50代の転職に活用できる!読みやすい履歴書の作成方法4つ

こんにちは!「50代 転職 履歴書」と調べている人は
『50代の転職において履歴書はどのように書けばいいのだろう…』
『書類選考を通過するための履歴書作成のポイントは何だろうか…』

と悩みますよね。

「書類選考に通過する履歴書」を書くためには、転職先が求めているスキルや経験を見極めて、その内容が整理された上で詳しく書かれていることが大切です!

なぜなら、簡潔明瞭で見やすく、企業が欲しい情報が書かれた履歴書を作成することで、「書類審査に通過する」ことが可能になるからです!
そこでこの記事では転職アドバイザーの目線から、「50代 転職 履歴書」に関するノウハウを全てお伝えします。

最後まで読めば、書類審査に通過する履歴書を作成できて、50代の転職に成功する可能性が高まります!

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

50代の職務経歴書・履歴書で失敗する理由4つ

type=“r”

50代で転職をする際に必要な履歴書ですが、何に気を付ければいいのでしょうか。履歴書等の作成で失敗してしまう理由があれば教えてください。

書類選考に通過できない履歴書等の例として、最も多いのが「分かりにくい」ことです。具体的に以下でご説明いたします。

履歴書や職務経歴書の作成に失敗する理由を4つご紹介します!

理由1:要点がわからない。情報の盛り込みすぎ

1つ目は、伝えたいことを盛り込みすぎて、情報過多となり、何がポイントなのか分かりにくくなってしまうケースです。伝えたいことを整理し、要点を絞り込んだ上で、論理立てて記載するようにしましょう。

伝えたいことを絞り込む方法が分からない方は、「企業が求めるスキルや経験」や「実績も含めて語れる長所」を優先することで、容易に優先順位を定めることができます。

理由2:伝えるべきポイントのずれ。専門性などが曖昧

2つ目は、具体性に欠けて伝えようとしていることが分かりにくいケースです。伝えるべき即戦力性や専門性がボヤけており、趣旨がよく分からない履歴書は、書類審査を通過しにくい傾向にあります。

冒頭から具体例や文章で伝えるのではなく、「私の専門性は『A』と『B』です」というように、まずは単語で伝えるようにしましょう。その後に続く文章の中で、この『A』と『B』について肉付けをする文章構成が有効です。

理由3:履歴書のレイアウトが見づらい

3つ目はレイアウトの問題です。具体的には、構成の各項目の粒感が異なり視覚的に分かりにくいケースと、構成の順番に統一性がなく、趣旨を理解しずらいケースが散見されます。

履歴書のレイアウトは、読み手に伝えたい項目と伝える順番を決めることを意味しますので、どのようなレイアウトであれば読み手に伝わりやすいかを意識して作成することが重要です。

理由4:スキルの棚卸し不足。情報量が少なすぎる

最後に、情報量が少な過ぎて判断材料となり得ないケースです。端的に分かりやすく書くことは重要なのですが、情報が少な過ぎても書類選考を通過することはできません。

これは、情報量が少ないので正確な判断はできない一方で、書類に必要とされる情報を記載する能力がないと判断されて、書類選考で落とされることを意味します。自分のスキルをしっかり棚卸し、転職希望先にとって「必要な人材である」「会って話をしてみたい」と思ってもらえるような履歴書に仕上げることを意識しましょう。

まとめ
    失敗しやすい履歴書の特徴は、情報過多や過少により伝えたいことが分かりにくいケースや、伝えるポイントがズレていたり、履歴書のレイアウトが見にくいことなどが挙げられます。

【関連記事】

50代に多い転職理由と履歴書の例文、転職に成功する人の考え方7選

書類選考選考の通過するために。読みやすい履歴書の作成方法4つ

type=“r”

書類選考に通過しにくい履歴書の失敗例についてよく理解できました。一方で書類選考に通過しやすい履歴書作成のポイントを教えていただけますか?

読みやすくポイントを押さえた履歴書の作成は、先ほどお話しした履歴書の失敗例を避けることが一番の近道ですが、その他にもいくつかポイントがありますのでご紹介します!

書類選考に通過しやすい履歴書の作成方法を4つご紹介!

方法1:なるべくExcelかWordを利用して履歴書を作る

ひと昔前は、履歴書を手書きで作成することが多く、また手書きで作成することで「熱意を伝わる」と考えることもありましたが、現在の主流はExcelまたはWordでの作成です。企業側が履歴書の作成を手書きで指定する場合を除いて、PCで作成するようにしましょう。手書きと異なり、文字の大きさが均一でクセがないので、読みやすい履歴書となります。

方法2:視覚的な見やすさ優先。文章を端的にまとめる

書きたいことや伝えたいことが多いほど、文章量が増えて見にくい文章になりがちです。視覚的な見やすさがなければ、内容も伝わりませんので、文章を端的にまとめることを心がけてください。

方法3:紹介経由の場合など。志望動機は書かない時もある

紹介経由の場合は、基本的に志望動機は不要です。敢えて熱意をアピールするために書く場合もありますが、不要な情報を増やさないように、紹介者に相談することが重要です。紹介者の意向に沿って、失礼の内容に準備をしましょう。

方法4:アピールしたいポイント重視。履歴書をカスタマイズする

履歴書の雛形は各項目の記載枠が均一であることがありますが、志望動機や長所などアピールしたいポイントの記載枠を広げても問題ありません。履歴書が何ページにも及ぶことは避けるべきですが、各記載項目のボリュームを変えて、特にアピールしたい点のボリュームを増やすことは、書類審査の通過を目指す際に有効な手段です。ただし、履歴書の記載項目そのものには基本的な型がありますので、大幅に変えないようにしましょう。

抑えた方が良い。履歴書の具体的な書き方のポイント6つ

type=“r”

読みやすい履歴書の作成方法についてよく理解できました。実際に記載する際に参考としたいので、より具体的に作成のポイントを教えて頂けますか?

履歴書の書き方にはコツがあります。履歴書を作成する際に参考としていただけるように、具体的な作成ポイントをご紹介しましょう!

より具体的に!履歴書を作成する際のポイントをご紹介

その1:印象が大事。パソコンで作る場合も写真を挿入する

パソコンで作成することが主流であるとお伝えしましたが、その場合でもご本人の写真添付は必要なケースが多いです。基本的には、履歴書を印刷したあと、写真を用紙に貼り付けることになりますので、忘れないように注意しましょう。

その2:シンプルにするために。学歴は高校入学から記入すれば良い

履歴書に不必要な情報は書かないことがポイントとお伝えしましたが、学歴は高校入学から記載すれば問題ありません。稀に出身高校を参考にする企業もありますので、高校は必ず記入するようにしましょう。

その3:余分な情報をカット。職歴は入社年月〜退職年月のみ

職歴は勤務年数分書く必要はなく、基本的には入社年月と退職年月のみで問題ありません。部署異動や昇進は職務経歴書があればそこに詳しく書けばいいですが、職務経歴書がなく履歴書のみの場合は、簡単に異動年月と異動先、昇進年月や昇進内容を書くようにしましょう。

その4:関連性の高いものから優先的に。取得年月も添えて資格を書く

資格については転職先に関連性の高いものや取得難易度が高い資格のみを記載するようにしましょう。その際、取得年月も書くことを忘れないようにしてください。自動車による営業が必須などの場合を除き、運転免許証などの資格は記載する必要はありません。

その5:採用側も希望を知っておきたい。本人希望記入欄を活用する

希望記入欄には、希望する職種などの情報を書くようにしましょう。中途採用の場合は配属部署があらかじめ決定されているケースがほとんとですが、同一部署であっても様々な仕事がありますので、採用側も本人の考える特性や希望を参考にするケースがあります。

その6:福利構成に影響するかも。婚姻・扶養家族数も書く

婚姻関係や扶養家族に関する情報も履歴書に記載するようにしましょう。扶養家族の手当や税金絡みで必要な情報となります。但し、基本的には入社後に家族構成等に関する詳しい確認がありますので、履歴書でアピールすべき項目を削ってまで記載する必要はありません。

その7:書くことがないのはNG。なるべく空欄を作らないようにする

履歴書に書くことがない場合であっても、空欄はなるべく作らないように工夫しましょう。ただし、資格等については無理に空欄を埋める必要はありません。また、志望動機等の項目が空欄でなかったとしても、余白がある場合は「志望度が低いのではないか」との印象を企業に与える可能性がありますので注意が必要です。

まとめ
    履歴書を作成する際のコツは、シンプルに分かりやすく記載することを心掛けつつ、情報が不足しないように言葉を選んで端的に記載することです。

若手とはセールスポイントが違う。中高年の転職で活かすべき強み3つ

type=“r”

履歴書作成のポイントを理解することができました!自分の強み等を端的に分かりやすく伝えるためには、自分のスキルや能力をしっかりと棚卸しできていることが重要ですよね。若手と異なり中高年ではどのような点を強みと捉えていいのでしょうか。

中高年と若手とではセールスポイントが基本的には異なります。中高年だからこそ強みとできるポイントがありますので、その点を中心にご紹介いたします!

中高年が転職でアピールすべき強みを3つご紹介いたします!

その1:数十年の実績があるからこそ。多種のビジネススキル

ビジネススキルと聞くと「コミュニケーション能力」や「問題解決能力」というように、大きなカテゴリーでイメージしてしまいますが、コミュニケーション能力1つをとっても、聞く力や話す力、雰囲気を作る力など、様々な能力があります。50代はこれらの能力をアピールする際に、豊富な実績を添えることができるため、主張に説得力を持たせられる点が大きな強みとなります。

その2:人生経験豊富だからこそ。人間性や人柄

社会人歴が長く、様々な困難を経験してきた50代だからこそ、その人間性や包容力は強い武器になります。特に、若手の精神的な支柱となる存在を企業も求めていますので、この点をアピールすることは50代ならではの強みに繋がります。

その3:仕事をする重みが違う。働く意欲が強いこと

50代は社会人経験が豊富であるために、仕事の楽しさと同じくらい、その裏にある「厳しさ」を知っています。またプライベートでも背負うものが大きいケースが多く、若い年代と比較してより仕事へ真摯に向き合う傾向にあります。

企業は、中途採用の際に転職後の職場定着を懸念しますが、特に50代は前職歴が長いのでその懸念が大きくなります。そういった企業の懸念を意識して、大きな覚悟をもって転職を希望していることを伝えるようにしましょう。

まとめ
    中高年がアピールすべき強みのポイントは「ビジネススキル」「人間性」「働く意欲」の3つがポイントです。

転職に成功するために。志望動機で抑えるポイント3つ

type=“r”

50代の転職におけるセールスポイントについて、特に経験が豊富であることで様々な実績を根拠として、自分の強みを伝えられる点が印象に残りました。
強みと同様に志望動機についてもポイントを教えてください!

志望動機は50代の転職で最も重要と言っても過言ではなく、先ほどお話した強みと絡めて記載する点がポイントです。以下で詳しくご説明します!

50代の転職に成功するために、志望動機で必ず抑えるべきポイントを3つご紹介します!

その1:希望職種がある場合は即戦力性をアピールする

志望動機を職種にフォーカスする場合は、その職種にやりがいを感じたり、モチベーションが生まれる理由を伝えることが基本的な型になります。それに加えて、希望職種に求められる能力や経験を精査し、それを自分自身の能力や経験とリンクさせて「即戦力性」をアピールすることで、志望動機とあなたの強みをきれいに繋げることができます。

その2:希望が会社自体なら事業内容への関心をアピールする

希望が会社そのものである場合、その事業内容への関心をアピールすることが必要になります。志望動機が職種である際も同様ですが、「その会社でなければならない理由」を必ず伝えてください。「それは他社でもいいのではないですか?」という質問は常に想定しておくことが重要です。

また、事業内容への関心のみでは思慮深さが足りないと誤解されるケースもありますので、「御社の事業に貢献できれば特に希望職種はないが、これまでの経験や自分の強みを踏まえると、〇〇部(〇〇課)で最も力が発揮できるのはないかと考えている」と伝えることで、企業への本気度を伝えることができます。

その3:自分の実績がなぜ会社に貢献できるか根拠を書く

志望動機を伝える際に即戦力性もアピールする方法をご紹介しましたが、自分の実績が会社に貢献できると考える根拠を伝えることで、その説得力が増します。この根拠を伝えるためには、転職希望先の配属予定職種の働き方や、人事がHP等で提示している「求める人物像」などの情報を集めて、具体的なケースを想定しつつ説明する必要があります。

まとめ
    志望動機を伝える際のポイントは、自分の即戦力性と志望動機をリンクさせることと、その企業でなければならない理由を明確に伝えることです。また、「会社に貢献できる理由」も可能な限り具体的に書くようにしましょう。

50代の転職において書類選考を通過するための履歴書の書き方を詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか?

type=“r”

履歴書の書き方をよく理解することができました。下書きをしたら、明らかに情報過多となってしまったので、記載内容の取捨選択や構成も見直したいと思います。

書類は転職成功への第一歩なので、時間をかけて納得がいくまで書いてみてください。
転職の成功を心よりお祈りしております。

【関連記事】

50代の転職で良い志望動機を作るための4ステップと注意点3つ