30代転職は資格が必要?30代の転職に活用しやすい資格7選

「30代 転職 資格」と調べている人は
『30代の転職において資格は有利になるのだろうか…』
『30代の転職ではどのような資格取得がおすすめなのだろうか…』
と悩みますよね。

鈴木

30代の転職では、資格の取得も有効ですが、実績やスキルなどが重要となっています。そのため、ここでは有効な資格と必要なスキルなどについて解説します!

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

30代の転職に資格は必要か?30代では資格よりスキルを求められる

鈴木

30代になり転職を考えているのですが、これといった資格がありません。実際、30代の転職では資格は求められているのですか?

鈴木

30代の転職でも、資格が有利になることはあります。ですが、それは業界や業種によると言えます。30代は資格よりもスキルが求められていると言えるでしょう。

では、30代はどのようなスキルが求められ、どんな資格が有利になるのか解説していきます。

30代に求められるのは「マネジメント経験」「即戦力性」

企業は30代の人材に「マネジメント経験」と「即戦力性」を求めています。マネジメントとは、マネージャーやグループリーダーなど役職は様々ですが、自分で何をすべきか考え、部下を育成・指導し、またモチベーションや目標を管理することです。

つまり、企業は30代の人材にリーダーとして部下を指導できる能力があるかどうかを求めているのです。マネジメントの経験と関連しますが、30代は即戦力であることも求められています。新卒社員や20代の社員に対しては入社後に教育する形で育成していきますが、30代の中途社員となると事情は異なってきます。
すでに社員教育が完了した状態である「即戦力性」が求められています。30代は部下を育成しつつ、自分で学んでいく姿勢が求められているのです。

介護・医療・運転・不動産など。職業によっては資格を優位に活用できる

30代の転職においては、前述の通り資格よりも「マネジメント経験」「即戦力性」などのスキル面が重要になります。
その事実を知らずに資格だけ取得して転職活動に臨む30代の方もいらっしゃいますが、保有している資格が転職に有利に働くとは限らないのが実際のところです。

しかし、業界を選んだ場合は保有している資格が有利に働く場合もあります。例えば、介護、医療、運転、不動産などの領域では未経験であっても資格さえ保有していれば有利になるでしょう。

転職活動で資格を活かそうとする場合、志望する業界が資格を優遇してくれるのか調てから資格取得を目指しましょう。

まとめ
    資格よりもスキルが重視される30代の転職市場。しかし、業界業種によっては資格が有利になることも。

キャリアがあるからこそ。30代で転職するメリット・デメリットとは

鈴木

30代で転職するにあたって、メリット・デメリットがあれば知りたいです!

鈴木

30代で転職することのメリットは今までの経験やスキルを活かしてキャリアアップできる点でしょう。逆にデメリットは未経験転職しにくい点です。では、メリット・デメリットの理由について解説していきますね。

30代で転職するメリットはキャリアアップできること。デメリットは未経験転職のハードルが高くなること。

メリット:培ってきた「即戦力性」を活かしてキャリアアップできる

30代で転職する最大のメリットはこれまでに培ってきた即戦力性やマネジメント経験を活かして、さらなるキャリアアップが見込めるという点でしょう。これらの経験やスキルが評価され、プロジェクトリーダーや課長といった上のポジションで転職でき、年収もアップするということもあります。

転職はゼロからのスタート、と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、これまでに培ってきたスキルや人間関係を活かして転職先でキャリアアップできるのです。

デメリット:未経験職への転職だとハードルが高くなる

先述の通り、企業は30代の人材に即戦力かつマネジメント人材であることを期待しています。企業からすれば社員教育は一通り済んだという認識です。

20代の求職者であればポテンシャルを考慮して採用しますが、30代はそうはいかないのです。未経験で転職したい場合は、福祉、タクシー、営業など比較的未経験でも受け入れてくれる業界・業種を選ぶ必要があります。

まとめ
    30代は未経験に弱いが、今まで培ったスキルやマネジメント経験を評価されてキャリアアップすることが可能。

【コラム】自己分析が重要。スキルを棚卸しして取得すべき資格を洗い出そう

鈴木

資格を取得していたほうが有利に働く場合もあることはわかりました。さっそく資格を取得しようとおもっているのですが、どうやって取るべき資格を洗い出せばいいですか?

鈴木

とるべき資格を洗い出す方法は、徹底的に自己分析することです。そうすることで、取るべき資格が見えてきますよ!
徹底的に自己分析することで取るべき資格がみえてきます。では具体例を上げて見ていきましょう。

転職活動に活かす資格を洗い出すには、「これまでの経歴」「身に着けたスキル」「希望」この3点をまとめて自己分析することが大切です。これらの項目を紙に書き出してみるなどしてスキルの棚卸しをしましょう。

例えば、これまでの経験・スキルの棚卸しをした結果「自分は営業だけど数字をまとめることが多かったので、これからは経理としてキャリアチェンジをはかりたい」ということがわかったとすると「簿記1級」を取得したほうが良いと分かります。

このように、自分の過去の経験やスキルを棚卸しして紙に書き出すと取得したほうが良い資格がわかるようになるのです。

まとめ
    自分はどのような経験をしてどのようなスキルがあるのか、どんなことを望んでいるのか明確にすると取るべき資格が見えてきます。

汎用性高め。30代の転職に活用しやすい資格7選

鈴木

実際に転職活動で役に立つ資格はどんなものがありますか?具体的に知りたいです!

鈴木

30代の転職で有利になる資格はあります。この章では30代の転職で有利になる7つの資格をご紹介していきます。

では、30代の転職で有利になる7つの資格について見ていきましょう。

その1:英語力の証明に。TOEIC

自分の英語力を証明するのに評価される資格です。30代で外資系企業に転職したい場合には必須となってきます。また、外資系企業だけではなくメガベンチャーや大手企業でも社内公用語が英語の場合もあるため、TOEICはますます需要が高まっている資格となっています。

しかし、履歴書に記載できる点数は600点以上からと言えるでしょう。もし、英語を使って働きたい場合ですと、800点ほどはマストになります。

その2:PCスキルの証明に。MOS

エクセルやワードなどの実務能力の証明になり、事務作業がある大半の職種でアピールできる資格になります。それぞれのソフトごとにレベルごとの科目があるため、取得したい分野に絞って取得することが可能です。

その3:ビジネスマナーを高める。秘書検定

秘書検定は、秘書への転職だけでなく30代で転職する人であれば誰でも役に立ちます。なぜなら、敬語の使い方やビジネスマナー、文書作成スキルなどを問う問題が出題されるからです。

30代であれば備わっているべきビジネスマナー。しかし、意外とできていない人も多いのです。秘書検定は30代のビジネスマナーを再確認できる資格なので、持っていて損はないでしょう。

その4:経理・営業・管理職におすすめ。日商簿記

日商簿記は商工会議所が実施する資格試験のなかで最もポピュラーなものではないでしょうか。1~3級まであり、それぞれどのようなレベル感なのかざっと解説します。

1級:税理士試験の受験資格が得られる。高度な簿記・会計学の習得レベルで、経営管理や分析ができる。
2級:一般企業の経理、財務部や税理士事務所で就業可能なレベル。
3級:商業簿記が身についているレベル。中小企業の経理で就業可能。

その5:どの部門でも重宝。中小企業診断士

合格率約4%と難関資格ですが、30代のビジネスパーソンに人気のある資格です。どの部門でも重宝される資格ですが、経営コンサルティング業界や経営に携わる業界・職種で評価されやすいです。

その6:管理職向け。メンタルヘルス・マネジメント検定試験

メンタルヘルス・マネジメント検定試験は従業員の心の不調を未然に防ぎ、いきいきとした職場環境を整備するためにメンタルヘルスケアを学ぶ検定試験です。

Ⅲ種(セルフケアコース)、Ⅱ種(ラインケアコース)、Ⅰ種(マスターコース)に分かれており、それぞれ職場での役割ごとに学べる内容が変わってきます。従業員の心のマネジメントができる証拠としてアピールできるので、管理職として転職するのであれば得すべき資格と言えるでしょう。

その7:どんな部署でも活きる。ビジネス実務法務検定試験

東京商工会議所が実施している検定試験です。企業の法務部門は取得がマストな資格ですが、営業、人事、総務などあらゆる部門の人々が実際にビジネス上で発生する法律上の問題に対処する能力を測ります。

契約書やクレーム対応などへの対応力が培われるので、企業活動の様々な分野で基礎となる能力が身についていることを証明できます。1級についてはビジネス上の対応というよりも企業法務に完全特化しているため、法務部門に転職したい人は取得はマストです。

まとめ
    どれも役に立ちうる資格なので、自分に合った資格を取得しましょう。

【コラム】あれこれ手を出さない。資格取得は実用性の高いものに絞る

鈴木

どの資格も転職に有利になりそうな気がします…取れそうな資格はとったほうが良いのでしょうか?

鈴木

転職に有利になるからといってやみくもにあらゆる資格に手を出すのはNGです。30代の転職は資格よりもスキルやマネジメント力が評価されるので、資格は業務にかかわるものにとどめておいたほうが良いでしょう。

資格取得は業務に関連するものにとどめるのがよい理由とは?

ご紹介してきたように、30代の転職で評価されやすい資格は様々あります。転職先や目的によって資格を取っておくとよいでしょう。

しかし、有利になりそうだからという理由でやみくもに資格を取得しようとするのは避けたほうがよいでしょう。

というのは、転職先の業務にかかわる資格でないと評価されにくいからです。また、資格によっては取得するのに多くの時間と費用がかかるものもありますので、下調べが必要です。30代の転職は資格も大事ですが、スキルやマネジメント力が最も大事なので資格取得に躍起にならないように注意しましょう。

まとめ
    30代の転職で評価されるのは業務に関する資格のみ。実用的かどうか判断して取得する資格は絞りましょう。

資格以外にも。30代で転職に成功するためのポイント5つ

鈴木

本文 業界を絞ったり、自分の実務経験に則った資格であれば転職において非常に有効であることが分かりました!良い資格があれば就職活動はほぼ成功したも同然ですね!

鈴木

本文 資格以外にも転職で大切なポイントはたくさんありますよ。とても良い資格を持っていても、それに付随するあなたの人間性や適性、また仕事に対する意欲や知識がないと採用には結びつきませんよね。もちろん選考に進む前から、どれくらい業界リサーチができているか、企業選びは間違っていないかなども重要です。資格以外にも、転職で成功するための要素はたくさんあるのでお話しさせてください。

資格以外にも大事なことが!転職で成功するために外せない5つのポイント

その1:イメージで判断は禁物。希望職業について詳しくリサーチする

事前によく職種について調べておかなかったがために、転職後に「こんなはずでは」と後悔する人は多いです。そんなことにならないために、希望する職種についてはあらかじめよく調べておきましょう。

その2:職場環境も大事。入社希望の会社の社風を調べる

志望する企業の社風について詳しく調べておくことも大事です。社風が合わないと精神的に疲れてしまいます。社風を確認するために、会社のHPや口コミサイトを読み込みましょう。

その3:やる気アピールよりも具体的にどう役に立てるかアピールする

20代はやる気アピールでも評価される場合はありますが、30代でやる気をアピールしても評価してもらえません。なぜなら、30代の転職市場では30代はスキルがあって即戦力であることが求められているからです。

そのため、今までの経験やスキルが具体的にどのように役に立てるかをアピールすることが必要です。そうすることで、企業は活躍できるリーダーとして評価するのです。実務経験が足りなかったとしても、どのように足りないスキルを補完するのかを伝えることが大事です。

その4:理想を追いすぎない。目的を明確にして妥協点を見極める

今回の転職の動機は何でしょうか。この転職には必ず、目的と、叶えたい希望があるはずです。転職活動では、事前にその目的を明らかにして、冷静な目で就職先を見極めないといけません。

しかし、希望の条件ばかり先行し、理想だけになってしまうことは危険です。全てが理想的な職場はそうないですし、ハードルが上がりすぎて、いつまで経っても就職先が見つからない可能性が高くなるからです。

そうならないために必要なことは、絶対に譲れない条件(MUST)とできれば叶えたい条件(WANT)を事前にしっかりと分けておくことです。この条件を分けて把握しておく事で、自分が妥協できるポイントが明白ですし、物事の優先順位がつきやすくなります。内定が出た企業を比較検討する時にも有効で、判断力も高まります。本当に選ぶべき職場を正確な判断で下せるように、事前に判断基準を備えておきましょう。

その5:勢いで辞めない。転職活動は働きながらする

転職活動に焦りは禁物です。焦ることで、正確な判断がしにくくなるからです。ですので、よっぽどの理由がない限り、転職活動は働きながらすることをオススメします。
また、30代の転職活動の場合、長期化することも視野に入れないといけません。勢いで退職を早まってしまうと、金銭面での焦り、精神面での焦りを感じやすくなり、判断が鈍る恐れがあります。

もし就業中だと充分な時間が担保できない、上手く転職活動ができない、ということであれば、転職エージェントを利用し、サポートを受けてみてください。時間と労力を削減し、効率的に進められるはずです。

まとめ
    転職を成功させるためには、事前準備やリサーチは重要です。また、働きながら活動する、困った時はエージェントを利用する事も大切です。 

30代で未経験職業に転職するには?重要になるポイント2つ

鈴木

30代の転職では『マネージメント能力』や『即戦力』であることが求められるということがわかりました。ということは、未経験の職種に挑戦することは出来ないんでしょうか?これからの長いキャリアを考えると、未経験でも、やりたい仕事に就きたい気持ちが強いんです!

鈴木

30代で未経験職種に挑戦することは難易度が高い事実はありますが、不可能ではありません。ポイントを押さえれば、場合によっては未経験でもやりたい仕事に就ける可能性は充分にありますよ!

未経験でも希望の職種で働きたい!そんなあなたの想いを叶えるための方法2つをご紹介します。

ポイント1:これまでの経験をどのように活かせるか伝える

どんな企業も、たとえ未経験者採用でも、これまでの経験と、仕事内容の『共通点』が多く、なるべく早い段階で戦力となってくれそうな人を採用したいはずです。なので、これまでの経験からどんな活躍を期待できるかを、いかに企業に具体的にイメージしてもらえるかがとても重要になります。

そのためにまずは自分のこれまでの経験やスキルを客観的に把握することが大切です。業界知識から、業務で得たスキル、マネージメント経験の有無など、身につけたスキルを細かく細分化し把握することで、次の仕事内容との『共通点』を見つけやすくなります。全く違う畑からでも、必ず次の仕事でも活かせる共通項があるはずです。選考に進んだ際には、その点を強調して、できるだけ具体的に伝えましょう。

例えば、・お客様とのコミュニケーション力や対応力・クライアントとの交渉力・業務管理能力・タイムマネージメント力・語学力・業界知識・パソコンスキル・プレゼン力・企画力・リーダー経験や新人指導経験などなど、細分化すればあなたがこれまでに得たスキルは多岐にわたるはずで、今一度整理をしてみましょう。

ポイント2:若手中心だからこそ。ベンチャー企業に転職する

設立して間もない、ベンチャー企業では、積極的にあらゆる分野での人材を登用する傾向にあります。人集めに積極的なので、未経験の職種にもチャレンジできるチャンスがあります。むしろ人員が少ない分、色々な業務を兼任する可能性があります。営業と企画開発や、経理と人事、など幅広く業務をこなす場合が多いので、自分の経験値を高め、可能性を広げたい人にはもってこいです。未経験の仕事でも経験できるチャンスがあるのがベンチャー企業の良いところでしょう。

バイタリティとやる気があり、オールマイティに動ける人、またはとある分野に特化したスキルや知識のある人は、その条件が合致すれば採用される可能性は十分あります。あなたが培ってきた幅広い経験を活かせ、かつ他の業務にも挑戦できるチャンスがあるのはベンチャーならではです。

まとめ
    30代で未経験職種に挑戦するためには、あなたのスキルと経験を細分化し、戦力となりうるスキルをアピールすることが需要です。また、ベンチャー企業に就職し、幅広い業務を兼任できる環境に身を置くという方法もあります。
【コラム】客観性が重要。30代の転職には転職エージェントに相談がおすすめ

鈴木

本文 30代の転職を成功させるためには色々とポイントがあるんですね。これからそのポイントを押さえて積極的に活動をしていこうと思います!今回の転職、絶対に失敗したくないので、他にも重要なポイントがあれば教えてほしいです。

鈴木

本文 転職活動には、客観的な視点は大切です。一人で活動するとどうしても視野が狭くなり、行き詰まりを感じることもあるでしょう。転職のプロであるエージェントのサポートを受けることで、第三者からの意見をもらえるので、常に冷静に活動を進めることができるのでおすすめです。

転職成功のためには、エージェントの利用が鉄則!プロの意見をもらいながら、冷静かつ効率的に活動を進めていこう!

転職活動の目的が明確で、目標が高ければ高いほど、30代の転職は長期化する可能性があります。そのため上手く、自分のパワーを配分しないと息切れしてしまうことでしょう。また、一人で活動すると視野が狭くなり、行き詰まりを感じることも出てくるかもしれません。

その点エージェントを利用すれば、かかる労力も時間も削減させることが出来ますし、キャリアの相談やアドバイスを受けることで、冷静な視点で活動を進めることが可能になります。他にも、転職エージェントのサポートを受けることで得られるメリットはたくさんあります。
・求人の選定
・自己分析や業界研究の手助け
・提出書類の書き方のアドバイス&添削
・面接対策
・選考スケジュールの調整の代行
・給与などの条件交渉

などあらゆる悩みを解決してもらえます。まずはプロに相談して見るところが就活の第一歩だと思ってください。

まとめ
    転職活動において冷静で間違いのない判断をするためには、第三者からのアドバイスは非常に有効です。特にキャリア相談では、プロのアドバイザーが、あなたの経験を整理してくれることで、強みを把握できたり、アピールポイントを明らかにする事ができます。また、現実的なキャリアパスを描けるようになるはずです。

30代の転職におすすめな転職エージェント3つ

鈴木

本文 早速エージェントに登録して活動をしていきたいと考えているんですが、ネットで調べてみるとたくさんあって、どれに登録するべきか迷ってしまいます。僕のような30代の転職者におすすめのエージェントはありますか?

鈴木

はい。30代の転職者から評判がよく、求人が豊富でサポートにも手厚いエージェントを3つご紹介します。

30代の転職者なら絶対に登録するべきエージェント3つ

業界最大手の実績|マイナビエージェント


引用元:https://mynavi-agent.jp/
マイナビエージェントは、「マイナビ転職」等のメディアの知名度も高く、近頃案件数・利用者数共に急上昇している転職エージェントです。20~30代向けの求人を得意としており、働きやすい環境やキャリアアップの転職特集などを行っているのも特徴です。未経験からの転職や初めての転職活動のサポートも手厚いため、転職活動そのものに不安を感じている人にはまずオススメできる転職エージェントといえるでしょう。

非公開求人数10万件以上|doda


引用元:https://doda.jp/consultant/
dodaは、パーソルキャリアが運営している大手の転職エージェントです。求人数が10万件以上あり、キャリアアドバイザーも親身であると評判です。また、未経験者や、経験の浅い転職者へのサポートも手厚く、面接の際のアドバイスが役に立ったとの口コミの多いエージェントです。首都圏だけでなく、地方求人も増えてきており、エリアを限定している転職者も一度登録しておくと良いでしょう。利用者満足度も90%以上と高いので、安心しておすすめできるエージェントの一つです。

高年収の転職を実現|JAC Recruitment


引用元:http://www.jac-recruitment.jp/
高収入をしっかり目指したいという方であれば、JACリクルートメントがオススメです。JACリクルートメントはロンドン発祥の外資系転職エージェントで、日本でも多数の転職支援実績を誇ります。外資系の転職エージェントだからこそ、外資・海外の求人やハイエンド層向けの求人を多く保有しており、それに合わせた手厚いサポートが評判です。高収入を目指したいという人であれば、外資系転職エージェントの代表株としてJACリクルートメントに登録していれば安心ですね。

まとめ
    30代の転職者ならではの悩みを受け止めてくれる、充実したサポートが魅力のエージェントのご紹介でした。求人数も豊富なので、あなたの希望に合った求人ときっと出会えるはずです!