栄養士の仕事内容は?やりがいや資格・年収を徹底解説

栄養士の仕事は、人に栄養のある食生活を提案し、健やかな身体づくりを提供するというやりがいのある仕事で、転職を考えている人もいることでしょう。
そこで今回は、栄養士の仕事に焦点を当てて、栄養士の仕事内容に触れながらやりがいや辛いところ、栄養士に求められるスキルや資格などをご紹介します。

栄養士の仕事内容とは?

鈴木

栄養士に興味があるのですが、主な業務内容はどのようなものがあるのでしょうか?

鈴木

たしかに栄養士の仕事はそれがメインです。しかしながら、栄養士は食育のサポート以外にも献立作成や調理など様々な仕事があります。

栄養士は、健康な人はもちろん、傷病を抱えた患者さんに食事や栄養の指導を行い、食生活を管理する仕事です。
栄養士は、働く場所によっても仕事内容は多少異なりますが、大きく分けて次のものが挙げられます。
・栄養・食育指導
・献立の作成
・調理
・食材の発注
これから順に、栄養士の仕事内容について一つずつ解説していきましょう。

栄養・食育指導

栄養・食育指導は、年齢や職業、または妊婦さんなど、その人の状態に合わせて食事のアドバイスを行う仕事です。
本人への指導はもちろんのこと、メタボリックシンドロームや生活習慣病といった社会問題を解決するための啓蒙活動などもこの栄養・食育指導の中に含まれています。

また近年では、大人だけでなく保育園や幼稚園などでも食育指導を行う活躍の場が広がっていて、子どもを対象にした食育の授業も行っているところもあります。

献立の作成

栄養士には食育の指導以外にも栄養素やバランス、原価の計算などをしながら給食などの献立を作成する仕事があります。

献立の作成では、栄養バランスを考慮することはもちろんのことアレルギーに対応した除去食というものも考えなければいけないため、栄養士としての知識や経験が特に重要視されるものです。

そして献立作りは自分で好きなようにつくれるとイメージされがちですが、施設ごとの限られた予算内で栄養バランスと美味しさ両方を併せ持ったものを考えなければならないという難しさがあります。

調理

働く場所によって異なりますが、食事提供を行う保育園や給食センター、病院などでは、栄養士が現場で実際に調理に携わることが多いです。また、保育園や幼稚園であれば子どものためにおやつを調理する栄養士もいます。
通常の調理のようにじっくりと時間をかけてつくるようなものではなく、現場には多くの利用者がいるので、大量調理をするために素早く効率的に調理をしなければいけません。

また、調理師がいる場合は栄養士の観点で調理方法などを指示することもありますが、それでも人手不足のところは栄養士が直接調理に携わることもあります。
このような背景があって、栄養士の求人には「栄養士兼調理員」という条件で募集をしているところもあります。

食材の発注

栄養士は、調理とあわせて食材の発注を任されることがあるでしょう。
特に幼稚園や小学校の給食センターやレストランといった献立やメニューを考える必要のある現場では、食べる人数や献立に応じて在庫のロスを最小限に押さえつつ食材を発注を行うことが求められています。

また、そのような無駄のない在庫の管理はもちろんのこと、細かい賞味期限のチェックもこの食材の発注に含まれます。

「栄養士」と「管理栄養士」との違いは?

鈴木

よく栄養士と管理栄養士という言葉を耳にしますが、両者に違いはありますか?

鈴木

栄養士と管理栄養士は仕事の内容に大きな違いはありませんが、アドバイスや指導を行う対象が異なります!

栄養士と似た仕事とは別に「管理栄養士」というものがあります。管理栄養士は厚生労働大臣が認定する国家資格で、知識や技能を兼ね揃えた栄養のエキスパートです。
どちらも食育の指導を行ったり食事の管理をしたりすることに変わりはありませんが、栄養指導を行う対象が違うという点が大きな特徴と言えるでしょう。

栄養士は主に健康な人に対して業務を行いますが、管理栄養士は病院や福祉施設に従事し、主に怪我をした人や病気の人に対する療養のための栄養指導などを行うため、栄養士とは厳密には異なります。

また、資格に関しても栄養士は栄養士養成施設で学校を卒業することで免許を取得できますが、管理栄養士は厚生労働大臣が認定する国家資格で、栄養士の資格を持っている上で国家試験に合格しなければなりません(※1)。

このように難易度でも栄養士と管理栄養士では違いがあるほいか、年収でも違いが見られるので、次にそこを解説していきましょう。

(※1)厚生労働省-管理栄養士国家試験

栄養士の年収はどれぐらい?

年収は働く場所によって多少異なりますが、平成30年時点で、栄養士・管理栄養士の推測年収は約210万円〜429万円です(※2)。

栄養士は月給やボーナス以外に資格手当や技術手当が適用されますが、栄養士の資格手当に対し、管理栄養士の資格手当は高い傾向にあると言われています。

このようなことから、栄養士として長く勤めていきたいと考えている人は、栄養士の上位資格ともいえる管理栄養士を目指す人も多いです。

(※2)厚生労働省-平成30年賃金構造基本統計調査より時給×8時間×210日算出。賞与は含まない。

栄養士の仕事のやりがいやメリットとは?

栄養士のやりがいや楽しさは、働く場所や仕事内容によって多少異なってはきますが、主なやりがいやメリットは下記のようなものが挙げられるでしょう。
・人を健康にさせるというやりがいがある
・食を通じて商品開発に携わることができる
・仕事以外でも知識が役に立つ
いずれも食育を通じて人々の健康と幸せに貢献するところは共通するやりがいと言えるでしょう。
それでは順に、栄養士の仕事のやりがいやメリットを解説していきます。

人を健康にさせるというやりがいがある

どのような施設で働いても、栄養士は人の生活習慣や生活スタイルを改善することが大きな目的なので、実際に自分の考えた献立や食事指導によってその人が元気になったときは特に仕事のやりがいを感じることが多いです。

それに加えて、病院で働く栄養士の場合は医師や看護師と連携して仕事に当たるため、自分が食育を通じて社会の役に立っているというやりがいも感じることができます。

また、保育園・幼稚園であれば子どもの健康を支えるだけでなく、「給食だより」などを作成することによって子どもの家族へも間接的に食育を啓蒙できるので、幅広い範囲で人を健康にさせることができるという魅力があるでしょう。

食を通じて商品開発に携わることができる

栄養士は、その知識や経験をもって食品メーカーや製薬会社の商品開発に関わることができるというやりがいがあります。

自分が開発に関わった商品が店頭に並ぶというのは、メーカー職で得られる大きなやりがいとも言えますが、栄養士もそれと同様のやりがいや達成感があります。街で自分の関わった商品を見たときには何とも言えない嬉しい気持ちに包まれることでしょう。

そして、栄養士は商品開発以外にも飲食店でのレシピ開発などにも携われる可能性があるので、あらゆる業界とつながりを持つことができる可能性を秘めている仕事でもあります。

仕事以外でも知識が役に立つ

食事は人が生きる上で欠かせないものです。食事に対する栄養士としての知識や経験は自分自身や家族の健康管理をするときにも役に立つというメリットがあります。

また、その栄養士としての知識は職業の選択が幅広くなり、保健所や保健センターといった行政機関や大学や研究所といった教育機関などへ転職するときにも有利に働くことが多いというメリットもあるでしょう。

さらに栄養士に関連する資格などを持っていれば、フードコーディネーターや料理家、スポーツのインストラクターなどの職業に就くことも可能であるという点も魅力です。

栄養士の仕事のつらいところは?

鈴木

栄養士の仕事はやりがいがありそうですね!逆に辛い部分としては何かありますか?

鈴木

栄養士は人の食生活をサポートするやりがいのある仕事ですが、当然つらいところもあるのでそこも知っておきましょう。

栄養士は、やりがいやメリットも多い仕事の一つである反面、仕事においてつらいことや大変な部分もありプレッシャーがあることも事実です。
栄養士の仕事のつらいところは、以下のポイントに絞ることができます。
・業務量が多い
・現場で実践しないとマニュアルの知識だけでは難しい
・献立作りの自由度は低い
栄養士への転職を考えているときは、イメージとのギャップを埋めるためにもこちらのつらい部分について事前に把握しておくことが大切でしょう。

業務量が多い

栄養士の職場の多くは学校や病院といった施設になるため、一人一人の食事管理や調理が膨大で、慣れないうちは作業量が多いと感じ、つらいと思ってしまいます。

栄養士の一般的なイメージは食育指導やアドバイスだと思いますが、調理に携わるところでは施設の衛生管理や発注業務なども発生するため、栄養士はいかに効率的に仕事を回すことができるかといった高度なマルチタスクが求められているということを知っておきましょう。

また、栄養士の仕事は一人だけでこなせる業務量ではないので、チームワークを周囲との協調を大事にできるコミュニケーション能力はあったほうが良いでしょう。

現場で実践しないとマニュアルの知識だけでは難しい

栄養士は、覚えることが多くマニュアルを叩きこんで現場へと入ることになりますが、現場の業務を網羅することは難しく最初はつらいと感じます。
栄養士としての知識を教科書でしっかり覚えたとしても、指導する人によって食習慣や生活スタイルは十人十色、健康改善に向けてどのような目標を設定するのかも異なります。栄養士の仕事は対人である以上、相手の考え方なども汲み取って業務に当たる必要があるので、長い期間実践をしっかりと積まなければ仕事を覚えていくのは難しいでしょう。

献立作りの自由度は低い

栄養士は、施設ごとの限られた予算内でいかに栄養バランスの整った献立を作るかが重要なので、自分の好きなように献立を作ることは難しいです。
さらに、予算はあるからといって単純に栄養バランスのある安価な食材をそろえるのではなく、利用者が食べたいと思うような彩りやボリュームの出し方なども工夫しなければいけません。
また、献立作りには食材の管理や発注業務も伴ってくるため、そこも考慮しながら調理を行っていかなければいけないという大変さもあります。

未経験でも栄養士への転職は可能?

鈴木

栄養士は資格が必須なんですね!資格さえ取得できれば、未経験でも転職はできますか?

鈴木

栄養士は資格が必要でハードルが高く思われがちですが、資格さえあれば未経験でも転職できるチャンスは十分にあります!

病院や介護施設といった人の命を扱う施設は栄養士としての経験やスキルを重視するところが多くハードルが高いですが、学校や給食施設などは未経験者でも募集を行っているところが多いです。
しかしながら、そうはいっても栄養士はやはり実務経験者がいればそちらを優先したいという職場が多いことも事実でしょう。未経験の人が転職できたとしても初めから栄養士の仕事内容を全て任されるという場面は極めて少ないということは知っておくほうが良いです。
仮に転職できたとしても、調理や施設管理の補助からスタートする場合がほとんどですので、まずは誠意をもって業務に当たっていって、経験を重ねていくこと。そうすればあとからスキルは身についていくのです。
なお、栄養士の場合は未経験でも募集を行っている転職サイトはあります。

「ジョブメドレー」は医療介護に特化した転職サイトですが、栄養士、管理栄養士の求人も多く掲載されていて、キャリアサポートの支援が手厚いので未経験の人の転職にもおすすめです。
また、サイトに登録すれば求人が随時届いたり直接スカウトが来たりするので、現職が忙しくて転職がなかなか進まないという人にも最適でしょう。

栄養士の資格が生かせる求人が多く記載されているのが「栄養士転職ナビ」です。病院から保育園までさまざまな施設の求人が出されていて未経験の人でもチャレンジできる案件が充実しています。
非公開求人が多く掲載されているので、登録すれば思わぬ良い求人に出会えるかもしれません。

栄養士の仕事で求められる人物とは?

どれだけ栄養バランスがとれていても人から喜んでもらうには、その食事が美味しく食べられることが大前提です。栄養士の仕事は、何よりも自分自身食事が好きで、食に対する探究心のある人が求められるでしょう。
また、献立を考えるだけでなく自分で調理をすることもあるので、幼稚園・保育園や小学校で働きたい人は、ある程度の調理技術も求められます。
そして、栄養士は医師や看護師、そして調理師の人とのチームプレーで成り立つ仕事であるため、コミュニケーション力と協調性のある人が重宝される仕事と言えるでしょう。

栄養士の仕事で有利な資格とは?

栄養士の資格は必須ですが、それ以外にも取得しておくと転職の際に有利になるものがあり、それは下記の資格です。
・糖尿病栄養指導士
・食品保健指導士
・保険運動指導士
・サプリメントアドバイザー
・フードコーディネーター
ここでは栄養士の仕事で持っていると有利な資格を順に解説していきたいと思います。

糖尿病栄養指導士

糖尿病栄養指導士は、「日本糖尿病療養指導士認定機構」が認定する資格で、受講には管理栄養士の資格が必要です。

糖尿病栄養指導士の資格を持っていれば、病院やクリニックで糖尿病患者の栄養指導を行う際に役立ち、仕事の幅が広がるでしょう。

管理栄養士としての知識がより充実したものとなるので、患者さんに対して自信を持って指導ができるようになったり、会社で頼られることも多くなったりとやりがいの面で大きなメリットがあります。

食品保健指導士

食品保健指導士は、「日本健康・栄養食品協会」が認定する資格で、栄養士または食品関連業務において3年以上勤務している人が受けられる資格です。
この資格があれば国内で販売する健康食品を消費者へ正しく指導、相談を行うことができるという証明になり、薬局や食品・美容に関係する会社で活躍することができます。
また、商品開発に携わりたいと思っている人にもおすすめできる資格と言えるでしょう。

健康運動指導士

健康運動指導士は、厚生大臣の認可を受けた「健康・体力づくり事業財団」が認定する平成18年度から始まった民間資格で、栄養士の資格もしくは4年制の体育大学を卒業している人が受けることのできる資格です。
健康運動指導士の資格があれば、病院や介護施設、保健所以外にフィットネスクラブやアスレチッククラブといったスポーツに特化した分野の栄養士として活躍ができます。

求人の募集でも健康運動士の資格が必須であるとするところもあって、民間資格でありながらその価値の高さが証明されている資格です。

サプリメントアドバイザー

サプリメントアドバイザーは、厚生労働省のガイドラインによって設けられた「日本臨床栄養協会」が認定する民間資格で、サプリメントや保健機能食品について適切なアドバイスを行うことのできる証明となる資格です。
サプリメントアドバイザーの資格を持っていれば、消費者一人一人に対して保健機能食品やサプリメントの的確なアドバイスができるようになるため、仕事の自信につながります。
生活に密着した分野の健康をサポートしたいという栄養士の多くが取得を目指す資格で、健康食品企業の栄養士だけでなく病院栄養士や老健栄養士としても活躍ができることでしょう。

フードコーディネーター

フードコーディネーターは、NPO法人である「日本フードコーディネーター協会」が認定する民間資格です。3級からの受験可能で、受験資格が不問であるという手軽さが特徴です。

栄養に関する知識はもちろんのこと、調理技術や見た目を鮮やかにする食器の選定やテーブルコーディネートなども学ぶことができます。
フードコーディネーターの資格があれば、レストランや食品メーカーで活躍ができるようになり、メニュー開発や商品開発に携われるチャンスもあるでしょう。また、資格取得後にフリーランスとしてフードコーディネーターや料理研究家として起業する人も多いです。