広報に転職したいけど、その仕事内容とは!?やりがいやつらいところもご紹介!

広報の仕事と聞けば一見華やかな世界をイメージして転職したいと思う人も多いと思いますが、実際にはどうような仕事内容なのでしょうか。

そこで今回は広報の仕事に焦点を当てて、仕事内容からやりがいとやつらいところ、また取得しておくと良い資格などをご紹介いたします。

広報の仕事内容とは?

鈴木

広報って華やかなイメージですが、具体的な業務内容はどのようなものになるのでしょうか?

鈴木

たしかに広報は魅力ある広告を打ち出して宣伝を行うことがメインの仕事ですが、実はそれ以外にもたくさんの業務があります。

広報は、「会社の商品やサービスを対象に魅力ある宣伝を行う」ことが基本的な仕事内容です。そして、その中で大きく分けると以下のような仕事内容があります。
・社外広報
・社内広報
・IR広報
消費者やマスコミに向けて発信する「社外広報」と社内に情報を発信する「社外広報」、そして投資家への情報発信を行う「IR広報」というものです。
ここでは、その3つの仕事内容について順に解説していきます。

社外広報

社外広報とは、会社の商品やサービスを外部に発信する仕事です。
単純に広告枠を買って宣伝を行うというものではなく、掲載費などを使わずに自社情報を発信して各SNSやメディアなどにできるだけ多く大きく取り上げてもらえるような仕組みづくりを構築するのが社外広報の仕事内容になります。

社外広報を行う目的は、商品やサービスの売上アップと会社のブランドイメージの創出、各方面へ認知させることが目的です。その方法にはイベントの企画であったり、展覧会であったりと非常に様々です。
また、認知されたブランド価値は維持し続けて守らないといけないので、その価値を問われるような事件が起きたときなどに、どう素早く対処するのかといった危機管理能力も社外広報には求められています。

社内広報

社内広報は、自社の商品やサービスに関して各情報ツールなどを駆使して、社員へ向けて分かりやすく浸透しやすいように情報発信を行う仕事です。
具体的には、リアルタイムに社内の情報を送ることのできるメルマガの配信や社員インタビュー、写真を掲載した新聞やパンフレットといった紙媒体の作成などが挙げられるでしょう。

最近では、会社アカウントによるブログやSNSの発信を行い、社員にとって親しみやすい情報の発信を行うといったことなども社内広報の仕事として行われています。

社内広報を行う目的は、社員に対して企業活動の方向性がどのようなものであるかというのは明確にさせることに加えて、経営理念やビジョンを浸透または再認識させることが目的です。

各情報ツールは見てもらえるように鮮やかで魅力的でなくてはいけません、場合によってはプロのライターやデザイナーに外注することもあり、その管理なども社内広報の仕事に含まれます。

IR広報

IR(Investor Relations)広報は、会社の経営状態や財務情報などの情報を株主や投資家へ発信する仕事です。
株主総会の運営や有価証券といった各報告書の作成、決算短信の作成などがあり、広報業務である程度の経験を積んだ人が就くチャンスのある業務だと言われています。

IR広報は、財務という会社の心臓部分を取り扱う責任感の重い仕事で、通常の広報業務よりも年収の水準が比較的高いという点が大きなメリットです。
しかしながら、IRは決算等で数字を取り扱うため、場合によっては広報以外の経理部や財務部などで行うことも多い仕事であるということは知っておいたほうが良いでしょう。

広報の年収はどれぐらい?

2020年8月28日時点で、広報の平均年収は425万円です(※1)。日本の平均年収とほぼ同じか、あるいはやや低いということがうかがえます(※2)。

基本給の設定は、広報の場合勤続年数に応じて徐々に上がっていきますが、スキル、経験などで責任のある役職に就いた場合などは大幅にアップすることがあり、広報で求められいる資格の有無などによっても基本給が変動することの多い業界です。

また、広報を展開している会社によっては、基本給のほか能力給なども設定しているところもあり、広報という仕事を通じて実際にブランドが認知されたりSNSなどのアクセス数がアップしたりすればマーケティングやリサーチ能力が認められて大きな昇給も見込めるでしょう。

(※1)「求人ボックス 給料ナビ

(※2)「国税庁 平成29年度民間給与実態統計調査結果

広報の仕事のやりがいは?

広報の仕事に携わっている人が感じる仕事のやりがいとして、以下のようなものがあります。
・人脈が広がる
・成果が見えるので達成感がある
・高い戦略性が身につく
広報の仕事は、人脈の広がりや仕事の達成感などのやりがいのほか、実務を通じて戦略性などのスキルも上がっていくのでモチベーションの維持がしやすく、非常にやりがいがある仕事だと言われています。
ここでは、それぞれの広報のやりがいについて解説していきます。

人脈が広がる

広報は、社内外を問わず情報を発信する業務の性質上、様々な人と接する機会が多い仕事ですので、人脈が広がるという特徴があります。
特に広報という仕事は、広く人脈を持つマスコミ関係者などとも深く関わることができるので、その点において他の職種に比べても人間関係の広がるスピードが早く、ビジネス上で思わぬ良い出会いが潜んでいるかもしれません。
また、広報職は人脈が広がるという特徴とともに、自然とコミュニケーション能力が上がっていくというメリットもあるでしょう。

成果が目に見えるので達成感がある

広報の仕事は、自身のプロモーションや広報活動の努力によってはっきりと売上や知名度に影響が出てくるため、達成感があってやりがいがあります。

広報は短期間で結果を出せるものではなく、数字を達成させるまでにUIの設置や予算の折衝などを繰り返すことが必要なので、良い結果が出て目標をクリアしたときの達成感は何物にも代えがたいものです。

そして広報は自社ブランドのイメージを第一に取り扱うので、まさしく会社の顔です。達成感の大きさもありながら責任感のある長期的な仕事を任せられることが多いため、モチベーションを保ちながら仕事ができるという特徴も働く人にとって良い影響を与えるでしょう。

高い戦略立案能力が身につく

広報の仕事は常に市場分析をしたりやトレンドを追ったりする必要があり、仕事を通じて高い戦略立案能力が身についていくため、やりがいがあります。

また、仕事内容が多岐にわたるため、情報収集力や、相手の心を掴むプレゼンテーション能力や文章力なども日々の業務で培われていくことでしょう。
このように広報は、課題を解決させるためのソリューションが尽きることがなく、常に柔軟な対応が求められる仕事であるため、常に新しいことにチャレンジして戦略立案能力以外でも多くのスキルアップが望めるという魅力があります。

広報の仕事のつらいところは?

鈴木

なるほど!広報は花形のような印象ですが、広報の辛い部分はどのようなものがありますか?

鈴木

広報はやりがいに魅力を感じる人が多い一方で、このような点が辛いと言われています。

実際に広報の仕事をしている人の多くが、先ほどご紹介したやりがいを感じる一方で、広報の仕事がつらいと思う場面もあります。
特に、下記のようなつらい部分が挙げられるでしょう。

・情報発信にミスが許されない
・仕事は常にトラブルと隣り合わせ
・上層部と接触する機会が多くプレッシャーを感じる

世界に広く広報を行うということはそれだけ大きな責任が伴うということなので、漏れなく問題なく仕事を遂行しなくてはならないという理由からこのようなつらさがあるのです。
ここでは、これら広報の仕事のつらい部分について解説していきます。

情報発信にミスが許されない

広報の仕事は、情報発信における内容の誤りや誤字、数字のケタ間違いといったミスが許されないため、毎日のように緊張感と向き合わなければなりません。

また、発信する情報は事実や根拠にもとづいたものであることが絶対なので、入念なリサーチ一つとっても多大な時間を使うという大変さがあります。

仕事は常にトラブルと隣り合わせ

広報は、自社の売り出している商品やサービスにおいて予期せぬトラブルや不祥事が発生した場合、即対応しなければいけないという大変さがあります。

広報は自社のブランドの価値を高め守ることが第一です。もし問題が発生したときの対応が遅かったりいい加減なものだったりすると顧客の信頼を失い、ブランドイメージを下げてしまう可能性があります。

一度信頼を無くしてしまうとブランドイメージには回復がかかるため、広報は常にトラブル対応にも敏感に反応しないといけないので、気が休まることがありません。そのような突発的な事案の対応は体力的にも精神的にもつらい部分が多いでしょう。

また、マスコミへの謝罪会見が必要になった場合、その準備に追われることになるのが広報の仕事の一つです。

上層部と接触する機会が多くプレッシャーを感じる

広報は、ブランドイメージを守る仕事でもあり慎重にならざるを得ないので、経営者といった上層部へ広報に関する企画や資料の説明をする機会が常につきまとい、プレッシャーが多いです。

企画の費用対効果はどれぐらいなのか、どのような手段で広報宣伝を打ち出していくのかといった内容を、上層部が納得いくように説明する必要があり、そこでつまずいて仕事が先に進まないということもあり得ます。

何とか承認を受けた後も、上層部の了承のもと仕事を進めていくわけですから失敗が許されないという緊張感が後ろにあり、日々の進捗でも一瞬たりとも気を抜くことができないのが広報の仕事のつらいところでしょう。

未経験で広報への転職は可能?

鈴木

やはり仕事なので辛いこともありますよね・・・。しかし、広報として仕事をしてみたいと思いました。未経験でも転職することはできますか?

鈴木

たしかに広報は求められる能力が多いため未経験はハードルが高いですが、決して不可能ではありませんよ!

広報は高いマーケティング能力やトレンドへのリサーチ能力が必要なので、経験者が優遇される場合が多く、未経験で転職するのはハードルが高いことは間違いありませんが、「広報職を目指すための動機や目的」が明確であることに加え「広報に求められているスキルや適性」が備わっていれば十分に可能性のある職種です。

広報は会社の持つ魅力を取引先に伝え、良好な関係を築けるかどうかにかかっているので、会社の企業理念などをしっかりと理解した上で、広報へ転職する動機と目的を持った人は、たとえ未経験であっても採用する側にとって欲しい人材と言えます。

また、自分の特性として「どのような人に対しても気さくに話をすることができる」「主体的に行動できる」「目的意識に基づいて常に自分で判断ができる」といった強みがある人は広報職に適性があるので、面接で上手くアピールすることができれば転職のチャンスはあるでしょう。

それ以外にも、転職する前に広報に必要な資格なども学習して取得しておけば即戦力が期待され熱意や情熱を伝わるので、未経験の人は資格取得もおすすめです。

広報の仕事で求められるスキルとは?

広報の仕事は社内外で行うことが多く、その内容は多岐にわたるため、多くのスキルが求められる職種です。
広報職で求められるスキルは、主に下記のような点が挙げられます。

・コミュニケーションスキル
・文章スキル
・プレゼンテーションスキル
・計画や企画の立案スキル
・リサーチ能力

いずれも広報職をやり遂げる上で必要不可欠とも言えるものばかりなので、順に詳しく解説していきます。

コミュニケーションスキル

広報は、会社の顔として社内外でやり取りが絶えず発生するので、高いコミュニケーションスキルを持った人が求められます。

各ステークホルダーに対して良好な関係を築く上で円滑なコミュニケーションは必須と言えるもので、それぞれの持つ考えや意見を上手に汲み取って提案していかなければなりません。

文章スキル

広報では、広告やプレリリースなど文章によって情報を発信するので、文章スキルは当然ながらあったほうが良いでしょう。
文章スキルはまさしく広報業務の基本ともいえるもので、広告だけに留まらず、インタビューの台本や株主に向けた報告書などそのスキルが活躍できる場面は多々あります。

また、商品やサービスの魅力を引き出し言葉によって相手の心を掴めるようになれば、文章スキルとともにコピーライティング能力も身についていくことでしょう。

プレゼンテーションスキル

広報は、SNSやカタログといった文章だけでなく、会社の商品やサービスの魅力を口頭で行うプレゼンテーションスキルも重要です。
プレゼンテーションの構成考えたり相手の知りたい情報を的確に伝える話し方などを工夫したりと、正解が見えないものだからこその難しさがあります。

そのため、入社後に何度もプレゼンテーションを実際に経験して、常に勉強を積み重ねる必要のあるスキルだと言えるでしょう。

計画や企画の立案スキル

広報は長期的な目標を掲げチーム全体で取り掛かる仕事がほとんどです。そのため、しっかりとした計画と企画の立案スキルが必要です。
綿密に計画を練ることで、必要なアクションや取引先とのコミュニケーション、予算や作業時間などが明確になるため、そのあとの企画の効率が大きく変わってきます。

また、計画や企画を十分に詰めることができれば社内でのプレゼンや上層部への承認を得るときにもスムーズに進めることができるため広報にとって欠かすことのできないスキルの一つでしょう。

リサーチ能力

広報は、市場や業界に関する動向やトレンドなどに対して常にアンテナを張り巡らせて積極的にリサーチしていく能力が必要です。

インターネットの普及によって今では誰でも情報を得ることが容易ですが、その情報が正しいものであるのか、仕事では根拠に基づいた情報を自分の中でしっかりと精査していかなければいけないというリサーチの難しさがあります。

そして単に情報を拾い上げるだけでなく、自社にとって付加価値のあるものを拡散できるようになって初めて広報として精度の高い仕事ができていると言えるでしょう。

広報の仕事で有利な資格とは?

鈴木

未経験でも転職は可能なんですね!転職の際に必要な資格などはありますか?

鈴木

広報には絶対にこれがないとダメという資格はありません。しかし、転職や仕事で持っておいたら有利なものはたくさんあります。

広報の仕事をする上で必須になる資格はありません。
ただし、広報の仕事を希望するのであれば持っていれば転職においても有利に働くものがあり、それは以下のとおりです。

・プロモーショナル・マーケター認証資格
・PRプランナー
・IRプランナー

特に、未経験で転職を希望する場合は面接でアピールポイントとなる以上に、資格を勉強する中で広報に対する知識も身につくというメリットがあるため取得することがおすすめです。
ここでは、広報の仕事で有利な資格について順にご紹介していきます。

プロモーショナル・マーケター認証資格

プロモーショナル・マーケター認証資格は、「日本プロモーショナル・マーケティング協会」が創設した資格で、認証資格委員会には電通や博報堂などの大手企業が在籍するなど業界標準として掲げている資格の一つです。

取得すれば広告による販売促進を多角的な視点でアプローチができるという証明になります。ターゲット設定や計画立案などの実務で役に立つほか、PRプランニング業務などでも活躍ができるでしょう。

取得に向けて学習するだけでも、広報業界の流れを理解できる非常に価値のある資格です。

PRプランナー

PRプランナーは、公益社団法人日本パブリックリレーションズ協会が主催する広報関係の資格で唯一の専門資格です。専門の資格ということで、在職している人は持っていると広報職に従事する者として高い職務意識をアピールすることができ、転職でも熱意を伝える手段として有利に働きます。

PRプランナーは、広報の仕事に必要な知識やスキルも身につくので、業界研究としても役に立つ資格です。

また、合格者は資格保持者限定の勉強会や交流イベントなどに参加することができるためビジネスをしながら人脈を広げたいという人にもおすすめできます。

CIRP

CIRPは、特定非営利活動法人日本IRプランナーズ協会が主催している、IRに関する専門知識を有していることの証明になる資格です。
資格を持っていれば、IR広報の仕事に役立つことはもちろん外部クライアントや顧客の客観的意見を自社の経営に生かすことができます。

さらにIRプランナーであることを名刺にも記載できる資格で、社内外の信頼を得ることができて自分自身のブランド力を高めることができるというメリットもあります。

広報の中でもIR広報に携わりたい人はぜひとも取得しておきたい資格と言えるでしょう。

まとめ

今回は、広報の仕事内容に触れながら、そのやりがいとつらいポイントなどをご紹介しました。

広報の仕事内容と転職広報職は花形ともいえる業界であるため、人気があって転職としての難易度が高い仕事であると言えます。常に狭き門であることに間違いはありませんが、志望動機や資格の取得などしっかりした事前準備があれば転職できる可能性のある業界です。

自分で転職を進めることに不安が残る人には転職エージェントの利用もおすすめです。転職エージェントであれば、広報に関する疑問や不安を相談することも可能で職務経歴書や面接対策といった手厚いサポートも受けられます。