50代転職におすすめの自己PR例文3選と作り方4ステップ

こんにちは!「50代 転職 自己PR」と調べている人は
『50代の転職に成功するためにはどのような自己PRが有効なのだろうか…』
『50代の自己PRはどのようなに組み立てればいいのだろうか…』
と悩みますよね。

「50代の転職に成功する自己PRを作成」するためには企業が求めている即戦力に沿った自分のスキルを簡潔に説明することが大切です!

なぜなら、企業が求めている内容を簡潔にPRすることで、「50代の転職に成功すること」が可能になるからです!
そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「50代 転職 自己PR」に関するノウハウを全てお伝えします。

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

50代向けではない。50代の転職に適さない自己PR2選

type=“r”

50代での転職では、どのような自己PRが良いのでしょうか?

20代と50代では自己PRすべき内容が異なります。特に50代でPRすべきでない内容についてご紹介します。

50代の転職に適さない自己PRを2つご紹介します。

その1:人間性は感じ取ってもらおう。真面目さ・誠実さの直接的アピール

20代の頃はポテンシャル採用ということもあり、真面目さや誠実さが重要な面もあるのですが、50代では即戦力が重要となりますので、取り立てて人間性をアピールすることは適しません。真面目さや誠実さは、書類や面接官とのコミュニケーションにおける、言葉の選び方や態度で感じ取ってもらえるように意識しましょう。

その2:大切なのは結果が出せるかどうか。やる気があるアピール

書類でアピールできるスペースや面接で自分を売り込む時間は限られています。やる気があることも大事ですが、そのアピールに大きなウェイトを割くのは避けるようにしましょう。自分のスキルや経験について深くアピールすることが重要です。

まとめ
    即戦力採用である50代の転職において、「人間性」や「やる気」を直接的にアピールするのは避けましょう。

シニア向け。50代の転職におすすめの自己PR例文3選

type=“r”

50代でアピールすべきでないポイントを理解することができました。50代では具体的にどのような点をアピールすれば良いのでしょうか。

即戦力となるスキルや経験をアピールすることが重要になります。ご理解いただきやすいように、具体例を用いてご紹介します。

50代におすすめの自己PR文を3つご紹介します!

例文1:人事担当の場合。離職率低下に取り組んだ経験をアピール

人事担当の場合は、離職率の低下に取り組んだことをアピールすることも効果的です。例えば「現職では、30代以下の若手の離職率が高いことが課題となっていた。そこで、会社に求めるものについて調査をしたところ、福利厚生の充実を望む声が多いことがわかった。そこで役員会議にかけて、若手の社会人に人気のある旅行補助を中心に福利厚生を導入したところ、導入前の離職率は平均10%だったが、導入後は2%に減少した」

というような文脈で自己PR文を作成し、導入に至る課題やそれをクリアした経験などをマネジメントの観点も含めて肉付けし、あなたがアピールする強みやスキルと結びつけることで、自己PRとして成立します。

例文2:汎用性高め。リスクマネジメントの経験をアピール

50代になると、管理職としてリスクマネジメントの経験をアピールすることも有効的です。例えばメーカーの調達部に所属している50代であれば、

「日本で大きな震災が起きた際、幸いにもその時は大きな影響を受けなかったが、各々の部品の仕入れ先を複数確保しておくリスクマネジメントの必要性を強く認識した。複社発注は全社を巻き込む一大プロジェクトであり、まずはサプライチェーンが極力重なっていない発注先の選定から始め、自社の営業とともに、顧客に対して納入品の構成部品を複社発注する旨の了解を取り、図面や規格が同じにも関わらず発注会社が異なることで部品の特性に差異が出る点について、自社の生産部や品質保証部と対応策を検討するなど、様々な部局との調整事項が発生した。複社化の実現までに、〇〇というような問題もあったが、最終的に80%の部品における複社化に成功し、有事のおけるリスクマネジメント体制を構築した」

という経験を踏まえて、コミュニケーション能力やマネジメント能力をPRすることは有効です。

例文3:調整力や柔軟性の証明。現場との対話経験をアピール

50代にはプロジェクトをまとめる調整力やその過程で様々な関係者と折り合いをつける柔軟性が必要です。例えば、これらの能力のアピールに際して、以下のような自己PRも有効です。今回は現職が建設会社の場合を例に記載します。

「東京駅の○○商業ビルの建設現場を担当した際に、建設資材が事故で数日入ってこないことがありました。現場には、土工事、基礎工事、とび、鉄筋、外壁、塗装、内装、電設など様々な業者が出入りしており、それぞれの作業が密に関連しているため、1つの遅れが様々な作業に影響を及ぼします。取りまとめ役の私は各関係者とスケジュールを再調整し、その一方で、商業ビルの完成納期は後ろ倒しできないので、どこで遅れを取り戻すかを計算しながら、現場の関係者と対話に対話を重ねて、当該商業ビルの竣工を納期に間に合わせることができました」

といった文脈で、これに実際に苦労したことや具体的なエピソードを交えることで、より具体的な自己PRとすることができます。

ベテランのシニア向け。50代だから言える自己PRの例文3パターン

type=“r”

自己PR例文はとても参考になりました。50代だからこその自分の経験をしっかりリンクさせることで、自分のスキルや強みに説得力が増すのですね。

その他にも自己PRの例文をいくつかご紹介いただけないでしょうか。

自己PRは自分の言葉で書くことが重要ですが、様々な例文に触れて、PRの方法や観点を学ぶことは重要です。以下でさらに自己PR例文をご紹介します。PRする能力に合わせて変更を加えてください。

50代だからこそのPR例文を3つご紹介いたします!

その1:管理職経験者の場合。実績や会社からの評価をアピール

「私の強みは、50代であっても既存の常識や慣例に囚われず、新しいことにチャレンジすることです。前職の保険会社で広報部長を5年間勤めました。その中で最もチャレンジングだった仕事は、CM制作です。保険会社のCMは限られた時間の中で看板商品をアピールすることが一般的なのですが、私は他の保険会社と差別化を図るために、敢えて商品の紹介はせず、ある人が老いていくまでの喜怒哀楽の出来事を紹介し、人生の素晴らしさを訴えかけるCMを提案しました。当初は、社内から大反対されましたが、CMで商品の説明をしても、ほとんどの視聴者は興味を持たないことを調査結果とともに示し、CMで製品のスペックを伝えるのではなく、会社の事業に対する想いや、人生の万が一に備えることで長い人生を安心して謳歌してもらいたいという願いを伝えることの重要性を訴え、社内の了解を得ることができました。結果、そのCMが大きな反響を呼び、保険契約者数がCM放映前から〇〇%増え、その契約者のうち〇〇%がCMを見たことが契約のきっかけであることが分かりました。」

その2:業界愛がある場合。情熱や取り組んできた努力をアピール

こちらでは、自己PRから志望動機に至るまでをカバーする内容としてご紹介します。

「私の強みは、まさに業界愛が強いことです。自分の親の介護がきっかけで介護業界に興味を持ち、その後30年間に渡って介護業界に携わってきました。介護業界では慢性的に人員が不足しており、その問題に対応すべく福祉学校で講演を行ったり、様々なSNSツールを用いて、介護業界の仕事のやりがいや意義を発信してきました。徐々にその効果が生まれてきて、反響もいただけるようになりました。そんな中、介護業界では珍しいベンチャー企業である御社の存在を知り、現場のノウハウが足りず苦慮していることを伺いました。介護業界での起業はまさに業界にとって希望であり、注目度の高い御社が成功することによって、介護業界が活性化する可能性を秘めています。そこで、私が30年この業界で培ったノウハウや経験を御社に提供し、御社の活性化に寄与したいと考えております。」

その3:海外経験がある場合。海外の仕事ならではのノウハウや語学力をアピール

「私の強みは、御社がこの度進出されるインドで、10年間仕事をしたことにより培ったコミュニケーション能力です。海外には日本とは異なる文化や宗教があり、それがビジネスにも大きく影響します。特に商慣習の違いは大きく、スムーズに意思疎通が取れるまでに相応の時間がかかりました。しかし今ではインドのビジネスコミュニティに入ることができた上に、彼らの風習や考え方を理解していますので、語学力も含めて御社のインド進出に貢献できると考えています。」

まとめ
    自己PRは自分の即戦力スキルを実経験も合わせてご紹介することが重要です。

【コラム】50代が職務経歴書・履歴書で失敗する理由とは?情報量や専門性がキーポイント

type=“r”

自己PRについて自分のスキルを実体験と併せてアピールする重要性をよく理解できました。自己PRは職務経歴書や履歴書に記載するケースもありますが、書類選考で落ちてしまいがちな書類の特徴についても教えてください。

書類の失敗で最も多いのは、情報量が多すぎることです。以下で詳しくご説明します。

50代の転職で職務経歴書や履歴書の書類選考で落とされてしまう理由を確認しましょう。

50代の転職における職務経歴書や履歴書の作成で最も多いミスは、情報量が多すぎることです。何がアピールの肝なのかを明確にして、相手に伝わりやすい文章構成を心がけることが重要です。また。専門性が分からないというケースも多々あります。自分の専門性を明確にしてアピールすることが大事です。

まとめ
    50代の職務経歴書や履歴書の作成に重要なのは、適切な情報量と専門性の明確化です。

50代向けの自己PRの作り方4ステップ

type=“r”

50代の自己PRにおいて重要なことが徐々に整理できてきました。実際に自己PRを作成する際のステップはありますでしょうか。

自己PRは企業が求めている内容となるように、順序立てて作っていくことが重要です。以下で詳しくご紹介します。

50代向けの自己PRの作り方を4ステップでご紹介します。

ステップ1:これまでのキャリアや経験を棚卸しする

まずは自分自身のキャリアの経験を棚卸することが重要です。この時は、自分の強みは「これ」と決めつけずに、自分がこれまでの経験や磨いてきたスキルを全て整理するようにしてください。

ステップ2:応募先企業のニーズを想像する

次に応募先企業のニーズを確認、想像することです。求める人物像レベルであれば、企業のHPや転職エージェントへの相談で簡単に入手することができます。それをもとに、その会社の事業計画や業界の状況など様々な情報を考慮して、求められている即戦力やスキルに仮説を立てていきましょう。

企業のニーズを洗い出した上で、棚卸した自分のスキルや経験のうち、何がどのように生きるのかを組み立てることが重要です。

ステップ3:自分の強みを理由や根拠で裏打ちする

先ほどの自己PRの例文でもご紹介しましたが、自分の強みに説得力を持たせることが重要です。その最も効果的な方法が、これまでのキャリアにおける経験や実績を伝えることです。自分の強みに対して、理由や根拠を与えることで、企業に納得感をもってもらうことができます。

ステップ4:整理した情報を自己PRにする

最後に伝え方です。整理した情報の方向性は間違っていなくても、それが伝わらなければ意味がありません。整理した情報を、どのように組み立てて、どのように伝えれば、相手に「伝わる」かを吟味して、自己PRするようにしましょう。

まとめ
    自己PR作成する際のステップのポイントは、企業のニーズを深掘りすることです。ニーズに沿った能力を根拠とともに用意し、伝え方にも注意を払いましょう。

転職に成功するために。50代の転職の自己PRの書き方のポイント2つ

type=“r”

転職における自己PR作り方もよく理解できました。さっそくこのステップに沿って自己PRを練っていきたいと思いますが、書き方のポイントがあれば教えてください。

一番重要なポイントは、分かりやすく、見やすく書くことです。よって、情報過多にならないように注意してください。その他のポイントも含め、以下で詳しくご紹介します。

50代転職における自己PR作成の際のポイントを2つご紹介します!

その1:短時間で主張を伝える。自己PRの論理展開はPREP法

1つ目のポイントは、短時間で分かりやすく趣旨を伝えることです。そのために、PREP(プレップ)法を意識することが効果的です。PREPとは、
・Point(結論)
・Reason(理由)
・Example(具体例)
・Point(結論)
の略であり、上から下の順番で構成することを意味します。自己PRの構成だけでなく、面接でも応用することができます。

その2:転記はもったいない。志望動機やアピールポイントとは別内容を書く

転職における書類の中には、重複しがちな質問内容もあります。その際は、転記して同じことを書くのではなく、結論は同じだが、それを担保する具体例を変えたり、場合によっては異なる強みやスキルをアピールすることも効果的です。ただし、その際はそれぞれの内容がお互いに背反したり矛盾しないように注意してください。

まとめ
    自己PR作成のポイントは、PREP法を用いて分かりやすく結論から書くことと、なるべく転記をせずに一貫性を保ちつつアピールすることが重要です。

いかがでしたでしょうか。「50代、転職、自己PR」について詳しくご紹介しました。

自己PRのポイントや作成手順についてもしっかり確認するようにしてください。

type=“r”

自己PRについて何をアピールすべきか迷っていましたが、企業が求めている即戦力が何かを丁寧に考えていくことが重要であると分かりました。より簡潔に伝えられるように、しっかり準備したいと思います。

おっしゃる通り、「簡潔に分かりやすく」も重要なポイントです。
自己PRで書類選考を通過し、転職に成功することをお祈りしています!
頑張ってください!