高卒30代の転職は不利なの?30代高卒でも転職に成功するコツ5つ

こんにちは!「30代 転職 高卒」と調べている人は
『高卒30代で転職は可能なのだろうか…』
と悩みますよね。

「高卒30代で転職に成功」するためには学歴を気にし過ぎず、即戦力となる自分のスキルを棚卸しすることが大切です!

なぜなら、学歴を気にし過ぎずに、スキルを正確に棚卸しすることで、「高卒30代で転職に成功する」ためのアピールが可能になるからです!
そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「30代 転職 高卒」に関するノウハウを全てお伝えします。

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

学歴って重要なの?高卒30代は転職で不利になるのか

type=“r”

私は最終学歴が高卒ですが、転職を考えています。30代という年齢も気になりますが、高卒の転職は大卒に比べて不利なのでしょうか?

結論から申し上げると、高卒の転職は大卒に比べて不利な面もあります。ただ、高卒30代の転職市場を知り、適切な対策を打つことで転職に成功することは可能です。以下で詳しくご紹介しましょう。

高卒30代の転職は大卒に比べて不利な面もありますが、転職市場を把握し、対策をすれば転職に成功することも可能です!

学歴フィルター健在。高卒OKの求人数が少ないのは事実

学歴フィルターは存在します。大卒を求める求人は多く、高卒はその時点で選択肢が限られてしまいます。しかし、新卒採用ほどは学歴が重要視されません。学歴の代わりに、職歴もしっかりと見られることになります。

高卒可の求人案件は肉体労働職や営業職が多め

高卒可である求人案件は、仕事で身体を動かすことが多い肉体労働職系と、成果によって評価される営業職系に多い傾向があります。
一方で、金融や商社については、営業職であっても大卒以上が求められる傾向が強く、このように職種だけでなく業界によっても変わってきますので注意が必要です。

即戦力を求む。30代高卒の転職で重要なのは「学歴」より「実績」

転職の場合は、学歴よりも社会人になってからの実績がより重要視されます。
よって、高卒が不利であることを気にしすぎる必要はありません。社会人になってからの実積を棚卸し、ご自身が即戦力としてアピールできる強みを整理しましょう。

まとめ
    30代高卒の転職において、学歴フィルターは存在します。転職の選択肢は肉体労働職か営業職が多くなりますが、実績やスキルがあれば選択肢は広げることが可能です!

【コラム】高卒だとしても。30代前半は転職市場で需要の高い世代

type=“r”

30代高卒の転職の需要が気になります。30代といっても30代前半と30代後半で異なるのでしょうか。

結論を申し上げると、30代前半は比較的需要が高いと言えますが、30代後半から40代に近づくにつれて転職需要が徐々に落ちてきます。

30代高卒の転職需要について確認してみましょう!

30代の転職は即戦力を求められます。企業が求める即戦力を有する求職者の需要は高いと言えます。ただ、40代、50代となると即戦力となるスキルがあっても、一般的に前職の在籍期間が長くなるために、転職先の文化や風土に馴染めないことを懸念する企業も増えてきます。こういった事情により、30代後半からは徐々に転職需要が落ちていくことに注意が必要です。

まとめ
    30代前半までは転職市場での需要は比較的高いが、30代後半から徐々に需要は落ちてきます。

求人数も多め。高校卒・未経験でも転職しやすい仕事4選

type=“r”

30代高卒における転職需要をよく理解できました。
30代高卒や未経験であっても比較的転職が容易な仕事はあるのでしょうか?

30代高卒や未経験者が転職しやすい仕事はあります。成果に応じて収入が変動する仕事であったり、人材の供給が需要に追い付いていない仕事が代表例です。以下で詳しく解説します。

30代高校卒や未経験者が転職しやすい仕事4選!

その1:完全実力主義。IT・WEB系の仕事

ITやWEB系の仕事は実力主義なので、学歴が重視されるようなことはあまりありません。よって、高卒であることがマイナスに働くことはあまりなく、実力があれば転職はし易いと言えますが、転職先で必要とされるITやWEBの知識は最低限必要であることから、未経験者の場合は、その辺りの知識が豊富でないと転職が難しいといえます。

その2:結果が全て。販売職などの営業系の仕事

販売職などの営業の仕事も、結果が全てであり生き残るのが難しい仕事と言えますが、だからこそ学歴が重視されることはほぼありません。経験者は優遇されることがありますが、未経験者でも比較的転職が容易な仕事となります。
また、事前に必要となる知識はIT・WEB系よりも少なく、その点を考慮しても転職しやすい仕事といえます。

その3:スキル重視。エンジニア系の仕事

エンジニア系の仕事は未経験の場合は少し難しくなりますが、高卒であってもスキルがあれば転職することが可能です。スキルが全てである仕事の代表例と言えます。

その4:人材不足で求人多め。介護系の仕事

日本は少子高齢化で高齢者の数が増えていますが、その一方で介護の仕事は人材が常に不足しています。こういった背景により、介護系の仕事は需要が高く、転職しやすい仕事といえます。

経験やスキルを活かす。高卒でも転職に成功するコツ5つ

type=“r”

30代高卒や未経験であっても転職しやすい仕事を理解することができました。特に私は介護の仕事に興味があったのでチェックしてみたいと思います。ところで、高卒で転職に成功するコツはありますでしょうか?

高卒で転職に成功するためのコツはたくさんあります。最も重要なのは、高卒であると考え過ぎないことです。以下でその他のコツもご紹介いたします。

高卒でも転職に成功するコツを5つご紹介いたします!

コツ1:実力が重要。語学やビジネスなど資格を取得する

30代高卒の転職は「即戦力」が求められているとご紹介しましたが、あなたの実力を客観的に示す資格の取得も有効です。ただし、様々な資格をたくさん取るのではなく、転職を考えている企業に需要のある資格を選び、それを深く極めるようにしましょう。

コツ2:最大の強み。これまでの経験や実績を棚卸ししておく

即戦力採用において企業が最も欲しがるのは、前職での経験や実績です。どんなに素晴らしい経験や実績を持っていても、それを伝えられなければ意味がないで、しっかり棚卸し、整理して伝えられるようにしましょう。

コツ3:前向き要素が重要。転職理由をポジティブに伝える

転職理由はポジティブなことばかりではないかもしれません。例えば、現職の新規営業のノルマがキツいので退職し、ルート営業に転職したい場合であっても、その理由をそのまま伝えるのと、「新規顧客を次々と獲得していく営業スタイルもスピード感に溢れ良かったが、特定の顧客と深く向き合える営業をすることで、顧客への貢献をより実感したい」と伝えるのとでは、まるで印象が変わります。このようにポジティブな転職理由を伝えるように準備しましょう。

コツ4:経験を武器に。即戦力になれることをアピールする

即戦力になれることをアピールするためには、企業が何を求めているのかを知ることが重要です。企業が求めている人材に自分を重ね合わせて、自分の中でアピールすべきスキルを選択するようにしましょう。

コツ5:学歴が全てではない。「高卒だから」と考えすぎない

企業は学歴が高い人材が欲しいのではなく、即戦力になる人材が欲しいことを忘れないでください。学歴は前職での実績や経験と同じく、あなたが即戦力となり得るかどうかの判断材料の1つに過ぎませんので、高卒であることを考え過ぎないようにしましょう。

まとめ
    高卒30代の転職を成功させるためには、自分のスキルや経験を棚卸しし整理することが重要で、相手の求めている即戦力に合致する内容をアピールできるようにしましょう。

【コラム】転職に成功するために。転職エージェントに相談しよう

type=“r”

30代高卒の転職でポイントとなる点がよく分かりました。ただ、自分の能力を棚卸して、即戦力となる部分を選別したり、アピールするのは少し難しそうです。

自分の強みは自分だけでなく第三者に意見を聞くことも重要です。求人の情報収集も含めて、転職アドバイザーへの相談をおすすめします。

転職に成功するためには転職アドバイザーへの相談が必須です!

転職エージェントは、様々な企業の求人情報を持っている上に、多くの転職支援をしていますので当然転職ノウハウも蓄積されています。
求人の紹介だけでなく、転職活動における全般的な悩みの相談にもプロとして応じてくれますので、必ず転職エージェントを活用するようにして下さい。
転職エージェントはたくさんありますが、それぞれに強みがあります。また、1つのエージェントに絞る必要はありませんので、複数のエージェントに相談して多くの情報を得られる体制を整えるようにしましょう。

まとめ
    転職エージェントに相談することで、転職成功の可能性を大きく上げることができます!

30代高卒におすすめ転職エージェント5選

type=“r”

転職エージェントに相談することの重要性をよく理解できました。しかし、転職エージェントの数がたくさんあって、いくつかに絞ることでさえ迷ってしまいます。おすすめのエージェントはありますでしょうか?

転職エージェントはたくさんあるので確かに迷ってしまいますよね。それでは30代高卒におすすめの転職エージェントをご紹介します。
繰り返しになりますが、転職エージェントは1つに絞る必要はないので、複数のエージェントに相談するようにしてください。

30代高卒におすすめの転職エージェント5選!

実績No.1の安心感|リクルートエージェント


引用元:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、転職エージェントの最大手であり、求人数や転職成功の実績が国内No.1です。エージェントの質の高さも好評であり、転職に関するノウハウを多く蓄積しています。広く転職候補先を探したい方にもおすすめのエージェントです。他の転職エージェントにない求人もリクルートエージェントなら持っている可能性があります。また、年収などの条件交渉にも定評があります。

非公開求人10万件以上|doda


引用元:https://doda.jp/consultant/

dodaはリクルートエージェントと並び大手の転職エージェントで、非公開求人は国内最大級規模の10万件以上取り扱っている点も大きな特徴です。幅広い年齢層の転職に対応しているため、カバーしている企業数も多く、例えば、普段は20代の転職が多い企業であっても、30代の転職需要が生まれた際に素早く情報収集をすることができます。

就職成功率81.1%以上|ジェイック

ジェイックはフリーターから正社員への転職に強みを持っており、そういった意味で幅広い求人をカバーしています。就職成功率が約81.1%、転職後の3ヶ月定着率は90%を超えているのは大きな強みであり、マッチングの正確性を表わしています。

マンツーマンでサポート|ハタラクティブ


引用元:https://hataractive.jp/

ハタラクティブはフリーターから正社員への転職実績が豊富であり、転職者の3人に2人は初めて正社員へ転職しています。利用者の93%が20代であり、マンツーマンのサポート体制が好評です。「フリーターから正社員」「20代」が中心なので、高卒30代の転職には関係ないと思ってしまいますが、他のエージェントがなかなかカバーしていない領域に強みを持っておりますので、普段20代を中心に採用している企業に30代の採用需要が生まれた際に、いち早く情報を入手することができます。

業界トップクラスの取引企業|パソナキャリア


引用元:https://www.pasonacareer.jp/
パソナキャリアは取扱求人数こそトップレベルには及びませんが、歴史が古く、豊富な会社を扱っています。その取引企業数は業界トップクラスです。また、2016年に、女性の活躍支援に特化したサービスを提供する専門チーム「女性活躍推進コンサルティングチーム」を発足するなど、女性の転職に力を入れていることも特徴です。さらに転職者の3人に2人が年収アップを実現しているなど、年収アップの転職にも定評があります。

まとめ
    転職エージェントにはそれぞれ特徴があります。1つに絞らずに気になったエージェントに複数登録するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?30代高卒の転職に成功するコツを中心に詳しくご紹介いたしました。

type=“r”

30代高卒の転職では学歴を気にしすぎずに、即戦力としてアピールできる自分のスキルや能力を丁寧に棚卸したいと思います。転職エージェントへの相談も早速検討しますね。また迷うことがあったら今日のお話を振り返ってやるべきことを確認します!

本日お話したことは重要なことばかりなので、転職活動中に定期的に振り返ってみてください。
そして後悔のないようにしっかり準備して転職に備えてくださいね。応援しています!