ライターとはどんな仕事?働き方や活躍できる業界、初心者からライターを目指す方法を紹介

「ライター 仕事」と調べている人は
『未経験からでもライターになれるかな…』
『ライターに必要なスキルはあるのかな…』
と悩みますよね。

結論からいうと…
「ライターとして活躍」するためにはスキルを身につけ実績を積むことが大切です!

なぜなら、スキルアップすることで、「より受注件数が増え、安定した収入を得ること」が可能になるからです!
そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「ライター 仕事」に関するノウハウを全てお伝えします。

最後まで読めば、ライターに必要な情報を得ることができて、ライターとしてステップアップ(顧客ベネフィットの提示)できます!
※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

ライターとはどんな仕事?どんな業界で働くことができる?

鈴木

ライターになりたいのですが、どのような仕事をしているのでしょうか?
将来性はありますか?

鈴木

ライターという職種名はよく耳にしますが、具体的な仕事内容は知られていませんよね。
では、仕事内容や業界について解説しましょう!

ライターは記事を書くのが仕事ですが、内容や働き方はさまざまなものがあります。そこで、ライターの種類や仕事内容、働き方についてそれぞれの特徴を説明します。ライターを目指す人は把握しておきましょう。

ライターは依頼されたテーマに基づいた文章を書くのが仕事

ライターとは収集した資料や情報、取材などの内容をもとに、雑誌・書籍・Webなどに掲載する記事を書く職業のことです。
さまざまな業界のクライアントから発注依頼が届き、テーマ(コンセプト)に沿った内容の記事を執筆します。このように、クライアントから直接依頼される場合もありますが、一般的にはクライアントの意向を聞き取りした編集者やディレクターから、企画の説明と執筆する内容について説明を受ける場合がほとんどです。企画内容を踏まえたうえで、依頼された記事ごとに指定された文字数およびマニュアルに従って書いています。

出版業界でライターとして働く

出版業界では書籍、雑誌、フリーペーパーなどの原稿に、クライアントから依頼された内容に基づいた記事を書きます。また、編集担当者があらかじめセッティングしたアポイントの日時に合わせて、対象者のもとに取材に出向く場合もあります。取材では、インタビュー内容の録音・メモをしたり、現場の様子を写真に撮ったりするなどした後、記事としてまとめるのがライターの仕事です。取材が不要なものは、テーマに必要な資料を集めやネタ探しを自分で行い、テーマに沿った記事を書きます。このほかに記事全体のレイアウトを依頼される場合もありますが、これらがすべて完了した後は編集者に納品して作業は完了です。

広告業界でライターとして働く

広告業界でのライターの仕事はコピーライティングや広告記事の執筆です。雑誌広告やテレビCMに使われる広告文(コピー)や商品のネーミングなどについて、ユーザーから注目されるキャッチーなものになるように考案します。このほかに、見出し、スペック、クレジットなどの執筆もコピーライターの仕事です。広告業界ではディレクターやプロデューサーなど、さまざまな人と協力し合いながら仕事を進めていきます。

WEB業界でライターとして働く

Web業界でのライターはWeb上の記事、メールマガジン、ダイレクトメールなどの執筆を行います。Webメディアの記事執筆を依頼された場合はマニュアル、守秘義務、引用などコンプライアンスの契約内容について確認が必要です。これらは記事執筆の際に守るべき内容ですから、把握したうえで書かなければなりません。

ライターは指定の文字数や構成などに沿って記事を作成し、クライアントや編集者に納品します。納品後の記事は、クライアントや編集者によって、引用(コピペ)がないか、指定した通りの文体や文字になっているかなどチェックされます。修正点がある場合はライターに記事が戻され、クライアントからOKが出るまで手直しが必要です。

ライターは幅広い業界で活躍できる職種

かつてのライターが活躍できる場は出版業界に限られていました。しかし、本や雑誌などの売れ行きが低迷したことで、出版業界におけるライターの需要も減少していきます。その代わりに、WebメディアやSNSを利用する企業やユーザーが爆発的に増え、記事を書くライターの活躍の場も拡大してきました。とくに、ゲームや動画などのシナリオ作成ができるライターの需要が高まっています。Webを利用するユーザーがいる限り、ライターや編集者の需要も高いといえるでしょう。

【コラム】ライターの仕事にはどんな種類がある?業界によって仕事内容が違う?

ライターの仕事は業界によって異なります。

コピーライター:商品や企業の宣伝を目的とした広告の内容を考えるライターです。広告には新聞・雑誌、テレビCMなどのメディア、ウェブサイトなどがあります。

メディカルライター:医療に関する記事を書くライターです。具体的には、病院や製薬会社が依頼する臨床試験の企画書や治験結果を元に報告書などを作成します。また、新薬の開発や研究機関の学術論文、発売申請に関する文書を作成する場合もあります。

ルポライター:社会問題や時事問題、事件などの取材内容を中心にした記事を書きます。よく似た職種のジャーナリストは自己主張を入れた記事を執筆するのが特徴です。取材内容中心のルポライター、強い主張を織り交ぜるジャーナリストと区分されることがあります。

テクニカルライター:電化製品、自動車、パソコンといった電化製品などの取扱説明書を作成します。テクニカルライターには勤務先が自社開発した製品の取扱説明書を作成する、または編集プロダクションに所属してさまざまなクライアントの製品を担当するなどの働き方があります。

webライター:ホームページやブログ、メルマガなどのWeb上に掲載する記事を書いています。

ゴーストライター:著名人や有名人が出す本の多くはゴーストライターが書いたもので、取材を通して本人が書いたような文章を作成します。

まとめ
  • ライターは、依頼された内容に従って記事を書くのが仕事
  • 活躍できる業界は、広告・出版・web・ゲーム業界など多岐にわたる
  • ライターにはコピーやメディカルなど属する業界によってさまざまな種類がある

初心者でもライターになれる?ライターの働き方とは?

鈴木

仕事内容は分かりましたが、初心者からでも目指せますか?
どのような働き方がありますか?

鈴木

分かりました。
初心者からスタートした場合の働き方について紹介しますね。

ライターになるために必要な資格はあるのでしょうか。また、どのような働き方があるのか具体的に説明しています。初心者からライターをスタートしたい人はチェックしておきましょう。

ライターには必須とされる資格はない

ライターになるために必要な資格はなく、誰でもなれる職種です。ただし、ライターとしての目標があいまいなままでは、受注できる仕事内容が制限されてしまいます。まずは進んだ道で実績を積み、ステップアップしながら自分が目指すライター像に近づいていきましょう。

編集プロダクションや出版社、Web関連企業などに就職する

出版社や編集プロダクションに就職し、ライターとしての基礎を学ぶ方法もあります。これらの企業ではクライアントとの連絡、ライターへの発注依頼、修正、入稿といった記事作成の流れを知ることができます。また、編集の知識を学べるため、将来はライターと編集者を兼ねた働き方もできます。ライターのみで働くよりも選択の幅が広がるでしょう。

安定した収入を得られることも企業で働くメリットです。一方、フリーランスライターは記事作成した案件ごとに、報酬が支払われる仕組みとなっています。そのため、状況次第で収入が不安定になりがちです。

フリーランスライターとして働く

企業に所属しないフリーランスライターとして働く方法もあります。記事作成によって得られる原稿料が主な収入源です。
フリーライターが執筆する媒体は書籍、雑誌、webメディアなどさまざまですが、媒体を限定せずあらゆるジャンルの記事作成を受注する人もいます。幅広い媒体や業界をカバーする力を身につければ、フリーライターとして活躍できるでしょう。

副業としてライター業に就く選択肢もある

パソコンとネット環境が整っている場所を確保できれば、自分の都合のよい時間に記事執筆ができます。本業の空き時間を活用でき、忙しいときは受注量を調整することも可能なため、副業としてもおすすめです。

近年、WEBメディアの台頭でライターの需要がアップしている

インターネットの普及により、WEBメディアに掲載する記事作成の量が増大し、記事を書くライターの需要も高まっています。クライアントはWeb上に記事を載せる企業やベンチャー企業などが多く、クラウドソーシングなどを利用してライターに発注しており、正社員としての求人は少ないようです。

【コラム】ライターは在宅でも仕事ができる?

ライターの求人募集はアルバイトや業務委託が多く見られます。とくに、業務委託の場合は在宅OKで出社の必要がない求人もあり、自宅で仕事をして収入を得たい人におすすめの仕事です。業務委託では受注した案件を納品完了した分だけ、報酬を支払う契約が多くみられます。在宅ライターに興味がある人は、求人サイトなどに募集が記載されていないか、チェックしてみるとよいでしょう。

フリーランスでライターを始める方法は?

鈴木

フリーランスは自由に働けるイメージがあり、魅力的だと思っています。
これから活動を始めるにはどのような方法がありますか?

鈴木

そうですね。
フリーランスとして働くには、いくつかの方法があります。
それぞれの特徴を紹介していきましょう!

企業に所属せず、フリーランスライターとして活躍する方法について解説しています。多数の初心者が利用しているクラウドソーシングの注意点についても記載しているので、参考にしてください。

ライター養成講座を受講する

民間の企業や団体が運営するライター養成講座では、プロによる視点で文章の添削や指導を行っています。記事を書くノウハウを知りたい、スキルアップしたい人は指導を受けてみるのもよいでしょう。
ただし、それぞれの養成講座によって講師の質や費用は異なるため、講座利用者からの口コミや評価をリサーチするなど、じっくり比較検討することが大切です。また、自分にとって有益な講座内容か、費用の負担は重くないかなど考えてから決断しましょう。

ライターを募集しているクラウドソーシングサイトを利用する

求人に応募するよりも、簡単にライターとしてスタートできる方法がクラウドソーシングサイトの利用です。ライティング未経験可の募集も多く、初心者にとってはハードルの低い案件といえます。ただし、未経験可の案件は単価が低めに設定されているため、物足りなさを感じるかもしれません。しかし、さまざまなクライアントから指示を受けながら実績を重ねるうちに、記事作成に関する知識が増えスキルアップできます。向上心を持って取り組めば、単価の高い仕事の受注も可能です。

WEBメディアのライター求人に応募する

出版社や編集プロダクションは自社のホームページや求人サイトなどで、WEBメディアのライターを募集している場合があります。募集条件にはWEBメディアのライター経験者と記載されていることが多く、即戦力を求めていることが分かります。しかし、未経験可の求人も珍しくないため、記事のジャンルや報酬などを確認し、自分にできそうな場合は申し込んでみましょう。採用に至れば定期的に案件を受注でき、安定した報酬が見込めます。

得意分野のブログやSNSで仕事につなげる

専門知識がある、得意分野がある人はブログで情報を発信してみましょう。ネット上に出回っているような内容ではなく、目新しい情報を書くことが大切です。自分の得意分野に興味のある人や関連する企業が記事を見て、そこから仕事につながる場合があります。企業では自社の商品を宣伝して集客するためのWeb記事を必要としており、専門知識を持つWebライターを求めているからです。このような案件では、商品に関する専門知識だけでなく、ユーザーを集客するためのSEO対策知識も必要になります。専門知識とSEOに関する知識を身につけたWebライターは、クライアントから重宝されるはずです。

また、SNSやnoteで書いた文章に目を止める企業や編集者もいます。得意分野を生かし、積極的にブログやSNS、noteなどを活用して、自分の存在を知ってもらいましょう。

ライターとして活躍するには、実績作りが重要

プロのライターを目指す人は、自分の実績を示せるポートフォリオを作成しましょう。これは、一般的な職務経歴書に該当するもので、これまで関わったジャンルや記事の内容などが分かるようになっています。発注者はこのポートフォリオを見て、ライターの実力を判断しています。提示できるような実績がないライターは、実力を推しはかることができないため、敬遠されがちです。プロになりたい人は、まず記事を書いて実績を作り、ポートフォリオで提示できるようにしましょう。記事作成を重ねることで実力アップも可能になります。

【コラム】クラウドソーシングでライターを始める際に気をつけたいことは?

クラウドソーシングを利用する際はスケジュール管理が重要です。自分の状況を考えず案件を多数受注すると、それぞれの納期に遅れが出てしまう恐れがあります。また、依頼内容をよく確認せずに受注した場合、「自分が想定していたものと違う」、「不得意分野で書けない」などの理由で、辞退することになりかねません。納期の遅れや途中辞退は、クライアントから悪い評価をつけられる原因になるため注意が必要です。

また、著作権の侵害にも気を付けなければなりません。情報収集のためにさまざまな著作物を参考にしますが、取り扱い方法を間違えると著作権侵害となり、損害賠償を請求される恐れがあるためです。

クラウドソーシングでは本契約の前にテストライティングが行われる場合があります。これは、ライターの実力を見るためのものですが、無報酬のテストライティングの場合は避けましょう。なぜなら、無料で記事を手に入れようとする悪質なクライアントがいるからです。目的は無料で記事を手に入れることですから、記事の内容が素晴らしくても今後ライターに発注するつもりはありません。ライターはただ働きになってしまうため、テストライティングは最低でも本契約時の半額以上は支払う案件を受注するようにしましょう。

まとめ
  • フリーランスライターとして仕事を受注する方法は、クラウドソーシングサイトの利用が手軽
  • ブログやSNSで発信した内容から、仕事の受注に至るケースもある
  • 実力を提示できるポートフォリオを作ろう

ライターに向いている人は?ライターに求められるのはどんな資質?

鈴木

自分がライターに向いているかどうか分かりません。
ライターに適性はありますか?

鈴木

結論から言うと、ライターには適正があります。
これから紹介するので、向いているかどうか考えてみてください。

そもそもライターには向いている人にはどのような特徴があるのでしょうか?ここでは、ライターに向いている人や仕事に求められる資質について説明します。自分の性質に当てはめて考えてみましょう。

文章を書くのが好きで、文章の構成能力がある

ライターは文章を書くことが好きなことが前提条件です。ただし、好きなことを自由に書いていいわけではありません。読む人が分かりやすく読み進められるように、文章の構成を組み立てる必要があります。書くことが好きで、構成を組み立てる能力がある人がライターに向いているといえるでしょう。

得意分野や、特定の分野の専門知識があると有利

美容、教育、不動産、ビジネス、ITなど得意分野があるライターは仕事を受注しやすくなります。また、近年は管理栄養士、ファイナンシャルプランナーなどの資格をもつライターに限定して、募集を出すクライアントもいます。国家資格に限らず、何らかの資格を保有し、専門知識のあるライターはますます活躍の場が広がるでしょう。

読み手に刺さる文章を書くことができる

ライターは読み手を意識し、心に残る文章が書くことが求められます。それには、記事を読むターゲット層や伝えたいこと、最終的には読み手にどうしてほしいのかを意識して書かなければなりません。例えば、クライアントが取り扱うベビー服を紹介する場合、読み手は0歳児を持つ親をターゲットに設定し、商品の特徴を分かりやすく伝え、最終的には購入してもらえるように促すのです。読み手を意識した文章を書くことがライターに求められるスキルだといえるでしょう。

タイムマネージメントが得意

ライターは企画の提案から執筆、入稿までの間に複数の納期が設定されているため、スケジュール管理が重要になります。複数の案件を抱えている場合は、案件ごとの納期を確認しながら効率よく進められるよう配慮するのです。スケジュール管理能力のほかに、納期を守るという誠実さも必要になります。

情報収集能力が高い

Webライターには、膨大な情報量の中から自分に必要な情報を収集する力が必要です。また、Web上の情報には真偽が分からないものもあるため、さまざまな観点から正しい情報のみを収集していかなければなりません。指定されたテーマやキーワードに沿って、読み手に必要な正しい情報を集める能力の高さが求められるのです。

コミュニケーション能力がある

Webライターはクライアントやディレクター、編集者などとコミュニケーションを取りながら作業を進めていきます。質問や提案を行ったりするほかに、報酬の交渉を行ったりする場合もあるため、コミュニケーションスキルを身につけておいたほうが得策です。周囲の人と連携を取って協力できるライターは、クライアントや編集者からも重宝され、新たな受注のチャンスにつながります。

【コラム】ライターを副業にするメリットは?

近年では副業としてライターを始める人も増えており、本業では企画書や会議の議事録などで文章を書く人もいるでしょう。そのような場合、ライターとしてのスキルを磨いておけば、本業にも役立てることが可能です。ライターは読み手が理解しやすいように構成を組み立て、意図が伝わるような文章に仕上げています。このようなスキルを身につけることで、自社の社員や取引先に分かりやすい書類やメールを作成できるようになり、評価アップにつながるのです。

まとめ
  • ライターには記事を作成するためのさまざまな能力が求められる
  • 専門知識や資格などを保有していると、仕事の受注につながりやすい

ライターの仕事の流れは?

鈴木

ライターが仕事を引き受けてから報酬をもらうまでの流れを知りたいです。
働き方によっても違いますか?

鈴木

そうですね。
ライターの仕事の流れをステップごとに説明しましょう。

ライターを目指す人のために仕事の流れや内容について紹介します。基本的にどのような働き方にも共通していることですから、目を通しておきましょう。

執筆依頼を受ける

クライアントやディレクターなどから執筆依頼を受け、指示された内容やスケジュールに沿って記事を書きます。

クラウドソーシングサイトではクライアントが募集している案件に、ライターが自分が希望する報酬を入力して応募します。ライターの実績や希望の報酬額を確認したクライアントから同意が得られた場合は、ライターとの間で契約が結ばれます。ライターは募集要項や契約内容に納得したうえで、クライアントと契約を結ぶことが大切です。また、トラブル防止のため、クラウドソーシングの利用方法について確認することをおすすめします。

取材や情報収集をする

記事執筆に必要な情報を得るため、取材やリサーチを行います。
取材の場合は対象者から聞き取りした内容をまとめて、記事に仕上げます。対象者を理解するため、事前に情報収集を行うこともライターにとって必要な仕事です。取材内容と集めた情報をもとに、記事を執筆していきます。取材の案件によっては、対象者の選定、アポイント取り、現場の撮影もライターの仕事に含む場合もあるようです。

webライターは主にインターネット上に掲載された膨大な情報から必要な情報を収集します。収集能力と合わせて、情報の真偽を見抜く力も必要です。

調べた情報をもとに、指定されたルールに従って文章を書く

情報収集した内容をクライアントが指定するマニュアルに沿って書いていきます。クライアントや案件ごとにマニュアルは異なるため、必ず内容を確認しましょう。

依頼元に納品する

記事執筆を終えたら、誤字や脱字がないか、ルールに沿った内容が書かれているか自分でチェックしましょう。その後は指定された方法で納品します。

フィードバックを受けた場合には、修正対応が必要なことも

納品した記事に誤りがある場合は修正依頼が届くため、できるだけ早めに対応して再納品しましょう。クライアントや編集者から記事内容に了承を得られた後に、報酬が支払われます。修正依頼はクライアントや編集者の方向性を再確認し、自分の癖を見直すチャンスですから、きちんと対応しましょう。

【コラム】ライターとして働きたいなら、転職エージェントを活用するのもひとつの手!

広告や出版、マスコミ業界などで働きたい人は、これらの業界の求人を取り扱う転職エージェントを活用してみましょう。業界の情報に熟知した転職のプロによる転職活動のサポートを無料で受けられます。どのように転職活動を進めていいかわからない、自分の条件に合う企業を紹介してほしいなど、自分が抱える悩みや要望を転職エージェントに相談してみましょう。自分が進むべき方向性が分かり、経歴とマッチする求人がある場合は紹介してもらえます。

まとめ
  • 執筆依頼を受けた場合は、内容や報酬額、納期などをきちんと確認する
  • 修正依頼やクライアントからの指摘には誠実に対応する
  • 広告・出版・マスコミ業界などでライターとして働きたい人には、転職エージェントの活用がおすすめ