50代に多い転職理由と履歴書の例文、転職に成功する人の考え方7選

こんにちは!50代 転職 理由」と調べている人は
『50代で転職を考えているけど、いざ転職理由のなると書き方が難しいなぁ…』
『50代で転職に成功するために、転職理由で気をつけるべきことは何だろうか…』
と悩みますよね。

「50代の転職を成功させる」ためには明確で前向きな転職理由が大切です!

なぜなら、明確で前向きな転職理由を伝えることで、「50代の転職を成功させる」ことが可能になるからです!
そこでこの記事では転職アドバイザーの目線から、「50代 転職 理由」に関するノウハウを全てお伝えします。

最後まで読めば、転職理由を考える際のポイントが理解できて50代の転職を成功させる可能性を高めることができます!

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

50代の転職は厳しいの?50代の転職事情とは

type=“r”

50代の転職はなぜ難しいんでしょうか?

50代の転職は決して簡単ではありません。しかし近年は、50代の転職者が増え続けていることも事実です。まずは50代転職における全体傾向からご説明します。

50代の転職者数や転職活動期間等の転職事情について、数字を含めて詳しくご紹介いたします!

50代の転職者は何人くらい?この5年で16万人増加

2019年の調査では45-54歳まで転職者は57万人で、この5年間で約16万人も増加しています。
40代後半も含まれているので、50代の転職が16万人も増えているわけではありませんが、転職エージェント大手3社の報告によると、50代の転職仲介件数がここ3年で倍増しているとのデータもあります。

50代転職者の増加の背景には、定年の延長が挙げられます。かつては60歳で定年でしたが、現在では65歳が主流となり、70歳を見据える企業も多々ある中で、50代はまだキャリア半ばの労働力と認識されています。

50代の転職活動期間はどれくらい?最低でも半年が目安

30代の転職活動期間のボリュームゾーンは3ヶ月程度であることに比して、50代は6ヶ月程度がボリュームゾーンとなっています。年齢が上がるにつれて転職が難しくなることを示しており、50代の転職に際しては、長期戦を覚悟しておく必要があります。

50代で転職に成功した人はどれくらい?5%程度

50代の転職成功率は低い傾向にあります。特に男性はその傾向が顕著で、成功率は約5%程度となっています。
その大きな理由は、企業が50代の転職希望者に抱く「不安」から採用に慎重になるためです。

具体的には、特に初めての転職の場合、30年以上慣れ親しんだ現職の風土や文化が染み付いており、転職後に新しい環境に馴染めない可能性があることや、50代は年収が高く採用後にうまく定着できなかった場合のリスクが高いこと、キャリアアップ転職でない場合は、転職者の上司や先輩が、転職者よりも年下となるケースもあり、人間関係の構築に不安があること、などが挙げられます。

まとめ
    50代の転職者は年々増加傾向にありますが、難易度が高く、転職活動も長期化する可能性が高くなります。

【関連記事】

50代男性の転職は厳しい?50代で転職に成功するための方法3つ

どんな事情がある?50代の転職に多い理由6選

type=“r”

なるほど、だから50代での転職は難しいのですね。50代の転職で多い理由には何がありますか?

50代の転職において「年収アップ」はよくある理由の1つです。
50代は部長格や役員になる方とそうでない方がおり、最も年収に差が生まれる年代でもあります。その他にも人間関係を理由に転職を決めるケースもよくありますが、以下で詳しくご紹介します。

50代の転職者に多い転職理由を6つご紹介します!

理由1:時間や福利厚生など。労働条件が合わないから

50代では労働時間や福利厚生などの労働条件の改善を求めて転職を決める方が多くいます。
特に50代は自身の体力の衰えや、子供が大学に進学するなど、プライベートで変化が多い時期であり、自分のライフスタイルの見直しを図る方が多い傾向にあることが原因と考えられます。

理由2:体力的な問題も。仕事内容に不満があるから

1つ目の理由でご紹介した通り、50代は体力的な衰えを感じやすくなります。すると、これまでは難なくこなせていた仕事もキツくなってしまい、転職を考える方が多くなります。また体力の変化と共に、「自分にはやりたいことが他にあるのではないか?」「今の仕事は自分の能力を存分に発揮していると言えるだろうか」と、仕事内容を改めて見つめ直す方も多く、その結果転職活動を始めるケースがあります。

理由3:コミュニケーションに問題あり。人間関係が良くなかったから

「会社に慣れ親しんだ50代で人間関係に問題?」と思われる方も多いと思いますが、50代になると役職も上がりマネジメントすべき社員が増えることや、課や部局の代表となることで他部署との仕事も増え、その結果仕事で関わりを持つ「コミュニティ」や「人」が増えます。そういった背景もあり、人間関係に問題を抱えて転職を考える人が増加する傾向にあります。

理由4:将来を考えると。給料が良くないから

50代は同年代の中で最も給料に差がつく年齢でもあり、またこの先の自分のキャリアがある程度見えてくる関係で、定年までに得られるであろう収入も確度高く予想することができます。その結果、年収アップを求めて転職する方が多くいます。

理由5:業績悪化など。会社の将来に不安を感じたから

会社の業績が悪化するなど経営がうまくいっていない場合に、50代はその問題の根深さや立て直せる可能性について、確度高く把握することができます。
これは会社の部分的な仕事しか担当しない若手では基本的に持ち得ない視点であり、「50代ならでは」と言えるかもしれません。だからこそ会社の将来に不安を感じ、転職する方も多くいます。

理由6:スキル・実績を正当に評価してもらえないから

50代は年収に最も大きな差が生まれる年代とお伝えしましたが、自分のスキルや実績が正当に評価されていないと感じる方も多くいます。
こういったケースは、ほぼキャリアアップを狙う転職となり、年収アップが転職の軸となります。

50代の転職理由は前向きに。履歴書の転職理由の例文3つ

type=“r”

50代の転職理由について共感できるものが多くありました。決してポジティブではない転職理由もありますが、ネガティブな理由であっても企業には正直に伝えていいのでしょうか?

転職理由において嘘をつく必要はありませんが、伝え方は非常に重要です。特に転職先にネガティブな印象を与える転職理由や伝え方には注意しましょう。
以下で詳しくご紹介します。

転職理由は前向きに伝えることが大事です!それぞれの転職理由における履歴書への記載例もご紹介します。

例文1:移動などが原因の転職の場合。仕事への前向きさをアピール

異動によって地方への転勤が決まった場合や希望の職種から外れることが分かったことで、転職を考えるケースもありますが、その場合はそのまま理由を書くのではなく、自分の仕事への「前向きさ」を伝えて下さい。

例えば「現在の企画の仕事に魅力を感じているが、現職のままでは、この先部署異動の可能性もあるので、この職種と向き合い続けられる御社を志望した」と書けば、企画事業を生業としている企業への転職理由として「前向きさ」がアピールできます。

例文2:方向変更による転職の場合。自分の方針をアピール

職種の変更や業界の変更を含め、仕事の方向性を変える場合も、その結論に至った理由を前向きにアピールする必要があります。また50代の転職は、20代の頃と異なり、ポテンシャルで採用されることはほぼありませんので、「これまでの経験で何を活かせるのか?」「何が即戦力となり得るのか」をセットでアピールするようにしましょう。

例えば、異業界への転職であっても職種で共通点を見つけ出し、それをアピールすることで即戦力性や自分の方針がアピールできます。具体例としては、「これまでマレーシアで食品事業の営業としてBtoC販売に従事してきたが、御社の化粧品事業がマレーシアに進出されると伺い、業界や商材は違えど新たな販路開拓にこれまでの経験を還元して尽力し、達成感を味わいたいと思い転職を決意した」など、業界は違えど現職との共通点を捉えて即戦力性をアピールすることで、キャリアアップ転職を成功させる可能性が生まれます。

例文3:自分を高めたい転職の場合。成長意欲をアピール

自己成長が転職の目的である場合、その成長意欲をしっかりアピールしましょう。50代となると成長意欲が旺盛な方は限られてくるために、企業は好印象を抱く可能性が高くなります。50代の転職で課題となる「転職先への定着」や「職場内での関係性構築」についても、「成長意欲が高ければ乗り越えてくれるだろう」との期待を企業に持たせることができます。

例えば、「これまで大きな組織の経営企画を担ってきたが、御社のようなベンチャー企業の経営に携わることで自分自身をさらに成長させたい。私がこれまで培った経営に関するノウハウも御社で活かすことができると考える。具体的には…」
というような文脈でアピールすることで、企業に高く評価される可能性が高まります。

まとめ
    転職理由は前向きに自分の言葉で書くことが重要です。仕事の方向性を変える転職であっても、転職先との共通点を見つけ出し、そこに即戦力となる自分の能力やスキルを盛り込みましょう。また、成長意欲をみせることで、企業が50代を雇用する際に抱えるデメリットへの不安を和らげることができます。

【関連記事】

50代の転職に活用できる!読みやすい履歴書の作成方法4つ

会社を辞めたいと思ったその時。自分に質問すべきポイント2つ

type=“r”

転職理由について、具体的にご説明いただきよく理解できました。
そういえば、先日私の同期が上司とケンカしてすぐに退職し、他の会社へ転職してしまいました。理由としては「衝動」に近かったと思うのですが、「転職理由を慎重に検討すれば冷静になり転職しなかっただろう」と言っていました。

衝動的に会社を辞めてしまうことや、辞める会社のことばかり考えて、転職先や自分の未来を考える余裕を失っていまうケースもありますよね。しかし実際に退職したり、転職すると後戻りできないケースがほとんどです。そこで、「会社を辞めたい」と思った時に自分自身に問うべきポイントをご紹介します。

会社を辞めたいと思った時に、冷静さを取り戻しつつ自分に質問すべき2項目をご紹介!

その1:年齢とともに高まる。ストレスを感じる原因にプライドはないか?

「会社を辞めたい」と思った際は、その理由をしっかり分析することが必要です。会社を辞める理由がわからなければ転職軸が定まらず、転職活動はうまくいきません。また、もしストレスを感じる理由が自身のプライドにあった場合は、「退職や転職する必要があるほど重要なプライドなのか」と、一度見つめてみるようにしましょう。

その2:転職の長期化や収入ダウンの可能性大。退職後の蓄えはあるか?

冒頭でも申し上げましたが、50代の転職活動は約6ヶ月を見込んでおく必要があります。もっと長引く可能性もあることを考えると、転職先が決定する前に衝動的に辞めることが、いかに大きなリスクかお分かりいただけると思います。

また、キャリアアップ転職ができなければ年収は原則下がります。現時点から退職後の生活も見据え、最低限必要なお金を計算し、転職先の年収で問題がないかを確認しましょう。50代のキャリアアップ転職は決して容易ではありません。検討の結果、「転職をしない」と判断するケースも大いに想定されます。

まとめ
    会社をやめたい!と思ったら、ストレスを感じる原因が不必要なプライドのせいでないか確認するとともに、転職の長期化を覚悟し、蓄えや今後必要なお金から逆算して許容できる年収ダウン額を確認するようにしましょう。
【コラム】50代の転職に失敗する理由とは?求人数の少なさなど

type=“r”

「会社を辞めたい」「転職したい」と思った際に確認すべき事項について理解できました。この2つを覚えておけば冷静に判断できそうです。転職理由が衝動的では転職に成功できないことは分かりましたが、その他に転職に失敗する理由はありますか?

50代で転職に失敗する理由として、冒頭で紹介した50代の転職市場の理解が浅いことが挙げられます。その詳細を以下で再度確認しましょう。

50代が転職で失敗してしまう理由には、「求人が少ない」などいくつか理由がありますので、以下で詳しくご紹介します!

50代が転職に失敗してしまう理由として、

①求人数が少ない

②キャリアアップ採用のハードルが高い

③50代は一般的に高年収のため、年収アップは難しい

といった理由が挙げられます。

50代の転職相場を知ると共に、年収が下がることも想定して「自分に最低限必要な年収」を算出し、その中で転職先を選ぶようにしましょう。年収の優先度が低い方でも、必ず最低限必要な年収を算出するようにして下さい。

まとめ
    転職に失敗する理由は50代の求人案件が少ないことに加えて、年収アップをはじめキャリアアップが難しいことが主因です。こういった転職相場をしっかりと認識して、転職活動をすることが重要です。

50代の転職を成功させるために知っておくべきポイント3つ

type=“r”

50代の転職はハードルが高いのですね。一方で50代の転職を成功させるためのポイントはありますでしょうか?

50代の転職は難しいことは確かですが、しっかりとポイントを押さえて準備すれば成功させることが可能です。そのポイントを詳しくご紹介しましょう。

50代の転職を成功させるために重要なポイント3選!

その1:事前調査が肝心。企業ニーズマッチした人材であることをアピールする

50代の転職は基本的に即戦力採用であることをご説明しました。即戦力と一言で言っても、求める能力は企業によって違いますので、希望する転職先がどのようなスキルや経験を求めているのかをしっかり確認し、その需要に沿った自分の能力やスキルをアピールすることが重要です。

その2:これまでのキャリアがどう役に立つか具体的に伝える

これまでのキャリアでどのようなスキルを育み、経験を積んだのかを説明することはとても重要ですが、さらにもう一歩踏み込んで、それらが転職希望先でどう役立つのかを明確に伝えることで、企業はあなたを採用するメリットを具体的にイメージすることができます。

その3:希望条件を伝える時は「やる気」「熱意」もアピールする

職種や給料、役職などの各種条件の希望を伝える際は、やる気や熱意も併せて伝えるようにしましょう。

やる気や熱意のみで条件が通ることはあり得ませんが、やる気や熱意がないとマイナスにとられてしまう可能性があります。転職先で長期的に仕事をする意思を示し、結果を出す姿勢を見せることで、企業のあなたへの期待値が上がり、好条件での契約に向けて有利に働くこともあります。

まとめ
    50代の転職に成功するためのポイントは、転職希望先が求めている即戦力要件を理解し、それに沿った能力やスキル、経験をアピールすることです。その際にそれらの武器を転職先で具体的にどう活かせるかを踏まえて伝えることで、転職成功の可能性は高くなります。

転職に成功する人はどんな人?50代転職に成功するための考え方7つ

type=“r”

転職に成功させるためのポイントがよく理解できました。自分の経験やスキルの深掘りが必要なんですね!
少し似たような質問になりますが、50代で転職に成功する人はどんなマインドの持ち主なのでしょうか?

50代で転職に成功する人にはいくつかの共通した特徴や考え方があります。
とても重要な項目なので、是非真似をしてみてください。以下で詳しくご紹介しましょう。

50代で転職に成功するための特徴や考え方7選!

その1:業務処理能力や責任感。50代に求められるスキルを理解する

1つ目は「自分の求められているものを理解している」ということです。20代や30代は「自分のやりたいこと」がどうしても前面に出てしまいがちなのですが、50代の転職成功者はマネジメントの経験が深いこともあり、組織の中で自分が求められている役割を明確に意識し、その役割を果たすことができます。

具体的に業務の処理能力や責任感は多くの企業が50代の転職者に求めているものです。これらを意識して面接対策を組み立てるようにしましょう。

その2:取捨選択。転職に求める理由を定めて条件ダウンを受け入れる

転職する理由は1つではないと思いますが、転職理由に優先順位を付けることや、年収については最低限許容できる額を定めておくことが重要です。そして、転職先候補を最低限必要な年収をクリアする企業に絞り、それらの企業と転職理由の優先順位を横睨みしつつ、転職先候補を順位付けしていくことをおすすめします。

役職や年収よりも大事にすべき転職軸があるにも関わらず、見栄やプライドから役職や年収を優先してしまう場合がありますが、これは本来の転職理由に背反しますので、転職後に上手く定着できないケースが多発します。

しかし、自分の決めた転職理由の優先順位に沿って総合的に転職先を決め、その結果、年収や役職等の条件がダウンしても、それを受け入れられる考え方をもつ50代の方は、転職に成功する可能性が高いと言えます。

その3:保守的な考え方はNG。新しい職場でも素直に学ぶ姿勢を持つ

「50代の転職が難しい」とされている理由の1つに、「社会人歴が30年を超えているために、新しい環境に馴染めないのではないか」と企業が懸念することが挙げられます。

企業によって風土や文化は全く異なります。例えば社内メール1つとっても、「○○さん」とメールの送信相手の名前を書く企業もあれば、「○○様」と書くことが一般的な企業もあります。これは些細な例ですが、これまでの組織では「当たり前」だったことが、転職先では当たり前でなくなることが多々あります。

そういった場面で、「今まではこうだった」「こうあるべきだ」と保守的な姿勢を貫くのでなく、常に新しいことを受け入れたり、学ぶ姿勢を持てる方が、50代の転職を成功させることができます。

その4:企業のニーズを把握。資格を取得してアピールする

1つ目でも触れましたが、「企業が何を求めているか」の把握は非常に重要です。資格ありきで、とりあえず1つでも多くの資格取得に走ってしまうケースも多いのですが、手当たり次第取得した資格が転職において有利になることはほとんどありません。

資格を取る際は、その企業に求められているスキルに繋がる資格を1つ選び、レベル別に試験が分かれていたり、スコア制のものであれば、なるべく高いレベルの試験の合格を目指したり、より高いスコアの取得を目指すように心がけましょう。これを実践できている方は、企業のニーズにマッチしており、転職に成功しやすい傾向があります。

その5:魅力的な人材になるために。達成したい目標を明確に持つ

50代になると年齢的にも「こうなりたい」という姿を描きにくくなりますが、達成したい目標を明確に持っている方は、50代であっても企業にも好印象を持たれます。

即戦力となるスキルや経験も必要ですが、目標を定め、それに向かって努力を惜しまない姿勢を貫ける方は、50代の転職に成功しやすい傾向にあります。

その6:活かせる能力を客観的に把握。スキル・経験を棚卸しする

即戦力となるスキルや経験は必須ですが、自信がある方ほど主観的かつ難解な表現で自分のスキルや経験を語ってしまいます。自分のスキルや経験を客観的に示せる具体的な指標(拡販○○万円、世界技能力選手権○位など)があると、分かりやすく伝えることができますし、業界ではあたりまえの表現であってもなるべくそれは使わずに、誰にでもわかる平易な表現でスキルや経験を伝えることを意識できる方は、コミュニケーション能力も評価され、転職に成功しやすい傾向にあります。

その7:第三者の意見も重要。転職エージェントの意見も取り入れる

転職活動は自分と向き合う時間が多くなり、自分自身で決断することが重要ですが、客観的な第三者の意見を取り入れることで、転職活動の成功率を高めることができます。特に自分の強みや弱みは第三者の意見を聞くことで新たな発見もあります。

しかし、基本的に転職活動は現職に伏せているケースが多いので、相談すべき適当な人が見つからないことがほとんどです。その際におすすめなのが、転職エージェントへの相談です。転職エージェントは転職のプロであり、転職に関する情報やノウハウも大量に蓄積しています。50代で転職に成功している方の多くは転職エージェントに相談しています。

まとめ
    50代で転職に成功する方の特徴や考え方は、企業に求められているものを把握し、自分の転職軸をしっかり持って、見栄やプライドに惑わされない点などが挙げられます。転職エージェントへの相談も転職に成功するための必須事項と言えます。

50代の転職で必ず問われる「転職理由」について、その考え方や表現例をご紹介しました。
その他にも、50代で転職に成功するためのポイントや注意点を詳しくご紹介しましたので、何度も読み返してご参考ください。

type=“r”

50代で転職する際の転職理由の伝え方や履歴書への書き方、転職に成功する方の特徴や考え方も含め、具体的でとても参考になりました!

【関連記事】

50代でも正社員に転職できる?転職しやすい仕事5選と成功のコツ4つ