50代の転職にパートはおすすめ。50代主婦が活躍する仕事8選

「50代 転職 パート」と調べている人は
『50代でパートへの転職は可能なのだろうか…』
『50代で転職に成功するために何をすればよいのか分からない…』
と悩みますよね。

鈴木

「50代で転職に成功」するためには、パートがおすすめです。よって、パートに求められる能力や仕事の探し方を知ることが大切です!

なぜなら、パートに求められる能力や仕事探しの方法を知ることで、「50代で転職に成功すること」が可能になるからです!
そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「50代 転職 パート」に関するノウハウを全てお伝えします。

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

50代主婦の転職にはパートがおすすめ。採用されやすい理由5つ

鈴木

私の母親が50代の主婦なのですが、転職を考えているようです。50代主婦の転職にはパートがおすすめと聞いたのですが、パートに採用されやすい理由は何でしょうか?。

鈴木

50代主婦の転職において、パートに採用されやすい理由は、「時間」と「経験」です。プライベートもひと段落し時間に融通がきくことと、様々な経験を積んでいるために、50代主婦はパートに採用されやすい傾向にあります。
50代主婦の転職において、パートに採用されやすい理由を5つご紹介いたします!

理由1:子育てもひと段落。時間の融通が効きやすいから

50代の主婦は子育てもひと段落して、これまでよりも時間にゆとりを持てることが多くなります。

よって、プライベートで様々なライフイベントを控えている年代に比べて、時間の融通が効きやすいことで企業から重宝されます。

理由2:経験豊富な50代だからこそ。幅広い年代に気配りできるから

50代は人生経験が豊富なので、幅広い年代の多様な人々に気配りができます。このコミュニケーション能力は様々な業務で必要となりますが、若手のうちはどうしても視野が狭くなり、衝突を起こしてしまうこともあるため、経験豊富な50代の需要が高くなります。

理由3:対応力や責任感が魅力。臨機応変な対応を期待できるから

経験が豊富ということは、様々な場面を経験してきたということです。

よって、対応力が養われており、さらに50代であるが故に責任感も強い傾向があります。臨機応変さが求められるシーンにおいて、場をコントロールする能力や主体性をもって対応できる力に期待されていることも50代主婦が採用されやすい理由の1つです。

理由4:中高年女性ならでは。聞き上手でコミュニケーション力が高いから

50代女性は、その豊富な経験から人の話を聞くのが上手でコミュニケーション能力が高い点も特徴です。

このように包容力のあるコミュニケーションスキルは中高年女性ならではの特徴であり、企業側の需要も高くなります。

理由5:経験で身につけたスキル。礼儀作法や教案力が高いから

50代の主婦にはその豊富な経験の中で身に付けた礼儀作法や教養があります。

礼儀作法も、覚えたての辿々しいものではなく、過剰な礼儀を排した自然な立ち居振る舞いができる点が50代の主婦の強みでもあります。また経験による教養も深く、これらの点は50代主婦の強みとなります。

まとめ
    50代主婦は時間に融通が効くことや豊富な経験から生まれる様々な強みにより、パートに採用されやすいと言えます。
【コラム】50代主婦の仕事探しの方法とは?求人情報サイトやハローワークなど

鈴木

50代の主婦がパートに採用されやすい理由がよく分かりました。パートと言っても様々な仕事があると思いますが、実際に仕事はどのように探せばいいのでしょうか?

鈴木

50代主婦の仕事探しにおいて最も利用されているのは、求人情報サイトです。その他にも様々な方法がありますので、以下で詳しくご紹介します。

50代主婦の仕事探しの方法で最も多いのは、求人サイトです。現在ではスマートフォンで簡単に仕事が検索できますので、最も手間がかからず便利と言えます。

その他にも求人誌やタウン情報誌を活用する方も多く、地元の仕事情報が載っていますのでおすすめできます。また、ハローワークに登録して職を探す方法もあります。

このように、仕事探しの方法はいくつかありますが、1つの方法に拘らずいくつかの方法を併用することで仕事の比較も可能になりますし、多くの求人情報が収集できますので、複数のツールを利用することをおすすめします。

まとめ
    50代主婦の仕事探しのおすすめは、求人サイトです。しかし、1つの方法に絞るのではなく、複数の方法を併用して、多くの情報を入手するようにしましょう。

採用されやすい傾向。50代主婦がパートで活躍する仕事8選

鈴木

50代主婦が仕事探しをする際のおすすめ方法を理解することができました。さっそく母親に伝えようと思いますが、仕事を選ぶ際に、主婦が活躍でき、採用されやすいパートの特徴はありますでしょうか?具体的に教えていただけると助かります。

鈴木

50代主婦が採用されやすく、かつ活躍できる仕事は、先ほどご紹介した50代主婦だからこその「経験」を活かせる職業です。具体的な職種も含め、以下でご紹介いたします。

50代主婦がパートとして採用されやすく、活躍できる仕事を8つご紹介します!

仕事1:家事スキルを活かせる。調理スタッフや家事代行などのサービス業

50代の主婦だからこそ活かせる能力の1つに家事があります。その家事スキルが活かせる職業が調理スタッフや家事代行などのサービス業です。調理や掃除に自信がある方は、これらの職業に挑戦することでスキルを最大限生かすことができます。

仕事2:落ち着いた対応ができるから。コールセンター

50代主婦は、その圧倒的な経験値から生まれるコミュニケーション能力が強みになるとお伝えしました。

コールセンターのように、人の顔が見えない意思疎通は難易度が高く、またクレームの電話が入る場合はさらに難易度が高くなりますが、落ち着いた対応が可能な50代主婦だからこそ、コミュニケーション能力が発揮できる職業と言えます。

仕事3:細やかな作業に定評あり。梱包・軽作業

様々な仕事をこなさなければならない50代主婦は、細やかで丁寧な作業にも定評があります。

そのような能力を活かせる仕事として、梱包・軽作業があり、企業側も積極的に50代の主婦を採用しています。

仕事4:落ち着いた雰囲気が活きる。受付

50代の主婦はその経験から臨機応変な対応が可能で、対応力に定評があることをご紹介いたしました。

受付は企業や店舗の入り口であり、落ち着いた対応が求められるとともに、物腰の柔らかい対応も求められます。このように、様々な方との意思疎通や臨機応変さが求められ、さらに物腰の柔らかい対応が必要である受付は、50代の主婦に向いている職業と言えます。

仕事5:看護師や保育士調理師など。資格を活用できる仕事

看護師や保育士、調理師など、資格をもっている方はその資格の活用をおすすめします。

資格を取ってから時間が経っている場合は、知識のキャッチアップが必要になりますが、資格を持っていることに加えて、既述した50代だからこその強みを併せ持つことで、大きな活躍が期待されます。

仕事6:50代ならではの共感力。セレモニースタッフ

50代主婦はその経験からコミュニケーション能力や共感力に長けているだけでなく、包容力や落ち着きがあることが強みとなります。そのような能力が活かせる職業として、セレモニースタッフがあります。

セレモニースタッフは大切な人とのお別れを経験する方々への対応が求められる、難易度の高い職業となりますが、だからこそ50代主婦が活躍できる仕事といえます。

仕事7:会話が得意な主婦だからこそ。ボディセラピスト

ボディセラピストとは、体をリラックスさせたり癒したりすることで、健康や美しさを提供する専門家です。

未経験者はその技術の取得が必要となりますが、資格は特に必要ありません。ボディセラピストは、相手の体や心の状態を聞き出したり、リラックスさせる能力が求められますので、会話が得意でコミュニケーション能力に長けている50代主婦が活躍できる仕事といえます。

仕事8:細やかな気配りが活きる。タクシードライバー

タクシードライバーと聞くと男性の職業とイメージされる方も多いかもしれませんが、現在では女性のタクシードライバーも多く活躍しています。これは人手不足のいくつかの業界で行われた採用戦略なのですが、人手不足かつ男性向け職業とのイメージが付いてしまっている、引越し業やバス・タクシーの運転手、運送業などにおいて、女性でも働きやすい環境を整えて男性職のイメージを払拭する広報を行った背景があります。特にタクシーにおいては、「運転手の態度」に関するクレームも多く、タクシー業界では細やかな気配りができる中高年女性のタクシードライバーを積極採用しています。

【コラム】パートから正社員になりやすい業界は?サービス・福祉・運送業など

鈴木

50代主婦が転職しやすいパートの仕事についてよく理解できました。ところで、パートから正社員になることは可能なのでしょうか?

鈴木

結論から申し上げると、パートから正社員になることは可能です。現在は定年退職の時期も伸びており、50代であっても積極的に正社員登用する企業が増えています。具体的に正社員になりやすい業界をご紹介します。

パートから正社員になりやすい業界は、サービス業、福祉、運送業です。

もちろん、正社員への登用は、パートでの仕事の実績が認められ、「正社員としてさらに広範囲の仕事を高度に行ってもらいたい」と企業に認識される必要がありますので、ご自身の努力も必要になります。

まとめ
    パートから正社員になりやすい業界として、サービス業、福祉、運送業が挙げられますが、正社員登用を可能にするには仕事で実績を作ることが重要です。

履歴書や面接対策。50代の転職に成功するためのコツ5つ

鈴木

パートでも正社員への道があることが分かりました。ただし、正社員になるだけの実力が必要ということですよね。まずは、50代でパートへの転職を成功させることが必要ですが、そのコツがあれば教えてください。

鈴木

50代の転職に成功するためのコツはいくつかありますが、求職者が就職活動をした20代の頃とは異なる点が多々ありますので、まずは現在の転職活動のスタンダードを知っていただくことが重要です。

50代の転職に成功するためのコツを5つにまとめてお伝えします!

コツ1:履歴書の作成はパソコンを使って作成する

履歴書は手書きの時代もありましたが、現在ではパソコンで作成することが主流となっています。

どんな仕事にも、多少のパソコンスキルは必要になることが多いので、パソコンが苦手な方は、これを機にパソコン教室に通うなどしてスキルを身に付けることをおすすめします。

コツ2:スナップ写真はNG。履歴書用の写真を用意する

履歴書には写真を貼るスペースがありますが、スナップ写真でなく履歴書用の写真を貼るようにしましょう。

駅前などにある、背景が無色または青になるスピード写真で問題ありませんので、証明写真として使用できる写真を使うことをおすすめします。

コツ3:使い回しはNG。応募先企業に合わせて履歴書を作成する

履歴書は慣れるまで記載するのに時間がかかりますが、使い回しをしないようにしましょう。

応募企業に合わせて、志望動機や自分の長所などの履歴書に記載する内容を変えることで、採用される可能性が高くなります。

コツ4:マニュアル文はNG。志望動機は自分の言葉で書く

志望動機はどのように表現すべきかが難しく、マニュアル文に頼ってしまいがちですが、マニュアル文をそのまま使用することは避けてください。採用担当者が見れば、マニュアル文であることをすぐに見抜かれてしまいます。しっかり自分の言葉で志望動機をアピールするようにしましょう。

コツ5:面接のマナー。スーツやジャケットを着用する

面接時はスーツやジャケットを着用しましょう。これは面接の一般的なマナーです。場合によっては、スーツやジャケットを着用する必要がないケースもありますが、着用すべき時に着用していなかったケースはマイナス評価になるものの、その逆の場合はマイナス評価になることはまずありません。必ず面接にふさわしい身なりで望むようにしてください。

コツ6:よくある質問の解答例は事前に用意しておく

面接で困ることの1つが、質問に答えられないことです。

しかし、面接で聞かれる内容はだいたい共通していますので、事前によくある質問をインターネット等で調べた上で、自分なりの解答を用意しておきましょう。想定質問と少しだけ異なる質問が出た場合でも、用意した回答をアレンジすることで、質問に答えることができます。

まとめ
    50代の転職に成功するためのコツは、現在の転職活動のスタンダードを受け入れて対応することに加え、履歴書や志望動機は丁寧に用意すること、身なりを整え、想定質問の答えを準備して面接に望むことです。

【関連記事】

50代の転職に活用できる!読みやすい履歴書の作成方法4つ

50代に多い転職理由と履歴書の例文、転職に成功する人の考え方7選

働き始めるその前に。パートを始める前の事前準備2つ

鈴木

50代の転職に成功するコツがよく分かりました。特に実際に応募する前に現在の転職活動のスタンダードを知ることは重要だと思いました。その他に、転職をする前に準備しておくべきことはありますでしょうか?

鈴木

おっしゃる通り、現在50代の方が新卒だった頃と求職活動が大きく変わっている部分もありますので、注意が必要です。転職活動を始める前に準備しておくべきことは他にも2つありますのでご紹介します。

パートを始める前に、事前に準備をしておくべき2つの事項をご紹介します!

準備1:無理のない働き方にするために。自分の生活サイクルを把握する

新たな仕事を始めると、生活サイクルが変わり体へ大きな負担がかかります。

無理な働き方をして体を壊してしまわないために、ご自身の生活サイクルを把握して、どの程度の負荷がかかる仕事であれば、生活サイクルを大きく乱すことなく取り組めるのかを確認するようにしてください。

準備2:長く続けられるパートを選ぶために。体力や健康面を確認しておく

せっかく転職しても、すぐに辞めざるを得ない状況になることを避けるために、事前にご自身の体力面や健康面を確認しておくようにしましょう。無理のない働き方を確認しておくことで、長く楽しく働くことが可能になります。

まとめ
    パートを始める間に、自分の生活サイクルや体力、健康を把握して、無理のない仕事を選択できる状態を準備しておきましょう。

鈴木

いかがでしたでしょうか?50代女性の転職について、特にパートへの転職を中心にご紹介いたしました。

鈴木

50代女性の転職事情についてよく理解することができました。今回お伺いした内容を母に詳しく伝えようと思います。

鈴木

PCを使った履歴書の書き方などもぜひフォローしてあげてください。お母様の転職が成功するようにお祈りしています!