転職の面接の流れと対策方法まとめ!好印象を与えるマナーと回答のコツとは?

「転職の面接」について調べている人は
『面接を控えているけれど、うまく対応できるか心配…』
『どんな準備をしておいたら良いか分からない…』
と悩んでいるかもしれません。

鈴木

転職の面接には一般的な「見られているポイント」がありますので、事前にきちんと対策をしておけば成功の可能性を高めることができるんです!
また、質問を想定し回答を準備しておくことで効果的なアピールが可能です。

反対に言えば、マナーや質問を押さえておかなかったせいで、受かるはずの面接に落ちてしまう可能性も考えられます。せっかくもらった面接のチャンスは成功で終わらせられるように、可能な限り準備はしておきたいものです。

そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「転職の面接」に関するノウハウを全てお伝えします。

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

転職をする際の選考(書類選考・面接)と内定までの流れとは?

鈴木

先日志望企業で書類選考が無事通り、面接の案内が届きました。第一志望なので何としても内定をつかみ取りたいんですが、実は転職が初めてで不安があります。今日は面接についてぜひ色々教えてください。

鈴木

書類選考合格、おめでとうございます!面接も成功させて内定をゲットしたいですね。面接にはコツがありますので、これからお話することを事前に把握できれば合格可能性はぐっと高まりますよ!まずは選考全体の流れをご説明します。

転職をする際の、選考から内定までのステップを順番に見ていきましょう。

選考から内定までの流れ

転職の一般的な流れは以下のようになっています。

・応募
・書類選考
・面接
└人事担当との一次面接
└所属部署の上長との二次面接
└役員、社長との最終面接
・内定

企業によっては流れが異なったり、選考が省略されたりする場合もあります。一つひとつの内容について確認していきましょう。

書類選考

求人に応募すると、ほとんどの場合プロフィールを記載した「履歴書」とこれまでの仕事上の経験・スキルを記載した「職務経歴書」の2点の提出が求められます。

書類選考は採用における最低限の条件をチェックする目的で実施されることが多く、書類選考を通過すると面接へ案内されます。

【関連記事】

履歴書と職務経歴書の基本と、内定につながる作成のポイント!

人事担当との一次面接

一回目の面接では、まずは企業として求める基礎的な資質を持っているか、人事担当者がチェックするケースが多くなっています。

転職理由や志望動機など、転職面接における王道な質問を中心に聞かれる場です。

所属部署の上長との二次面接

人事担当者との面接とは違い、経歴をもとに現場で活躍できそうか、組織になじめそうかといった点をチェックするのが所属部署の上長との面接です。

面接のうち、実際の業務について最も具体的な話をする場だと考えてください。

役員・社長との最終面接

人事担当者や所属部部署の上長の評価をもとに、最終的に企業の代表として役員や社長が「ハンコを押す」のが最終面接です。

具体的なスキル・経験というよりは個性や人柄、企業への熱意などをチェックされることが多く、人として最も根本的な部分が見られる面接と言えるでしょう。

内定

全ての書類選考・面接を通過したら、晴れて内定です。

内定通知書をもらったら次の仕事が確定したということになりますので、現職の関係者にその旨を伝え、退職および入社の時期を調整しましょう。

【関連記事】

転職活動で内定が出てからの流れとは?入社までにすべきことと、必要な書類まるわかりガイド!

面接回数は、企業によって異なる

ここでは3回面接をするパターンをご紹介しましたが、企業によってその回数や面接の担当者は異なります。

数人規模の小さな企業であれば社長と1度面接をするだけだったり、大きな企業であればさらに多い回数を経て内定まで進んだり、ということもあります。

応募時は面接の回数や担当者を把握し、それぞれの面接で何を聞かれるか想定したうえで準備すると良いでしょう。

【コラム】転職面接で緊張しないためのコツは?

転職の面接ではどうしても「選ばれる」「評価される」と考えてしまいがちです。しかし、そもそも採用とは、企業が良い人材を求めてお金をかけて行っているものです。

一方的な上下関係ではなく、お互いに一生懸命に採用活動・転職活動を行っていると考えれば、「選ばれる」プレッシャーを感じず面接を受けられるのではないでしょうか。

それでもなお緊張しやすいタイプだという人は、転職エージェントからアドバイスを受けたり、何度も面接練習をして慣れたりしておくのもおすすめです。

まとめ
    転職の選考は、書類と面接によるものが一般的です。それぞれで通過できるようにポイントを押さえて準備していきましょう。

書類選考に通過!必要な事前準備と、面接に向けての心構えとは?

鈴木

面接は複数回行われることが多いんですね。調べてみたら、私の志望企業でも原則3回面接が設けられているようです。たくさん準備することがありそうですが、具体的にどんな準備が必要なんでしょうか?

鈴木

面接は、まさに面接「前」に行う事前準備が大きなカギになります。マナーもきちんと押さえておく必要がありますし、ただでさえ緊張する面接という場面で、何も準備をせずに面接に参加してしまうと失敗に終わりかねません。早速事前準備について具体的に見ていきましょう!

転職の面接に必要な事前準備と、持っておいて欲しい心構えについて解説します。

事前準備は、質問対策とマナー確認を中心に

転職面接に必要な事前準備は、大きく二つに分けられます。

一つ目は、面接の主目的である企業からの質問への対策です。どのような質問をされるのか想定し、回答を用意しておくことで自分の魅力を最大限伝えることができます。

二つ目はマナー面です。面接でどんなに良い話をしても、マナーがなっていないと内容以前の問題になってしまいます。せっかくポテンシャルを持っているにも関わらずマナー面で悪い印象を与えてしまうともったいないので、必ず確認しておきましょう。

質問への回答は、転職理由・志望動機をメインに準備

面接で質問される内容は企業によって異なりますが、必ずと言って良いほど確認されるのが「転職理由」と「志望動機」です。

企業が知りたい最も基本的な情報ですので、スムーズに回答できるように事前に用意しておきましょう。

自己紹介は1分以内が目安

面接の初めに、自己紹介を求められるケースが多いでしょう。その際「準備していませんでした」と答えてしまうと悪い印象のまま面接がスタートしてしまいますので、必ず事前に考えておきましょう。

自分の名前や簡単なプロフィールについて、1分以内を目安にまとめておきましょう。

スーツや靴、バッグなどの準備は早めに

マナー面で大切なのが、スーツや靴、バッグなど身に付けるものです。服装や着こなしには人柄が現れますので、第一印象を決める大切なポイントになります。

普段使わずにしまってあるものを着用しようと考えている人は、靴が汚れていたりカビていたりしないか早めに確認しておきましょう。

高価なものを身に付ける必要はありませんが、清潔感には気を配ってください。

準備が十分なら、自信を持って当日を迎えよう

面接は緊張してしまうものですが、ここでご説明したような準備を十分にできたなら、それ以上過度に心配する必要はありません。

堂々として落ち着いた態度は相手に安心感を与えます。自信を持って当日を迎えましょう。

【コラム】面接対策が不安?それなら転職エージェントに相談しよう!

初めての転職や、久しぶりの転職をするという人は面接対策に不安を抱いているかもしれません。そんな時は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職エージェントは企業ごとの選考スタイルに沿って、内容面でもマナー面でも的確なアドバイスをしてくれます。転職のプロを強い味方につけて面接対策を行いましょう。

まとめ
    転職の事前準備では、質問対策とマナー対策を中心に行いましょう。不安がある人は転職エージェントを賢く使うのもおすすめです。

質問に答えるだけが面接ではない?面接でチェックされるマナーとは?

鈴木

事前準備の大切さについてよく理解できました。あらかじめ知ることができて良かったです!面接を受けるのは新卒の就活以来で、マナー面も改めておさらいしておきたいのですが、ポイントを教えていただけますか?

鈴木

第一印象を大きく左右するマナー面は、面接の合否を決める非常に大切な要素です。小さな失敗で大きな損失を招かないように、やってしまいがちなミスに触れながら紹介していきますね。

転職の面接で企業側がチェックしているマナーについて解説します。

面接で好印象を与える服装と髪型に

先ほど、靴やバッグなどの身だしなみは第一印象を決める大切なポイントだとお伝えしました。

アメリカの心理学者の研究によると、人が始めて出会った時に受ける印象の55%は視覚情報で決まることが分かっています。面接の部屋へ入り、相手の目に瞬間に入った瞬間に半分の印象が決まってしまうのです。

服装や髪型、持ち物に気を付けることでまずは好印象から面接をスタートさせましょう。

忘れ物厳禁!必要な持ち物は忘れず持参

面接では参考書類など持ち物が指定される場合もあります。ここで忘れ物をしてしまうと「やる気がない」と見られてしまい、かなり悪い印象を与えてしまうので注意しましょう。

面接案内の連絡をきちんと読み返し、抜け漏れがないかチェックしてください。

時間に余裕を持って到着

面接にたどり着く前にも、想定外のケースを見越した早めの行動が大切です。

通る予定の通路が工事中で遠回りする必要があるかもしれませんし、ビルのエレベーターが混雑していて長蛇の列に並ぶ可能性があるかもしれません。また、例え交通機関の遅れが原因だとしても、「遅刻をした人」という印象はぬぐいきれません。

遅刻によって機会を台無しにしないためにも余裕を持って到着できるように心掛けましょう。

受付・控室での態度もチェックされている

面接室の中だけでなく、受付スタッフや廊下ですれ違った人など面接官以外の社員への態度にも配慮しましょう。悪い印象を与えてしまうと、社内で情報が共有されてしまう可能性もあります。

企業全体へのリスペクトを持って面接へ挑みましょう。

入室・退室時のマナーにも気を配ろう

見た目は第一印象を大きく左右しますが、面接の入退室マナーもまた重要なポイントです。以下のような基本的な礼儀ルールは事前に押さえておきましょう。

<入室時>
・ドアをノックする
・「どうぞ」と返答があってからドアをあける
・自分から初めのあいさつをする

<退室時>
・自分からお礼を伝える
・一礼してから退室する
・エレベーターまで送ってもらった場合、ドアが閉まるまで頭を下げる

【コラム】転職面接のマナー、他にも気をつけたい点はある?

ここまでご紹介してきたマナーに加え、必ず意識していただきたいのが「あいさつ」です。面接官を担当する社員は、日々の忙しい業務の合間を縫って面接の時間を割いてくれています。

形式的なあいさつに留まらず、

「面接の機会を頂きありがとうございます」
「本日は貴重なお時間を頂きありがとうございました」

など、心から感謝の気持ちが伝わるようなあいさつを心掛けましょう。

まとめ
    面接でのマナーは、その人の印象に大きく影響を与えることが分かりました。抜け漏れが無いか入念に確認しておきましょう。

一般的な面接の流れとは?転職面接では、どんな質問をされる?

鈴木

マナー面について色々教えて頂きありがとうございました。確かに、遅刻や忘れ物など社会人として最低限のマナーで失敗したくないですね。念には念を入れて行動したいと思います。

鈴木

マナー面について確認できましたので、次は面接の質問対策の話に移りましょう。面接では様々な意図を持った質問をされますので、その場の勢いで答えてしまうのは非常に危険です。自分の魅力を最大限アピールするためには、事前に質問を想定しておくことが大切です。

一般的な面接の流れと、具体的な質問内容を確認していきましょう。

自己紹介

先ほど触れたように、あいさつを終えて着席したら、まずは「自己紹介をしてください」と言われるケースが一般的です。

自己紹介は長くても1分以内に収めるようにします。自分を表現できるプロフィールを簡潔にまとめましょう。

自己PR

就職の面接では、いかに自分を売り込むかがカギになります。アピールポイントは「個人としての魅力」と「仕事のスキル・経験」の二つに分けられます。まずは「個人としての魅力」をアピールしましょう。

・人を動かすコミュニケーション能力
・諦めず結果を追い求める忍耐力
・目の前の問題に留まらない視野の広さ

など、自分の強みとなる個性を根拠と共に述べてください。

転職理由

志望動機の前に、そもそもなぜ転職を考えたのか転職の理由を説明しましょう。

ここで注意したいのが、現職への不満や愚痴ばかり言ってしまうことです。大前提として、企業側は仕事に対して不満ばかり持っている人よりは前向きな姿勢を持っている人に好印象を抱きます。

嘘をつく必要はありませんが、卑屈な態度を取ってしまわないよう注意してください。

志望動機

自己PRと同様に、「志望動機」もまた自分を売り込むチャンスです。なぜその企業を志望したのか、他の企業と比較したうえで理由を述べましょう。

志望動機は自分をアピールする機会である一方、どの企業にも言えるような内容だと「調査不足」と捉えられ、逆効果になってしまいますので注意してください。

応募先企業で活かせるスキル

先ほど「個人としての魅力」について触れましたが、面接中盤では「仕事のスキル・経験」をアピールしましょう。中途採用の場合はこれまでの職歴がかなり重視される傾向にあります。

同業界への転職の場合は、具体的なプロジェクトのシーンや現場で発揮できるスキルを明示すると効果的です。また、マネジメント経験がある場合は強みとしてアピールするのがおすすめです。

逆質問(応募者から面接官への質問や確認)

企業からの質問が一通り終わると、「何か質問はありますか」と聞かれることがあります。この時何も質問をしないと、企業に興味が無いと思われてしまう可能性があります。

もしここまでの流れで全ての疑問点を解消できたという場合も、「〇〇について気にしていたのですが、今詳しくお話を伺えましたので、特にございません」など前向きな姿勢が伝わるような受け答えをしましょう。

面接でスムーズに受け答えができるように事前に準備しておこう

ここでは、ほとんどの面接で触れられるであろう基本的な質問項目をご紹介してきました。これらの質問だけをとっても、様々な確度から考え準備しておく必要があることをお分かりいただけたかと思います。

転職の面接ではそれぞれの質問の意図を理解し、効果的な回答をすることが大切です。スムーズな受け答えができるように準備しておきましょう。

【コラム】転職面接の質問数はどのくらい?

面接には事前準備が大切だとお話しましたが、実際どのくらいの質問数を想定すれば良いか分からないという人もいるかもしれません。

この記事では逆質問を含め6つご紹介しましたが、それ以外の質問も基本的にはこのいずれかから派生するものと考えて良いでしょう。

つまり、ここでご紹介した6つの質問を深堀して準備しておくことがポイントになります。

まとめ
    転職面接で聞かれる質問の相場はだいたい決まっているため、対策が可能です。ここでご紹介した質問を中心に回答を準備しておきましょう。

面接後の流れについての疑問!こんな時どうすればいい?

鈴木

面接の内容はなんとなくのイメージしか持っていませんでしたが、具体的な質問を知ることができました。これなら事前に対策ができそうです!早速面接の準備に取り掛かりたいと思いますが、何か他に気を付けるべきことはありますか?

鈴木

ここまでは面接の事前準備と当日について触れてきましたが、最後に面接「後」のマナーについて解説していきます。面接が終わった後も、内定通知をもらうまでは気を抜けません。覚えておきたいマナーを見ていきましょう。

面接後にありがちな疑問の対応方法についてお答えします。

面接後のお礼状(お礼メール)は必要?

面接後は、お礼の言葉を送るのが好ましいでしょう。

ビジネス経験のある人なら、顧客とのアポイントメント後にその日のお礼や内容の確認メールを送ったことがあるかと思います。面接でも同様に、時間を頂いたことへの感謝を伝えましょう。

また、面接心残りがある場合は、言い訳にならない程度に補足をしてもOKです。

合格連絡が来ない場合には問い合わせてもいい?

面接後、なかなか合否連絡が来ないと不安になってしまいます。

あらかじめ合否連絡の期日が伝えられていた場合は、その日を過ぎたら問い合わせをしてもOKです。また、期日が設けられていなくても、1週間程度過ぎたら問い合わせをしても問題ないでしょう。

催促するような内容ではなく、「お忙しい所恐縮ですが」など配慮を込めた聞き方をしてください。

次の面接を辞退する場合の対応は?

何らかの事情で次の面接を辞退したい場合は、なるべく早めにその旨を伝えましょう。通常の連絡はメールで構いませんが、急きょ当日キャンセルが必要になった場合は、確認漏れのないよう電話がおすすめです。

この時、詳しく聞かれない限りは具体的な理由を全て説明する必要はありません。「諸事情によって」など相手に失礼のないような伝え方をしましょう。

内定を辞退する場合の対応は?

面接の辞退は理由をぼかしても良いとお伝えしましたが、内定をもらっている場合、面接で既に話を深めているケースが多いでしょう。そのため、内定辞退の理由を具体的に聞かれる可能性があります。

嘘をつく必要はありませんので「家族の状況が変わったため」「〇〇という点で条件の良い他社の内定を頂いたため」など差し支えない範囲で誠実に対応しましょう。

【コラム】転職面接の準備には、転職エージェントに相談するのがおすすめ!

この記事では、転職面接における面接前の準備、当日のマナー・質問、面接後のマナーについて解説してきました。面接一つ取っても、様々なシーンで気を付けるべきポイントが多くあります。

転職面接対策は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。マナー面のサポートはもちろん、質問への回答にアドバイスしてもらうことが可能です。

また、たとえ面接で心残りがあっても転職エージェントに後からフォローしてもらうこともできます。転職エージェントを味方につけて万全の態勢で挑みましょう。

まとめ
    面接後も、お礼メールや次の選考に関するやりとりなど、マナーを守った対応を心掛けましょう。

転職面接の流れと対策方法を把握して、準備万端で面接に臨もう!

鈴木

この記事では、面接を控えている人に向けて「転職の面接」に関するノウハウをお伝えしてきました。好印象を与えるマナーと質問への回答のコツを掴んで頂けたでしょうか?

鈴木

はい、面接を明確にイメージできるようになりました!「その場その場で良い回答を言わなければ」というイメージがありましたが、事前準備さえすれば対策が可能だと分かったことも収穫でした。自信を持って面接を受けられそうです。

鈴木

それはよかったです!面接準備に困ったときは今回ご紹介した転職エージェントもうまく活用しながら、合格目指して頑張ってくださいね。無事に内定を勝ち取れるよう、応援しています。