50代の転職に資格は必要?50代の転職で活かしやすい資格12選

「50代 転職 資格」と調べている人は
『50代の転職において資格は有利になるのだろうか…』
『50代の転職ではどのような資格取得がおすすめなのだろうか…』
と悩みますよね。

鈴木

「50代の転職に成功」するために、資格で転職に有利となることは稀で、資格の多くはあなたのスキルを補足する程度に過ぎないことを理解することが大切です!

なぜなら、資格の効果を正確に理解し、資格に頼り過ぎずに転職準備を進めることで、「50代の転職に成功すること」が可能になるからです!


この記事では転職アドバイザーの目線から、「50代 転職 資格」に関するノウハウを全てお伝えします。

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

50代の転職に資格は必要?50代転職の実情や資格活用方法など

鈴木

50代で転職をする際に、資格は必要なのでしょうか?資格があれば有利になるという話も聞くのですが、実際はどうなんでしょうか?

鈴木

転職において資格は必須ではありません。資格があれば就職に必ずしも有利なわけではなく、あくまであなたのスキルや経験を裏付ける程度の効果です。以下で50代の転職事情も含め、詳しくご紹介します。

50代の転職事情や資格の活用方法をご紹介します。

50代でも転職できるの?50代転職の厳しい実態

50代であっても転職は可能です。但し、転職環境は非常に厳しいため、相応の準備が必要となります。50代の転職が難しいことを示す1つのデータとして、転職活動期間があります。30代の転職活動期間のボリュームゾーンは約3ヶ月であることに対して、50代のそれは約6ヶ月となっており、50代転職の厳しい現実を浮き彫りにしています。

平均は3.5%。50代男女の平均転職率

厚生労働省の労働力調査によると、2017年に50代で転職した人の割合は男性が3.1%、女性が3.6%で、男女平均3.5%となっています。一方で30代以下の男女の平均転職割合は約7%であることから、50代の転職市場が相対的に小さいことが分かります。ただし、母数は転職希望者ではありませんので、転職成功率が3.5%ということではなく、転職している人の割合であることにご注意ください。

関連性がある資格が重要。職種によっては資格が有利に働かないことも

資格の取得により転職に大きく有利になることはほぼありません。あくまで参考程度です。圧倒的な武器になる資格は、司法試験や公認会計士など、その資格だけで独立可能となるレベルの資格(いわゆる士業)で、一般的な転職に際しては資格よりもスキルや実績が重視されます。

ただし、「運転手となる場合の運転免許」といった、その職種に必須の資格はその有無が重要になりますのでご注意ください。
基本的に、資格を取得するのであれば、転職を希望する業界や職種、あなたのスキルに適した資格を選ぶようにしましょう。

まとめ
    資格によって転職に有利になることはほとんどありませんが、資格を取得する場合は業界や職種、あなたのスキル等に関連性のある資格を取得しましょう。

資格取得はあくまで補助。1番重要なのは専門性やマネジメント力

鈴木

資格はあくまで参考程度であることがよく分かりました。それでは、50代の転職において重要なものは何でしょうか?

鈴木

50代の転職において重要なのは、あなたの専門性(スキルと経験)とマネジメント能力です。以下で詳しくご紹介します。

50代の転職において最も重要なのは専門性とマネジメント能力です。資格はそれらを補足するものと考えましょう!

企業は50代の転職者に即戦力を求めています。よって、転職に成功するためには即戦力となる専門性(スキルや経験)と、マネジメント能力が必要になります。ひとくちに「即戦力」といっても当然企業によって求められる力は異なりますので、その精査が必要になりますが、資格はこれらの専門性やあなたの強みを補足する役割を持つこととなります。

まとめ
    50代の転職で最も重要なのは、専門性とマネジメント能力ですが、資格にはこれらの長所に客観性を持たせる効果があります。

50代で転職するための資格の選び方2つ

鈴木

資格の優先順位がよく理解できました。その位置付けを理解した上で、取得すべき資格を選ぶ際のポイントを教えてください。

鈴木

50代で転職する方の資格の選び方で最も重要なのは、転職を希望する業界や職種、自分の強みなどを補足する内容とお伝えしましたが、その他には、「広く浅く」ではなく「特定の分野で深く」取得できる資格を選ぶことです。以下で詳しくご紹介します。

50代で転職に成功するための資格の選び方2選!

その1:上級資格はキャリアップにも役立つ。今後積み重ねられる資格を選ぶ

資格を取得する際は、級やスコアなど上級レベルが存在する資格を選ぶようにしましょう。
他者と差別化しやすいことに加えて、勉強を積み重ねてハイスコアを獲得することで、キャリアアップにも役立ちます。

その2:長すぎるとNG。最長でも1年以内に取得できる資格を選ぶ

50代はその年齢から転職活動が厳しくなるために、資格取得に長い期間を割くことは得策ではありません。どれだけ長くても1年以内に取得できる資格を選ぶようにしましょう。そのため、これまで全く勉強していない資格の取得ではなく、自分の得意分野の中でふさわしい資格を取得することが理想的です。

50代の転職におすすめ。働きながらスキル・資格を身につけられる仕事3つ

鈴木

転職のために全く馴染みのない資格を取得することは得策ではないことがよく分かりました。例えば今後のキャリアアップのために、転職後に働きながら資格取得ができるケースもあるのでしょうか?

鈴木

働きながら資格取得支援をしてくれる会社はたくさんあります。例えば、先ほど例に挙げた運送業界でも、大型トラック運転免許の取得支援制度を設けている会社が多くあります。その他に、働きながら資格取得ができるおすすめの仕事をご紹介します。

働きながら資格が取れるおすすめの仕事を3つご紹介します!

その1:旅程管理主任者資格の取得をサポート。ツアーコンダクター

現在は新型コロナウイルス感染症の影響で一時的に需要が低くなっていますが、旅行業界においてツアーコンダクターが不足しています。旅行管理主任者資格とは、旅行会社が企画するツアーや団体旅行に同行する主任添乗員に取得が義務付けられている資格です。国内旅行限定で主任添乗員となれる「国内旅程管理主任者」と、海外も含めて主任添乗員となれる「総合旅程管理主任者」の2つの資格がありますが、これらの取得をサポートしている旅行会社がいくつもあります。

その2:資格取得やスキルアップを支援。人材派遣会社

人材派遣会社では、様々な資格取得やスキルアップを支援しており、資格取得にかかる費用の一部または全部を負担する会社が多くあります。資格取得やスキルアップによって、紹介される企業や職種も増えますので、転職希望者にとっても非常にメリットの高い支援制度と言えます。

その3:介護福祉士の資格取得をサポート。介護業界

少子高齢化社会において、介護福祉士は不足しており、介護業界では介護福祉士の資格取得をサポートしています。介護人材の不足は深刻で、国も補助金制度を整備しているほどです。
介護業界には、教材費や資格取得の受験料まで全額負担をする法人が多くあります。

まとめ
    働きながら資格を取得でいる業界として、旅行・人材派遣・介護をご紹介しました。ぜひ、支援制度を詳しく調べてキャリアアップに繋げてください。

ホワイトカラー求人にこだわるなら。難関資格の取得がおすすめ

鈴木

働きながら資格が取得できる業界についてよく理解できました。ホワイトカラーと呼ばれている「スーツ姿でオフィスで仕事をする」ような職種を想定している場合は、どのような資格が必要でしょうか?

鈴木

ホワイトカラーといっても様々な職種がありますので、一概に転職に有利となる資格はありませんが、難易度の高い資格を保有している場合は有利になるケースもあります。以下で詳しくご紹介します。

ホワイトカラーの転職を目指すのであれば、難関と言われる資格の取得が有利なります!

ホワイトカラーへの転職において、資格はあくまでも参考程度であることはご紹介しましたが、その資格が転職先の業界や職種、あなたのスキルに繋がっている場合は有利に働きます。例えば、経理の仕事を志望していて、簿記1級を取得していた場合は多くの企業で有利に働きますし、公認会計士を保有していれば、キャリアアップ転職も視野にいれることができます。

このように、50代の転職において重要視される即戦力性に関連のある資格で、かつその資格が難関であれば転職に有利となります。

まとめ
    ホワイトカラーの転職には、求められる即戦力に繋がる難関資格の取得がおすすめです。

50代の転職におすすめ。経験にプラスして活かせる資格4つ

鈴木

ホワイトカラーで求められる資格やその考え方についてよく理解できました。資格は各業界や職種で求められる即戦力や経験に関連した内容とのことですが、具体例を教えていただけないでしょうか。

鈴木

各業界や職種でどのような資格が求められているか、50代におすすめの資格をいくつかピックアップしてご紹介します。

50代の転職におすすめする、スキルや経験を補足する資格4選をご紹介します!

その1:保険・金融業界で重宝。ファイナンシャルプランナー

保険金融業界への転職を目指す場合は、ファイナンシャルプランナーの取得がおすすめです。ファイナンシャルプランナーとは、その名の通り、家庭のお金にまつわることを中心に、金融、税制、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度などの知識を備え、ライフプランの策定において金銭的な面からアドバイス・サポートする専門家です。保険や金融業界において、まさに求められる知識となります。

その2:幅広い業界で重宝。中企業診断士

中小企業診断士とは、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します。よって、企業経営のプロフェッショナルと言え、業界問わず重宝される資格です。しかしその難易度は高く、合格率は7%ほどというデータもあるので、難関資格といえるでしょう。

その3:人事や労務のエキスパート。社会保険労務士

社会保険労務士は、社会保険労務士法に基づいた国家資格者です。社会保険労務士は人材に関する専門家であり、その資格は「労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資すること」を目的としています。よって、企業における採用から退職までの「労働・社会保険に関する諸問題」や「年金の相談」に応じるなど、業務の内容は広範囲にわたりますが、人事や労務のエキスパートとして重宝される資格です。

その4:経理部門の転職なら。簿記1級

経理部門への転職において、簿記は重宝されます。その中でも簿記1級は非常に難易度が高く、同資格の保有者は、経営管理や財務分析のスキルを非常に高いレベルで持ち合わせている、「会計のスペシャリスト」と言われています。その取得難易度は高く、簿記2級レベルに合格している受験者の中で、1級の合格率は10%ほどと言われております。

まとめ
    各業界や職種に求められる、50代の転職におすすめする資格をご紹介しました。中小企業診断士や社会保険労務士、簿記1級などは企業に重宝されますが、取得難易度は非常に高くなります。

50代の転職におすすめ。未経験職への転職に活かせる資格8つ

鈴木

難易度の高い資格が並び驚きましたが、スキルや経験に加えて活かせる資格についてよく理解することができました。一方で、未経験職への転職の際に活かせる資格はありますか?

鈴木

50代での未経験職への転職は非常に難しいのですが、未経験職で活かせる資格はありますので、いくつかご紹介します。

50代での未経験職種への転職の際に活かせる資格を8つご紹介します。

その1:マンション管理人に。管理業務主任者

マンションの管理人への転職を目指すのであれば、管理業務主任者の取得がおすすめです。管理業務主任者は、マンションを適切に管理するための国家資格のひとつであり、マンションの委託契約に関する重要事項や管理事務の報告を行うため必要となり、マンション管理業を営む際にはその設置が義務付けられています。決して難易度が高い資格ではありませんが、マンションの管理人になる際は必須の資格となります。

その2:タクシー運転手に。普通自動車二種免許

タクシー運転手を目指す場合は、普通自動車第二種免許が必要となります。第二種免許とは、一般的な運転免許(第一種免許)と異なり、旅客自動車(お客様を乗せる車)を運転する場合に必要となる免許です。教習所に通い免許を取得する場合は、約20万円ほどの費用が必要となり、取得所要期間は10日ほどとなります。

その3:トラックやバスの運転手に。普通自動車第一種免許・大型免許

トラックやバスの運転手を目指す際は、第一種免許や大型免許の資格取得をおすすめします。
第一種免許は多くの方がすでに持っていると思いますが、大型免許を取得するために教習所に通った際の費用相場は、現在取得している免許によって変わります。

例えば、普通免許(MT)を持っている場合は約35万円、中型自動車免許(8トン限定)を持っている場合は約30万円です。取得期間は、普通免許(MT)を持っている場合で最短2週間ほどとなります。

その4:警備員になるなら。警備業務検定

警備業務検定も国家資格です。警備員と一口にいっても、様々な警備があり、警備業務検定は全部で6種類の資格があります(施設警備業務、交通誘導警備業務、雑踏警備業務、貴重品運搬警備業務、核燃料物質等危険物運搬警備業務、空港保安警備業務)。さらに、それぞれの資格に1級と2級がありますので、まずは2級の取得を目指すことをおすすめします。

その5:ガソリンスタンドの監視員に。危険物取扱者の乙4(可燃性液体)

ガソリンスタンドの監視員への転職を考えている場合は、危険物取扱者の乙4がおすすめです。
正式名称は、「乙種第4類危険物取扱者」で、こちらも国家資格となります。 この資格を取れば、消防法で第4類危険物に指定されている引火性液体を扱うことができるようになり、具体的には、ガソリンや灯油、軽油、重油などが含まれています。

その6:介護業界に入るなら。介護職員初任者研修

介護業界を目指す場合は、介護職員初任者研修をおすすめします。こちらは研修終了後に試験を受けて取得できる資格ですが、試験はそれほど難しくありません。介護の仕事は料理や洗濯などの「生活援助」と、利用者さんの日常生活(食事や入浴など)を支援する「身体介護」の2つに分かれます。このうち、「身体介護」は、必ず介護の資格を保有している必要があります。

介護の資格はいくつも種類があり、難易度の高い国家資格もありますが、介護職員初任者研修は3カ月程度で取得が可能な、最も取得しやすい資格といえます。

その7:保育園や幼稚園など。保育士

保育士を目指す場合は、「保育士資格」を取るようにしましょう。「保育士資格」とは国家資格で、児童福祉法第18条には、「保育士とは、第18条の18第1項の登録を受け、保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者をいう。」と定められています。

保育所は厚生労働省管轄ですが、幼稚園の場合は文部科学省の管轄となるため、幼稚園への転職の場合は保育士ではなく、「教諭」の資格が必要になる点に注意が必要です。

その8:人手不足の物流業界。フォークリフト運転免許

物流業界への転職を考えている場合は、フォークリフト運転免許をおすすめします。
各物流拠点で商品の仕分けや入出庫作業を含む、倉庫管理業務の仕事に従事する場合は、フォークリフトの免許を持っていると仕事の幅が広がり、様々な仕事に対応することができます。

【大見出しのポイントまとめ】
50代で未経験職種へ転職に際しておすすめする資格は、それぞれの職種に必要なスキルと直接結びついているため、転職希望職種で求められているスキルや能力をしっかり確認することが重要です。

適宜編集コメント
共感の内容がメイン

客観性も重要。転職エージェントに相談する

鈴木

50代の転職において、資格は業界や職種に求められるスキルに沿ったものを選ぶことが重要と分かりました。まずは、自分のスキルや経験の棚卸しが第一かと思いますが、自分だけで棚卸しできるか不安です。

鈴木

転職においては客観性も非常に重要になります。ただ、現職の同僚や上司に相談するわけにもいかないですよね。そこで、転職エージェントの活用をおすすめします。

50代の転職は、転職エージェントへの相談によって客観性が担保され、転職の成功確率を高めることができます!

転職エージェントは求人情報を抱えているだけでなく、たくさんの転職ノウハウも蓄積している、いわば「転職におけるプロフェッショナル」です。転職活動では、どのような業界に転職するか、どの企業を選ぶか、年収等の条件に加えて、自分のスキルや経験をどのように棚卸しするか、何を武器に選考に挑むか、など、たくさんの「選択」を迫られます。

その選択1つ1つに最も重要なのは自分の意思ですが、そこに第三者の客観性を加える(第三者の批判に耐えうる)ことで、その選択が強固でより正しい判断となる可能性が高まります。その第三者のチェックを転職のプロである転職エージェントに任せることで、転職成功の可能性は飛躍的に高くなるのです。

まとめ
    50代の転職において転職エージェントへの相談は必須です。転職エージェントに客観性を確認してもらいましょう。

50代の転職におすすめの転職エージェント3選

鈴木

転職エージェントへの相談は必須ですね!さっそく転職エージェントに相談したいと思いますが、おすすめはありますでしょうか。

鈴木

転職エージェントはそれぞれ強みや特徴がありますので、50代の転職におすすめのエージェントをいくつかご紹介いたします。

50代の転職におすすめのエージェントを3つご紹介します!

ハイクラス向け求人なら|ビズリーチ


引用元:https://www.bizreach.jp/
「ビズリーチ」はテレビCMでもお馴染みですが、ミドルシニア層といわれる管理職クラスの転職に強みを持っています。高収入の案件が多く、収入アップを目指す方にはおすすめのエージェントです。会社は急成長しており、多くの案件を抱えていますので、収入アップが必須でない方にとっても登録をおすす
めするエージェントです。

約25%の利用者は45歳以上|JACリクルートメント


引用元:http://www.jac-recruitment.jp/
JACリクルートメントは求人数は多くありませんが、その代わりにハイクラス求人に特化したエージェントで、外資系や日系のグローバル企業に強みを持っています。特に海外での求人には圧倒的な強さを誇ります。さらにキャリアコンサルタントの在籍者数も業界トップクラスであり、手厚く丁寧な対応が好評です。利用者の約25%は45歳以上なので、50代の転職で年収アップを目指していたり、外資系企業も転職先候補の方にはおすすめのエージェントと言えます。

キャリアなしでも面接OK|Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは決して大手の転職エージェントではありませんが、外資系と内資のグローバル企業に強みをもつ転職エージェントです。キャリアアドバイザーが、企業側と転職希望者側の両方を担当している特徴あり、キャリアアドバイザーの情報の鮮度と質に定評があります。その他に「キャリアがなく、紹介できる求人がなくても面接を断らない」という方針が他の転職エージェントと大きく異なる点として挙げられます。

まとめ
    転職エージェントはそれぞれに強みがありますので、その強みを理解した上で複数のエージェントに登録することが重要です。

鈴木

いかがでしたでしょうか。「50代 転職 資格」について、転職活動における資格の位置付けや、50代におすすめの資格を職種等に紐づけてご紹介しました。

鈴木

50代の転職には資格取得が必須だと考えておりましたが、まずは自分のスキルや経験の棚卸しが重要であることが分かりました。資格取得に際しては、転職希望先に需要がある資格を見極めて、時間をかけすぎずに取得したいと思います。

鈴木

資格に頼り過ぎない転職準備を心がけることが重要ですね。転職活動がうまくいくように願っております。頑張ってください!