40代の転職でも年収アップは可能?転職を成功させるためのコツをご紹介

「40代 転職 年収」などと検索している人の中には、
『40代で転職をしたいけれど、年収が下がってしまわないか心配…』
『年収を上げたいけれど、転職すると上がるのだろうか…?』
と悩んでいる40代の人が多いのではないでしょうか。

鈴木

40代の転職で年収をアップすることは十分可能ですが、そのためにはコツを押さえることが大切です!
40代の転職は強みを活かせれば有利になるぶん、20代・30代と比べてハードルも上がりやすいからです。

事前に40代の転職で年収アップするためのコツを押さえておけば、現職より良い条件の転職先を見つけることができるでしょう。

そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「40代の転職と年収」に関するノウハウを全てお伝えします。年収アップのために使っておきたい転職サービスもご紹介しますので、要チェックです。
※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

40代の転職で年収はアップする?転職者の年収事情を調査

鈴木

地元のメーカーで営業部の課長をしています。30代前半から役職に就き、社内では早めに出世しました。仕事は順調なのですが…40代に入り、このまま今の会社にいるよりも自分の実力をもっと試してみたいと思うようになりました。転職するなら今より好条件で…と思っているんですが、40代で転職して年収アップは期待できるものなんでしょうか?

鈴木

今のお仕事が順調とのことですが、さらに高みを目指すチャレンジングな姿勢をお持ちなのですね!そのような方には、ぜひ転職の検討をおすすめします。40代では、これまで培ったスキル・経験を活かすことができれば好条件での転職が可能です。40代の転職に関するデータを見ていきましょう。

40代での転職者の年収事情から、40代の転職で年収アップが可能かどうかを見ていきましょう。

40代の平均年収は約495万円

厚生労働省の調査によると、40代の平均年収は男女・年代別にそれぞれ以下のようになっています。

・男性
40~44歳:358.7万円
45~49歳:394.9万円

・女性
40~44歳:264.1万円
45~49歳:268.7万円

女性は育児等でパートタイム勤務をするケースも多く、平均年収は男性のほうが高い傾向にあり、年齢を重ねるとともにその差は大きくなっていることが分かります。

参照:厚生労働省『平成 30 年賃金構造基本統計調査の概況』(P2)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2018/dl/13.pdf

35歳以上の転職者の半数が年収アップを叶えている

エン・ジャパンが2018年におこなった調査によると、35歳以上の転職経験者が、転職による年収の変動について以下のように回答しています。

年収が上がった:52%
変化なし:16%
年収が下がった:32%

35歳以上の転職では、約半数の転職者が年収アップを叶えていることになります。

参照:エン・ジャパン株式会社
『「転職後の年収」調査』
https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/15277.html

100万円以上の年収アップをした人が7割以上

先ほどの調査では、35歳以上の転職で「年収が上がった」と回答している人に具体的な額を質問したところ、29%の人が「~99万円」そのほか71%の人が「100万円以上」と回答しています。

さらに、100万円以上の年収アップをした人のうち、7人に1人は400万円以上の年収アップを叶えています。

40代でも転職で年収アップは可能

35歳以上の転職では半数以上の人が年収アップを叶えており、その金額も大きいことが分かりました。

40代になると20代・30代と比較して既に高めの年収を得ているケースも多いですが、転職によって環境を変えることでさらに年収をアップすることは十分可能なのです。

40代は出世よりも転職で年収を上げる方が現実的

先ほど触れたように、多くの企業では20代・30代の頃よりも40代の方が年収が高くなっています。これは年功序列の賃金制度が導入されているためです。

しかし40代を超えると、大きく昇進をする人を除けば年収の上がり幅は徐々に小さくなっていきます。35歳以上の転職で半数以上の人が年収アップを叶えているというデータを見れば、現職で出世を狙うよりも、転職で年収を上げるほうが現実的な戦略といえるでしょう。

まとめ
    実際の転職者のデータから、40代の転職で年収をアップさせることは十分可能だと分かりました。

【コラム】在職中に転職活動をすればリスクなしで転職可能

鈴木

私の年齢でも、転職で収入をアップできる可能性があるんですね。やはり、一度別の企業にも挑戦してみようと思います!早速転職活動をしてみたいんですが、今の会社に迷惑をかけたくありません…。「辞める」可能性があることを伝えておいたほうが良いでしょうか?

鈴木

いいえ、まだ伝えなくて大丈夫です。転職先が確実に決まるまでは、今の会社で退職を申し出たり、早々に退職することは避けてください!
良い転職先が見つからなかったり、入社まで長めの期間があったり、というケースも考えられます。転職先が決まったらすぐに入社しなければならない訳ではありませんから、焦らずじっくり検討していきましょう。

今の会社を退職することなく、在職中に転職活動をしたほうが良い理由をお伝えします。

企業の採用担当者が重視するポイントの一つに「ブランクが無いこと」があります。社会に出て以降、家庭の事情や病気など、やむを得ない事情以外で空白期間があると「何か問題があるのではないか」と心配されてしまう可能性があります。

また、今の職場を退職してから転職活動をおこなう場合、転職活動期間の収入が無くなり、精神的にも余裕が無くなってしまうでしょう。焦った結果、しっかりと考えずに転職先を決めてしまう危険性もあります。

転職活動は在職中におこなうのがおすすめです。仮に良い転職先が見つからなかったり、転職先への入社日まで時間が空いてしまっても、「仕事が無い」という状況に陥るリスクは避けられます。

まとめ
    収入面でも気持ちの面でも、転職活動は在職中におこなうことがおすすめです。焦らずに行動していきましょう。

40代の転職で年収アップを叶えるためのコツ8選

鈴木

在職中に転職活動をしたほうが良いことが分かりました。つい先走ってしまいましたが、焦らず慎重に転職活動していきたいと思います。先ほど「40代の転職はスキルや経験を活かすと良い」とおっしゃっていましたが、40代の転職でほかにポイントはあるんでしょうか。

鈴木

40代の転職で年収アップを狙うなら、事前に知っておいていただきたい「コツ」がたくさんあります!希望の転職条件を叶えるためには、戦略的に転職活動をおこなっていきましょう。さっそくその「コツ」をご紹介していきます。

40代の転職で年収アップを叶えるために押さえておきたいコツを8つ、解説していきます。

コツ1 今まで培ってきたスキルをより活かせる転職先を探す

40代では、新卒や20代の頃と違い、今まで培ってきたスキル・経験を活かす転職が一般的です。企業側も「即戦力」として年次の高い人を採用する傾向にあります。

良い条件での転職を希望するなら、経験のある業界・業種に絞って転職先を探してみましょう。

コツ2 スキルや経験を武器に年収交渉をする

転職活動の際は企業側と転職者側の条件をすり合わせる「年収交渉」をおこないますが、40代ではスキルや経験を武器にして、自分が企業に貢献できることをアピールしましょう。

過去の業務経験から、転職後に貢献できる具体的な理由を伝え、企業側に「即戦力になりそうだ」と感じてもらいましょう。

コツ3 残業代がつくかどうかを確認する

転職を検討する際は様々なポイントで企業を選びますが、中でも多くの人が重視するポイントが「収入」でしょう。

「収入」と一言で言っても、その内訳は様々です。特に注意したいのが「残業代」で、元々の基本給に含まれているケースと、残業した分だけ別途残業代が出るケースによって、最終的に支払われる給与の差が大きく異なります。

年収交渉の際は、年収の内訳はどうなっているのか、残業代がつくかどうかを確認しておきましょう。

コツ4 手当などの福利厚生も含めて検討する

基本給や残業代のほか、手当や福利厚生も「収入」に大きく関連する項目ですので必ず確認しましょう。手当は基本給とは別で支払われる賃金のことで、扶養手当や家族手当、役職手当など、それぞれの条件に当てはまる人が受け取れます。そのため、手当がどう発生するかは人によって異なります。

福利厚生は家賃補助や健康診断など、社員の健康や安定した生活を支援するための制度です。例えば基本給で比較するとA社のほうが高いけれど、家賃補助をふくめると手元に残る額はB社のほうが多い、などというケースは多くあります。

コツ5 妥協できる条件・できない条件をはっきりさせておく

ここまでは主に「収入」について解説してきましたが、転職先を検討するにあたり、その他にも様々な項目があります。たとえば「通勤時間は1時間以内が良い」「転勤はしたくない」など、人によって希望は異なるでしょう。

しかし、条件を細かく挙げても全ての希望がかなう転職先を見つけることは難しいかもしれません。妥協できる条件と、絶対に譲れない条件をあらかじめはっきりさせておくことがおすすめです。

収入アップを最優先事項として希望する場合は、それ以外の点で妥協することも視野に入れましょう。

コツ6 マネジメントスキルをつけておく

40代の転職では今までのスキル・経験が武器になるとお伝えしましたが、企業側から多くの場合求められるのがマネジメントスキルです。

日本の企業では、年次の高い社員が役職に就き、年下の部下をマネジメントするケースが一般的です。そのため、40代で転職をすると入社後すぐにマネジメントのポジションを任されることも多くあり、この部分でも即戦力になれることが重要です。

コツ7 企業の規模を下げて管理職待遇で転職する

好待遇での転職を叶える方法の一つとして、「企業の規模を小さくする」のもおすすめです。業界トップの大手企業は先進的なノウハウを持っており、数々の成功体験を経験していることから、大手企業出身の社員は中小企業から歓迎される傾向にあります。企業の規模を小さくすることで管理職レベルでの待遇も期待できるでしょう。

コツ8 転職エージェントを活用する

40代からの転職は20代・30代と比べてスキルや経験を重視されることから、転職のハードルや自己PRの難易度も上がります。また、年齢が上がるにつれて求人数も少なくなる傾向にあります。

そのような状況でもしっかりと年収アップを狙っていきたい人は、転職エージェントを活用するのがおすすめです。プロの力を借りることで、想定以上の好待遇転職を叶えることができるかもしれません。

次のコラムでは転職エージェントがおすすめな理由を解説していきますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ
    40代の転職で収入アップを狙うなら、スキル・経験を活かすことや条件面の確認をしっかりしておくことが必要だと分かりました。これらを抜け漏れなくおこなうために、転職エージェントにサポートしてもらいましょう。

40代の転職で年収をアップするには転職エージェントがオススメな理由

鈴木

少しずつ転職活動のコツが分かってきました。転職活動で押さえるべきポイントはたくさんあるんですね。初めての転職ということもありますので、先ほどもおすすめがあった通りプロに力を借りてみたいと思います。転職エージェントって具体的にはどんなサポートをしてくれるんでしょうか?

鈴木

転職エージェントは、転職活動にまつわる全てのサポートを総合的におこなってくれます。イメージを膨らませるために、具体的なエージェントのサービス内容とメリットを見ていきましょう。

40代で年収をアップを狙うなら、転職エージェントがおすすめな理由を具体的にご紹介します。

理由1 強みやスキルに合った企業を紹介してくれるから

40代の転職では今まで培ってきたスキル・経験を活かす転職が一般的だとお伝えしてきましたが、いざ自分の強みを活かせる転職先を探そうと思うと、どうしたら良いか分からない人も多いかと思います。

転職エージェントは業界ごとの求人ニーズを詳しく把握しているため、転職市場においてあなたのどんな強みを活かせそうなのか、それに合った転職先はどこなのかということをプロの目線で紹介してくれます。

理由2 転職の雑務を代行してくれ選考に全力を注げるから

転職活動では、複数の企業にコンタクトを取ったり面接を調整したり、書類を確認したりと様々な雑務が発生します。在職中に転職活動をするのが好ましいとお伝えしましたが、転職活動を日々の仕事と両立するとかなり忙しくなってしまうでしょう。

転職エージェントは企業とのやりとりなどを含めて代行してくれるため、現職の仕事や選考に影響を与えることなく転職活動ができます。

理由3 職務経歴書や面接の添削で希望の企業の内定率が上がるから

転職の選考では、ほとんどのケースで職務経歴書による書類選考と、対面による面接選考があります。ここでいかに自分をアピールできるか、ということが選考結果につながりますが、多くの人が人生において転職活動をおこなうのは数回限りであり「自己PRに慣れている」人はほとんどいないでしょう。

転職エージェントに職務経歴書を添削してもらったり、面接の練習相手をしてもらったりと、プロにサポートしてもらうのがおすすめです。

理由4 年収交渉を代わりに行ってくれるから

先ほど、転職の際必ずおこなう「年収交渉」について触れました。年収はとても重要なポイントである一方、「高くして欲しい」という要望を企業に対して強く出しづらいかもしれません。

そんなとき、転職エージェントは代わりにあなたの強みをアピールし、年収交渉をおこなってくれます。プロを通すことで納得感のある内容へ着地できるでしょう。

まとめ
    転職エージェントは、プロの目線でのサポートや雑務の代行など、転職活動の負担を軽減し、成功可能性を高めてくれることが分かりました。

40代が転職で年収をアップするために使っておきたい転職サービス4選

鈴木

転職エージェントは想像以上にたくさんのサポートをしてくれるんですね。もう、転職エージェントに頼らない手はないですね!転職活動への不安も小さくなりそうです。早速問い合わせてみたいと思いますが、色々なサービスをCMや広告で目にしますよね。おすすめの転職エージェントはありますか?

鈴木

国内には転職エージェントが多くあります。求人の特徴やサービス内容など各社で異なりますので、「40代で年収をアップしたい人」に特におすすめしたい転職エージェントやサービスをご紹介しますね。ご自身に合いそうな転職エージェントに問い合わせてみてください。

年収をアップを希望する40代が、使っておきたい転職エージェント・サービスをご紹介します。

全ての人にオススメ「リクルートエージェント」


引用元:https://www.r-agent.com/
転職を検討している全ての人におすすめなのが、人材業界最大手のリクルートが運営する「リクルートエージェント」です。業界最大級の非公開求人を保持しており、多くの選択肢の中から最適な転職先を紹介してもらうことが期待できます。

豊富な支援実績が魅力「doda」


引用元:https://doda.jp/consultant/
リクルートエージェントと同じく、業界大手で求人数も多いのが「doda」です。スカウトのメールが他メディアと比べて多く、転職の幅が広がりやすいと言われています。転職活動を始めるなら、まずは登録しておきたい転職エージェントの一つです。

年収アップにこだわるなら「JACリクルートメント」


引用元:http://www.jac-recruitment.jp/
「JAC Recruitment」は30代~50代のハイクラス転職に力を入れている転職エージェントです。ハイクラス転職では、年収アップを叶えやすくなります。外資系企業や海外進出企業などへのグローバル転職や、業界大手企業への転職を視野に入れている人はチェックしておきましょう。

ヘッドハント機能が便利な「ビズリーチ」


引用元:https://www.bizreach.jp/
ビズリーチは、ここまでご紹介してきたような転職エージェントが、転職希望者に対してスカウトをおこなうプラットフォームです。ハイクラス転職に特化しており、大手企業や人気企業からのスカウトも多く、年収アップを期待できます。

「エージェントの選び方が分からない」という人は、ビズリーチでスカウトを受けるのもおすすめです。

まとめ
    40代で年収アップを狙うなら、多くの求人を持っている業界大手のエージェントや、ハイクラスに特化したサービスを利用しましょう。