40代の転職で魅力的な志望動機を作成するには?ケース別例文6選

「40代の転職 志望動機」などと調べている人は、40代の転職活動において『どのように志望動機を作成すれば良いだろうか?』『これまでの経験をどのようにアピールすれば良いか分からない…』と悩んでいるかもしれません。

鈴木

この記事では、転職アドバイザーの目線から「40代の転職における志望動機の書き方」に関するノウハウを全てお伝えします。
ケース別の例文も業界や職種の経験・未経験で分けて紹介していきますので、参考にしてみてください。

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

40代の転職で企業が重視する志望動機のポイント4選

鈴木

これまで新卒からずっと同じ一社に勤め続けてきました。仕事は楽しいのですが、成長を求めて別の職種へ新たな挑戦をしたいと思い立ち、転職活動をおこなっています。

転職活動をしているとエントリーシートや面接で「志望動機」を聞かれることが多いですよね。新卒のときと同じように答えれば良いのでしょうか?

鈴木

転職活動での「志望動機」は、選考においてとても重要な役割を担っています。あなたの実績やスキル、考え方や将来性など様々なアピールをすることができる場です。

ただし、重要であるゆえに念入りに内容を考えておく必要があります。40代の転職では、新卒や20代・30代とは違った視点で志望動機を作成する必要があります。

まずは企業が40代の転職者に対してどのような点を重視するのか見ていきましょう。

40代の転職で志望動機を伝える際、企業が特に重視するポイントを4つ見ていきます。

ポイント1 他の年代よりも今までのキャリアやスキルが重視される

日系企業では年功序列の賃金制度を取り入れている企業が多く、年齢が高くなればなるほど年収も高くなる傾向にあります。実際にまわりの先輩のほうが自分より収入が高く、後輩のほうが低いという人がほとんどだと思います。

40代の転職では、企業側にとって支払う金額が大きい分、転職者側もそれに見合うパフォーマンスを出すことが必要です。

また、入社後役職について部下を持つケースも多いため、部下を教育できるだけのキャリアやスキルを持っていることが期待されます。

ポイント2 志望動機に具体性があるかどうか

新卒の学生や20代の若手社会人の中にはまだキャリアプランが定まっておらず「これから考えていきたい」というフェーズにある人もいるでしょう。

しかし、40代になるとキャリアプランをある程度描いていることはもちろん、強み・弱みを把握し、これに基づいた転職活動をおこなっていることが大前提であると期待されます。

「別の業界に挑戦するのも良いと思ったから」「楽しそうだと感じたから」など抽象的・曖昧な志望動機で印象が悪を悪くしてしまわないよう注意が必要です。

ポイント3 キャリアやスキルが即戦力につながるかどうか

一般的に、新卒社員は入社後数か月から1年ほどかけてじっくりと研修を受けます。社会人として基本のビジネスマナーを教わるところから始まり、自社や業界の理解を深め、実際の業務へ移行する際も先輩社員の手厚いフォローがあります。

一方、「40代でも一から手取り足取り教えます」という企業は大変少ないのが現状です。未経験者を歓迎している企業もありますが、ほとんどの場合何かしらのスキルを求められると考えた方が良いでしょう。

40代の転職では、入社後すぐにこれまでの経験で得たキャリアやスキルを活かした即戦力としての活躍が求められます。

ポイント4 テンプレートではなく自分の言葉で説明しているかどうか

転職活動では、エントリーシートや面接において「志望動機」の説明や「自己PR」を求められますが、テンプレートに沿って話していると思われてしまわないように注意が必要です。

採用担当者は日々たくさんの人の志望動機や自己PRを聞いているため、自分の言葉ではなく受け売りの知識・言葉であることはすぐに分かってしまいます。

この記事でものちほど志望動機の例をご紹介していきますが、テンプレートをそのまま使うのではなく、自分の言葉で説明できるように準備をしておきましょう。

まとめ
    20代・30代の若手と比べて、これまでのキャリアやスキルが重視されることが分かりました。また、具体性を持たせることや、自分の言葉で説明することなど、40代ではより中身のある志望動機が求められます。

40代の転職で魅力的な志望動機を作成するための4ステップ

鈴木

人生で初めて転職に挑戦しますが、新卒の頃とは違ったポイントが見られているんだということが分かりました。40代ならではの強みや注意点があるんですね。

ポイントは理解できましたが、いざ志望動機を書こうとすると上手く筆が進みません。志望動機を作成するうえで、何かコツはありますか?

鈴木

志望動機を作成するコツは、ステップを踏んで順番に作成していくことです。思ったことをそのまま書き出すのではなく、まずは情報を整理していきましょう。

情報が整理できたら、最後に自分の言葉で文章にまとめるという流れがおすすめですよ。

40代の転職で、魅力的な志望動機を作成するために実践したい4つのステップを順番にご紹介します。

ステップ1 今までの経歴と得たスキルを説明

志望動機を作成する際、まず初めにやるべきことはスキルの整理です。

先ほど40代の転職で重視されるポイントとしてキャリアやスキルを挙げましたが、多くの場合中途採用ではスキル・経験が最低条件として設定されています。この部分で選考の合否の半分が決まると言っても過言ではありません。

今までの経験と、それに伴って得たスキルを整理していきましょう。複数の企業や仕事を経験している場合はそれぞれに分けて書き出します。マネジメント経験があればなお有利な条件として提示することができます。

ステップ2 前向きな転職理由と転職によって解消されるわけを説明

元いた職場を退職すると決め転職活動をしているということは、多くの人が本音ではマイナスな転職理由を持っていることと思います。

「人間関係がうまくいかなかったから」「労働環境が良くなかったから」などマイナスな状況を改善するために転職活動をすることがほとんどだからです。

しかし、転職活動では前向きな転職理由を伝えるようにしましょう。決して嘘をつくのが良いという訳ではなく、聞き手への見せ方としてポジティブな内容のほうが好ましいということです。

また、その理由をなぜ転職によって解消できるのか、理論的に説明できると良いでしょう。

ステップ3 応募先企業を選んだ理由を根拠と共に説明

転職活動で自分をアピールする際は「なぜあなたの会社に入りたいか」を明確に伝えることが必要です。転職理由とリンクさせながら入社したい理由を説明しましょう。

根拠として企業の情報をきちんと提示することで「しっかり下調べしてきているのだな」と良い印象を持ってもらうことも期待できます。

反対に、どこの企業に対しても言えてしまう内容だと「会社の特徴を理解してくれていないな」「他の会社でも良いのではないか」と思われてしまうので注意が必要です。

ステップ4 あなたが加わることでどんな変化があるのかを具合的に説明

企業に「必要な人材」として選んでもらうためには、あなたが加わることで企業にどんなメリットがあるかを伝える必要があります。

そのメリットを感じてもらうことができれば、企業はあなたを「必要だ」と判断し採用するでしょう。

その際、現場での具体的なケースを想定して説明することをおすすめします。実際に社内で活躍している姿をイメージしてもらうことができたら、自己PRは成功したといえます。

まとめ
    あなたの経歴やスキルを起点に、志望動機を論理的に組み立てていくことがポイントです。企業にとってのあなたを採用するメリットを明確にアピールしましょう。

40代の転職のための志望動機 例文6選

鈴木

情報を整理したら、志望動機がだいぶ明確になってきました!40代なら、スキルや経験を重点的にアピールできる内容が良さそうですね。

ただ、転職活動が初めてなので「これで大丈夫なのかな…?」という不安もあります。他の転職者たちはどのような志望動機を作成しているのでしょうか?

鈴木

志望動機と一言に言っても、志望している業界や職種でそれぞれ経験があるのか無いのかによって話の展開は変わります。また、40代であれば管理職の経験があるかどうかも重要なポイントになります。

ここでは、いくつかの例文をご紹介します。どのように話を展開しているのか、参考にしてみてください。

</span

40代の転職活動での志望動機を、業界・職種の経験有無に分けて6つのパターンでご紹介していきます。

同業界・同職種の場合

私はこれまで商社に勤務しており、様々な企業と取引をしていくうちに他国の商品にも目を向けたグローバルな取引をしてみたいと感じるようになりました。御社では既に多くの外資系企業と取引をされていると知り、志望しました。

同業界・同職種でのコアな実務経験を活かしながら、やりがいのある新しい挑戦を通して成長していければと考えています。

異業界・同職種の場合

大学を卒業後、電機メーカーでBtoBの営業をおこなってきました。自社の商品に誇りを持っていましたが、例えどんなに良い商品でも自社の商品が必要ではないお客様もいらっしゃいます。数字を追うために営業活動をしている自分に、どこかもどかしさを感じていました。

決まった商品を売るのではなく、お客様ごとにカスタマイズできる商品の営業に挑戦してみたいと思い、御社でのインターネット広告の営業に興味を持ちました。

同業界・異職種の場合

私は10年間アパレルの販売員をしてきました。始めは自社の商品を販売する楽しさを感じていましたが、次第にお客様のご要望を伺ううちに「このような商品があれば良いのに」と思うことが多くなりました。

顧客のニーズを知り、それに応えるような商品開発に携わりたいと思い、マーケティング職を志望致しました。

未経験の業界・職種の場合

専門学校を出てから20年ほど介護老人福祉施設で勤めてきました。利用者様やご家族が希望する形での生活ができるよう、気持ちに寄り添った対応をすることを学びました。

この経験を活かし、目の前の人の気持ちに寄り添った保険プランをご提案できるような営業活動をしたく、御社を志望しました。

管理職の経験がある場合

新卒入社をした会社で人事職を勤めてきました。30代前半から人事グループのマネージャーとして常に部下を10名ほど持っており、合計10年間のマネジメント経験があります。

メンバー個人の成長とグループのミッションを結び付け、日々の業務へのモチベーションを上げることを得意としてきました。御社でもこの現場経験を活かし、メンバーのモチベーションを最大限引き上げるようなマネジメントをしたいと考えています。

管理職の経験がない場合

20代後半から施工管理の仕事を続けてきました。様々な現場で複数の業者をとりまとめ、スケジュールや業務の管理をするなど、主にマネジメントの仕事をおこないました。

この経験を活かし、御社では一社員として尽力するだけにとどまらず、複数の社員のマネジメントにも挑戦していきたいと考えています。

まとめ
    現職と志望している仕事の違いを明確にし、志望する動機を論理的に説明していきましょう。

40代の転職でNGな志望動機6選

鈴木

具体的な例文から、よりリアルなイメージを持てました。志望した理由を明確に言葉にすることが大切なのですね。企業へアピールできるような志望動機を作成肢体と思います。

これから実際に志望動機を書き出してみたいと思いますが、注意したほうが良いポイントはありますか?40代ならではのポイントもあれば教えてください。

鈴木

はい、志望動機を書き出す前に知ってほしい注意点がいくつかあります。若手と比べて期待をされやすいぶん、NGポイントに触れてしまうと一気にマイナスなイメージを持たれてしまいます。

ここを事前にチェックしてから志望動機の作成を始めてくださいね。

40代の転職で「NG」が出てしまう志望動機のポイントを6つご紹介します。

その1 抽象的な表現が用いられている

志望動機において自分の経歴や実績を伝える際「マネジメントをしました」「成果を出しました」など事実を抽象的な表現で説明することは避けましょう。

「10名のマネジメントをしてきました」「売上目標を150%達成しました」など具体的な数値を示すことで相手がリアルにイメージしやすくなり、説得力が増します。

分かりやすく事実を伝え、企業の戦力になれるということを明確にアピールしましょう。

その2 使い回しができそうな文章で書かれている

転職活動をしている人の中には、複数の企業にエントリーしているという人も多いでしょう。その際「ほかの企業の使いまわしをしている」と思われてしまわないよう注意が必要です。

先ほど「テンプレートをそのまま使うのではなく自分の言葉で説明する」とお伝えしたように、1社1社にきちんと向き合うことが大切です。

使いまわしだと思われてしまうと、一気に信頼を無くしてしまいます。

その3 年収や休日などの条件面が全面的に出ている

転職活動における重要なポイントとして、年収や休日など条件面を挙げる人も多いでしょう。ただし、企業側にそれを伝えすぎないように注意が必要です。

「仕事に対する意欲が無い」と思われてしまう可能性や、「企業の良さをわかってくれていない」と感じさせてしまう可能性があります。

一切触れてはいけない訳ではありませんが、志望動機では主に仕事について話すのがおすすめです。

その4 企業への貢献意欲が感じられない

転職活動では、みな自分にとってメリットのある企業を探します。しかしそこにばかり目が行ってしまうと、エントリーシートや面接で自己中心的な発言をしてしまう危険があります。

企業は企業側にとってメリットのある人材を求めていますので、いかに貢献できるかをアピールしなければなりません。独りよがりな内容にならないよう注意が必要です。

その5 「なぜこの会社がいいのか」が伝わってこない

志望動機では、数ある企業と比べて「なぜこの会社が良いのか」という自分の考えを具体的に伝える必要があります。

どの企業にも共通する内容や見当違いな内容しか伝わらないと「別にほかの会社でも良いのだな」と思われてしまうでしょう。企業研究をきちんとして来なかったという不勉強な印象も持たれてしまいます。

その6 関係ないキャリアや職場への不満など、過去にこだわる内容

転職に踏み出す人は、元の職場に対して何かしらの不満を持っていたり、自分のキャリアに不安持持っていたりというケースが多いでしょう。

「もっと前進していきたい」といった前向きな伝え方なら問題ないのですが、過去の不満や不安をだらだらと話してしまうと聞き手は気分が良くありません。

「後ろ向き」「過去にこだわる」という印象を持たれてしまい、人格面で良くない評価をされてしまう可能性があるので注意しましょう。

まとめ
    企業にとって採用するメリットが伝わらなかったり、仕事への姿勢を悪く評価されてしまったりといった「NGポイント」に気を付けましょう。
【コラム】転職エージェントに相談すれば「受かる」志望動機の作成が可能

鈴木

志望動機の作成方法は具体的にイメージできるようになってきましたが、NGな志望動機になっていないか心配です。自分ではできているつもりでも、いまいち自信を持って良いのか分かりません…

志望する企業にマイナスなイメージを持たれたくないですし…40代なのでハードルも多少上がってしまうと思います。どうしたら良いでしょうか?

鈴木

新卒の転職活動とはポイントが異なるので、なかなか難しいですよね。40代だとハードルが多少上がるというのも実際にありえる話です。いくら経験やスキルが素晴らしいものでも、志望動機の伝え方によって選考の結果は大きく左右されます。

そこで、40代からの転職で志望動機に迷ったらプロに相談するのがおすすめです。

「受かる」志望動機を作成するために、 転職エージェントへの相談がおすすめな理由をご紹介します。

転職市場において、求人数は年齢が上がれば上がるほど少なくなっていく傾向にあります。さらに40代では多くのケースで即戦力になることが求められるため、自分のスキル・経験を活かせる場所を探すのに苦労することもあるでしょう。

志望動機を作成する際も、ここでご紹介したステップを踏みながらNGポイントにも気を付けなければなりません。40代からの転職は総じて、若手の頃より難しく感じる人が多いでしょう。

そこで頼りになるのが転職エージェントです。転職エージェントは様々な業界・職種を理解しており、あなたの経歴からどのような点を志望動機に取り入れたら良いかアドバイスをくれるため、転職の成功可能性もぐっと高くなります。

先ほどご紹介したNGポイントに触れていないかどうかもプロの目線からチェックしてもらい、抜け漏れのない状態で転職活動に挑みましょう。

難易度が高くなりがちな40代の転職では、自力だけでどうにかしようとせず、転職エージェントを活用するのがおすすめです。

まとめ
    40代の転職で志望動機の作成に不安がある人は転職エージェントに相談し、転職を成功させましょう。