30代の転職でキャリアアップに成功するためのポイント6つとコツ5つ

こんにちは!「30代転職 キャリアアップ」と調べている人は
『30代でキャリアアップの転職をするためにはどうすればいいのだろう…』
と悩みますよね。

「30代でキャリアアップ転職に成功」するためには自分のスキルを明確化し、それをブラッシュアップすることが大切です!」なぜなら、即戦力が求められる30代の転職において、自分の武器を明確化し、それを伸ばすことで「30代でキャリアアップの転職に成功」することが可能になるからです!そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「30代 キャリアアップ転職」に関するノウハウを全てお伝えします。

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

30代の転職はどうなの?転職市場・事情について

type=“r”

私は今30代でキャリアアップ転職を目指しているのですが、30代の転職については、「20代の転職よりも難しい」程度のイメージしかありません。30代の転職市場について教えていただけないでしょうか。

30代の転職が20代と最も異なるのは、企業の期待です。基本的に20代はそのポテンシャルに期待され、30代は即戦力を求められます。この点をはっきり認識して転職活動に挑むことが重要です。

30代の転職で企業から求められるものをご紹介します!

即戦力であるのが重要なため未経験業界は厳しい

冒頭でお話したように、30代の転職では「即戦力」が求められます。よって、20代と異なり30代で未経験業界への転職は難しいケースが多くなります。
ただし、職種が同じであれば未経験業界でもキャリアアップ転職の可能性はありますので、自分の培ってきた専門的なスキルや経験が活かせるかどうかを確認してください。

30代の転職では具体的な「結果」「実績」が重要

即戦力となり得るか否かを判断する1つの材料として、具体的な仕事の結果や実績が求められます。ご自身がアピールするスキルがどれだけ素晴らしいものであっても、結果や実績が伴っていない場合は評価されないことに注意してください。

30代の転職では「マネジメントスキル」を求められる

30代の転職ではマネジメントスキルも求められます。管理職としての経験を詳しく語れるように準備しましょう。その際、マネジメントにおける軸(モットー)やマネジメントで苦慮したこと、それを乗り越えた経験もなるべく具体的に語ることが重要です。
また、30代で管理職経験がなくても特に問題はありません。業界や企業によって、管理職は40代からという組織も多々あります。そのような場合は後輩への接し方や指導に置き換えて話すようにしましょう。

30代の転職回数は3回が平均。4回以上は相応の理由が必要

30代の平均転職回数は3回程度ですので、転職が4回以上となると企業側も不安を抱くケースがあります。「ストレス耐性が低いのではないか」「協調性がなく組織の輪を乱すのではないか」「規律を守れないのではないか」などは、企業が転職回数の多い求職者に抱く代表的な不安です。転職回数がトータルで4回以上の求職者には、これらの「企業の不安」を払拭するアピールが必要になる点で、転職成功の難易度は高くなります。

まとめ
    30代の転職で求められるものは、即戦力です。その即戦力を裏付ける実績も重要であり、マネジメントスキルも語れるように準備をしましょう。転職回数が4回以上の場合は注意が必要です。

【コラム】生涯現役時代だからこそ。30代以降のキャリアは分かれ目

type=“r”

30代の転職は20代と異なり即戦力が求められるので、20代での転職よりも選択肢は狭まるイメージがあります。

30代は自分の専門性が評価され、キャリアアップが望める一方で、この先のキャリアプランの方向性を決める過渡期となります。以下で詳しくご紹介しましょう。

30代以降はキャリアの分かれ目。30代の転職が持つ意味を確認しましょう!

20代の転職はその多くがポテンシャル採用で、未経験業界への転職も一般的です。
現在の新卒採用のシステムでは、1回目の就職活動で本当にやりたい仕事や入社したい企業を決定することは難しく、20代は試行錯誤しながら「やりたい仕事」を発見する時期とも言えます。
しかし30代となると、一部はポテンシャル採用を行う企業もありますが、基本的には即戦力を求められるため、転職の選択肢は狭くなります。
よって、30代の転職はその後のキャリアの方向性を大筋で決める転職となります。

まとめ
    30代以降はキャリアの分かれ道となります。よって30代の転職はその後の長いキャリアを踏まえて決定しましょう。

30代がキャリアアップに成功するための重要なポイント6つ

type=“r”

30代の転職がその後のキャリアにおいても重要であることがよく分かりました。長期的な視点で転職を考えることに加え、キャリアアップを目指す際に重要なことはありますか?

30代がキャリアアップを成功させるために重要な点はいくつかあります。これらの点を常に意識して転職活動を行ってください。詳細は以下でご紹介します。

30代がキャリアアップに成功するための重要なポイント6つをご紹介!

その1:成長実感を持つために。仕事に緊張感・責任感を持って取り組む

30代となると仕事にも慣れてきて、「惰性で仕事を捌けてしまう」という方も多いのではないでしょうか。しかし、本来仕事とはクリエイティブなもので、こなしたり、捌くものではありません。
仕事に慣れてきたのではあれば、「よりよい解決策やより効率的・効果的な方法」を考えながら、仕事に緊張感や責任感を持って取り組むことが重要です。これにより、絶えず自己成長を実現することができます。

その2:刺激を得るために。社会のネットワークを持つ

20代の頃は企業や業界の枠を飛び越えて、様々なネットワークを築いていた方も多いと思いますが、30代になるとそのような繋がりが希薄になります。
プライベートの変化や自身の業務が忙しくなるなど理由は様々ですが、各々が各業界・企業で責任のある仕事をし始めることの多い30代で企業や業界を超えたネットワークを持つことで、様々な発見や驚き、時には新たなビジネスの創出に繋がります。是非、積極的に社会のネットワークを持つようにしてください。

その3:常に先を予測。将来的に必要になるスキルを会得する

将来的に必要なスキルを予測して身に付けておくことも重要です。一昔前は「英語力」が盛んに叫ばれており、今でも必要なスキルですが、現在では同時通訳機などの台頭でその必要性は従前よりも低下しているとの見方もあります。

また近年では、AI技術があらゆる面で導入されるであろう点に鑑みて、AIの技術者のみでなくAIを使いこなすリテラシーを持った人材の需要も上がっています。

その4:自分の武器は何か。今後の軸になるキャリアを決めて伸ばす

30代の転職では、自分の武器を把握して伸ばすことも重要です。即戦力として最もアピールすべき武器を把握することで、今後のキャリアの方向性を定めることができます。自分の武器を把握する際は、第三者にも意見を求めて希少性や重要性の高い能力が何かを見極めるようにしましょう。

その5:第三者にも相談。客観的な視点で自分を評価する

既述したように、自分自身の強みや特徴は、第三者の意見を取り入れることが重要です。自分では気付かなかった強みや特徴を見つけることができます。また自分の得意分野をそのまま武器にするのではなく、どの能力が客観的にみて重要性や希少性が高いのかは、第三者に見てもらう必要があります。特に転職エージェントには必ず相談し、プロの目線からあなたを評価してもらいましょう。

その6:インプットを担保。自分の将来像にマッチするメンターに出会う

30代であっても、インプットし続けることや成長を求め続けることがあなたのキャリアップに繋がります。あなたの目標とするメンターを見つけ、身近な目標として意識しつつ、常に刺激を受け続ける環境に身を置くようにしましょう。

事前準備も大事。30代がキャリアアップ転職に成功するためのコツ6つ

type=“r”

30代でキャリアアップ転職に成功するためのポイントがよく分かりました。その他に、30代でキャリアアップ転職を成功させるコツはありますでしょうか?

30代でキャリアアップ転職を成功させるためにいくつかのコツがあります。事前準備面も含めてご紹介しますね。

30代でキャリアアップ転職に成功するためのコツ6選!

コツ1:結果が重要。具体的な「実績」「成果」をもとにスキルを証明する

30代の転職においては、「即戦力」が求められますが、「即戦力」となり得るか否かを判断する1つの材料として、具体的な仕事の実績や成果が求められます。ご自身がアピールするスキルがどれだけ素晴らしいものであっても、実績や成果が伴っていない場合は評価されないことに注意してください。

コツ2:先を見越して。40代や50代のキャリアプランを作成する

20代の転職はその多くがポテンシャル採用で、未経験業界への転職も一般的です。現在の新卒採用のシステムでは、1回目の就職活動で本当にやりたい仕事や入社したい企業を決定することは難しく、20代は試行錯誤しながら「やりたい仕事」を発見する時期とも言えます。

しかし30代となると、基本的には即戦力を求められるため、転職の選択肢はキャリアアップに絞られることが多く、未経験業界や未経験職種への転職は少なくなります。よって、30代の転職はその後のキャリアの方向性を大筋で決める転職となるために、40代や50代以降のキャリアプランを作成することが重要です。

コツ3:切磋琢磨できる人材多め。より成長するなら大手企業へ行く

大手企業では、仕事の規模も多く社員数も多いため、身近なライバルが周りに多数いることが特徴です。
そういった環境でより成長することを目指すのであれば、大手企業を転職先の候補として考えるようにしましょう。

コツ4:役職希望なら。成長している中小企業・ベンチャーへ行く

30代で役職希望をかなえることは大手企業ではなかなか難しい面もありますが、中小企業・ベンチャー企業であればそれも可能です。役職に就きマネジメントを学ぶのであれば、成長している中小企業やベンチャー企業への転職を考えましょう。

コツ5:部下の指導など。マネジメント経験を語れるようにする

30代ではマネジメント層への登用やその候補者として採用されることも多いため、ご自身のマネジメント経験を語れるようにしましょう。その際、マネジメントにおける軸(モットー)やマネジメントで苦慮したこと、それを乗り越えた経験もなるべく具体的に語ることが重要です。
ただし、30代で管理職経験がなくても特に問題はありません。業界や企業によって、管理職は40代からという組織も多々あります。そのような場合は後輩への接し方や指導に置き換えて話すようにしましょう。

コツ6:キャリアプランとして。なぜ転職をするのか理由を明確にする

コツ2でご紹介した40、50代でのキャリアプランの作成と同様に、長期的なキャリアプランを意識しつつ、なぜ転職をするのか、転職の理由を明確にすることが重要です。転職の理由が明確であれば、転職の判断を迷うことや転職後にミスマッチを減らすことが可能です。

まとめ
    30代のキャリアアップ転職に必要なコツは、長期的な目線でキャリアを考えるとともに、ご自身のアピールポイントを実績や成果とともに語れるようにすることです。転職の軸を精査し、その軸に応じて大手企業や中小企業かについても精査するようにしましょう。

失敗しないために。30代がキャリアップ転職を狙う際の注意点3つ

type=“r”

30代でキャリアアップ転職をする際のコツについてよく理解できました。長期的な目線でキャリアを考えて、自分のスキルなどを実績や成果とともに語れるように準備したいと思います。転職に際しての注意点もお伺いしておきたいですが、何かありますでしょうか?

転職に際しての注意点も覚えて転職活動に取り組むことが重要です。転職活動においては、長期的な視点を持つことの重要性を理解してください。
以下で詳しくご紹介しましょう。

30代がキャリアアップ転職を狙う際の注意点3選!

注意点1:キャリアは築くもの。戦略なき転職ではキャリアップは難しい

キャリアアップを目指す際は特に、キャリアを自らの意思で築いていく必要があります。長期的なキャリアアップの戦略を以って目標を定めて、そこから逆算した際に今すべきことを明確にするように注意してください。

注意点2:長期的目線が重要。転職直後は年収ダウンの可能性もある

キャリアアップの転職であっても、しばらくは年収がダウンすることもあります。これは、企業側が転職者に長く働いてもらうために、意図的に転職後1〜2年の年収を下げることもありますし(3年後からは年収大幅UPを提示するようなケースもあります)、転職後の成績に応じて年収を設定するために、成果が出しにくい1年目は低めの年収に設定されるケースもあります。転職直後の年収に惑わされることなく、長期的な目線で転職のメリット・デメリットを考えるようにしましょう。

注意点3:事前に比較。社内キャリアップの可能性もある

ご自身のキャリアアップを考える際に、転職ありきで考える必要はありません。現職に留まった場合と転職した場合を比較した際に、現職に留まった方がキャリアアップに繋がることも多々あります。先入観を持たずに、長期的な目線で現職に留まった場合と転職した場合を比較するように注意してください。

まとめ
    キャリアアップのための転職は長期的な視点で戦略を立て、年収も長期的に比較することが重要です。その結果、転職をせずに現職に留まるという判断もあり得ることに注意が必要です。

【コラム】客観性を持つために。30代転職には転職エージェントがおすすめ

type=“r”

長期的なキャリアプランを練ることの重要性をよく理解できました。ただ、長期的な視点となると、私一人では正しいキャリアプランを練れているのか心配になります。

30代は今後のキャリアの方向性を決め得る重要な選択になることをご紹介しましたが、それも考慮すると、第三者の意見はより一層重要になります。特に転職のプロである転職エージェントに必ず相談するようにしてください。

キャリア形成で失敗できない30代の転職においては転職エージェントへの相談がおすすめ!

転職エージェントは、企業の求人情報や求人する理由、求める人物像など、数多くの情報をもっています。さらに、多くの転職者を輩出していますので、転職に関するノウハウも多く蓄積されています。
このように、情報収集のみならず、自身のキャリアプランを形成する過程において、転職エージェントに相談することで、キャリアプランの質をより高めることができます。

また、転職エージェントは国内だけでもたくさんありますが、転職に際して1つに絞る必要はありません。転職エージェントへの相談は無料なので、複数のエージェントに登録して、様々な情報を入手するとともに、多くのアドバイスを受けるようにしましょう。

まとめ
    30代の転職に際しては、転職エージェントへ必ず相談して、第三者の意見を取り入れるようにしましょう。

30代のキャリアアップ転職におすすめの転職エージェント3選

type=“r”

転職エージェントへの相談がいかに重要かよく理解できました。またこれらのサービスが無料で受けられるのは本当に大きなメリットですね!
30代キャリアップの転職を目指す際に、おすすめのエージェントはありますか?

転職エージェントにはそれぞれの特徴がありますので、今回は30代のキャリアアップ転職にお勧めのエージェントをご紹介します。繰り返しになりますが、転職エージェントは1つに絞らずに複数登録するようにしてください。

30代のキャリアアップ転職におすすめの転職エージェントを3つご紹介します!

業界最大級の求人数|リクルートエージェント


引用元:https://www.r-agent.com/
リクルートエージェントは、転職エージェントの最大手であり、求人数や転職成功の実績が国内No.1です。エージェントの質の高さも好評であり、転職に関するノウハウを多く蓄積しています。広く転職候補先を探したい方にもおすすめのエージェントです。他の転職エージェントにない求人もリクルートエージェントなら持っている可能性があります。また、年収などの条件交渉にも定評があります。

非公開求人80%以上|type転職エージェント

type転職エージェントは都市部のIT・WEB業界に強みを持っているエージェントです。特に東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県での多くの求人情報を有しています。都市部での転職を考えており、業界がITやWEB系の方にとっては登録必須のエージェントと言えます。

高年収層の求人に特化|JACリクルートメント


引用元:http://www.jac-recruitment.jp/
JACリクルートメントは求人数は多くありませんが、その代わりにハイクラス求人に特化したエージェントで、外資系や日系のグローバル企業に強みを持っています。特に海外での求人には圧倒的な強さを誇ります。

さらにキャリアコンサルタントの在籍者数も業界トップクラスであり、手厚く丁寧な対応が好評です。利用者の平均年齢は30代中盤であり、年収アップや外資系企業も転職先候補の方にはおすすめのエージェントと言えます。

まとめ
    転職エージェントにはそれぞれの強みがありますので、それぞれを理解した上で、複数の転職エージェントに登録するようにしましょう。

30代キャリアアップ転職について詳しくご紹介しました。
重要なことがたくさんありますので、時々今日のお話を振り返りつつ、転職活動していくようにしてください。

type=“r”

30代キャリアアップ転職において重要なことがよく理解できました。
まずは長期的なキャリアプランから検討していきたいと思います。

転職エージェントへの相談も忘れないようにしてくださいね!
30代のキャリアアップ転職が成功するように応援しています!