デザイナーに転職したい人は必見!その種類や仕事の取り方とは?デザイナーという仕事について徹底的に解説!

デザイナーと一言に言っても衣服を取り扱うファッションデザイナーや生活用品を取り扱うプロダクトデザイナーなど、その種類は対象によって様々です。

そこで今回は、デザイナーの種類に触れていきながらその仕事内容などをご紹介いたします。

デザイナーの仕事とは?

鈴木

デザイナーに興味があるのですが、どういった種類があるのでしょうか?

鈴木

デザイナーという仕事は幅広く、取り扱う商品・サービスによってその性質が異なります

転職を考えるのであれば、どのようなデザイナーがいるのかを知った上で自分の興味ある分野を探してみるのが良いでしょう。

しかしながら、一言にデザイナーと言っても顧客のターゲットや取り扱う商品・サービスによってもその種類は異なります。

デザイナーとは、端的に言えば「依頼者の求めるデザインを考えて制作する仕事」です。

そしてデザイナーとは、ただデザインだけを考案すれば良いというわけではありません。

それに付随する機能性はどのようなものか、それにかかるコストはどれくらいかというような商品やサービスに関する条件等についても依頼者とすり合わせしながら進めて行かなければいけない仕事です。

デザイナーの種類

デザイナーはそれぞれに分野があって、どれも非常に専門性の高い仕事です。

ここでは、下記の代表的なデザイナーの種類について仕事内容などを詳しく解説していきたいと思います。

  • グラフィックデザイナー
  • Webデザイナー
  • CGデザイナー
  • ファッションデザイナー
  • ゲームデザイナー
  • UI/UXデザイナー
  • DTPデザイナー
  • エディトリアルデザイナー
  • インテリアデザイナー
  • 建築デザイナー
  • プロダクトデザイナー
  • キャラクターデザイナー
  • フラワーデザイナー
  • カーデザイナー
  • ジュエリーデザイナー
  • 雑貨デザイナー
  • 環境デザイナー

このように、デザイナーは取り扱う商品やサービスにより種類が様々です。

もし自分に何が向いているのかわからず不安だという人は、自己分析ツールなどを利用してみて、自分の強みや適正はどこにあるのかなどを診断してみるのもおすすめです。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、ポスターや雑誌、パンフレットなど各種印刷物などに文字や画像入れてデザインを行う仕事です。

つまり、グラフィックデザイナーは画像と文字のプロフェッショナルで、それらを効果的に使って人の目を惹くデザインを生み出す人だと言えるでしょう。

ゲームグラフィックデザイナーのような分野に特化したデザイナーに比べ、グラフィックデザイナーの場合はそれよりもっと大きいカテゴリに属しています。

グラフィックデザイナーは、様々なジャンルの商品・サービスに携わることが多くデザイナーとして活動の幅が広いことが特徴です。

そのため、商品のコンセプトやターゲット設定なども考える機会が多く、取り扱うものによっては他のデザイナーと協力しながら仕事を進めることもあります。

必然的に複数の種類が異なる仕事を受け持つことが多くなるので、デザインセンスに加えて日々のスケジュール管理能力なども求められる難しい仕事と言えるでしょう。

Webデザイナー 

Webデザイナーは、Webページを見栄え良くデザインする仕事です。主に企業のホームページなどを任されることが多いです。

しかし、ただ見た目を良くするというわけではありません。

そのサイトが存在する目的やコンセプトは何なのか、ユーザーにとってどれだけ利用がしやすいのか、その画面の構成を考えてユーザビリティを追求することも、このWebデザイナーの仕事内容に含まれます。

最近では、Webデザイナーは「Photoshop」や「Illustrator」といったデザインソフトの知識が必須です。

また、近年ではサイト設計で多くの人に利用されている「WordPress」に関する知識なども求められていて、HTMLやCSSが使いこなせるWebデザイナーが望ましいとされています。

Webデザイナーは、インターネットが普及した現代において常に需要の絶えない仕事の一つであり、特に人気があるデザイナー職と言えるでしょう。

【関連記事】

webデザイナーに資格は必要?身につけるべきスキル、仕事内容について詳しく解説

CGデザイナー

CGデザイナーは二次元・三次元のグラフィックを制作する人を指します。

主にアニメーションや映画業界で活躍していますが、そのほかにも建築や自動車といった設計関係の業界で働いている人もいます。

元のデザインをコンピューターに移して立体的に描写(モデリング)することが主な業務内容です。

仕事の経験は問われませんが、高いデッサン能力とセンスが求められます。

CGデザイナーは国内外問わず需要のある仕事で、映画会社やアニメ会社、ゲーム会社など活躍できる場面が多く、必要な機材があればどこでも作業ができます。

企業勤めののち、最終的に独立してフリーデザイナーとして活躍する人が多い仕事です。

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーはファッション関係をデザインする人を指します。

衣服はもちろんのこと、バッグや靴、小物といった服飾全般を手がけてる仕事です。

ファッションデザイナーの多くが企業で経験を積んだのち、自分のブランドを展開する「オートクチュールデザイナー」で独立を目指しています。

企画の段階で、ターゲット層やコンセプトを入念に打合せし、何度もデザインの試案を重ねていかなければならないという大変さがあります。

また、デザインは前倒しで企画をするため、少なくとも1年先を見越してデザインを考える必要があります。

美的センスを持っていることはもちろんのことトレンドに敏感である人が適性のある仕事だと言えるでしょう。

ファッションデザイナーはデザイナー職の代表格であり、人気のある仕事の一つです。

ゲームデザイナー

ゲームデザイナーは、ゲーム作品の世界観に沿ってキャラクターやアイテムなどのデザインを行う仕事です。

基本的にゲームの制作会社でデザイナーとして勤めることが多いですが、最近ではスマホゲームの普及もありアプリ開発を行う会社でも活躍の場があります。

未経験で飛び込むにはハードルが高い仕事で、ゲームデザイナーの多くは美術系の大学や専門学校を卒業しているのが一般的です。

そして黙々と作業するイメージがありますが、ゲームデザイナーはプロジェクト形式で開発スタッフの一員として携わることがほとんどです。

プログラマーなど他のスタッフと協力して進めていかなければいけないことが多いため、コミュニケーション能力は他のデザイナー以上に求められます。

また、ゲームの世界観や設定を理解した上で仕事を進めていかなければならない仕事でもあります。

デザインスキルがあるだけでなくゲームそのものが好きだという人でないと務まらない仕事であることは間違いないでしょう。

UI/UXデザイナー

UI/UX(ユーザー・インターフェース/ユーザー・エクスペリエンス)デザイナーは、パソコンやスマートフォンにおいて操作のしやすさや使い心地の良さを考えたデザインを行う仕事です。

UIデザイナーはパソコンやスマートフォンの画面において操作しやすい表示やデザインを行う人のことを指します。

PhotoshopやIllustratorといったソフトが使いこなせることが前提で、技術面が重視されます。

また、UXデザイナーは使う人の体験を通して、楽しい、心地良いと思われるデザインを行う人のことを指します。

マーケティングやSEOの知識に加えて、相手の心を動かすプレゼンテーション能力やデザインの意図を正しく伝えるコミュニケーション能力などが重視されるという特徴があります。

近年登場したデザイナー職の一つでその歴史は浅く、UIとUXそれぞれ個別で担当する会社もあれば兼任で行うところもあります。

また、WebデザイナーがUIデザインを行うというケースもあるなど、まだ未開拓の部分が多い仕事です。

DTPデザイナー

DTP(Desktop Publishing)デザイナーは、DTPソフトを使用して雑誌や書籍など各印刷物のデザインを行う仕事です。

資格や経験などは特に問われませんが、専用のDTPソフトの知識は必要です。

グラフィックデザイナーと同じような仕事をイメージされがちですが、厳密には異なります。

DTPデザイナーは、グラフィックデザイナーが手がけたポスターや広告を、DTPソフトを用いて印刷工程に移行させることが主な仕事内容です。

出版物の読みやすさを追求するという点では美的要素よりもむしろ商業的な色合いが強いデザイナー職だと言えるでしょう。

デザイナー職の中でも名が知られているためDTPデザイナーを目指す人は多く、専門学校でデザインを学んだのちに、出版社や印刷会社へと就職するのが一般的です。

コラム

DTPとは、DeskTop Publishingを略したもので、日本では机上出版や卓上出版と訳されるものです。紙媒体の書籍や電子書籍などの出版物製作にはこのDTP専用ソフトの使用が欠かせません。

DTPデザイナーの使用するDTPソフトはAdobe社の「InDesign」が最も最大手で有名です。

そして三大DTPソフトと言えば、InDesgin、Photoshop、Illustratorですが、それぞれ特性が異なります。

「InDesign」・・・ページの編集に特化していて、文字装飾やページ送りの管理が効率的に行えます。

「Illustrator」・・・ロゴやレイアウトづくりに特化していて、画像を拡大縮小しても描写が荒れないため、引き延ばし印刷などが可能です。

「Photoshop」・・・写真の取り扱いに特化していて、画像の合成や写真の編集がしやすいソフト。主にビットマップデータで鮮やかに描写されます。

エディトリアルデザイナー

エディトリアルデザイナーは、雑誌や書籍など特にページ数が多いものの編集やデザインを行う人を指します。

先ほどご紹介したDTPデザイナーと似た仕事内容ではありますが、こちらの場合は本を呼ん読んでもらうことにフォーカスしています。

読み手の興味を惹くための視覚効果を意識したデザイン作りが求められるので、商業的要素の強いDTPデザイナーよりは美的要素に重点を置いた仕事です。

そして、エディトリアルデザイナーはプロジェクト形式で仕事を進めることが多く、編集者やアートディレクターと協力する場面があります。

そのため、デザインセンスに加えてコミュニケーションスキルも求められる仕事です。

また、出版社やデザイン事務所で勤めたのち、フリーデザイナーとして独立する人が多いのもこのエディトリアルデザイナーという仕事です。

インテリアデザイナー

インテリアデザイナーは家具や照明といった内装の設計と演出行う人を指します。

活躍の場所は個人宅に留まらず、ホテルやオフィス、各種商業施設など非常に多岐にわたります。

空間の色調や温度などを総合的に監修し、依頼者へ自分のイメージをしっかり伝えながら、相手の意図にも沿わないといけないという難しさがある仕事です。

インテリアデザインと一言に言っても、高いプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力といったスキルが求められる仕事ということを知っておきましょう。

インテリアデザイナーを目指す人はインテリアや空間デザインに特化した学校を卒業するのが一般的で、デザイン事務所で経験を積んだのち、フリーデザイナーとして独立する人も多い仕事です。

建築デザイナー

建築デザイナーは、住居や商業施設といった建築物のデザインを行う仕事で、「一級建築士」「二級建築士」の資格が必要となります。

インテリアデザイナーは内装をデザインするのが仕事ですが、建築デザイナーとはそれに加えて外装をも手がけています。

そのため、建物そのもののデザインということで専門性が高く、図面作成におけるデザイン力や計画を遂行させるためのマネジメント力、アイデアを発信するコミュニケーション力などが必要です。

また、依頼者の要望に沿った建築が求められるので、デザイナーの中でも仕事の規模が大きく責任感の強い仕事と言えるでしょう。

プロダクトデザイナー

プロダクトデザイナーは、生活用品や家電などあらゆる生産品のデザインを手がける人を指します。

主に自動車や家電製品といったメーカーで働くことが多い仕事です。

また、プロダクトデザイナーとは別に工業製品を手がける人は「インダストリアルデザイナー」と呼ばれている場合もあります。

プロダクトデザイナーは、ただ商品のデザインを考えればいいというわけではなく、使用するターゲット層やその特性、機能性などを考慮しなければならないという大変さがあります。

また、資格や経験は特に問われませんが、設計段階からデザインを考える必要があり、設計や生産、流通に関する専門知識などを必要とします。 

プロダクトデザイナーは、デザイナーの中でも複雑で難しい仕事です。

現在ではプロダクトデザインに特化した専門学校があり、そこで専門知識や技術を習得してから事務所へと就職するケースが一般的だと言えるでしょう。

キャラクターデザイナー

キャラクターデザイナーは、アニメやゲームのキャラクターをデザインする人を指します。

主にアニメ制作会社やゲームメーカーなどが活躍の場となっています。

また、現在はアニメやゲームだけに留まらず商品や企業のイメージキャラクターの制作などを手がけているデザイナーもいます。

その場合は、商品や企業のコンセプトや背景を汲み取る必要があるので、高いコミュニケーション能力やデザインスキルが求められます。

実力や実績があればフリーデザイナーとしても活躍できる仕事です。

しかし、依頼者のイメージを受けて相手の満足いくキャラクターを作り上げるというのは、相当のデザインセンスやスキルが求められるため、誰でも務まるものではないでしょう。

フラワーデザイナー

フラワーデザイナーは、花を使って空間をデザインする人を指します。

従来は主に結婚式場や葬儀場といった冠婚葬祭などで仕事を受けることが多いデザイナーでした。

しかし、近年ではファッション業界と協力して花を用いた服飾小物のデザインを手がけることがあるなど、その活躍の場は広がっています。

また、フラワーデザイナーは空間装飾のデザインだけでなく、生け花やフラワーアレジメントなど花そのもののデザインに携わることもあります。

そして、フラワーデザイナーは有利な資格があります。

こちらの仕事に携わる人は、日本フラワーデザイナー協会が主催する「フラワーデザイナー検定資格」を取得するのが一般的です。

また、厚生労働省認定の「フラワー装飾技能士」も空間装飾を受け持つフラワーデザイナーが取得する人が多いです。

カーデザイナー

カーデザイナーは、車のデザインを手がける仕事です。

取り扱うものは自動車だけに限らず二輪車なども含まれていて、乗り物全般を手がけています。

車の外観だけでなく、使用する素材や内装に関しても考慮する必要があり、車の構造を理解しておかなければなりません。

そのため、車が好きで興味を持っている人がカーデザイナーになるのが一般的です。

カーデザイナーは求められる専門知識が多いため、先にご紹介したプロダクトデザインやインダストリアルデザインの知識が活かせる仕事でもあります。

また、自動車のデザインは3Dプリンターを用いたモデリングを行うので、カーデザイナーに従事する人はCADに関する知識は必須と言えるでしょう。

コラム

CADとは「Computer aided design」の略で、日本ではコンピュータ支援設計と言われキャドという名称で親しまれています。

自動車やスマートフォンなど、身近にあるものは全て設計図のもと作られていて、CADはこの設計図作製のときに使用されるツールです。

手書きでの製図と違い、修正やデータ管理などが容易にできるので現在幅広い業種で活用されています。

ジュエリーデザイナー

ジュエリーデザイナーは、宝石などのデザインを制作する人を指します。

ジュエリーデザイナーは、メーカーやデザイン会社に就職をし、経験を積んだのちアトリエをかまえて独立する人の多い仕事です。

主な仕事は、宝石や金属プラチナに関する企画立案、デザイン画・設計図の作成、指示管理や商品チェックなどを行います。

実際の製作・加工などは職人が手を加えたり工場へ外注したりすることが多いのがジュエリーデザイナーの特徴です。

デザイナーはその設計図をつくるところまでを担うことがほとんどでしょう。

 ジュエリーデザイナーを目指す人は、美術系の大学や専門学校で必要な知識を身につけてから就職するのが一般的です。

また、求人情報が少ない分野のため、仕事をするためにはジュエリーデザイナーのコンテストに関わるなどして、情報を積極的に集めることが求められます。

雑貨デザイナー

雑貨デザイナーは、キッチン用品やトイレタリー、文房具などあらゆる生活雑貨のデザインをする人を指します。

主に雑貨メーカーやプロダクトデザイン事務所などで活躍しているデザイナーです。

見栄えを重視したお洒落でスタイリッシュなデザイン性を追求することが求められます。

それだけでなく、雑貨デザイナーの場合は、その素材を生かした機能性や安全性などにもフォーカスを当てなければならないという難しさや大変さがあります。

また、雑貨デザイナーの場合は設計や製作まで携わることがほとんどです。

ファッションデザイナーと同じように市場のニーズやトレンドを追い求めなければならないので、好奇心や探求心のある人が向いている仕事だと言えるでしょう。

環境デザイナー

環境デザイナーは、社会生活を営む空間、すなわち交通機関や街の環境をデザインを行う人を指します。

対象が街全体となるため、国や地方公共団体または建築関係や造園関係などと連携して行うことが多い仕事です。

見た目以上に住民が快適で利用しやすいという機能性が重要で、さらに安全に配慮したデザインを手がけなければなりません。

環境デザイナーは、実際に人々がこれから利用し続けられるような施設や設備を取り扱うことが多いので、非常に責任感がある仕事で大変な部分が目立ちます。

しかし、都市計画や地域開発に携わることができるという点でやりがいがある仕事とも言えるでしょう。

インハウスデザイナーとフリーデザイナーの違い 

鈴木

デザイナーには非常に多くの種類があることがわかりました。ところで、「フリーデザイナー」という言葉をよく聞きますが、それはどういった働き方なのでしょうか?

鈴木

「フリーデザイナー」とは、個人で独立してデザイン業を営む人を指す言葉です。

その反対に企業に属してデザイナーとして働く人は「インハウスデザイナー」と呼ばれています。

こちらはあまり聞き慣れないかもしれないので、そちらも一緒に解説していきましょう。

デザイナーの場合、企業勤め以外に「フリーデザイナー」という言葉をよく聞くと思います。

正式に言うとデザイナーには、企業に在籍してデザインを行う「インハウスデザイナー」と、個人で仕事を取ってデザインを行う「フリーデザイナー」という二つの働き方が存在します。

ここではそれぞれの特徴とメリット・デメリットなどを解説していきます。

 インハウスデザイナー

インハウスデザイナーは、デザイナーとして会社に所属して働く会社員のことです。

インハウスデザイナーの場合、出版物やWebといった自社の媒体に関するデザインを長期的に手がけることが一般的です。

デザインを行い納品すれば終わりという単発の仕事は少ないのが特徴だと言えるでしょう。

自分の作り上げたデザインが自社の売上やアクセスにどのような影響を与えているのか、日々効果を確認して、改善しながら進めていくといった仕事がほとんどです。

やりがいやメリット

インハウスデザイナーであれば、会社に所属しているため自分の給与に関して確定申告などの手続が不要です。

通常、会社には総務や人事などが置かれているため、専門の担当者がそれらの書類の手続を代わりに行ってくれます。

そのほか、会社によって異なりますが、インハウスデザイナーの場合、社内のポスターやパンフレット、名刺や社内報など様々な媒体のデザインを任されることが多く仕事の幅が広いため、仕事を通じて多くの経験ができます。

インハウスデザイナーの場合、実力がついてくるとフリーデザイナーとして独立する人もいます。

将来独立を考えている人でも、まずはインハウスデザイナーから始めてみるという人は多いです。

つらさやデメリット 

会社勤めの場合、福利厚生といった安定が約束されている分、給与は一定であることが多いです。

また、他のデザイナーのつながりが希薄で困ったときに相談できる人が少ないです。

さらに、他の職種の社員と同じオフィスであるためにデザイナーとして必要な機材が整っていなかったりするというデメリットも潜んでいます。

それ以外に、会社によっては飲み会などのイベントや行事に参加しないといけないことがあるので、業務外での時間拘束を苦に感じてしまう人にとってはつらい部分があるかもしれません。

フリーデザイナー

フリーデザイナーは、独立して個人で働く人を指す言葉です。

仕事をした分だけダイレクトに収入として入ってきますが、働かない時間は収入が発生しないというのがインハウスデザイナーとの大きな違いです。

そのため、自分の体調管理やスケジュール調整が重要になってくる働き方です。

やりがいやメリット 

仕事を行った分だけ自分の収入になるので、時間を上手く使えば会社勤めよりも高い収入を得られるチャンスがあります。

そして時間の拘束がなく、自由にスケジュールを組むことができます。

また、仕事面に関していうとデザインする製作物やコンセプトが会社によってあらかじめ決められてしまっているインハウスデザイナーとも異なります。

フリーデザイナーはデザインのテーマを柔軟かつ自由に考えることが可能で、様々なクライアントを通じて多くの企業や事業の制作に関わることができるというメリットもあります。

つらさやデメリット

フリーデザイナーの場合、経理や総務といった事務処理を自分で行わないといけないので、デザイン業務だけに集中することが難しいというつらさがあります。

特に経理作業は複雑なものが多いため、実際には税理士に依頼しているフリーデザイナーも多いです。 

また、自分で積極的に営業して仕事を獲得していかなければならないという大変さがあります。

収入面は不安定であること、社会的信用を得ることが困難であるというデメリットも知っておいたほうが良いでしょう。

デザイナーの年収

2020年9月15日時点公開の情報(※1)によると平成29年のデザイナーの平均年収は439.7万円です。

全職種の平均年収が454.5万円であることから、この数値はやや低い傾向にあります。

しかしながら平成25年度は、約390万円ほどだったので、デザイナーの年収は徐々に上がってきています。

※1 e-Stat「政府統計の総合窓口」

未経験でもデザイナーへの転職は可能? 

鈴木

話を聞きデザイナーという仕事に興味が出てきました。でも、未経験でデザイナーに転職することは可能なのでしょうか?

鈴木

デザイナーには必要な資格はありませんし、未経験歓迎の求人もあるので理論上は転職可能です。

しかし、募集要項に「Illustrator」や「Photoshop」といったソフトが使えることといった条件が掲げられていることがほとんどなので、専門的な知識は必要でしょう。

現在では、デザイナーの需要がますます高まってきているので、未経験で転職をすることも可能です。

特にIT業界が拡大した影響で、Webデザイナーなどは需要が高い仕事です。

ただし、Webデザイナーに限らずどのようなデザイナーであっても、パソコンを使う業務の場合は専用ソフトが使いこなせることが重要です。

「Illustrator」や「Photoshop」などの専門ソフトが使えるかどうかはよく問われるので、最低限デザインに関する知識というものは持っておかなければいけないでしょう。

フリーデザイナーの仕事の取り方

フリーデザイナーは、時間に縛られずにフレキシブルな働き方ができるという理由から、会社勤めの人でもあこがれている人が多いことでしょう。

しかしながら、駆け出しのフリーデザイナーの多くが「仕事が取れない」という壁にぶつかり行き詰まることがあると言われています。

ここでは、フリーデザイナーが実際に仕事を取っていくための方法を、下記の順にご紹介いたします。

  • SNSを駆使する
  • ブログやHPを持つ
  • クラウドソーシングを活用する
  • 交流会やセミナーに参加する

SNSを駆使する 

フリーデザイナーの場合、TwitterやInstagramといった各種SNSから仕事を得る手段があります。

特に画像の共有ができるInstagramなどは自分のデザインに関する実績やスキルをアピールしやすく、それがクライアントの目に止まって仕事が貰えるというケースがあります。

また、SNSはいつでも手軽に発信できるというメリットもあるため、毎日こまめに更新を行っていけばフォロワーがふえていきクライアントと出会えるチャンスが広がるでしょう。

ブログやHPを持つ 

フリーデザイナーには、ブログやHPをつくって仕事を獲得する方法があります。

営業という言葉だけ聞くとこちらから働きかけないといけないようなイメージを持ちがちです。

しかし、自身のブログやHPに仕事の相談に関するフォームなどを設置すれば受け身な営業活動を行うことができます。

また、自分のデザイン力をアピールするための「ポートフォリオ」を作成して掲載することもおすすめです。

今まで手がけてきたポスターやパンフレット、web作品などをサイトに掲載すれば、より詳細にデザイナーとしての実力を相手に訴えかけることが可能です。

クラウドソーシングを活用する

SNS以外にも、「ランサーズ」や「クラウドワークス」などのクラウドソーシングを活用して仕事を取る方法があります。

クラウドソーシングサイトは仕事を依頼したいクライアントが多く登録しているのが特徴です。

デザイナーに関しても日々募集がかけられているので、受注する側も仕事が取りやすいというメリットがあります。

ただし、納品後に報酬が支払われる際にはクラウドソーシングサイトから仲介手数料を引かれてしまうので、思うように収入が入らないというデメリットがあるのでそこは注意しましょう。

もし、クラウドソーシングを検討するならば大手である「ランサーズ」や「クラウドワークス」がおすすめです。

ランサーズ 

引用元:https://www.lancers.jp/

ランサーズは、カスタマーサポートが充実しているクラウドソーシングサイトです。

不正なクライアントや案件などを徹底的に監視しているため安心して利用できるというメリットがあり、特に初心者におすすめできます。

参照:https://www.lancers.jp/

クラウドワークス 

引用元:https://crowdworks.jp/

クラウドワークスは、案件数が豊富な国内最大級のクラウドソーシングサイトです。

最大手でCMなどで知名度があることから、これからフリーランスとして働こうと思っているデザイナーの多くが利用しています。

参照:https://crowdworks.jp/

交流会やセミナーに参加する 

クリエイターの交流会やセミナーに参加して仕事を見つけるという方法もあります。仕事を取るために最も重要なのは人脈です。

交流会やセミナーであれば自分以外の様々なデザイナーと話すことで人脈が広がり、仕事に関する情報共有が可能になります。

また、デザイナーによるオンラインサロンやSNSなどであればネット上で交流することもできるので、それらの利用もおすすめです。

デザイナーにおすすめの資格 

デザイナーになるために絶対必要な資格というものはありません。

しかし、どのデザイナーであっても「Photoshop」や「Illustrator」といった専門ソフトが使えることは大前提です。

未経験・無資格でデザイナーになったという人はほとんどいないでしょう。

そのため、デザインの知識を深めるという意味でも持っておいたほうが良いのは、下記のような資格です。

  • Illustratorクリエイター能力検定試験
  • Photoshopクリエイター能力検定試験
  • 色彩検定          

 Illustratorクリエイター能力認定試験

Illustratorクリエイター能力認定試験は、Illustratorの操作が一通りできることを証明できる資格です。

この試験は、基礎力を問われる「スタンダード」と想像力が問われる「エキスパート」があります。

一般的にエキスパートのほうが難易度は高いと言われています。

 スタンダードとエキスパートの認定基準(※2)は下記のような違いがあります。

種類 認定基準
スタンダード Illustrator®を活用し、指示通りの作業を正確かつ合理的に行う事ができる。

  • 作業指示書に基づいた制作ができる。
  • Illustrator®基本的な操作ができる。
エキスパート Illustrator®を活用し、クライアントのニーズに対応した創造性の高いコンテンツ制作ができる。

  • デザインコンセプトや表現の目的に応じて適切な機能を選択し、表現できる。
  • DTP/Webデザインに関する基本的な知識がある。

Illustratorクリエイター能力認定試験は、学習を通じてDTPやWebに関するデザインなどにも触れることができます。

DTPデザイナーやWebデザイナーを目指す人にもおすすめできる資格です。

※2 Illustratorクリエイター能力認定試験「試験概要」

参照:https://www.sikaku.gr.jp/ns/il/

 Photoshopクリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力認定試験は、Photoshopの操作が一通りできることを証明できる資格です。

この試験は、基本的な操作を問われる「スタンダード」と、それに加えて品質も問われる「エキスパート」があります。

一般的にエキスパートのほうが難易度は高いと言われています。

 スタンダードとエキスパートの認定基準(※3)は下記のような違いがあります。

種類 認定基準
スタンダード Photoshop®を活用し、指示通りの作業を正確かつ合理的に行う事ができる。

・作業指示書に基づいた制作ができる。

・Photoshop®の基本的な操作ができる。

エキスパート Photoshop®を活用し、クライアントのニーズに対応した創造性の高いコンテンツ制作ができる。

・デザインコンセプトや表現の目的に応じて適切な機能を選択し、表現できる。

・DTP/Web デザインに関する基本的な知識がある。

Photoshopを使いこなせるようになれば、デザイナーにおける一通りの基礎が身につくため、デザイナーになりたい初心者が最初に取得を目指すことの多い資格です。

※3 Photoshopクリエイター能力認定試験「試験概要」

参照:https://www.sikaku.gr.jp/ns/ps/

 色彩検定

デザイナーにとって配色はクライアントのニーズを汲み取る上で重要な要素の一つと言えるしょう。

色に対する知識の証明となる色彩検定はおすすめです。

光の性質や視覚に関することなどが網羅的に出題される試験で、資格区分は1級から3級までがあります。

それに加えて、ユニバーサルデザインに焦点を当てた「UC級」というものが色彩検定には用意されています。

2019年の受験者と合格者(※4)は下記のとおりです。

1級 2級 3級 UC級
志願者(人) 1,651 12,666 27,051 2,900
合格率(%) 44.7 67.4 74.4 88.6

1級であっても合格率は44.7%と他の検定などに比べるとやや優しいレベルだと言えるでしょう。

色彩検定を勉強すれば、デザインにおいて

「なぜこの配色にしたのか」

という問いにも感覚ではなく明確な理由をもって答えられるようになります。

デザイナーという仕事をする上で持っていれば自信がつきスキルアップにつながる資格です。

※4 色彩検定「受験者データ」

参照:https://www.aft.or.jp/

【関連記事】

デザイナーに資格は必須?資格の種類と受験をおすすめする人の特徴を解説

デザイナーへの転職に強いエージェント 

デザインを学び、資格をとって準備しておけばデザイナーへの転職も不可能ではありません。

しかし、デザイナーの転職に関して少しでも不安があるという人は、転職エージェントの利用もおすすめです。

転職エージェントであれば、職務経歴書の添削や面接対策などもエージェントが親身に対応してくれます。

エージェントによってはデザイナーのようなクリエイティブ職に詳しい専門のキャリアアドバイザーなどもいるので、気軽に悩みや不安を相談できます。

ここでは、3つの転職エージェントをご紹介いたします。

  • ワークポート
  • マイナビクリエイター
  • クリーデンス

ワークポート

引用元:https://www.workport.co.jp/lp_wp/

ワークポートはキャリアコンサルタントの対応に定評のある転職エージェントです。

他のエージェントよりも登録が簡単にできるので、転職エージェントを利用したことがない人でも気軽に利用することができます。

また、未経験のデザイナーの案件数も豊富です。

マイナビクリエイター

引用元:https://mynavi-creator.jp/

マイナビクリエイターは、Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントです。

主にWebデザイナーやUI/UXデザイナー、CGデザイナーなどの転職を目指す人におすすめです。

クリーデンス

引用元:https://www.crede.co.jp/lis/201703/typeb/pc/

クリーデンスは、アパレルに特化した転職エージェントです。

求人以外にも、最新のトレンド情報なども網羅していてサイトに掲載されています。

ファッションデザイナーを目指す人であればぜひとも登録しておきたい転職エージェントと言えるでしょう。

まとめ 

今回は、デザイナーの仕事の種類やフリーデザイナーの仕事の取り方などをご紹介いたしました。

個人の能力が重視される時代に突入し、今後の需要もますます高まっていくと予測されます。

デザイナーという仕事は魅力的で転職を目指す価値はあると言えるでしょう。

また、デザイナーは未経験であっても挑戦できる仕事ではあります。

しかし、専門的な知識が多く求められるハードルの高い仕事だということは間違いありません。

そのため、転職を考えている人は、まず資格の取得やデザインソフトの使い方を勉強することをおすすめします。