歯科衛生士になるには?仕事内容や受験資格、歯科助手との違いについて

「歯科衛生士の資格」について調べている人は
『歯科衛生士ってどんな職業なんだろう?』
『歯科衛生士の資格を取るのって難しいのかな…?』
と疑問に思っているかもしれません。

歯科衛生士になるためには、学校へ通い養成課程を修了する必要があります。決して簡単ではないものの、きちんと勉強をすれば取得しやすい資格とも言えます。
また、歯科衛生士は一生モノの仕事としてずっとスキルを活かしていけるほか、働くうえで様々なメリットがあります。

そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から「歯科衛生士の資格」に関するノウハウを全てお伝えします。
歯科衛生士の業務内容や資格に関する情報、転職するメリットなども解説していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

最後まで読めば、歯科衛生士や資格について詳しく理解することができますよ!

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

歯科衛生士の仕事内容は?どんな所で働く?

鈴木

最近、家族をもってUターンや移住を考えるようになりました。ライフイベントや環境の変化があっても仕事に困らないように、手に職をつけて働いていきたいと考えています。資格職をいくつか調べていたところ歯科衛生士を見つけたのですが、歯科衛生士ってどんな職業なんでしょうか?

鈴木

歯科衛生士は基本的に全国どこでも需要があるため、手に職をつけて働きたい人に人気な職業の一つです。まずは歯科衛生士の業務内容や就業先について、基本的なポイントを見ていきましょう。

歯科衛生士とは

歯科衛生士とは、「歯の健康」を様々な面でサポートする職業です。

虫歯や歯周病などの病気を「治療」する業務は歯科医師が担っていますが、歯科衛生士は病気を未然に防ぐための予防処置や保健指導まで幅広い範囲で業務を行います。

歯科衛生士の就業先

歯科衛生士の主な就業先は、歯科医院や総合病院・大学病院等の外来の歯科・口腔外科などです。

一般的に「歯医者」と呼ばれる場所で勤務します。

歯科衛生士の仕事は主に3つ

「歯の健康」を様々な面でサポートする歯科衛生士の業務範疇は、歯や口腔に関する予防から処置まで多岐にわたります。

一般的な歯科衛生士の3つの業務を見ていきましょう。

仕事1:歯科医師の指示のもと、歯科診療補助をする

歯科医師が歯や口腔に関する治療を行う際の補助業務を行います。

より専門的な知識・技術が必要となる抜歯や切開・注射等は歯科医師の免許を持つ人のみ行うことが可能ですが、歯石除去やクリーニングは歯科衛生士も行うことが可能です。

仕事2:歯科予防処置

虫歯と歯周病は「歯の二大疾患」と呼ばれており、人が歯を失う理由の90%をこの二大疾患が占めています。これらは突発的にかかる病気ではなく、日々の生活において気を付けることで予防が可能です。

患者の口腔内の状況に応じて歯垢除去などのクリーニングを行う歯科予防処置も、歯科衛生士の重要な仕事の一つです。

参照:日本歯科衛生士会『歯科衛生士とは』
https://www.jdha.or.jp/aboutdh/

仕事3:歯科保健指導

歯科予防処置によって病気にかかりにくくすることは可能ですが、さらに言えば患者本人が清潔に保つための意識や知識を持つことが根本的な状況改善につながります。

歯科衛生士は学校や企業、老人介護施設で専門家として歯科保健指導を行い、歯や歯茎のケア方法などを教えることもあります。

【コラム】歯科衛生士の就業先は歯科だけ?他にもある?

歯科衛生士の主な就業先は歯科医院や大学・総合病院ですが、中には以下のような場所で働く歯科衛生士もいます。
・一般企業や老人介護施設の中で専属の歯科衛生士として働く
・歯科関連のビジネスを行う企業で商品開発に携わる
・自治体等の保健センターで歯科保健指導や歯科検診を行う

まとめ
    歯科衛生士は「歯の健康」を様々な面でサポートする職業です。予防から処置まで幅広い業務に携わっています。

歯科衛生士には資格が必要?歯科助手との違いは?

鈴木

歯科衛生士という名前はあまり馴染みがありませんでしたが、歯医者へ行った時にお世話になっている人たちなんですね。
ところで、友人が「歯科助手」をしているんですが、歯科衛生士と歯科助手は何が違うんでしょうか?

鈴木

歯科助手も同じく歯医者で働いている人ですが、実は業務内容や携わる業務範疇は大きく異なるんです。
何が違うのかを詳しく見ていきましょう。

歯科衛生士と歯科助手の違い

歯科医師の補助業務を行うもう一つの職業として「歯科助手」が知られていますが、歯科助手と歯科衛生士には大きく違いがあります。

歯科助手の業務内容は受付・会計やカルテ管理等の事務作業、片付けや清掃といったアシスタント業務がメインになっています。一方歯科衛生士は医療従事者であり、メイン業務は処置や指導です。

歯科衛生士として働くには、国家資格が必要

歯科助手と歯科衛生士の最も大きな違いは「資格を持っているかどうか」ということです。歯科衛生士として働くには国家資格を持っている必要がありますが、歯科助手には資格や勉強の経験は必要ありません。

歯科衛生士は国家資格をもとに、患者の口腔内に触れる処置を行うことが可能です。

【コラム】歯科衛生士のやりがいとは?どんな人が向いている?

歯科衛生士は患者の口腔内に触れる作業を行うため、細かい作業を丁寧に行える人に向いています。また、治療だけでなく予防処置や健康指導も行うことから、患者の状態に寄り添ったコミュニケーションができることも求められるでしょう。

歯科衛生士は楽しい日常生活を過ごすために欠かせない「歯の健康」を守る、大きなやりがいがある仕事といえます。

まとめ
    歯科衛生士は国家資格を持った医療従事者です。アシスタント業務を行う歯科助手と混同されることがありますが、業務内容は大きく異なります。

歯科衛生士国家試験の受験資格は?試験科目や難易度は?

鈴木

歯科衛生士は、歯科助手とはまた違った職業なんですね。医療関係の国家資格というと、とても難しそうなイメージがありますが…どんな資格なのでしょうか?

鈴木

歯科衛生士の国家試験は、誰にでも受けられるという訳ではありません。しかし合格率は9割以上と、意外にも高めの数字が出ています。受験資格や試験科目、難易度などを見ていきましょう。

受験資格は、歯科衛生士養成課程を修了していること

歯科衛生士の資格は、思い立ったらすぐに受けられるものではありません。資格を受験する前に国や都道府県が指定した大学・専門学校などで「歯科衛生士養成課程」を修了する必要があります。

歯科衛生士の資格は独学で勉強しただけでは受験できませんので、注意が必要です。

歯科衛生士国家試験の実施時期・頻度

歯科衛生士の国家試験の実施については以下のようになっています。

実施時期:3月上旬の日曜日
実施頻度:1回/年

なお、合格発表は例年3月下旬です。3月はまだまだ寒く風邪やインフルエンザなどが流行しやすい時期ですので、体調管理に気を配りましょう。

歯科衛生士国家試験の試験科目

歯科衛生士の国家試験の科目は以下の通りです。

・人体(歯・口腔を除く。)の構造と機能
・歯/口腔の構造と機能
・疾病の成り立ち及び回復過程の促進
・歯/口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み
・歯科衛生士概論
・臨床歯科医学
・歯科予防処置論
・歯科保健指導論及び歯科診療補助論

基礎的な構造や理論の理解から、社会との繋がりまで幅広い分野が扱われています。

参照:厚生労働省『歯科衛生士国家試験の施行』(令和2年9月1日発表)
https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/shikaeiseishi/

歯科衛生士国家試験の合格率

直近3年分の歯科衛生士の国家資格の合格率は以下のようになっています。

第29回(令和2年):94.3%
第28回(平成31年):96.2%
第27回(平成30年):96.1%

大学や専門学校などで「歯科衛生士養成課程」をしっかりと修了していれば、比較的合格まで結びつきやすい資格と言えるでしょう。

参照:公益社団法人 日本歯科衛生士会『国家試験合格者・免許取得者数』
https://www.jdha.or.jp/aboutdh/shiken.html

【コラム】歯科衛生士がスキルアップできる資格とは?どんな種類がある?

歯科衛生士として働くには国家資格を持っていることが条件になりますが、さらなるスキルアップを目指してプラスアルファで取得できる民間の認定資格もあります。例えば以下のような認定資格が発行されています。

・日本歯科審美学会認定士
・インプラント専門歯科衛生士
・認定矯正歯科衛生士

歯の綺麗さを追求したり、インプラント・矯正に特化したりとさらに専門的な分野に特化したい人は挑戦してみたい資格です。自分のキャリアビジョンに合わせて資格を検討していくのがおすすめです。

参照:一般社団法人 日本歯科審美学学会『認定士制度規則』
https://www.jdshinbi.net/pro/certified_specialist.html

参照:公益社団法人 日本口腔インプラント学会
  『公益社団法人日本口腔インプラント学会認定専門歯科衛生士制度規程』
https://www.shika-implant.org/certification/hygienist/kitei.html

参照:特定非営利活動法人 日本成人矯正歯科学会『認定矯正歯科衛生士2級』
https://www.jaao.jp/doctor_eiseishi_02.html

社会人が歯科衛生士になるには、どんな学校に行けばいい?

鈴木

国家資格を取るのはなかなか難しそうだと思いましたが、歯科衛生士を目指すための学校がたくさんあるんですね。ちなみに、学校選びはどのように行えば良いのでしょうか?選ぶ学校によって違いはありますか。

鈴木

歯科衛生士の養成課程を受けられる学校として、大学・短期大学・専門学校があります。学生だけでなく働いている社会人が入学できる学校もあるのがポイントです。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、見ていきましょう。

大学、短大、専門学校で歯科衛生士養成課程を修了

先ほど解説した通り、歯科衛生士の国家資格を受けるには「歯科衛生士養成課程」を修了することが条件です。希望に合わせて大学・短大・専門学校のいずれかを選択します。

一般的には専門学校卒より大学卒のほうが就職に有利な傾向がありますが、歯科衛生士の場合、就職の有利さに学歴はあまり関係ないと言われています。そのため、卒業後の進路の方向性と照らし合わせながら学校選びをしていきましょう。

大学(4年制)に通うメリット・デメリット

大学は「学術的」な研究を行う場であるため、実践だけではなく理論を重視した学びを得ることができます。卒業後は歯科衛生士として現場で働くだけではなく、一般企業で開発に携わるなど幅広い就職・転職の選択肢があります。

一方、専門学校に比べて実習の数は少ない傾向にありますので、実践的な学びを重視する人にとってこの点は少し物足りないかもしれません。

短期大学(3年制)に通うメリット・デメリット

短大は、教養を学ぶことがメインである大学と、専門科目を学ぶことがメインである専門学校との二つの要素を持ち合わせています。ただし短大は2年制の学校が一般的である中、歯科衛生士の場合は3年以上学ぶ必要があり、年数で言えば大学とあまり変わらない点に注意しましょう。

専門学校(3年制)に通うメリット・デメリット

専門学校は「歯科衛生士になること」を目的としたカリキュラムが組まれているため、かなり実践的な教育を受けることが可能です。「歯科衛生士という職業に就きたい」という気持ちが固まっている人にとっては、メリットが大きいと言えるでしょう。

実践的である一方、大学と比べると学ぶ範囲が比較的狭くなる傾向にあるため、「これからキャリアを考えたい」という人にはあまり向かないかもしれません。

他業種で働きながら目指す場合には、夜間コースがおすすめ

既に社会人になっており、仕事を続けながら歯科衛生士を目指したいという人は「夜間コース」を選ぶのがおすすめです。仕事と学業の二重生活は大変なことも想定されますが、空白期間を作らず転職することが可能になります。

【コラム】歯科衛生士の資格を最短で取るには?

なるべく早く歯科衛生士の資格を取りたいという人には専門学校がおすすめです。しっかり授業に出席していれば3年で卒業でき、国家試験の受験資格を得ることができます。

また、大学や短大は教養科目も同時に学ぶことになりますが、専門学校であれば歯科衛生士になるための科目のみ受ければOKです。期間の面でも内容の面でも、単純に「資格への近道」を目指すなら専門学校を選ぶと良いでしょう。

社会人が歯科衛生士を目指すのは難しい?それともおすすめ?

鈴木

ここまで色々と教えて頂き、歯科衛生士という職業にだんだん興味がわいてきました。
正直資格を取るのが難しそうだと思っていたんですが、きちんと勉強をすれば合格率は高いということを知り、私にも挑戦できそうな気がしています!

鈴木

実は歯科衛生士は転職を考えている人にとてもおすすめな職業なんですよ。歯科衛生士の資格を取ることには非常に多くのメリットがあります。
その理由を詳しく見ていきましょう。

歯科衛生士は、未経験でも目指しやすい

歯科衛生士の資格を受験するためには、前提条件として学校で3年以上学ぶ必要があります。歯科衛生士を目指すのは決して簡単なことではありません。

しかし反対に考えれば、一から十まで手厚く学べる歯科衛生士専門の学校が数多く存在しているということは、未経験者が挑戦しやすい職種だと捉えることもできます。

予防歯科の広がりで活躍の場が広がっており、将来性がある

厚生労働省は平成元年、日本歯科医師会とともに「80歳になっても自分の歯を20本以上保とう」という「8020(ハチ・マル・二イ・マル)運動」を提唱しました。

国が歯の健康を目指すよう呼びかけたことで、予防歯科を重視する動きは強まっています。このことから、歯科予防処置や歯科保健指導などの予防歯科を行う歯科衛生士の活躍の場は年々広がっており、将来長きにわたって需要がある職種と言えます。
参照:厚生労働省 e-ヘルスネット『8020運動とは』
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/teeth/h-01-003.html

社会人でも働きながら通える学校がある

先ほどの解説で触れましたが、学生だけでなく一度社会人になった人も歯科衛生士を目指すことが十分可能です。

昼間は仕事をして夜間コースに通ったり、反対に昼間に授業を受けて夜勤の仕事をしたりと時間を有効活用することで、働きながら歯科衛生士を目指すことができます。

結婚・出産でライフステージが変わっても働きやすい

歯科衛生士を目指す人のなかには女性も多いですが、働く女性に多い悩みの一つは結婚や出産などでキャリアを一時的に中断しなければならないことでしょう。

歯科衛生士は資格職であるため、資格さえ持っていれば再就職できる可能性が極めて高く、育休・産休や諸事情で間が空いても復職先に困らない職種と言えます。ライフステージが変わっても働きやすいので、女性も安心して目指せる職種です。

ワークライフバランスを大切にできる

一般的な病院では受付時間が明確に決まっており、時間外労働が発生しづらい環境にあります。そのため歯科医院で働く歯科衛生士は、大幅な残業や休日出勤はほとんど無いと考えて良いでしょう。

働き方が見直されつつある昨今、ワークライフバランスを大切にしたい人にとって非常に魅力的な仕事と言えます。

就業場所(歯科)が全国にたくさんある

「歯医者はコンビニより多い」というキャッチーな表現を聞いたことがあるかもしれませんが、それほど日本には多くの歯科診療所が存在します。

あなたの住んでいる町にも多くの歯科医院があるのではないでしょうか。歯科衛生士は就業場所が多く、家族の転勤や移住などで住む場所が変わっても仕事に困らないという強みがあります。

【コラム】歯科衛生士として働くなら、まずは転職エージェントに登録!

歯科衛生士は、国家資格を取得して手に職をつけたいという人におすすめな仕事の一つです。ワークライフバランスの良さや再就職のしやすさなどから転職先として候補に挙げる人も少なくありません。

しかし、歯科衛生士の仕事が自分に合っているのか、どのように進めて良いのか不安もあるでしょう。歯科衛生士の仕事に興味を持ったら、まずは転職エージェントに相談しましょう。希望するキャリアプランを叶えるための学校選びや転職について親身に寄り添って考えてくれます。

転職エージェントの力を借りて、歯科衛生士への転職を成功させましょう。