30代の転職で求められるスキル2つと転職成功のコツ5つ

こんにちは!「30代 転職 スキル」と調べている人は
『30代の転職において求められるスキルとは何だろうか…』
『自分のスキルは30代としては充分なのだろうか。転職に成功できるか不安…」
と悩みますよね。

「30代の転職に成功」するためには即戦力となるスキルをアピールすることが大切です!

なぜなら、即戦力として企業が求めているスキルをアピールすることで、「30代の転職に成功すること」が可能になるからです!
そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「30代 転職 スキル」に関するノウハウを全てお伝えします。

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

30代の転職にはスキルが必須?30代の転職事情とは

type=“r”

私は現在30代ですが、やったことのない仕事をしてみたいと思い転職を考えていました。しかし、企業は30代の転職者に即戦力を求めていると聞いて戸惑っています。30代で未経験の仕事への転職は難しいのでしょうか?

おっしゃる通り、30代の転職では基本的に即戦力が求められます。即戦力が求められているということは、未経験の仕事への転職は非常に難しくなるということです。以下で詳しくご紹介します。

30代の転職には即戦力が求められるため、専門的なスキルや経験が必要となります!

即戦力性が求められるゾーン。30代で「未経験職種」への転職はハードル高め

30代の転職は「即戦力」が求められます。即戦力が求められるということは、専門的なスキルや経験が必要であるため、基本的には経験職種への転職が一般的です。

その一方で、未経験職種への転職はハードルが高くなります。それは同じ30代の転職希望者で経験者がいた場合はその経験者が優先され、さらに未経験者でも可とするポテンシャル採用の場合は、今後のキャリアが長い20代の転職希望者が優先されるためです。

職種がそのままなら。「未経験業種」なら転職のチャンスあり

未経験職種への転職は難しいとご説明しましたが、「未経験業種」で、職種は現職と同様であれば転職に成功するチャンスは広がります。

例えば、現在IT業界で経理の仕事をしているが、製造業の経理に転職する場合、未経験の業種ではありますが、職種は同じなので、このようなケースは転職の成功率が高まります。

まとめ
    30代の転職は即戦力となるスキルが求められるため、未経験職種への転職は難しくなります。一方で、未経験業種ではあるが、経験職種の場合は転職のチャンスがあります。

求められるのはスキルだからこそ。30代で転職するメリット・デメリット

type=“r”30代の転職では即戦力となるスキルが求められることが分かりました。30代は基本的にキャリアアップ転職を図ることがメジャーとなるのですね。そこで、30代で転職するメリットとデメリットを教えて頂けないでしょうか?[/say

[say img="/wp-content/uploads/A_女性_2-1.jpg" name= type="r"]30代の転職のメリットとデメリットは表裏一体でもあるのですが、キャリアアップしやすいというメリットがある一方で、未経験の場合は採用されにくい点が挙げられます。よって、自分の専門スキルを生かし、また伸ばすこともできるのですが、異なるスキルを身に付けたり、経験を広げる転職は難しいということです。

30代の転職は即戦力を求められる点がメリットでもあり、デメリットでもあります!

メリット:スキルを活かせる。30代転職はキャリアップしやすい

30代転職のメリットはなんと言っても専門のスキルを生かしてキャリアアップを望めるということです。企業が求めている即戦力に合致したご自身の専門的なスキルや経験を丁寧にアピールすることで、即戦力として採用されることが可能となります。

デメリット:スキル重視だからこそ。30代転職は未経験だと採用されにくい

30代転職のデメリットは、未経験職種への転職が難しいということです。自分の専門以外の分野へは進みづらくなります。

但し、先述したように、未経験業界であっても経験職種であれば転職のチャンスはありますので、職種軸で転職先を探すようにしましょう。

資格より実績とスキル。30代の転職に求められるスキル2つ

type=“r”

30代の転職で即戦力となる専門的なスキルが求められることは分かりました。よく転職の際に「資格を持っておくと便利」と聞くのですが、資格も効果的なのでしょうか?

資格は持っていないより持っていた方が有利ですが、圧倒的な武器になる資格は、司法試験や公認会計士など、その資格だけで独立可能となるレベルの資格のみです。30代の転職では、一般的に資格よりもスキルや実績が重視されます。

30代の転職で求められる、資格よりも重要なスキルや実績をご紹介します!

その1:業界経験は必須。即戦力レベルの「実務能力」

即戦力となるか否かを判断する際に、実務能力が問われます。現職で積んだ実務経験を詳しく話せるようにしましょう。ただ「企画をやっていました」とか、「営業経験者です」ではなく、当該業務の詳細を詳しく伝えることで、即戦力となり得るかどうかを企業は判断します。

「どのような課題を持ち、それをどのように解決してきたか」「解決に至る道の中で、どのような苦労があり、それをどう乗り越えたか」など、なるべく具体的に詳しく伝えられるように整理しておきましょう。

その2:部下や後輩を育成する「マネジメント能力」

30代ではマネジメント層への登用やその候補者として採用されることも多いため、ご自身のマネジメント経験を語れるようにしましょう。その際、マネジメントにおける軸(モットー)やマネジメントで苦慮したこと、それを乗り越えた経験もなるべく具体的に語ることが重要です。

ただし、30代で管理職経験がなくても特に問題はありません。業界や企業によって、管理職は40代からという組織も多々あります。そのような場合は後輩への接し方や指導に置き換えて話すようにしましょう。

【関連記事】

30代転職は資格が必要?30代の転職に活用しやすい資格7選

あるとさらに良い。30代で身につけておきたいスキル3つ

type=“r”

30代の転職では、とりわけ実務能力やマネジメント能力が求められていて、それらの能力について整理して詳しく伝えることが重要であることが分かりました。その他に30代の転職に際して身に付けておいた方が良いスキルはありますか?

即戦力といっても企業によって求める能力は異なりますが、ここでは多くの企業が求める即戦力に関するスキルについて詳しくご説明します。

「実務能力」や「マネジメント能力」以外に、30代の転職に際して身に付けておきたいスキルを3つご紹介い
たします。

その1:チームを率いる「リーダーシップ能力」

30代にはリーダーシップも求められます。マネジメント経験ともリンクしますが、目標を達成する際にどのようにチームを先導してきたか、分かりやすく伝えられるように準備をしましょう。リーダーシップを発揮する際の軸(モットー)やリーダーシップをとる上で苦慮したこと、それを乗り越えた経験もなるべく具体的に語ることが重要です。

また、メンバーを前から引っ張ることだけがリーダーシップのあり方ではありません。時にメンバーをフォローしたり、自分があえて裏方に回るなど、様々なリーダーシップのあり方があることを忘れないようにしましょう。

その2:社内・社外問わず信頼される「コミュニケーション能力」

コミュニケーション能力は30代に関わらず全年代に求められる能力ですが、20代と比べて高度なレベルのコミュニケーション能力が求められることになります。

これは面接中のやり取りの中でも、面接官にチェックされていますので注意しましょう。特に注意していただきたいのは、
①相手の話を最後まで聞くこと
②趣旨を正確に理解すること
③質問や意見を求められた際は、結論から回答し補足等は後から行うこと

当たり前のことですが、これらが完璧にできている方は多くありません。普段の会話の中から意識するようにしましょう。

その3:自ら行動し結果を出す「自律性能力」

自律性能力とは、自己を律して、自ら考えて自ら動くことができる能力です。「主体性」と言われることもありますが、他人に指示を出されるまで動けない指示待ち人間でなく、あらゆる仕事を「自分ごと化」して、主体性を持って動くことができる能力を指します。

例えば転職理由を尋ねられた時に、現職の不満を、組織や上司などの環境のせいにする方が多くいらっしゃいますが、そのような環境にあっても自分はどう動いたか、どのようにして解決を図ろうとしたかなどの主体性をアピールすることで、高評価を受けることができます。

まとめ
    30代の転職に際して身に付けておきたいスキルは、実務やマネジメント能力の他に、「リーダーシップ能力」「コミュニケーション能力」「自律性能力」の3つです!

計画的な転職を。30代の転職に成功するためのコツ5つ

type=“r”

30代で必要とされるスキルについてよく理解できました。どのようなスキルをアピールすべきか悩んでいたのでとても助かりました。スキルの他に、転職を成功させるためのコツもあれば教えてください。

30代の転職を成功させるためのコツの1つとして、転職の理由を明確にし、その転職軸に合っているかどうか、転職希望先を徹底的に調べることが挙げられます。転職してから「こんなはずじゃなかった」とならないようにすることが重要です。その他にもいくつかコツがありますから、以下でまとめてご紹介します。

30代で転職を成功させるためのコツを5つご紹介します!

コツ1:失敗を防止。職場環境を把握するために社風をリサーチする

特にあこがれの業界や企業に転職する場合に多いのですが、企業や職場の実態をよく調べずに入社してしまい、その後に理想と実態のギャップに苦しんでしまうケースです。

「入社後ギャップ」と言われるものですが、入社を決める前にその企業をよく知っている知人や、その企業に所属している知人を探し、なるべく生の情報を掴むことが重要となります。

コツ2:必ず聞かれる。キャリアプラン上の「転職理由」を明確にする

転職理由は面接で必ず聞かれる項目と言っても過言ではありません。転職理由はあなたのキャリアプランに沿ったポジティブな理由を用意するようにしましょう。

例えば、現職の新規営業のノルマがキツいので退職し、ルート営業に転職したい場合であっても、その理由をそのまま伝えるのと、「新規顧客を次々と獲得していく営業スタイルもスピード感に溢れ良かったが、特定の顧客と深く向き合える営業をすることで、より顧客への貢献を実感したい」と伝えるのとでは、まるで印象が変わります。このようにポジティブな転職理由を伝えるように準備しましょう。

コツ3:やる気だけではダメ。過去の実績で貢献できる理由を示す

転職において熱意を見せることも重要ですが、特に30代の転職においては、熱意だけで企業に採用してもらえません。ご自身が即戦力となることを示すスキルのアピールに加えて、そのスキルがあることを示す「実績」も伝えるようにしましょう。「実績」を語ることで、あなたのアピールに説得力を持たせることができます。

コツ4:空白期間はNG。転職活動は在職中にスタートする

「まず退職して、じっくり転職活動をしたい」という声を聞きますが、転職活動は必ず現職に在籍している間に行ってください。退職しなければならない特別な事情(心身の病気など)がある場合は退職を優先すべきですが、キャリアに空白期間があると転職において大きなハンデキャップを負います。

有給休暇がなくなってしまった場合でも、欠勤を利用するなど安易に退職をしない方法を模索して下さい。

コツ5:プロのアドバイス。転職エージェントに相談する

30代に限ったことではありませんが、転職において第三者の意見を聞くことは非常に重要です。特に転職は人生で数回経験するかしないかのイベントなので、自分一人では経験値が少なく正しい判断ができない可能性があります。

だからこそ転職に際しては、転職のプロである転職エージェントに相談するようにしましょう。転職をすべきか否かについても相談に乗ってくれるので、転職活動を決める前の相談もおすすめです。

【関連記事】

おすすめの転職エージェントとその選び方・活用法をご紹介

まとめ
    30代で転職を成功させるコツは、在職中に転職活動を行い、転職希望先の実態を詳しく調べることです。また、転職理由は明確にし、即戦力となれることを示す実績をアピールしましょう。何より、転職エージェントへの相談は必須です。

工夫が重要。30代スキルなしで転職に成功するためのポイント4つ

type=“r”

30代での転職には即戦力となるスキルが重要であることがよく分かったのですが、スキルがない場合は転職を諦めた方がよいのでしょうか?

スキルがない場合は、転職活動の成功が難しくなることは事実ですが、諦める必要はありません。30代でスキルがない場合でも転職に成功させるためのポイントをご紹介します。

30代スキルなしで転職する際のポイントを4つご紹介します!

ポイント1:スクールなどを利用。事前にスキルを身につける

アピールできるスキルが見当たらない場合は、スクールなどに通って転職前にスキルを身に付ける方法もあります。例えば、IT業界へ転職する前のプログラミングスクールなどは一般的です。

その他にもコミュニケーションスキルを磨くスクールや英会話スクールなどもありますが、転職希望先が求めているスキルを確認して、それに沿ったスキルを身に付けるようにすることがポイントです。

ポイント2:大手より受け入れられやすい。ベンチャー企業に転職する

大手企業の場合は部署が細かく分かれていますので、転職に際して専門的なスキルを求められますが、ベンチャー企業の場合は、従業員数も少なく、1人でいくつもの仕事をしなければならないので、スペシャリストよりもゼネラリストが求められるケースもあります。

さらにベンチャー企業は特定のスキルよりも、仕事への熱量や体力、発想力を求めることも多いので、大手企業への転職が向かない場合はベンチャー企業も検討することをおすすめします。

ポイント3:今までの経験をどう活かせるかをアピールする

スキルがないと悩む方は多いのですが、本当にスキルがないというよりは、見つけられていないケースがほとんどです。そのような時に自分のスキルを見つけるヒントとして、今までの経験を振り返る方法があります。

これまでの業務の中で、乗り越えた困難や、周りや上司から評価されたこと、自分が得意だと感じた仕事などを書き出すことで、あなたの経験やスキルが転職先にどう活かせるかが見えてきます。

ポイント4:複数の転職エージェントを利用する

ポイント3でお伝えした通り、自分一人ではなかなかご自身のスキルに気が付くことができません。そのような時に上司や同僚に聞くことも効果的ですが、多くの場合、転職活動中であることは現職に伏せていますので聞きにくいですよね。

そんな時におすすめなのが、転職のプロである転職エージェントの利用です。たくさんの転職エージェントがありますが、1つに絞る必要はありませんので、それぞれのエージェントの特徴を調べながら、複数のエージェントに相談して、情報収集先や相談先を複数を確保するようにしましょう。

まとめ
    30代でスキルなしでも転職に成功する方法としては、ベンチャー企業を志望することが挙げられます。また、スクールに通ってスキルを身に付けたり、スキルを探す方法を見直すこともおすすめです。また、複数の転職エージェントに相談して、プロの意見をきくことも効果的です。

後から後悔しないために。30代で転職する場合の注意点3つ

type=“r”

30代の転職において、理解が深まってきました。30代は年代的に最後の転職になる可能性も高いので、絶対に後悔したくないのですが、後悔しないためのポイントはありますでしょうか。

30代は慎重に転職することが重要です。おっしゃる通り、そう何度も転職するチャンスはありません。それでは、30代で転職する場合の注意点をご紹介します。

30代で転職する際の注意点を3つご紹介します!

注意点1:年収がダウンする可能性もある

厚生労働省の調査では、30代で転職した人の約40%が年収アップを実現しています。30代転職者のうち、年収が上がった方の年収額アップ率は約13.5%です。30代前半よりも後半の方がアップ率は高くなります。30代は即戦力採用が主流のために、このように年収アップを狙うことが可能です。

その一方で、未経験職種へ転職する場合や、職種は同じであっても平均年収が低い業界へ転職する場合などは年収がダウンする場合もありますので、事前によく調べるようにしましょう。また、企業によっては転職後すぐの離職を防いだり、即戦力として機能するまでの期間として、転職後1〜2年は年収を低く設定している場合もあります。

【関連記事】

30代の転職は年収アップできる?年収アップの方法2つとコツ5つ

注意点2:年下の上司や先輩ができる可能性もある

基本的にスキルアップ転職の場合は、役職や職位も相応に与えられますので、年下の上司や先輩ができる可能性はあまり高くありません。スキルアップ転職であっても、年功序列ではなく年齢を考慮しない昇進人事を行う会社は、この限りではありません。

一方で、未経験職種へのキャリアチェンジ転職の場合は、上記の通り年収が下がるとともに、年下の上司や先輩ができる可能性が非常に高くなります。入社後ギャップを防ぐために、転職先の企業の人事制度やご自身の転職後の等級について確認するとともに、年下の上司や先輩ができる可能性も含んでおくようにしましょう。

注意点3:転職が叶っても希望職種でない可能性もある

中途採用の場合は職種が決まっているケースが多いのですが、職種が決まっていないこともあります。そのような場合は、希望と異なる職種に配属されるケースもありますので注意が必要です。このあたりは、選考段階でしっかり確認をして認識の相違が生まれないように注意しましょう。

まとめ
    30代での転職の注意点は、年収が下がる可能性があることや年下の上司や先輩ができる可能性があることです。また、場合によっては希望職種と異なる職種に配属される可能性もありますので、事前によく確認しましょう。

必須スキルについても相談。30代の転職向けの転職エージェント3選

type=“r”

注意点についてもよく理解できました。特に未経験職種の場合は、年下の上司になる場合もあることは、全く想像していなかったのでよく覚えておこうと思います。今の会社は年功序列なので、そういった企業文化や風土を含めて、様々なシーンでギャップが生じる可能性も想定しておこうと思います。

さっそく、自分のアピールすべきスキルについて転職エージェントに相談したいのですが、おすすめのエージェントはありますか?

転職に際しては、様々な面でギャップが生まれがちなので、十分すぎるくらいに転職希望先のことを確認するようにしてくださいね。
それでは、30代の転職に際しておすすめのエージェントをご紹介します。先ほどお話しした通り、複数のエージェントに登録してくださいね。

30代の転職におすすめの転職エージェントを3つご紹介いたします!

高年収の求人なら|JACリクルートメント


引用元:http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは求人数は多くありませんが、その代わりにハイクラス求人に特化したエージェントで、外資系や日系のグローバル企業に強みを持っています。特に海外での求人には圧倒的な強さを誇ります。

さらにキャリアコンサルタントの在籍者数も業界トップクラスであり、手厚く丁寧な対応が好評です。利用者の平均年齢は30代中盤であり、年収アップや外資系企業も転職先候補の方にはおすすめのエージェントと言えます。

大手からベンチャーまで|type転職エージェント

type転職エージェントは都市部のIT・WEB業界に強みを持っているエージェントです。大手企業からベンチャー企業まで幅広い企業を扱っていますが、特に東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県での求人情報を多く有しています。

転職者の71%が年収アップを実現しており、年収アップを目指す方にもおすすめですが、都市部で転職を考えており、業界がITやWEB系の方にとっては登録必須のエージェントと言えます。

50万人以上の利用実績|ワークポート

ワークポートはIT・WEB業界に強みを持っており、IT業界の求人は常時10,000件以上扱っています。IT業界の求人数は業界トップクラスです。また、転職コンシェルジュと呼ばれているエージェントの評価も高く、未経験者の転職にも手厚いフォロー体制が整えられています。

IT・WEB業界への転職を考えている人や、未経験業界への転職を目指す人はワークポートへまずご相談されることをおすすめします。

まとめ
    転職エージェントにはそれぞれ強みや特徴がありますので、複数登録して様々な情報を収集しつつ、積極的にエージェントへ相談することが重要です。

いかがでしたでしょうか?「30代 転職 スキル」について詳しくご紹介いたしました。30代は基本的に即戦力を求められますので、即戦力となるスキルや経験を整理し、アピールすることが重要です。また、入社後ギャップをなくすために、転職希望先の実態も可能な限り調べるようにしましょう。

type=“r”

これから転職活動をするにあたって、具体的なイメージを持つことができました。また転職エージェントに積極的に登録して、エージェントに相談しながら転職活動を進めて行こうと思います。

転職エージェントは求人情報の入手先であるだけでなく、転職のプロとして強力なアドバイザーなので、ぜひ様々なことを相談してください。転職活動がうまくいくように応援しております!