすめ

鈴木

webデザイナーに転職したい気持ちが強まりました。
どのようにして転職活動を行えばよいでしょうか?

鈴木

web系に特化した転職エージェントは多数あり、サポートも無料で受けられるため、転職エージェントの活用をおすすめします。
代表的な転職エージェントを紹介しますね。

【業界未経験なら】ワークポート

引用元:https://www.workport.co.jp/

業界未経験者でも登録でき、なおかつ求人数も多い転職エージェントです。

web業界に精通したアドバイザーが、web業界への転職に関する相談や交渉の代行などを引き受けてくれます。

【若年層の転職なら】マイナビクリエイター

引用元:https://mynavi-creator.jp/

20代・30代の転職サポートに特化したマイナビグループが運営しています。

web系の求人数も豊富に取り揃えており、非公開求人も多いため、豊富な選択肢から転職先を選びたい人におすすめです。

【内定を早く獲得したいなら】ギークリー

引用元:https://www.geekly.co.jp/

web・ゲーム系の業界に特化した転職エージェントです。

一般的に転職エージェントを利用した転職活動では、内定獲得までに2ヶ月はかかる傾向にあります。

しかし、ギークリーの利用者はおよそ1ヶ月で内定獲得にいたっており、スピード感が魅力(※11)です。

※11 ギークリー 選ばれる理由

webデザイナーに必須の資格はないが取得すると有利

鈴木

上記で説明したとおり、webデザイナーに必須の資格はありません。

しかし、就職・転職を有利に進めたり、業務をスムーズに進行させたりするには、資格を取得しておくことをおすすめします。自分に適した勉強方法を選び、理解を深めましょう。

鈴木

はい!
webデザイナーへの一歩として、まずは資格取得を目指します!

鈴木

資格取得によって、どんどんキャリアアップしていってくださいね。
応援していますよ!