50代男性の転職は厳しい?50代で転職に成功するための方法3つ

こんにちは!「50代 転職 男性」と調べている人は
『50代男性の転職は難しいのだろうか…』
『転職に成功するためには何がポイントなのだろうか』
と悩みますよね。

「50代男性が転職に成功」するためには企業が求めているものを把握し、それに沿った自分のスキルや経験を棚卸しすることが大切です!

なぜなら、企業が求めているスキルに沿ったアピールをすることで、「50代男性で転職に成功する」ことが可能になるからです!
そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「50代 転職 男性」に関するノウハウを全てお伝えします。

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

現実は厳しい?40代〜50代男性の転職事情とは

type=“r”

50代の転職は難しいと聞くのですが、本当ですか?

結論から申し上げると、難しいと言えます。ただし、転職市場を理解し、然るべき対策を取れば転職に成功する可能性は大いにあります。まずは転職環境について、以下で詳しく説明します。

40代〜50代の転職市場についてご説明します!

40代の採用意欲は高め。従業員数に比例して増加中

企業は40代の採用に積極的であり、近年は増加傾向にあります。一般的な定年が65歳となり、今後70歳も見えてくる中で、40代はまだ若手という認識を持つ企業も少なくありません。

また、即戦力性が高いために40代の需要が上がっていることも理由の一因です。同じく50代の転職者は増えてはいるものの、40代ほど転職市場は活発ではありません。

体力面やコストなどがリスク。50代転職は厳しい実情もある

50代の転職が厳しい理由の1つに体力面があります。体力が衰えてくる50代は選べる仕事の幅が狭くなることに加えて、転職後から仕事を覚えるまでに、ある程度の「無理がきく」若手層と比べて、50代はそれが難しい点も企業が採用を躊躇する理由の1つです。

また、50代は全年齢層の中で最も収入が高い時期であり、採用する企業としてもコストがかかる点が50代の採用マーケットの引き締めにつながっています。

パートやアルバイトも。50代の転職は正社員以外も検討した方が良い

50代は会社の中でも管理職になる方が多く、要のポディションを担うケースが多いので、転職においても同様のポディションや収入を求めるケースが多くあります。最も重要な転職の理由が、収入やポディションであるならば問題ないのですが、重要な転職軸は他にあるにも関わらず、プライドから収入やポディションに拘ると転職に失敗しやすくなります。

自分の転職理由を一度整理しつつ、老後も見据え、最低限必要な年収を算出した上で、パートやアルバイトでも目的が達成できるのであれば、正社員以外を選択肢に入れる柔軟性も必要です。

【関連記事】

50代でも正社員に転職できる?転職しやすい仕事5選と成功のコツ4つ

まとめ
    50代の転職は簡単ではないが、転職の理由を明確にした上でその転職軸を満たす選択肢を広く検討することで、転職に成功することは可能です。
【コラム】少子高齢化の影響。40代50代を採用する企業も増えてきている

type=“r”

40代は積極的に採用される傾向にあり、50代も転職は難しいものの転職者は増加傾向にあると伺いました。この背景には何があるのでしょうか?

結論から申し上げると、少子化に伴う労働人口の減少と転職の一般化です。以下で詳しくご説明します。

転職のハードルは依然高いが、40代、50代を採用する企業が増加しています。その理由をご紹介します!

新卒採用で量的ないしは質的に採用が満たせないのであれば、中途市場から採用するという流れが生まれています。この傾向は、定年延長に伴い、労働市場における40,50代の位置付けが変わったこともあるでしょう。また、転職者数はここ10年で右肩上がりで増加していますが、企業の積極採用に加えて、転職の一般化に伴い、そもそもの転職希望者が増えていることも一因です。

まとめ
    中高年の転職市場の活発化は、少子高齢化を始め定年の延長や転職の一般化などが理由として挙げられます。

50代転職で失敗しがちな人の特徴2つ

type=“r”

中高年の転職市場についてよく理解できました。50代の転職は難しいが、徐々に転職者数は増えてきており、対策次第で成功する可能性が高くなることが理解できました。一方で50代で転職に失敗しやすい人の特徴も知りたいです。

転職に失敗する理由は個々で様々なケースがありますが、その中で50代の転職に失敗しやすい人に共通する点を以下でご紹介します。

50代の転職で失敗する人によくある特徴を2つご紹介します。

その1:マネジメント力を求められるから。現職で役職についていない人

1つ目は現職で役職についていないことです。50代の転職は基本的にマネジメント力が求められるため、役職経験がないことで、マネジメント経験がないと判断されるために大きなマイナス要因となります。

役職に就いていない場合は、後輩のマネジメントや教育経験を詳しくアピールするなどの工夫が必要です。

その2:スキルがなければ意味がない。役職以外にアピールポイントがない人

2つ目はスキルがないことです。50代の転職はマネジメント力に加え、即戦力となるスキルが必要になります。マネジメント力で相当の実績がある場合はこの限りではありませんが、「役職についていた」だけでは失敗しやすい傾向にあります。

【関連記事】

50代の転職に資格は必要?50代の転職で活かしやすい資格12選

50代転職で成功しやすい人の特徴2つ

type=“r”

転職にはマネジメント力に加えて、即戦力となるスキルが必要であることが分かりました。転職に失敗しやすい人の特徴の裏返しが、転職に成功しやすい人の特徴だと思うのですが、詳しく教えていただけますか?

おっしゃる通り、転職に成功しやすい人の特徴は即戦力となるのスキルとマネジメント力を高いレベルで身に付けている人です。以下で詳しくご説明します。

転職に成功しやすい人の特徴について詳しくご紹介します!

その1:即戦力になれる。高いレベルの専門性を持っている人

50代の転職は高いレベルの専門性が求められます。高い専門性によって「転職先で即戦力となれる」ことが重要なので、転職先がどういう即戦力を求めているのか、即戦力となるために必要なスキルは何かを分析することが重要です。専門性の高いスキルがあっても、企業で求められていないスキルであれば意味がないことに注意しましょう。

転職先が求めているスキルを確認した上で、自分にそのスキルがどの程度あり、それがどのような形で転職先の即戦力となり得るのかについて、論理的に説明できるようにしましょう。

その2:役員としてアサイン。マネジメント経験が豊富な人

マネジメント経験が豊富で実績がある場合は、役員として転職できる可能性もあります。「マネージャーをしていた」「部長をしていた」だけでは不十分であることが多く、マネジメントを担当していた組織がどのような結果を残したか、その結果にマネジメントがどのように貢献したかを説明する必要があります。

基本的にはマネジメントの中身や成果を問われますが、稀に「数年部長職を歴任した」という事実だけで、レベルの高いマネジメント力が担保・評価されるような企業に勤めている場合は、この限りではない場合もあります。

まとめ
    転職に成功しやすい人の特徴は高いレベルの専門性を持っていることと、マネジメント経験が豊富であることです。

自己評価とのギャップ防止のために。50代男性が転職市場価値を把握する方法3つ

type=“r”

求められているスキルを確認した上で、自分のスキルや経験を棚卸して、即戦力をアピールすることが重要であることがよく分かりました。一方で、自分のスキルが即戦力に到達するレベルなのかどうかに不安があります。

人材市場での評価とギャップなく自己評価ができる人はなかなかいません。

その一方で、この2つの評価にギャップがあればあるほど、転職活動は困難を極めます。そこで、50代男性が自分自身の転職市場価値を把握する方法をご紹介します。

50代男性が自分自身の市場価値を把握する方法3選をご紹介します!

方法1:第三者の意見が重要。転職エージェントに相談してみる

最も基本的かつ重要なのは、転職エージェントに相談することです。転職エージェントは求人情報だけでなく、転職に関する豊富なノウハウを蓄積しており、転職のプロフェッショナルと言えます。自分自身の市場価値に客観性を持たせるために、転職エージェントに相談しましょう。

方法2:オファー待ち。ヘッドハンティング会社に登録してみる

ヘッドハンティング会社に登録することも1つの手です。市場価値は業界や職種によって変化しますので、どのような会社がどのような条件で自分に興味を示しているか把握することができます。これも客観的に自分の価値を知る術として有効です。

方法3:スマホでチェック。アプリMiidasで市場価値を診断する

より手軽に市場価値をチェックできる方法として、Miidasで市場価値を診断する方法があります。Miidasは自分の情報を登録することで、自分の行動特性(コンピテンシー)や個性(パーソナリティ)を診断してくれる上に、7万人の転職データから、自分と類似した経歴・スキルをもつユーザーへのオファー実績から市場価値も算出されます。加えて、企業が設定する選考条件に合致している企業数も把握することができます。

まとめ
    自分の市場価値に客観性を持たせるためには、転職エージェントやヘッドハンティング会社への登録が一般的ですが、最近ではスマホで簡単に自分の市場価値が確認できるMiidasという会社のアプリサービスもあります。

年齢を武器に変える。50代男性の転職を成功させるための方法3つ

type=“r”

転職活動において第3者の意見を取り入れることを忘れないようにしたいと思います。第3者の客観的な意見や評価を確認することに加えて、50代男性が転職を成功させるために有効な方法を教えてください!

50代が武器にできるのは、その社会人歴の長さです。キャリアが長いからこその武器を用いつつ、50代の男性が転職を成功させる方法をご紹介します。

50代男性が転職に成功するための方法を3つご紹介します!

方法1:長年のキャリアがあるからこそ。培ってきた人脈を使って転職する

50代は転職年齢としては最もベテランと言っても過言ではありません。長いキャリアを歩んできたからこそ活かせる強みの1つに、人脈があります。50代になると各企業の中枢にいるビジネスマンも多く、人事権を握るポジションに就く責任者が自分の人脈の中にいる場合もあります。

また企業や業界の中枢にいる50代には、様々な非公開情報が集まります。その中には非公開採用の情報が含まれる場合もありますので、自分の人脈を使い、様々な情報を集めることも有効な手段です。

方法2:人材不足でスキル重視だからこそ。中小企業・ベンチャー企業に転職する

スキルは「質」×「時間(量)」で磨かれ方が変わってきますが、少なくとも時間は他の年代を圧倒する50代にとって、スキルは大きな武器となります。
そして、経験や人材が不足している若いベンチャー企業や中小企業は、その長い年月で培われたスキルに高いニーズがあります。よって、大企業だけでなく、中小企業やベンチャー企業に視野を広げることで、転職に成功する可能性を高めることができます。

方法3:年齢相応の落ち着きと社交性が武器。需要が高い業界に転職する

50代の武器として、経験が豊富だからこその落ち着きや社交性があります。それは、様々な経験をすることであらゆる事態に落ち着いて対応することができ、様々な人とのコミュニケーション経験を経て社交性が培われるためです。このような年齢相応の落ち着きや社交性が求められる業界や企業は多くあり、高級品を扱う企業や、冠婚葬祭などに関わる業界はその代表例と言えます。

まとめ
    50代男性が転職に成功するためのコツは、人脈を活用すること、中小企業やベンチャー企業にも目を向けること、50代ならではの落ち着きや社交性を求める業界を検討することが挙げられます。
【コラム】50代転職に資格は重要?優先されるのはスキルや経験値

type=“r”

50代の転職に成功する方法について知識を深めることができました。関連して教えていただきたいのですが、50代の転職に資格を必要なのでしょうか?

結論から申し上げると、資格があることで転職に有利になることは稀です。資格よりもスキルや経験が重要なのですが、その理由も含めて、以下でご紹介いたします。

50代の転職において、資格よりもスキルや経験が求められる点について詳しくご紹介します!

まず資格についてですが、50代に関わらず資格で有利になるケースは以下の2点です。
①当該資格取得の難易度が高く、その資格だけでビジネスができるレベルの希少性がある
②転職先の事業に直結する資格を持っている(他の転職希望者がその資格を持っていない場合に限る)
この2点以外はそれほど有利にならないと認識してください。
このどちらにも当てはまらない資格であれば、スキルや経験が重要視されますので、資格ありきでなく、
アピールすべきスキルや経験を補足するような資格を取ることをおすすめします。

まとめ
    資格で有利になるケースは稀なので、スキルや経験を軸に転職戦略を立てることが重要です!

失敗しないために。50代男性の再就職・転職で意識すべきポイント7つ

type=“r”

資格についてよく理解することができました。その他に、50代男性が再就職や転職で気をつけるべきポイントがあれば教えてください。

50代男性が再就職、転職をする際に気をつけるべきポイントは、「これまでの常識を捨てる覚悟を持つ」ことです。その他にもいくつかポイントがありますので以下でご紹介します。

50代男性が再就職・転職をする際に気をつけるべきポイントを7つご紹介します!

ポイント1:前職の役職は関係ない。最大の武器は人間性とスキル

前職で高い役職に就いていた場合、金銭面以外でもそれ相応の待遇を受けているので、その感覚のまま転職すると待遇の差に戸惑うことが50代男性の転職では多々あります。

転職先では企業の文化や風習も変わりますので、それを受け入れ、前職の経歴ではなく自分の人間性やスキルを武器として転職先での活躍を目指すようにマインドセットすることで、転職先にうまく着地することができます。

ポイント2:おごりやプライドはNG。新人として謙虚な姿勢と柔軟性を持つ

上記ポイントでもご紹介しましたが、前職でのおごりやプライドを転職先に持ち込むことは避けましょう。「前職ではこうだったからこうあるべき」「このやり方は間違っている」と言いたくなる気持ちを抑えて、あくまで新人として謙虚な姿勢を保ちつつ、様々な環境に適応する柔軟性を持つようにしましょう。

ポイント3:転職先に馴染めることをアピールする

50代の採用において企業側が最も懸念することの1つに、「転職するまでの社会人経験が長いので、転職後に自社の文化や風習に馴染めるだろうか」「配属先の職場で人間関係をうまく構築できるだろうか」といった定着不安が挙げられます。この企業側の懸念を見越して、転職先に馴染めるように努力することや、転職後には様々な環境の違いに戸惑うと思うが、柔軟性をもって対応していく意思を示すことで、企業の不安を和らげることができます。

ポイント4:ブランクNG。転職先が決まるまで仕事をやめない

50代男性の転職のみでなく、全ての年代の転職に言えることですが、転職先が決まる前に退職することはよっぽどの理由がない限り避けることが重要です。
「まず退職して、じっくり転職活動をしたい」という声を聞きますが、転職活動は必ず現職に在籍している間に行ってください。退職しなければならない特別な事情(心身の病気など)がある場合は退職を優先すべきですが、キャリアに空白期間があると転職において大きなハンデキャップを負います。

有給休暇がなくなってしまった場合でも、欠勤を利用するなど安易に退職をしない方法を模索して下さい。

ポイント5:ブラック企業ではないかリサーチする

転職先が決まっても、いざ入社してみるとブラック企業だったというケースも少なくありません。
特にあこがれの業界や企業に転職する場合に多いのですが、企業や職場の実態をよく調べずに入社してしまい、その後に理想と実態のギャップに苦しんでしまうケースです。

「入社後ギャップ」と言われるものですが、入社を決める前にその企業をよく知っている知人や、その企業に所属している知人を探し、なるべく生の情報を掴むことが重要となります。

ポイント6:どんな仕事もやり抜く気持ちを持つ

転職先がベンチャーや中小企業の場合に特に多いケースとなりますが、想定していた仕事と異なる仕事を任されることもあります。また同じ仕事であっても、会社・メンバー・取引先が異なれば、仕事の内容や重要視するポイント、仕事の進め方が異なるケースがほとんどです。このようなこともあらかじめ想定しておき、どんな仕事でもやり抜く気持ちを持つことが重要です。

ポイント7:長期化傾向あり。思い通りにいかなくても諦めない

50代の転職は長期化することを転職活動前に認識しておきましょう。30代の転職活動期間のボリュームゾーンは3ヶ月程度であることに比して、50代は6ヶ月程度がボリュームゾーンとなっています。年齢が上がるにつれて転職が難しくなることを示しており、50代の転職に際しては、長期戦を覚悟しておく必要があります。

まとめ
    50代の再就職や転職において注意すべきポイントについてご紹介しました。前職の「プライド」や「当たり前」を捨てて、柔軟性を持つことが重要です。

話を聞いてくれると評判。50代男性の転職におすすめのエージェント4つ

type=“r”

50代の再就職や転職に際するポイントをよく理解することができました!

さっそく転職エージェントに登録したいと思うのですが、おすすめがあれば教えてください。

国内だけでも多くの転職エージェントがありますが、それぞれ特徴があります。今回は50代男性の転職におすすめのエージェントを4つご紹介しましょう。

じっくり相談ができる50代男性の転職におすすめの転職エージェント4選!

転職実績25万人|パソナキャリア


引用元:https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは取扱求人数こそトップレベルには及びませんが、転職実績は25万人に及びます。歴史が古く、豊富な会社を扱っている点も特徴と言えます。その取引企業数は業界トップクラスです。

また、2016年に、女性の活躍支援に特化したサービスを提供する専門チーム「女性活躍推進コンサルティングチーム」を発足するなど、女性の転職に力を入れていることも特徴です。50代男性の転職者には関係のない話のようですが、多くの企業ニーズを捉えて様々な企業とパイプがあることで、50代男性の採用需要が生まれた際に、いち早く情報をキャッチすることができます。さらに転職者の3人に2人が年収アップを実現しているなど、年収アップの転職にも定評があります。

キャリアがなくても面接OK|Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは決して大手の転職エージェントではありませんが、外資系と内資のグローバル企業に強みをもつ転職エージェントです。キャリアアドバイザーが、企業側と転職希望者側の両方を担当している特徴があり、キャリアアドバイザーの情報の鮮度と質に定評があります。その他に「キャリアがなく、紹介できる求人がなくても面接を断らない」という点が他の転職エージェントと大きく異なる点として挙げられます。

転職決定実績No.1|リクルートエージェント


引用元:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、転職エージェントの最大手であり、求人数や転職成功の実績が国内No.1です。エージェントの質の高さも好評であり、転職に関するノウハウを多く蓄積しています。広く転職候補先を探したい方にもおすすめのエージェントです。他の転職エージェントにない求人もリクルートエージェントなら持っている可能性があります。また、年収などの条件交渉にも定評があります。

ハイキャリアに特化|JACリクルートメント


引用元:http://www.jac-recruitment.jp/
JACリクルートメントは求人数は多くありませんが、その代わりにハイクラス求人に特化したエージェントで、外資系や日系のグローバル企業に強みを持っています。特に海外での求人には圧倒的な強さを誇ります。

さらにキャリアコンサルタントの在籍者数も業界トップクラスであり、手厚く丁寧な対応が好評です。利用者の平均年齢は30代中盤ですが、50代の転職で年収アップを目指していたり、外資系企業も転職先候補の方にはおすすめのエージェントと言えます。

まとめ
    転職エージェントにはそれぞれの強みや特徴がありますので、よく調査して気になるエージェントに相談するようにしましょう。エージェントは1つに絞る必要はなく、複数登録することがおすすめです。

いかがでしたでしょうか。「50代 転職 男性」について、転職コツやポイントを中心に、市場価値の測定方法なども含めてご説明しました。

type=“r”

50代男性の転職において重要なことがよく分かりました。さっそくいくつかの転職エージェントに相談して、これからのプランや自分のスキル・経験の棚卸しを始めて行きたいと思います。

50代の転職活動は長期化することが当たり前なので、転職エージェントと二人三脚でじっくり活動を進めていってくださいね。応援してます!