40代男性が転職を成功させるためには?狙いめの仕事をご紹介

この記事を見ている人の中には、「40代からの転職に悩んでいる」という人も多いのではないでしょうか?会社において中心的な役割を担う一方で、定年までのゴールが見えつつある40代男性は「この年齢から転職を成功させられるだろうか…」「若手と比べて需要が少ないのではないか…」と悩む人もいるでしょう。

たしかに20代・30代の転職と比較すると転職に「気軽さ」は無くなるかもしれませんが、40代男性はスキルや経験を積んでいるからこそ即戦力になりやすいという強みもあります。年齢で諦めることなく、一緒に行動してみましょう!40代は転職のラストチャンスです。

この記事では、転職アドバイザーの目線から「40代の男性が転職する際のポイント」を全てお伝えします。まずは不安を解消するためにも、年齢を重ねての転職が難しいといわれる理由やデメリットを具体的に見ていきましょう。最後まで読めば、40代ならではのポイントを踏まえた上で転職活動に踏み切れますよ!

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

40代男性の転職が厳しい理由3選

現在勤めている会社は労働時間が長く、家族との時間を取ることができずに悩んでいます。思春期を迎えた子どもとしっかり向き合う時間もなく、環境を変えるために転職を検討しています。ただ、40代ともなると20代・30代の頃より転職しづらいというイメージがあります。実際はどうなのでしょうか?

40代というと会社の中心的な役割を担う一方で、家族との時間が取れないという悩みを持つ人も少なくありません。一方で、転職に失敗して家族に迷惑をかけたくない…と心配にもなりますよね。40代は「転職しづらい」というイメージは、たしかに間違っていません。しかし、曖昧なイメージだけで不安を持たず、その理由を知ることが大切です。「年齢を重ねると転職が難しくなる」というイメージがどこからくるのか、具体的に見ていきましょう。

40代男性の転職が「難しい」と言われる理由を知るために、採用する企業側の立場になって考えてみましょう。

理由1 コストがかかるから

国内の多くの企業は新卒から定年まで通して雇用する「終身雇用制度」を取り入れており、勤務年数に伴い給与が上がっていく「年功序列」の賃金制度を敷いています。

厚生労働省によると男性の世代別平均年収は以下の通りで、世代が上がるほど平均年収も高くなっていることが分かります。

20~24歳:212万6,000円
30~34歳:289万4,000円
40~44歳:358万7,000円
※全ての雇用形態を含む

つまり、一般的には年齢の高い人であればあるほどコストがかかることになり、採用へのハードルも高くなっていきます。

理由2 上司が年下になったりと、人間関係が難しいから

先述したような「終身雇用制度」を基本としている企業では、勤務年数の多い順に昇進し、役職についていくことが多くなっています。そのため、上司が部下より年上であることが大半です。

上司は部下へ指示を出したり指摘したりする立場なので、中途入社社員が上司より年上だとお互いに少しやりづらさを感じるかもしれません。

実際に中途社員を募集する際に、上司の年齢を基準にしてそれより若い人材を募集することも少なくありません。

理由3 自分の仕事のやり方がが確立してしまっているから

例え同じ業界内であっても、仕事の進め方や社内でのコミュニケーションの取り方においては会社ごとに異なるカルチャーを持っています。特にこれまで新卒から同じ1社で勤め続けてきたという人は、「自分のやり方」が定着しているでしょう。

それが経験として重宝されることもある一方で、新しい会社に適応しづらい可能性も考えられます。

まとめ
    採用する企業側の目線で考えると、40代男性を採用するには比較的コストがかかり、柔軟に適応しづらい可能性があるのが懸念点といえるでしょう。

【関連記事】

40代の転職が厳しい現実。それでも成功させるために必要なこととは

40代男性が転職をする3つのデメリット

これまで具体的に転職を考えたことがなかったので、初めて企業側の目線を知ることができました。やはり若い頃よりは転職のハードルが少し高いのは事実なようですね。しかし、人間関係の構築をすることや柔軟さを持つことは、個人の努力次第で解決できそうだと感じます。ほかに、40代の転職活動における懸念点はありますか?

おっしゃる通り、仕事に対する「姿勢」についてはあくまで一般的な話です。あまり心配しすぎなくて大丈夫ですよ。先ほどは企業側の目線で見てきましたが、次に転職する側の目線での懸念点も考えてみましょう。転職活動をしていくと、ベテランの40代男性ならではの悩みも出てきます。具体的なポイントをお伝えしますので、見ていきましょう。

40代男性が転職する際のデメリットを、3つに分けて紹介していきます。

デメリット1 新しい業務にすぐ適応できない

社会人歴の浅い20代のうちはまだ知識や経験があまりなく、新しい仕事を吸収しやすい傾向にあります。また、記憶力もあり知識をインプットしやすい年齢と言えるでしょう。しかし、40代になると「自分のやり方」が確立しているうえに記憶力も徐々に低下し、新しい仕事を素直に吸収しづらいという人もいます。最初のうちは前職とのギャップに悩むこともあるでしょう。

デメリット2 わからないことを質問しにくい

40代になると、会社で中核を担う立場として頼られることも多く、20代・30代と比べて期待されがちです。新入社員だとしても「分かっているだろう」と思われてしまい、大まかな説明しか受けられないケースもあります。新卒の頃は何でも先輩に質問できたという人も、年下の先輩に対しては「分からないので教えてください」と聞きづらいと感じるかもしれません。

デメリット3 希望の年収や条件に合う求人が少ない

先ほど採用する企業側の視点としてお伝えしましたが、比較的低い給与で雇用でき、柔軟で適応しやすい若手社員のほうが採用しやすい背景から、転職サイト等でも「20代歓迎!」などと若手を中心に募集する企業が多くなっています。

40代以降は求人数がぐっと少なくなり、募集内容も専門的な知識・経験が必要なポジションが多くなります。40代の転職では、20代・30代と比べて希望の年収や条件に合う求人を見つけることが難しいのです。

まとめ
    これまで積み上げてきた経験は転職の武器になりますが、経験があることで次のステップへの障壁になることもあります。
【コラム】それでも40代で転職すべきなのは、50代の転職はもっと厳しくなるため

20代・30代の若手のほうが企業側の需要も高そうだし、やはりうわさに聞いていた通り40代での転職は難しそうですね…。正直、今の会社で定年まで仕事を続けたほうが良い気がしてきました…。転職に失敗して家族に迷惑をかけることもできないですし、もう諦めた方が良いのでしょうか。

いえ、まだ諦めるのは早いです!ここまでは、確かに「40代の転職の難しさ」をたくさんお伝えしてきましたが、分かったのは「年齢が高くなればなるほど転職しづらい」ということ。つまり、考え方を変えれば「40代は最後の転職のチャンス」とも考えられるんです!遅すぎるということはありませんよ。その理由をお話しますね。

40代男性が転職を諦めないほうが良い理由をお伝えします。

40代での転職の難しさを考えると、「もう遅いのではないか」と思う人もいるでしょう。しかし50代になって「転職しておけばよかった…」と思っても、状況は今よりずっと厳しくなり、後悔する可能性が高くなります。

これまでお話してきたのは、あくまで20代・30代と比較した場合の一般的な話です。

40代の人には、社会人としての経験や業界知識・スキルという武器がありますので、即戦力として期待もされるでしょう。経験を活かすことができれば、これまで解説してきたデメリットよりも転職することによるメリットのほうが勝ることも多くあります。

また、業界未経験の40代を歓迎している職種もありますので、専門性に自信のない人も諦める必要はありません。

まとめ
    40代で転職を諦めて後悔しないために、転職を成功させるポイントを学んだり、新しいキャリアへ挑戦できる仕事を探してみましょう。

40代男性の転職で重視される5つのポイント

転職を諦めるべきか…と思っていましたが、40代のうちに行動したほうが良いということが分かりました。これまではマイナスなところに目を向けてしまいがちでしたが、やはり後悔をしたくないので、前向きに取り組んでみたいと思います!40代の転職では、20代・30代と比べてどのような部分がポイントになるのでしょうか?

まずは「40代だからこそ武器になる」ことが沢山あります。これまで培ってきたスキルや経験は、転職活動をする40代の男性にとって何よりの強みになります。一方で、大きく期待される40代ならではの注意点もありますので、あわせて見ていきましょう。

40代男性の転職で重視されるポイントを具体的にご紹介します。

ポイント1 マネジメント能力があるか

40代の社員の場合、自分より年下の部下や後輩を持つことがほとんどです。転職した際も、たとえ新入社員であっても初めからマネジメント職につくケースも多くあります。

そのため転職時の年齢が高ければ高いほど、採用時に「マネジメント能力があるか」が重視される傾向にあります。

逆に考えれば、40代でマネジメントができないとなると年下の上司の元で働くことになる可能性もあるため、マイナスポイントになってしまいます。

業界における知識・経験も大切ですが、マネジメントの経験があることもアピールしましょう。

ポイント2 専門性があり即戦力になるか

企業側が社会人歴の長い転職者に求めることは「専門性」です。新卒採用では、仕事の経験は無くとも今後成長する見込みのある学生を採用するいわゆる「ポテンシャル採用」をおこない、個々人の能力や成長に合わせて人事を決めていきます。

中途採用はこの反対で、専門的な経験を重視して採用を進めることがほとんどです。そもそも中途採用をする場合「前任の異動や退職でポジションが空いた」など具体的な理由があることが多く、企業側は「このポジションを採用したい」と明確な人物像を描いています。

中途入社をする場合、募集ポジションとのマッチ度が高く、採用直後から企業にとって即戦力になれる人材であることが重要なのです。

ポイント3 今までの経験が転職先でも活かせるか

40代の転職者は、専門的な知識を持った即戦力人材が重宝されるとお伝えしました。今までの経験を転職先で直接的に活かせるかどうかを考えてみましょう。

たとえば一口に「営業職」といっても
・法人営業/個人営業
・新規営業/ルート営業
など、営業の対象やスタイルによって求められる知識やスキルは異なります。

これまで積み上げてきた経験が転職先で活かせるかどうかを整理してみましょう。転職活動では、活かせる経験を具体的にアピールすると効果的です。

ポイント4 転職理由に合理性があるか

転職活動をしていると、必ずといって良いほど質問されることの一つに「転職理由」があります。

ここで「なんとなく仕事を変えたいと思ったから」など、曖昧な返答をしてしまわないよう注意が必要です。

転職を決めた本質的な理由を整理できていない状況では、「今回もまた同じ理由ですぐに辞めてしまうのではないか」と企業側に不安を抱かせてしまいます。

20代のうちは社会人歴が短いこともあり、比較的不安定な状況であることは理解されやすいですが、40代で転職をするとなるとそれ相応の合理的な理由を求められることになります。

うまく伝えられなさそうだと感じた人は、「なぜ転職をしたいのか」を改めて整理してみましょう。

ポイント5 指導されたことを吸収する姿勢があるか

40代男性の転職時のデメリットとして、「新しい業務にすぐ適応できない」というポイントを挙げました。社会人歴が長くベテランになると、数々の成功体験を忘れられず、これまでの「自分のやり方」にしがみついてしまいがちです。その結果、新しいことを素直に吸収しづらくなってしまうかもしれません。

知識や経験は活かしつつも、新しい会社では一から学ぶ謙虚な気持ちで仕事へ取り組むことが大切です。転職活動では、専門性をアピールしながら一方で新しいことを学ぶ意欲があることも同時に伝えられるとベストです。

まとめ
    これまでの経験を活かしつつ、さらに謙虚な気持ちを持って新しい仕事に向き合うことが重要です。

40代男性が転職しやすい仕事5選

先ほどは少しネガティブになってしまいましたが、転職活動を具体的にイメージできました。ポイントと注意点を踏まえれば、転職成功も現実的に思えます!早速募集のある仕事を探してみたいと思いますが、たくさん求人があるのでどこから見たら良いのか分からなくて…40代男性におすすめな仕事はありますか?

前向きになっていただけたようで、良かったです!40代の男性の転職では、これまでお話してきた通り専門性が大切です。専門的な経験がある人は、同業界への転職がかなり有利になります。ただ、そこまで専門性に自信がない…という人も大丈夫です。40代の未経験者でも挑戦しやすい仕事もありますので、一緒にチェックしていきましょう。

40代の男性が転職しやすい仕事5選と、その理由を解説していきます。

金融やITなどの専門性が高い業界内での転職

社会人歴の長い人にとって「専門性」は何よりのアピールポイントになりますが、特にこの専門性が活かしやすい業界は「金融業界」「IT業界」などです。

膨大な知識が必要な仕事は多くありますが、それに加えて金融業界やIT業界は、現代において「もっとも変化が激しい」業界とも言われるため、常に最新の情報を持ちながら現場で経験を積んでいる人材が重宝されるのです。金融業界やIT業界での経験がある人は、同業界でのニーズが高く、転職は成功する可能性も高いと考えられます。

キャリアチェンジも望める営業職

営業職を募集している企業には「未経験OK」としているところも多く、40代からでも転職のチャンスがあります。さらに営業職は顧客との関係作りからヒアリング・提案・アフターフォローなど幅広い業務をおこなうので、様々なスキルを身に付けることができます。そのため、営業職でのスキルを活かして違った職種へのキャリチェンジをすることも可能です。

現時点であまり専門性を持てていないと感じている人は、今後のキャリア形成を見越して、営業職に挑戦してみるのもおすすめです。

需要が増え続けている介護職

総務省によると、日本における2019年時点での「65歳以上の高齢者」が占める割合は28.4%で世界最高値となっています。この超高齢化社会のさなか、2016年には約190万人だった介護人材が2020年には約216万人、2025年には約245万人を確保する必要があると推計されています。

これを受け、国は地域と二人三脚で介護人材の確保につとめることを宣言しています。必要人材数が増え続ける業界では必然的に経験者よりも未経験者が多くなるため、年齢に関わらず間口を広く介護職を採用している企業が多くあります。経験者がどんどん貴重になっていく介護業界で、今から経験を積んでおくと将来強い武器になるでしょう。

未経験でも転職しやすいタクシードライバー

タクシードライバーに必要な資格は普通免許(普通自動車第一種運転免許)のみであり、運転の好きな人であれば挑戦しやすい職種です。特に営業職や販売・サービス職の経験があるなど、「お客様とお話をするのが好き」という人は楽しく働くことができるかもしれません。また、40代になってくると20代の頃よりも体力が衰えてきて、営業まわりなどを大変に感じている人も多いかもしれません。その点、タクシードライバーは比較的体力を使わずに働ける仕事といえます。

40代男性でも転職しやすい警備員

介護業界と同じく警備業界も人手が不足しがちで、年齢を問わず未経験から就職しやすい企業が多くなっています。一定規模以上の施設や工事現場では警備員を配置する必要があるため、常に需要があることもポイントです。

「警備員」というと暑い日中に屋外で立ちっぱなし…というイメージをお持ちの人もいるかもしれませんが、実は室内で体力を使わずにできる警備業務もあり、女性を歓迎している企業も珍しくありません。タクシードライバーと同様に特別な資格も不要なため、警備員は挑戦しやすい職種と言えるでしょう。

【関連記事】

40代未経験の転職は厳しい?転職しやすい仕事と転職のコツをご紹介

まとめ
    40代男性が転職する場合、専門性を活かすか、未経験でも入りやすい業界を見つけることがポイントです。
【コラム】40代は業界内ならハイキャリア転職も可能

以前会社の先輩が同業他社に転職したのですが、役職も上がり、年収は300万円も上がったと聞きました。40代からの転職で、このように大幅にキャリアアップできるケースもあるんでしょうか。現時点では家族との時間がきちんと取れることが最優先ですが、これから学費などもかかるので、キャリアアップや給与アップも目指したいと考えています。

業界内の転職であれば、転職によって大きく条件がアップするケースは多くあります。企業は常により良い情報や観点を求めていますから、他社で豊富な経験を積んだ40代の人材をするメリットは大きいのです。あなたもその先輩のように、キャリアアップすることは十分可能なんですよ!

40代だからこそ狙えるハイキャリア転職のポイントを理解し、キャリアアップを狙いましょう。

現職と同業界への転職なら、役職でいうとマネージャー職以上、年収でいうと700万円以上~のハイキャリア転職も可能です。

繰り返しお伝えしている通り、専門的な知識やマネジメント能力を持った即戦力人材は大変貴重なため、高い給与とポジションが用意されているケースも豊富にあります。

先ほど例に挙げた金融業界やIT業界はもちろん、資格の必要な専門職であれば年収1,000万円以上~というケースも珍しくありません。

また、業界大手企業での経験がある人を中小企業が好条件で採用することもあります。

これからもっとキャリアアップしていきたい、給与も上げたい、と考えている人は自分の経験を最大限評価してもらえる場所を探すことで、ハイキャリア転職を目指しましょう。

まとめ
    40代男性は業界内での経験を武器にハイキャリア転職をすることが十分可能。

40代男性の転職を成功させる人の特徴5選

業界内であれば、ハイキャリア転職も夢じゃないんですね!正直自分とは縁遠い話に感じていたので、ワクワクしてきました。自分の経験が活かせる求人を探してみたいと思います。いよいよ行動に移してみようと思いますが、実際に転職活動をおこなうにあたってのポイントや注意点はありますか?

はい!全般的に言える転職活動における注意点だけでなく、「40代ならでは」の気を付けるべきポイントがいくつかあります。40代男性の転職は、20代・30代と比べるとハードルは上がりがちなものの、ハイキャリア転職を目指したり、未経験の職種にも挑戦したりできることが分かりましたね。選考を受ける前に、このポイントを押さえて転職成功の可能性をさらに高めていきましょう!

記事の最後に、40代男性の転職を成功させる人の特徴を8つのポイントに分けて紹介していきます。

特徴1 多少の年収ダウンを覚悟している

40代男性の場合、多くの人が、20代の頃より年収が高くなっていると思います。さらに年収をアップさせるハイキャリア転職も可能だとお話しましたが、現時点である程度年収の高い人だと、それ以上給与が上がりにくいことも考えられます。

転職をする時は様々な希望条件を持っていると思いますが、収入面ではなくワークライフバランスの良さなど働きやすさを重視する場合、多少年収部分で妥協する必要も出てくるでしょう。

また、未経験の仕事を始める場合、業界によって相場は変わるため、初めのうちは年収がダウンしてしまうケースもあります。自分の転職活動における優先順位をしっかりと意識し、年収のみにとらわれない判断が必要です。

【関連記事】

40代の転職でも年収アップは可能?転職を成功させるためのコツをご紹介

特徴2 40代になってから転職をする理由を明確に説明できる

先ほど、40代男性の転職で重視されるポイントとして「転職の合理的な理由があるか」を挙げました。ベテランの世代になってくると期待も大きい分、曖昧な回答や「きつかったから」「飽きてしまったから」など仕事への姿勢が疑われる発言は大変悪い印象を与えてしまいます。

転職したい理由を自分の中で整理し、相手に納得感を持ってもらえる理由を述べられるようにしましょう。

特徴3 企業が求める人物像を理解できている

多くの企業は、入社後の具体的なポジションを想定して中途採用をおこなっています。そのため、業務内容や必要なスキルなど、企業に求められている「人物像」を明確に把握しておくことがポイントです。人物像を理解しておくことで、自分が入社後どのように貢献できるかを具体的にアピールできます。

逆に言えば、企業側が描いている人物像を把握せずに選考を受けてしまうと、「きちんと理解しようとしていないんだな」と思われてしまうでしょう。企業が求める人物像と自分がマッチしていることを理解していれば、自信をもって自己アピールすることができます。

特徴4 年齢を言い訳にしない

「もう40代だから…」「体力を使う仕事はちょっと…」など、年齢を言い訳に自分のハードルを下げてしまわないよう注意しましょう。

特に年齢を問わずに募集している企業では、むしろ年齢を気にせずに働いてくれる人を望んでいるケースもあります。そのようなネガティブな姿勢を見せてしまうとマイナスな印象を与えてしまうでしょう。年齢にあまりこだわりすぎず、まずは新卒の時と同じ気持ちで仕事に向き合いましょう。

特徴5 素直さや謙虚さがある

40代男性が転職する際に重視されるポイントの一つとして、「指導されたことを吸収する姿勢があるか」ということを挙げました。社会人経験が豊富なことは武器になりますが、それゆえに「これまではこうしていたから」「分かっているから大丈夫」などと傲慢な姿勢を取ってしまうと、一気に信頼を失ってしまいます。

選考時から素直さや謙虚さを意識しておくと、入社後もうまく人間関係を築き、仕事を吸収していける人材だという印象を持ってもらうことができます。

特徴6 自分の経験がどう活かせるかを具体的に言える

先ほど、企業が求める人物像を事前に理解しておくことが大切だとお話しました。ここで把握した人物像と照らし合わせ、自分がどのように企業に貢献できるかを具体的に伝えましょう。

「これまで経験した仕事」と「入社後に活かす方法」をセットで話すことで、企業側があなたの活躍している姿を明確にイメージしやすくなります。「活躍しそうだ」と思ってもらうことができたら、採用の可能性はぐっと高まります。

特徴7 転職エージェントを利用している

転職活動をおこなう方法として、

・転職サイトで求人を見つける
・エージェントに求人を探してもらう
・知り合いに紹介してもらう

など様々ものがありますが、40代の転職を成功させるなら転職エージェントを利用するのがおすすめです。

20代・30代と比較すると求人数が少なく倍率の高い40代の転職では、自力で探すのではなく、プロにサポートしてもらうのが一番です。

特にハイキャリア転職を目指したい人は、エージェントに自分の経歴を最大限に活かせる求人を紹介してもらましょう。

【関連記事】

おすすめの転職エージェントとその選び方・活用法をご紹介

特徴8 転職先が決まるまで退職しない

転職活動をする際にマイナスポイントになってしまうのが「ブランク」です。病気等のやむを得ない事情以外で無職の期間が発生していると、何らかの問題があるとみなされてしまうことがあります。

そのため、次の転職先が確定するまでは現職を継続するようにしましょう。

また、転職活動中に退職をしてしまうと転職先が決まるまで「この先大丈夫だろうか」と心配になったり、金銭面での不安が出てきたりします。

安定した気持ちで転職活動にのぞむためにも、転職先が決まるまでは退職しないようにしましょう。

まとめ
    40代で転職を成功させる男性には8つのポイントがありました。これらを事前に押さえ、戦略的に転職活動をおこなっていきましょう!