30代の転職は年収アップできる?年収アップの方法2つとコツ5つ

こんにちは!「30代 転職 年収」と調べている人は
『30代の転職で年収をアップさせることは可能なのだろうか…』
と悩みますよね。

「30代の転職で年収をアップ」させるためには専門的なスキルや経験を生かせる仕事に転職することが大切です!

なぜなら、キャリアアップ転職を目指すことで、「30代の転職で年収をアップさせること」が可能になるからです!そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「30代 転職 年収」に関するノウハウを全てお伝えします。

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

30代の転職は年収はアップする?相場や傾向など

type=“r”

私は今30代で転職を考えているのですが、転職の理由は年収アップです。30代の転職の相場や傾向など、年収にフォーカスを当てて教えていただけますでしょうか?

30代の転職で年収アップを狙うことは可能です。そのためには気を付けなければならないことなども含め、ポイントがいくつかあります。
それは追ってお話するとして、まずは30代の平均年収などの相場を確認しましょう。

30代の転職に関するお金の事情をご紹介します!

「民間給与実態調査」から見た30代の平均年収

30代で年収アップの転職を目指す際に、30代の年収相場を知っておくことは重要です。
国税庁の調査によると、30代前半の平均年収は397万円、30代後半の平均年収は432万円です。
これは平均値ですので、中央値はもう少し低くなります。

平均年収アップ率は13.5%。30代転職の年収アップ額や世間相場

厚生労働省の調査では、転職した人の約40%が年収アップを実現しています。30代転職者のうち、年収が上がった方の年収額アップ率は約13.5%です。30代前半よりも後半の方がアップ率は高くなります。30代は即戦力採用が主流のために、このように年収アップを狙うことが可能です。

スキル・キャリアが重要。同業界なら年収アップの可能性が高い

30代は即戦力採用の需要があるとお伝えしましたが、即戦力となることをアピールするためには、スキルやキャリアが重要です。自分の持っているスキルやキャリアを最大限生かすことができる、現職と同業界・同職種は必ず転職先候補に含めるようにしましょう。

完全未経験は厳しい。30代未経験での転職は年収ダウンしやすい

完全未経験業界や完全未経験職種への転職は年収がダウンしやすい傾向にあります。年収アップの転職を狙うのであれば、まずは経験業界、経験職種を優先的に検討するようにしましょう。

まとめ
    30代の平均年収は400万円前後で、平均年収アップ率は約13.5%です。経験業界、経験職種を狙うことが年収アップのポイントとなります。

【コラム】ブライダルなど。人気職業は年収が低めな傾向あり

type=“r”

30代の転職により年収を上げることは可能と聞いて安心しました!さっそく自分が行きたい業界・企業でどれほど年収が上がるか確認してみます。

年収アップは業界に拠るところも大きくあります。例えば人気職業であるブライダルは業界的に年収が低いので、転職しても年収アップは望めない可能性もあります。

人気職業は年収が低い可能性があるので注意が必要です。

人気職業でも年収が低い業界はあります。例えばブライダル業界もそうですが、人気がある仕事のため、年収が低くても人材が集まることも一因です。
転職する際には業界の平均年収なども参考にすることをおすすめします。

まとめ
    人気職業は年収が低い傾向もありますので、年収アップを考えている際は注意が必要です。

正攻法。30代の転職で年収アップするための方法2つ

type=“r”

人気職業には年収が低い場合もあることは勉強になりました。収入ではなく、業務内容等の魅力で人気がある職業に多そうですね。
その他に、30代の転職で年収アップをさせる具体的な方法があれば教えてください。

30代の転職で年収を上げるためには、キャリアチェンジでなくキャリアアップ転職が重要であることは既にお伝えしておりますが、より具体的な方法をご紹介しましょう。

30代の転職で年収をアップさせるための具体的な方法を2つご紹介します!

方法1:求人票のままはNG。年収アップを交渉する

一見当たり前のようですが、転職者が年収アップの交渉をしないまま入社を決めることは多々あります。年収等の条件面談は最終面接後に設定されることも多く、「年収の交渉はできないのではないか」と考えてしまうことや「最終面接まできたのだから、年収は希望より低いが我慢しよう」という求職者が多いようです。

求人票には最低限の年収が記載されていることもありますので、遠慮せずに年収アップの交渉をすることを心がけましょう。

方法2:年収・給与・賞与にフォーカス。年収が高い求人を探す

こちらも根本的な方法ですが、年収・給与・賞与のみを条件として、求人を探すことも有効です。転職の際は転職する理由、すなわち転職の軸がいくつかあると思いますが、求人も無数にありますので、転職の軸の優先順位がブレて、迷いが生まれてしまいがちです。

最も優先度の高い軸が年収であるならば、まずは年収の条件が合致する求人のみを探すことで、年収UPの転職に近づくことができます。

【コラム】30代女性の年収アップ転職は女性向け転職エージェントが◎

type=“r”

私の妻も30代なのですが、年収アップの転職を目指しています。基本的なポイントは男性と同じかと思いますが、女性特有のアドバイスなどはありますでしょうか?

おっしゃる通り、年収アップの転職について重要な点は男女ともに共通です。
女性特有ということでしたら、最近では女性向けの転職エージェントがありますので、そのエージェントに相談することをおすすめします。

30代女性の転職で年収アップを狙うのであれば、女性向けの転職エージェントへの相談をおすすめします!

一昔前は女性はキャリアアップを目指すことが少なく、結婚や出産によってキャリアを諦める方も多くいました。近年では官民共同で性別によるキャリアの差を埋めるために、様々な取り組みが進められています。その効果もあり、人口減の日本において労働力が保たれている面もあります。

このような時代背景の中で、女性向けの転職エージェントが活況です。「Type 女性の転職エージェント」など、様々な女性特化型の転職エージェントがありますので、ぜひチェックしてみてください。

まとめ
    30代女性の転職で年収UPを目指す際は、女性向けの転職エージェントの利用をおすすめします!

転職に成功しよう。30代の転職で年収アップするためのコツ5つ

type=“r”

女性特化のエージェントがあるのですね!非常に勉強になりました。男性であっても転職エージェントに相談することはポイントとなりそうですが、その他に年収アップを実現するためのコツはありますでしょうか?

30代の転職で年収アップを実現するためには、仰る通り転職エージェントへの相談は重要なポイントになります。その他にもいくつかコツがありますので、以下で詳しくご紹介いたします。

30代の転職で年収アップするためのコツ5選!

コツ1:時代のニーズを捉える。今後伸びていく業界を探す

従業員の年収が高く維持するためには、企業が高い利益をあげていることが必要です。
よって、転職する企業や業界が現在置かれている市場環境や、今後の展望を精査することは非常に重要になります。当然、景気や業界・企業の未来を予想することは難しいのですが、今後需要のある業界を探すように心がけましょう。

コツ2:コンサル・商社・金融など。年収水準が高い業界を狙う

先ほどブライダル職は、人気はあるが業界の平均年収はあまり高くないことをご紹介しました。
一方で、業界の平均収入が高いコンサル・商社・金融を転職先の候補とすることも、年収アップに有効な手段となります。このように業界の平均年収を確認することも忘れてはいけない準備となります。

コツ3:実力勝負。評価制度やインセンティブ付きの業種を狙う

多くの企業では、月々の給与は固定で、ボーナスは一部業績連動というケースがほとんどですが、営業職種を中心に、営業成績に応じてインセンティブが生じたり、ボーナスも個人の業績によって大幅に変動する評価制度を運用している企業もあります。
実力により年収を大幅にUPさせることが可能な企業を選択することも、年収UPの1つの方法です。

コツ4:未経験と別分野は違う。経験を活かせる別分野を狙う

年収アップを目指す際は、未経験業界や未経験職種を避けるべきであることはお伝えしましたが、経験を活かせる別分野を探すことで年収UPを図ることは可能です。

具体例を挙げると、広告業界で営業をしていた方が、アパレル業界の広報に転職するといったケースです。未経験業界・職種への転職ではありますが、広告業界の経験が活かせる広報という部署への転職なので、年収アップを図ることは充分可能になります。

コツ5:交渉のプロにおまかせ。転職エージェントを活用する

これは転職における基本になりますが、転職のプロである転職エージェントを活用することです。年収交渉についても求職者と企業の間に入り交渉してくれますので、希望をしっかりと伝えた上で、実際の交渉は転職のプロに任せる方法が最も効率的で効果的と言えます。

まとめ
    30代の転職で年収アップを目指す際は、業界の展望や年収水準の高い業界を調査することが重要です。また、仕事のアウトプットに応じて年収が変動する企業や、自身のスキルや経験を活かせる企業を探すことで年収アップを目指せます。転職エージェントに年収の交渉をお願いするのも有効な手段です。

30代の年収アップにおすすめの転職エージェント4選

type=“r”

30代の転職で収入アップを目指すコツがよく理解できました。また、転職エージェントへの相談もさっそく考えたいと思いますが、おすすめの転職エージェントはありますでしょうか?

転職エージェントはたくさんありますので、迷ってしまいますよね。ただ転職エージェントを1つに絞る必要は全くありません。
気になった転職エージェントに複数登録するようにしてください。ここでは30代で年収アップの転職を目指す際に、おすすめのエージェントをいくつかご紹介します。

30代の転職で年収アップを目指す方におすすめの転職エージェント4選!

その1:非公開求人も多数|リクルートエージェント


引用元:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、転職エージェントの最大手であり、求人数や転職成功の実績が国内No.1です。エージェントの質の高さも好評であり、転職に関するノウハウを多く蓄積しています。広く転職候補先を探したい方にもおすすめのエージェントです。非公開求人数も業界トップクラスで、他の転職エージェントにない求人もリクルートエージェントなら持っている可能性があります。また、年収などの条件交渉にも定評があります。

その2:国内No.2の人材サービス|doda


引用元:https://doda.jp/consultant/

dodaはリクルートエージェントと並び大手の転職エージェントで、非公開求人は国内最大級規模の10万件以上取り扱っている点も大きな特徴です。幅広い年齢層の転職に対応しているため、カバーしている企業数も多く、例えば、普段は20代の転職が多い企業であっても、30代の転職需要が生まれた際に素早く情報収集をすることができます。

その3:外資系企業の求人多数|randstad

randstad(ランスタッド)は外資系企業に特化しており、ハイクラスな求人が多いので、年収UPも大いに期待できます。求人も厳選しているからこそ求人数は多くありませんが、手厚いサポートが評判の転職エージェントです。30代で年収UPの転職を目指している方におすすめのエージェントと言えます。

その4:3人中2人が年収アップ|パソナキャリア


引用元:https://www.pasonacareer.jp/

パソナキャリアは取扱求人数こそトップレベルには及びませんが、歴史が古く、豊富な会社を扱っています。その取引企業数は業界トップクラスです。また、2016年に、女性の活躍支援に特化したサービスを提供する専門チーム「女性活躍推進コンサルティングチーム」を発足するなど、女性の転職に力を入れていることも特徴です。さらに転職者の3人に2人が年収アップを実現しているなど、年収アップの転職にも定評があります。

まとめ
    30代の転職で年収アップを目指す際におすすめのエージェントをご紹介しました。複数の転職エージェントに相談することおすすめします。

いかがでしたでしょうか?30代の転職で年収アップを目指す方法やコツについて詳しくご紹介いたしました。転職エージェントに相談をしつつ、ご自身の転職の軸の確認や、武器となるスキルや経験をしっかり棚卸することから始めてください。

type=“r”

ありがとうございました。お話をしていて、30代の転職で年収をアップさせるためにやるべきことが明確になりました。さっそく転職エージェントへの相談から進めていきたいと思います。

転職エージェントへ相談しつつ、迷うことがあれば今日のお話もぜひ思い出してください。転職が成功することを心より願っています!