やりがいを感じられない方へ。30代転職に成功するための判断基準3つ

こんにちは!「30代 転職 やりがい」と調べている人は
『今の仕事に何のやりがいも感じられないが、転職して状況を変えることができるのだろうか…』
と悩みますよね。

「30代がやりがいのある仕事に転職する」ためには、現職でやりがいを感じない理由を分析し、転職でその問題が解決されるのかを吟味した上で、転職先に求められる即戦力を裏付けるご自身のスキルや経験を整理することが大切です!

なぜなら、問題を精査し転職が解決策となることを確認した上で、転職先が求めるあなたの能力を棚卸しすることで、「30代でやりがいのある仕事に転職すること」が可能になるからです!

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

なぜやりがいを感じられない?30代で転職したくなる理由5つ

type=“r”

30代となり、仕事にも慣れてきたのですが、毎日なんとなく同じ日々を生きているようで、やりがいがありません。仕事に対するモチベーションを保たないので、転職も考えています。

30代になると「やりがいを感じられない」という理由で転職を考える方が多くいらっしゃいます。 しかし闇雲に転職しても問題が解決されることはありません。まず、やりがいを感じられない理由=転職する理由を分析することが重要です。転職する理由の具体例を確認しつつ、理由を深掘りする際の注意事項もご紹介します。

30代が転職したくなる理由5選と理由分析時の注意点をご紹介します!

理由1:責任は増えるのに。昇給・昇格ができないから

「課長よりも仕事をしているのに給料が安い」と感じる30代も多いのではないでしょうか。 20代の頃と比べ、仕事の責任は格段に増しますが、それに見合うほどの昇給や昇格がないことで転職を望むケースがあります。特に大手企業で年功序列の組織に属している30代は、この理由で転職をする方が多くいらっしゃいます。

しかし、近年では年向序列は崩壊しつつあり、大企業であっても30代で管理職ポストが用意されることもありますので、現職の企業の動向を確認することも忘れないようにしましょう。

理由2:仕事に対する熱意・モチベーションが低下しているから

原因は様々だと思いますが、仕事に対する熱意やモチベーションが低いことで、毎日に張り合いがなくなっているケースです。その環境を変える手段として転職を考える方もいます。

しかし、モチベーションが低いことは自覚しているが、それがなぜだか分からない状態のまま転職をしても問題が解決しない可能性が高いので、必ず熱意やモチベーションが低下してる理由を分析するようにしてください。

理由3:20代のようにはいかない。体力的なつらさを感じるから

20代の頃は一晩寝れば体力が回復したのに、30代になると疲れが残るという方も多いと思います。特に肉体労働系の仕事の場合は、顕著に体力面での衰えを感じ、転職を考えるきっかけとなります。

体を壊してしまってからでは手遅れになるので、ご自身の心身としっかり向き合い、迅速に対応をすることは重要ですが、体力的な疲労感が精神面からきているケースもあるので、体力的なつらさを感じる原因をしっかり精査するようにしましょう。

理由4:心ここにあらず。やりたいと思っていることが他にあるから

新卒での就職活動時と、社会人経験を経た30代とで、「やりたい仕事」が変わるのは自然なことです。他にやりたい仕事が明確な場合は、転職の軸が明確なので転職活動もスムーズいくケースが多々あります。

しかし、やりたい仕事のみで転職先を決定するのは危険であり、特に年収面については、長期的なライフプランの中で「必要最低限の収入」を算出し、転職先がそれを満たしているかの確認が重要です。

理由5:女性は特に。仕事と家庭を両立するのがハードだから

性別に関わらず、ライフステージの変化、病気や怪我などのアクシデントによって、仕事とプライベートのバランスが保てなくなることもあります。

特に女性には出産に代表される女性特有のライフステージの変化がありますので、男性よりも仕事と家庭(プライベート)を両立することが困難な場合があることも事実です。このようなワークライフバランスの事情から、転職を考える方もたくさんいらっしゃいます。

まとめ
    30代で転職を考える理由は、仕事とその対価(昇給や昇格)への不満や他にやりたい仕事がある場合など、現職に対するモチベーションや熱意の低下が挙げられます。また、体力的な問題やワークライフバランスが理由で転職を考えることも一般的です。

【コラム】30代転職の実情とは?30代は「即戦力性」「マネジメント能力」が重要

type=“r”

30代が転職を考える理由は共感することも多く、よく理解できました。転職理由は時間をかけて明確化していきたいと思いますが、30代での転職を成功させる上で重要なことは何でしょうか?

おっしゃる通り、転職する理由(転職軸)の明確化は転職をする上で重要な分析にあたります。それでは、「求職者から転職希望先の企業へのアピール」という視点で、ポイントとなる項目をご紹介します。

30代の転職でアピールすべきは「即戦力性」と「マネジメント能力」!

30代の転職は20代と異なり、ポテンシャル採用ではなく即戦力採用となります。よって、基本的なビジネススキルはもちろん、企業のニーズに沿った即戦力となる専門的なスキルや経験が求められます。加えて、これらのスキルや経験を裏付ける実績も具体的に提示することで信頼性を高めることが可能です。

また、30代となるとマネジメント能力も求められます。マネジメントにおける軸(モットー)やマネジメントで苦慮したこと、それを乗り越えた経験もなるべく具体的に語ることが重要です。しかし、30代で管理職経験がなくても特に問題はありません。業界や企業によって、管理職は40代からという組織も多々あります。そのような場合は後輩への接し方や指導に置き換えて話すようにしましょう。

まとめ
    30代の転職で重要なのは、即戦力性とマネジメント能力です!しっかりとアピールできるように丁寧に棚卸しましょう。

やめるかやめないか?後悔しないための判断基準3つ

type=“r”

30代となると何度も転職はできないですし、転職に慎重になってしまいます。転職するのか、現職に留まるかを決める際に、ポイントとなる判断基準はありますでしょうか?

転職は大きな決断になりますので、転職する場合としない場合のメリットとデメリットを比較することが重要です。判断基準は転職理由にも拠るので一概には言えませんが、汎用性のある判断基準をいくつかご紹介いたします。

現職に留まるか否かを決断する際に、検討すべき判断基準を3つご紹介します!

その1:5年後に活躍しているイメージが湧くか

現職で働き続けた場合に、5年後に活躍している自分を想像できるかは重要な指標になります。5年後の活躍もイメージできない場合は、既に現職でキャリアプランを描けていない可能性がありますので、転職を本格的に検討すべきかもしれません。

その2:辞めずにいたら問題は解決する見込みがあるのか

このまま現職に留まり続けた際に、転職を考える原因となった問題が解決する見込みがどれ程あるか?ということも重要な判断基準になります。
問題の解決は環境や周りの変化に期待するのではなく、自分自身で解決するスタンスが大事になりますので、ご自身の努力で解決される可能性がどれほどあるのかも併せて考えることをおすすめします。

その3:このまま在籍していたらなりたい自分になれるのか

これまでの理由と似ていますが、現職に留まり続けた際に、自分が理想とするキャリアプランを描き続けることができるか? という点も考慮してください。これも環境が変わることを待つのではなく、能動的なアプ

ローチを経た上で、なりたい自分になれる可能性がどれほどか、実際にチャレンジし、その結果どうだったかという点も含めて考えることをおすすめします。

【コラム】残留するなら。転職欲が再燃しないためにストレス発散を

type=“r”

退職しない決断をして現職に留まっても、また転職したいと思う日が来そうで心配です。転職欲の再来が仮に40代だった場合、転職も難しくなるでしょうし、30代の決断を後悔しそうな気がします。

確かに今は退職しないことがベストな判断であっても、数年後に違う決断をする可能性はあります。転職欲が再燃した際の対処法をご紹介します。

残留を決めた後の、転職欲再燃への対処方法と心掛けるべきことをご紹介します。

30代は転職時期としては重要なタイミングであり、40代以降の転職は一般的に30代よりも難しくなります。よって、この先に「30代で転職しておけば良かった」と思う可能性はありますが、「その時々によってベストな選択は異なるので仕方ない」と割り切る気持ちも重要です。

また、日頃のストレスの積み重ねが転職欲を再燃させることもありますので、日々ストレスを溜めないように少しずつ発散していくことを心掛けて下さい。

まとめ
    現職への残留を決めた後に、転職欲が再燃しないようにストレス発散を心がけましょう。その都度ベストな判断は異なると割り切ることも大事です。

計画的な転職を。30代で転職に失敗しないためのコツ5つ

type=“r”

現職に留まることを決めた時の心構えについて勉強になりました。検討の結果、転職を目指す際に、30代の転職で失敗しないためのコツはありますか?

転職に失敗しないための1番のコツは、なぜ転職したいのかを明確にすることです。転職の軸が定まらなければ、その後の方向性がブレてしまいます。以下で詳しくご紹介いたします。

30代で転職に失敗しないためのコツを5つご紹介します!

その1:なぜやめたいか?やめたい理由を正確に分析する

現職を辞める理由=転職する理由は、転職の軸となり、転職活動をする上で最も重要な指針になります。この分析が甘いと、転職の方向性がブレてしまったり、転職後のミスマッチが起きやすくなります。

現職を辞めたい理由を深掘りしつつ、それが現職ではどうしてもクリアできないのか、また転職すればクリアできるのかもきっちりと見定めることで、転職の失敗を防ぐことができます。

その2:事前学習を。「即戦力」として仕事できるように準備する

企業は30代の転職者に「即戦力」を求めています。ただし、即戦力となる上で必要な要素は企業によって異なりますので、転職を希望する企業がどのようなスキルや経験を求めているのかをきっちりと確認しつつ、それにマッチするあなたのスキルや経験を棚卸して、整理して伝えられるように準備しましょう。

その3:日頃の考え方が影響。「適応力」を身につけておく

転職後に必ずぶつかる壁として、前職との風土や文化、仕事の回し方の違いが挙げられます。

この壁にぶつかった時に、「このやり方はおかしい!」と考えるのではなく、「こういうやり方もあるのか」とうまく適応することが重要です。日頃から些細なことでも自分の「当たり前」を疑い、異質を受け入れる習慣をつけておきましょう。

その4:先導する力。「リーダーシップ」を発揮するために準備する

30代にはリーダーシップも求められます。マネジメント経験ともリンクしますが、目標を達成する際にどのようにチームを先導してきたか、分かりやすく伝えられるように準備をしましょう。

リーダーシップを発揮する際の軸(モットー)やリーダーシップをとる上で苦慮したこと、それを乗り越えた経験もなるべく具体的に語ることが重要です。

その5:第三者の意見。辞めるやめないは別にまず転職エージェントに相談する

30代に限ったことではありませんが、転職において第三者の意見を聞くことは非常に重要です。特に転職は人生で数回経験するかしないかのイベントなので、自分一人では経験値が少なく正しい判断ができない可能性があります。

だからこそ転職に際しては、転職のプロである転職エージェントに相談するようにしましょう。転職をすべきか否かについても相談に乗ってくれるので、転職を決める前の相談もおすすめです。

まとめ
    転職に失敗しないためのコツは、転職する理由を明確化することと、30代の転職で企業に求められているスキルや経験を把握してアピールすること、そして何よりも転職エージェントに相談することです。

まずはリサーチから。30代の転職におすすめの転職エージェント5選

type=“r”

転職に失敗しないためのコツをよく理解できました。転職エージェントにも早速相談しようと思いますが、30代におすすめのエージェントはありますか?

30代の転職におすすめのエージェントはいくつかありますのでご紹介します。ただし、転職エージェントは1つに絞る必要はありませんので、複数のエージェントを活用するように心掛けて下さい。

30代転職におすすめの転職エージェント5選!

転職支援実績No.1|リクルートエージェント


引用元:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、転職エージェントの最大手であり、求人数や転職成功の実績が国内No.1です。エージェントの質の高さも好評であり、転職に関するノウハウを多く蓄積しています。広く転職候補先を探したい方にもおすすめのエージェントです。他の転職エージェントにない求人もリクルートエージェントなら持っている可能性があります。また、年収などの条件交渉にも定評があります。

10万件以上の求人数|dodaエージェントサービス


引用元:https://doda.jp/consultant/

dodaはリクルートエージェントと並び大手の転職エージェントで、非公開求人は国内最大級規模の10万件以上取り扱っている点も大きな特徴です。幅広い年齢層の転職に対応しているため、カバーしている企業数も多く、例えば、普段は20代の転職が多い企業であっても、30代の転職需要が生まれた際に素早く情報収集をすることができます。

30代もOK|マイナビエージェント


引用元:https://mynavi-agent.jp/

マイナビエージェントも人材業界の大手企業で、リクルートエージェントと2大巨頭として比較されることが多々あります。求人も多数扱っていますが、マイナビのみで扱っている案件も多く揃えています。また、20代や第二新卒に強みを持っている点も特徴で、マイナビジョブ20’sはまさに20代に特化した転職支援サービスですが、30代の転職に関しても多くの情報を蓄積しています。履歴書の添削にも力を入れており、転職をトータルで手厚くサポートしてくれる点が特徴です。

取引企業16000社|パソナキャリア


引用元:https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは取扱求人数こそトップレベルには及びませんが、歴史が古く、豊富な会社を扱っています。その取引企業数は業界トップクラスです。また、2016年に、女性の活躍支援に特化したサービスを提供する専門チーム「女性活躍推進コンサルティングチーム」を発足するなど、女性の転職に力を入れていることも特徴です。さらに転職者の3人に2人が年収アップを実現しているなど、年収アップの転職にも定評があります。

高年収層に特化|JACリクルートメント


引用元:http://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは求人数は多くありませんが、その代わりにハイクラス求人に特化したエージェントで、外資系や日系のグローバル企業に強みを持っています。特に海外での求人には圧倒的な強さを誇ります。さらにキャリアコンサルタントの在籍者数も業界トップクラスであり、手厚く丁寧な対応が好評です。利用者の平均年齢は30代中盤であり、年収アップや外資系企業も転職先候補の方にはおすすめのエージェントと言えます。

まとめ
    転職エージェントにはそれぞれ強みがありますので、いくつかのエージェントを組み合わせて活用するようにして下さい。また、転職エージェントによっても扱っている求人が異なりますので、より多くの求人を把握するためにも複数のエージェント登録がおすすめです。

いかがでしたでしょうか。30代でやりがいがある職業に転職するためのコツをご紹介しました。

type=“r”

今の仕事にやりがいを感じずに、張り合いのない日々でしたが、すぐに転職を決断するのでなく、なぜ今の仕事にやりがいを感じないのか、転職エージェントにも相談しつつ、整理しようと思います。

転職エージェントは転職のプロなので、遠慮せずに様々な相談をしてみてください。繰り返しになりますが、多くの情報源を確保する目的でも、複数のエージェントを活用することを忘れないでくださいね。それでは、転職活動がうまくいくように願っています。