理学療法士の仕事内容や年収、資格取得方法を解説!

理学療法士と言えば、病院でのリハビリテーションを連想する人も多いのではないでしょうか?

近年、健康意識の高まりにより、医療やスポーツの現場以外にも活躍の場が増え、注目を集める職業です。理学療法士とは、実際にはどのような仕事で、どうすればその職に就くことができるのでしょうか?作業療法士との違いはどのような点でしょうか?

仕事内容や年収、やりがいといった面から資格取得方法までを解説します。

理学療法士の仕事とは?

鈴木

理学療法士という職業を耳にしたことはあるのですが、実際にはどのような業務内容なのでしょうか?

鈴木

理学療法士とは、基本動作能力の回復をサポートする、身体的リハビリテーションのスペシャリストです。

理学療法士とは、障害のある人や障害が予測される人に対し、日常生活に不可欠な基本的な動作(寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩く)が自力でスムーズにできるようになることを目指してサポートする専門家です。

病気やケガにより、生活するうえで基本となる諸動作が難しくなった人が日常生活をスムーズに送れるようにすることが理学療法の目的です。

ここでは、理学療法士の具体的な仕事内容や活躍の場、作業療法士との違い、やりがいや年収、適性とは何かなどを項目ごとに見ていきましょう。

理学療法士の仕事内容

理学療法士は、病気やケガなどを原因とする障害を抱える人、または障害が予測される人に対して、「寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩く」といった基本動作能力の回復や維持、障害の悪化予防を目的としたリハビリテーション(機能訓練)をおこないます。

理学療法とは歩行練習やストレッチなどの運動療法と、電気刺激・マッサージ・温熱療法などの物理療法からなり、リハビリテーションの中でこの2つの療法を施すのが理学療法士の仕事になります。障害を抱える人(予測される人)が自立した日常生活をスムーズに送れるようにサポートするのが、理学療法士の仕事です。

「Physical Therapist(フィジカル・セラピスト)=PT」と呼ばれることからも分かる通り、身体能力面から患者やスポーツ選手のリハビリテーションを行う専門家です。

一般的に、理学療法士と言えば病院内でのリハビリテーションが連想されますが、実は介護施設や障がい者向け施設などの福祉施設で働く理学療法士も多く存在します。

さらに、活躍の場は医療・福祉現場だけでなく、スポーツの分野にも広がっています。障害や不調の原因を分析したり、解決に導くサポートをしたりする専門家として、スポーツの現場での需要は非常に多く、プロスポーツチームには必ずと言っていいほど理学療法士の資格を持ったスポーツトレーナーがいます。

このように、理学療法士はリハビリテーションを必要とする人が存在するさまざまな場で活躍しています。近年、健康への意識の高まりから、理学療法士の仕事領域はさらに広がりつつあります。

どのような施設や企業を職場として選ぶのかによって、仕事内容は多少変わる場合もあることを知っておきましょう。

作業療法士との違いは?

生活に困難を抱える人にリハビリテーションを施すのは作業療法士も同じですが、作業療法士のおこなうリハビリテーションは「作業療法」と呼ばれるものです。

理学療法士が基本動作能力を回復させる身体的なサポートをするのに対し、作業療法士は日常生活に必要な動作(入浴や食事など)の回復を目指し、手作業などを通じたリハビリテーションを施すのが専門です。この作業療法では園芸や手芸などがよく使われます。

日常生活に必要な家事のトレーニングをしたり、細かい手作業によってストレスを軽減したりします。理学療法士がマシンを使って筋肉トレーニングをしたり、電熱療法を施すのとはまた違ったアプローチです。

作業療法士の仕事で特徴的なのは、精神疾患により日常生活に困難を抱える患者にもリハビリテーションをおこなうところです。身体的な動作の面からだけでなく、社会的適応能力の面からもアプローチします。

作業療法では、生活に関わる全ての動作が「作業」とされており、その回復によって社会とのつながりを保つことができます。患者が心身ともに自立した生活を取り戻せるようサポートするのが作業療法士の仕事です。

つまり、理学療法士と作業療法士では、リハビリテーションの目的やフォーカスする障害の状況が異なるのです。

理学療法士の年収は?

2018年3月29日時点で厚生労働省が発表している理学療法士の平均年収(※1)は408.5万円(平均年齢32.9歳)です。国内給与所得者の年収(432.2万円)よりもやや低く、男性で417万円、女性で398.9万円。医療従事者の中では平均よりもやや少ない額となっています。

しかし、理学療法士の平均年齢は国内給与所得者の平均年齢(46歳)よりもかなり低く、これも平均年収を下げている一因と言えるでしょう。日本では一般的に経験を積むとともに昇給していくことが多く、年齢層が比較的若い理学療法士の平均年収が低く算出されていることも推測されます。着実に経験を積んでキャリアを高めたり、理学療法士になったあとも関連資格を取得したりといった自己研鑽に努めることで、年収が上がる可能性があります。

※1 厚生労働省『賃金構造基本統計調査/平成30年賃金構造基本統計調査 一般労働者 職種』

理学療法士の仕事のやりがい、辛さは?

リハビリテーションをおこなうことで、患者やスポーツ選手のQOL向上に寄与できることが一番のやりがいであると言えます。

病気やケガにより障害を抱える人に寄り添い、リハビリテーションの結果、基本動作能力が回復したり、不調が解消したりしたときには大きな達成感を感じるという理学療法士が多いようです。

反面、患者と信頼関係を築く過程での苦労や、結果がなかなか出ないときの苦悩といった辛さがあります。

リハビリテーションの成果を出すためには、患者が理学療法士に対して信頼感を持つことが必要になるため、コミュニケーションの難しさを感じることもあるでしょう。全ての患者が必ず回復するとは限りませんし、リハビリテーションの結果が現れるまでには時間を要するものです。

また、体を駆使して患者をサポートする仕事のため、体力的に辛いこともあります。こうした理学療法士の仕事の辛さについても知っておく必要があると言えるでしょう。

では、理学療法士に向いている人とは、いったいどんな人なのでしょうか?次項では理学療法士に必要とされる適性を見ていきましょう。

理学療法士に向いているのはどんな人?

ここまで見てきたように、理学療法士がおこなうリハビリテーションには、患者との信頼関係やコミュニケーションが不可欠です。

苦労をいとわず患者のサポートができる人、患者とコミュニケーションを取るのが苦にならない人が向いています。患者に寄り添う共感力や、リハビリテーションの際に患者の様子から症状をくみ取ることができるような、細やかな観察力も要求されます。

また、どのような仕事にも共通することですが、辛さを乗り越えられるだけの喜びを仕事に対して感じられることが重要です。仕事を続けていくためには、モチベーションや自分なりの仕事軸が不可欠。リハビリテーションを通じて患者やスポーツ選手が希望を取り戻すことを自分の喜びだと感じることができるような人が向いていると言えるでしょう。

では、理学療法士になるには、どのようなステップを踏むのでしょうか?特別な資格は必要なのでしょうか?次項で詳しく見ていきます。

理学療法士になるには?資格は必要?

鈴木

理学療法士になるには、どのようなフローが必要なのでしょうか?また、資格などは必要ですか?

鈴木

理学療法士になるには、養成校で必要な技術や知識を修得したうえで、国家試験に合格する必要があります。養成校→国家試験合格と、2ステップあるわけですね。

理学療法士になるには、養成校(大学・短期大学・専門学校)で知識と技術を身につけたうえで、国家試験に合格することが必要です。養成校の選び方によっては働きながらの資格取得も可能です。ここでは、理学療法士になるための資格と養成校の選び方について解説します。

国家試験に合格することが必要

結論から言うと、理学療法士になるには厚生労働省が実施する国家試験に合格する必要があります。例年2月~3月に実施される理学療法士試験は一般問題と実地問題で構成され、2020年に実施された題55回理学療法士の合格率は86.4%となっています(※2)。

そして、国家試験の受験資格として「『理学療法士及び作業療法士法』に基づき、指定の養成校での知識および技能修得を済ませていること」が必須となっています。

※2 厚生労働省『第55回理学療法士国家試験及び第55回作業療法士国家試験の合格発表について』

受験資格を得るための学校選び

「理学療法士及び作業療法士法」では、理学療法士の国家試験受験資格を有するのは「学校教育法により大学に入学することができる者であって、文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣が指定した学校又は都道府県知事が指定した理学療法士養成施設において、3年以上理学療法士として必要な知識及び技能を修得したもの」(※3)と定められています。

外国で資格を取得した人、法施行以前に養成校で学び法施行後に卒業した人も受験資格を有すると規定されていますが、一般的に受験資格と言えばこの「養成校で3年以上知識および技能を修得した人」のことを指すと考えてよいでしょう。

つまり、理学療法士になりたいと考えた場合、まずは養成校に通わなければなりません。養成校のカリキュラムは、大きく「一般教養科目・専門基礎科目・専門科目・臨床実習」の4つに分けられます。

2020年入学生から適用されている、必要単位数の増加や臨床実習の見直しといったカリキュラム改正は、質の高い理学療法士の養成を目指したものとなっています。

そのため、理学療法士をなるためには「どのような養成校を選ぶか」は非常に重要なポイントです。

※3 厚生労働省『理学療法士国家試験の施行

大学または短期大学

養成校のうち、理学療法科のある4年制大学または短期大学(3年制)で専門課程を修めます。国家試験の資格要件は「養成校での3年以上の知識および技能の修得」となっているため、卒業時には要件を満たします。

国家試験に合格して理学療法士の資格を取得してから、さらに専門知識を深めたい場合には、大学院へ進学することもできます。理学療法を専門とする研究者になりたい場合も同様です。

大学・短期大学での勉強には、理学療法以外の科目が含まれることも多いため、社会に出てから役立つ総合的な教養や幅広い知識を同時に身につけるという目的で、この進路を選ぶ人もいます。

海外でのカリキュラムを過程に組み入れている大学もあるため、グローバルな知識を得られる可能性もあります。そのため、大学・短期大学を選ぶ場合には、校風や教育方針などをしっかりリサーチしてから進学する必要があるでしょう。

専門学校

養成校のうち、理学療法士過程のある専門学校で3~4年間の専門過程を修めます。養成校に通う目的は、国家試験の受験資格取得です。その目的に特化した専門学校では、理学療法士に必要な専門的カリキュラムを効率よく学ぶことができます。

社会人として働きながら理学療法士になりたいと思う人もいるでしょう。こうした人にも専門学校は適していると言えます。夜間部が用意されている専門学校が多いため、働きながら理学療法士になるための知識や技能を修得することができます。

社会人の場合は既に総合的な教養や仕事のマナーは身についていることが多いことも理由のひとつです。

また、専門学校は大学に比べると学費がやや抑えられています。そのため、社会人でなくとも「できるだけ学費を低く抑えつつ、短期間で効率よく国家試験の受験資格を得たい」と考える人に適した養成校と言えます。

まとめ

鈴木

なるほど!理学療法士になるための方法がよく分かりました!

鈴木

適性のある人には大きなやりがいを感じられる仕事です。「なりたい将来の姿」を見据え、自分に合った学校選びをすることが重要です。

理学療法士の仕事内容や年収、やりがいをはじめ、資格取得方法について解説してきました。理学療法士は障害と向き合う身体的な基本動作能力に関するスペシャリストです。

医師や看護師と比較すると高収入とは言えないながらも、専門的なアプローチで人々の障害に寄り添い、QOL向上に貢献する、やりがいのある仕事と言えるでしょう。

理学療法士になるには、法律で指定された養成校で理学療法に関する課程を修め、国家試験に合格することが不可欠です。養成校には修学年数の違いがあるほか、それぞれ教育方針やカリキュラムも異なります。理学療法士になってからのキャリア形成も視野に入れつつ、自分に適した道を選ぶことが重要です。