転職するなら事前準備をしっかりと!転職の流れと事前準備の進め方お役立ちガイド

転職準備」について調べている人は
『転職を考えているけれど、どんな準備をすれば良いか分からない…』
『準備を進めているものの、これで大丈夫なのか自信が無い…』
と悩んでいるかもしれません。

鈴木

転職活動では、いかに「事前準備」を入念におこなえるかが鍵になります!転職活動は時には想定通りにならないこともありますが、事前に方向性を定めておくことで、ブレない判断ができます。

反対に、事前準備を怠るとまわりに流されてしまい、良い転職ができない可能性もあります。その場その場で判断してしまうことで、結果的に納得できない転職になってしまうかもしれません。

そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「転職の事前準備」に関するノウハウを全てお伝えします。自信の無い人も安心できる転職エージェントの賢い利用方法もご紹介していきますので、チェックしてみてください。

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

転職する時には、事前準備が大切って本当?転職活動の流れとは?

鈴木

ホテル会社へ新卒入社し8年ほどホテルマンをしています。先日ちょうど30歳になったこともあって、今後の自分について考え、もっと別の仕事をしてみたくて転職を検討し始めました。なんとなく「ビジネスをしてみたいな」という憧れはあるんですが、まだ求人は見ていません。

鈴木

初めての転職を検討されているんですね。30歳を一つの区切りとして今後のキャリアについて考える方は多くいらっしゃいます。
これから求人を探し始めるご予定かと思いますが、実は求人を探す前に事前に準備したほうが良いことがたくさんあります。まずは転職活動の流れを見ていきましょう!

転職活動でなぜ事前準備が必要なのか、一般的な流れと併せて解説します。

転職活動で事前準備が重要な理由と、転職活動の流れ

転職活動では様々な企業に出会い、その魅力を感じたり、反対に妥協しなければならない点が出てきたりします。指針を事前に決めておくことでブレない選択ができるため、事前にキャリアプランや転職軸を明確にする準備をしておくことが重要です。

また、事前準備をしておくことで面接の際に自分を明確にアピールでき、転職の成功可能性が高まります。

転職活動は、以下のような流れでおこないます。
    • ・事前準備

 

    • ・履歴書、職務経歴書の作成

 

    • ・求人を探す

 

    • ・面接

 

    • ・内定

 

    ・退職手続き

まずは事前準備からスタートしていきましょう。

転職活動には3〜6ヶ月かかるのが一般的

上でご紹介したように、転職活動は事前準備から始まり、様々な工程を踏んでおこないます。そのため、一般的には開始から終了まで3~6ヶ月かかると言われています。

個人差はありますが、余裕を持って半年程度かかると考え、少しでも転職を考えた段階で早めに準備をしておくことがおすすめです。ここからは、転職活動の流れを具体的に見ていきましょう。

【1】事前準備

転職を思い立ったら、すぐに求人探しを始めるのではなく事前準備を入念におこなっていきましょう。希望条件を満たす企業への転職を成功させるには、自己分析や企業・業界研究、スケジューリングが大切です。

この事前準備にはどのようなものがあり、どう進めたら良いのか、記事の後半で詳しく解説していきます。

【2】履歴書・職務経歴書の作成

事前準備ができたら、就職活動の第一の門である書類選考を通過するために履歴書・職務経歴書の作成をおこないましょう。

面接と違い、履歴書・職務経歴書はその場で説明の補足ができないため、伝えたい事を明確に示す必要があります。実績をアピールする際には具体的な数字でその規模を示すなど、あなたの魅力が最大限伝わる内容にしましょう。

【関連記事】

履歴書と職務経歴書の基本と、内定につながる作成のポイント!

【3】求人を探す

書類の準備ができたら、いよいよ転職先を探します。昨今では転職サイトや求人誌、転職エージェントを利用するのが一般的です。

事前準備で整理した転職の目的と、キャリアプランに沿って求人を見ていきましょう。

【4】面接

応募した求人で書類選考が通ったら、面接を受けることになります。面接の一般的な内容には、あなたの人となりやスキル・経験の深堀、志望動機の確認などがあります。「一緒に働きたい」と思ってもらえるような自己アピールをしていきましょう。

【5】内定

面接に合格できたら、無事に内定をもらいます。企業から内定通知をもらったら、入社するかどうかを期限内に決断しましょう。複数の企業を受けている場合、事前にスケジュールを伝えておきましょう。

【関連記事】

転職活動で内定が出てからの流れとは?入社までにすべきことと、必要な書類まるわかりガイド!

【6】退職手続き

内定をもらった企業への入社が決まったら、現職の退職手続きをおこないます。退職の申し出のタイミングについては「〇ヶ月前までに申告すること」など会社の就業規則で定められているケースもありますので、事前に確認しておきましょう。

【関連記事】

退職手続きガイド!退職手続きの基本的な流れと、退職が決まったらするべきこと

【コラム】転職準備期間に資格取得はするべき?

転職期間中に余裕があれば、資格取得をしておくのもおすすめです。

転職活動ではそれまでのスキル・経験が重視されますが、特にスキルを明確にアピールしやすいのが「資格」です。

希望する企業には少しスキルが足り無さそうだという人や、自信になるスキルが無いという人は資格取得することで転職の成功可能性をアップさせましょう。

まとめ
    転職を少しでも考え始めたら、始めに準備を始めるのがおすすめです。資格取得などのスキルアップ自己分析など、転職成功に向けて動き出しましょう。

転職準備に手を抜くと、どんな問題が起こる?

鈴木

求人を探してそのまま応募しようと思っていましたが、事前準備をきちんとしたほうが良いんですね。確かに、今後のキャリアに大きく関わってくるんだから、気軽に決めてしまったら危ないですね…。

鈴木

おっしゃる通り、転職活動は手順を踏んでしっかり準備しておく必要があります。しかしなぜここまで事前準備の大切さをお伝えしているか、疑問に思う人もいらっしゃるかもしれません。もし手を抜いた場合、どんな危険性が潜んでいるのかを見ていきましょう。

転職活動の事前準備を怠ってしまうと、どんな問題があるのかを解説していきます。

焦って転職しようとして、妥協してしまう

転職活動をしていると、ケースによっては自分の希望とマッチする企業が見つからないことや、早めの決断を迫られるシーンもあるかもしれません。事前に転職活動で大切にしたい軸を決めておかないと、焦って妥協してしまい、結局転職をした意味がなくなってしまう…という危険性があります。

業界・企業研究が不十分で、転職先に納得できない

業界・企業研究を事前しておかないと、せっかく転職先が決まっても「思っていたイメージと違った」と後悔するかもしれません。入社が決定した後にモチベーションが下がりそのまま入社してしまうと、自分にとっても企業にとってもメリットが無い転職になってしまいます。

事前準備が不十分だと、転職活動が長期化する危険性も

事前準備の一つとしてスケジュールを立てることをお伝えしました。実際に転職活動をすると、様々な企業の魅力に触れて選びきれなかったり、反対に良い企業が見つからずなかなか前に進まなかったりする場合もあります。

なんとなく転職活動を進めてしまうとダラダラと長引いてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

【コラム】転職準備の失敗談が知りたい!

Aさんは子どもとの時間を作るため、ワークライフバランスに悩んで転職を決意し、同業界の求人を探していました。

複数の企業の採用担当者の話を聞いていると、年収が魅力的な企業が多く、かなり話が盛り上がりました。その勢いで、内定をもらったうち最も年収の高い企業に入社を決めました。

しかし、その企業は残業が多く土日に出勤することもあり、結局前職以上にプライベートの時間を確保できなくなってしまったのです。

事前に企業のワークライフバランスについてリサーチしておかなかったことで、元々の転職の目的を果たせない結果になってしまいました。

まとめ
    事前準備の大切さをお分かりいただけたかと思います。現状を良くするために転職したのに、もっと状況が悪化してしまった…という結果にならないよう注意しましょう。

転職準備を始めるのは在職中?退職してから?いつ始めるのが正解?

鈴木

事前準備の大切さ、よくわかりました。もしあのまますぐ転職活動してしまっていたら、なあなあに転職先を決めてしまっていたかもしれません…危なかったです!
事前準備を徐々に始めようと思いますが、今の仕事をいつまで続けるかも決めなくちゃですよね。

鈴木

今の仕事については、転職の予定がたつまでそのまま続けるのがおすすめです。良い転職先が見つかりそうだからとか、今の職場が嫌だからという理由ですぐに退職してしまうのは避けてください。その理由について具体的にお話しておきますね。

転職準備を開始する時期についてお伝えします。

転職活動の準備は、在職中に始めるのがおすすめ

先ほど、転職活動は一般的に3~6ヶ月かかるとお話したように、転職活動を始めてもすぐに内定先が決まるわけではありません。さらに、内定先が決まっても入社時期は数か月先になるなど、企業側の都合によっても左右されます。

現職に不満があったりすぐに退職したいと考えていたりしても、すぐに退職することは避け、現職のまま転職活動を始めましょう。

退職後に転職活動を始めるデメリット

退職後に転職活動を始めると、想定より転職活動が長引いた場合、金銭的・精神的に余裕が無くなってしまうというデメリットがあります。

焦った結果妥協してしまい、転職が失敗に終わってしまう可能性も否定できません。

転職活動はスケジュール管理が成功のカギを握る

ここまで解説してきたように、転職活動は計画的におこなうことがポイントです。勢いで現職を退職したり転職先を決定したりすることなく、目的に向かって冷静に判断・行動していきましょう。

スケジュール管理をきちんとしておくことが計画的な転職活動をおこなう成功のカギとなります。

今すぐ転職しない人も、転職が気になったら事前準備を始めておこう

転職活動には半年以上かかるケースも多々ありますので、早めに準備するに越したことはありません。元々あまり転職を本気で考えていなくても、実際の求人を目にして「転職をしたい」と考えが変わる可能性もあります。

転職が少しでも気になったら、ここまで解説してきたような事前準備を始めておくのがおすすめです。

【コラム】年代別!20代・30代の転職準備に特徴はある?

ここまで事前準備の大切さを解説してきましたが、20代・30代の人に特におこなっておきたい事前準備があります。それは、「自己分析」です。20代・30代は40代・50代と比べてキャリアが短く、キャリアプランが明確になっていないという人や、いまいち自分の強みを把握できていないという人もいるでしょう。

これまで社会人として仕事をしてきた中で、改めてキャリアについての希望や強み・弱みなど自分の特徴に向き合ってみましょう。あらかじめ自己分析ができていると、志望動機や自己PRなどの内容を固めやすくなります。

まとめ
    転職準備は在職中から始めましょう。すぐに転職したいという人も、転職先が確定するまでは退職しないことが大切です。

簡単4ステップ!転職を成功させるための事前準備とは?

鈴木

在職中に転職準備をしたほうが良いんですね。たしかに今辞めてしまったら無職期間ができてしまうかもしれません。転職の方向性がある程度見えてから今の職場の上司に話すようにします。早速今週末から転職準備をしてみたいと思いますが、具体的に何をしたら良いでしょうか?

鈴木

それでは、ここからは事前準備を4つのステップに分けてご説明していきますね。1つずつチェックしながら進めていきましょう。
考えを整理するために、ステップに沿ってノートなどに書き出してみるのがおすすめです。

転職を成功させるための事前準備について、4ステップに分けてご説明します。

【ステップ1】キャリアの洗い出し・自己分析をする

まず始めに、自分自身のキャリアについて考えてみましょう。

ポテンシャルをアピールする新卒の就職活動とは違い、中途での転職活動ではこれまでどのようなキャリアを歩んできて、その中で何を身に付けたのか、ということがポイントになります。

仕事を通して見つけた自身の強み・弱みも把握しておきましょう。

【ステップ2】キャリアビジョンを明確にする

転職活動では、志望先に対する単純な志望動機にとどまらず「これから先どんなキャリアを歩んでいきたいか」という広い視野で考えることが必要です。

仕事に関することだけでなく、人生プランから考えてみるのがおすすめです。キャリアビジョンを明確に描くと、自ずと次のキャリアも明確になり、スムーズに転職活動ができます。

【ステップ3】転職で叶えたい条件の優先順位をつける

転職活動をしていると、魅力的な企業をたくさん見つけてなかなか決断できなかったり、反対に妥協が必要になったりする場面があります。

その際冷静に判断ができるよう、転職で叶えたい条件に優先順位をつけておきましょう。「そもそもなぜ転職をしたいと思ったのか」という根本的な目的を整理すると、転職活動で優先したい条件が明確になるはずです。

【ステップ4】業界・企業研究をする

先ほど、業界・企業研究の手を抜くと納得した転職ができない可能性があるとお話しました。買い物をするとき、その商品について理解していないと選べないのと同じように、転職活動においても企業・業界の知識がないと適切な判断ができません。

収入や勤務制度など転職の条件だけではなく、事業内容や業績、組織文化も把握したうえで転職活動に挑みましょう。

転職の事前準備期間に、転職活動の方向性を定めよう

ここまで転職活動の「事前準備」の大切さについてお伝えしてきました。なんとなく求人を探し始めてしまうと、いつの間にか自分を見失い、納得できない結果に終わりかねません。

事前準備期間をきちんと取り、方向性を定めてから転職活動をおこなうことで、自分の軸をぶらさず意思決定をしていきましょう。

【コラム】転職準備のチェックリストを作ろう!

転職の前にやるべき事前準備はたくさんあります。ここでお話した内容をもとに、転職準備のチェックリストを作成しておくと抜け漏れなく準備ができます。

ここまでご紹介してきた全員に共通するのは、以下の内容です。

・スケジュールを決める
・キャリアの洗い出し・自己分析をする
・キャリアビジョンを明確にする
・条件の優先順位をつける
・業界・企業研究をする

上記に加え、たとえば社会人歴の浅い20代の人であれば「先輩に話を聞きに行く」など、自分に必要な項目を追加してみてください。

まとめ
    キャリアの整理や企業研究など、求人を探す前に準備すべきことは多くあります。自分にとって必要な準備は何か考えてみましょう。

転職準備には、転職エージェントの活用がおすすめ!賢い転職エージェントの使い方

鈴木

正直「求人から良さそうなものを探せばいいか」と思っていたので、企業や業界研究は全然できていませんでした。方向性をきちんと決めてから求人を探したいと思います。ただ、やるべきことは分かったんですが、初めての転職ということもあっていまいちどう進めていいのか分かりません…。

鈴木

確かに転職準備はやることがたくさんあって大変ですよね。初めての転職ならなおさらです。しかし、強力なサポーターを味方につける方法があるんです。それは、転職のプロであるエージェントを利用することです!その理由や賢い使い方を解説していきますね!

転職準備でエージェントを利用するメリットについて解説します。

転職エージェントは無料で利用できる

これから転職エージェントを利用するメリットをご紹介していきますが、まず注目したいのが、転職者側は無料で利用できるということです。

これは、求人を出す企業側が費用を支払うサービスモデルなためです。無料で手厚いサポートを受けられますので、転職を検討している人は転職エージェントを利用して損はありません。

転職の全てのステップで手厚いサポートをしてもらえる

転職エージェントは、この記事で解説してきた「事前準備」からサポートしてくれます。キャリアのたなおろしや転職の目的の整理など、自分ではなかなか難しいという人はプロの手を借りるのがおすすめです。

また、それを元に最適な転職先の提案をしてくれ、企業との細かいやりとりの代行から履歴書・職務経歴書の添削、面接のアドバイスなどを受けることも可能です。転職における全てのステップで手厚いサポートを受けることができます。

ひとりで悩むのは厳禁!転職エージェントなら、あなたの疑問と悩みを解決してくれる

転職活動をしていると、様々な場面で疑問や悩みが出てくると思います。多くの場合、人生で転職をする回数は多くても数回程度だと思いますので「転職活動に慣れている」という人はなかなかいないでしょう。

慣れない転職活動を無理に一人で進めようとせず、賢くプロに頼り解決してもらうことをおすすめします。

【コラム】転職準備なら、転職エージェントにおまかせ!

転職エージェントを利用する際は、求人を紹介してもらうだけでなく、特に重要で悩むことも多い「事前準備」からサポートを受けることがおすすめです。

ここまで事前準備についてご紹介してきましたが、「なかなか自分一人では整理できない」「スケジュールが思い通りに進まない」という人もいるかと思います。

事前準備の段階から転職エージェントに相談することで、転職活動を良い形でスタートさせましょう。

まとめ
    転職をする際は、事前準備から面接のサポートまでを無料で受けられる転職エージェントの活用がおすすめです。

転職の流れと必要な事前準備を把握して、転職活動を成功させよう!

鈴木

ここまで、転職の流れと事前準備の進め方について解説してきました。転職活動における事前準備の大切さをお分かりいただけたでしょうか?

鈴木

はい、なんとなく転職活動を始めてしまわなくて本当によかったです!転職エージェントのサポートを受けながら、教えていただいたステップに沿って事前準備をしてみたいと思います。

鈴木

事前準備さえきちんとできれば、転職の成功可能性はぐんと上がります。次の転職先で活き活きと働くためにも、時間使って準備を進めましょう。
良い転職ができることを応援しています。頑張ってください!