30代で2回目の転職は厳しいの?転職成功のポイント4つと注意点3つ

こんにちは!転職アドバイザーの鈴木です!「30代 2回目の転職」と調べている人は
『30代になってしまったら2回目の転職は難しいのかな…』
『30代の転職は何を準備すればいいのだろう…』
と悩みますよね。

鈴木

「30代で2回目の転職を成功させる」ためには転職理由の明確化と即戦力となるスキルのアピールが大切です!

なぜなら、転職理由を明確にし、即戦力となるスキルをアピールすることで、転職先を選択する際の判断軸が明確になり、またその企業の求めているニーズに応えることができるため、結果として「30代で2回目の転職に成功する」可能性を上げることができるからです!
そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「30代で2回目の転職」に関するノウハウを全てお伝えします。

最後まで読めば、転職におけるポイントが理解できて30代2回目の転職を成功させる可能性が高まります!

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

30代の転職事情とは?平均転職回数は1.5回〜2回程度

星野

30代で2回目の転職を考えていますが、20代の時と異なり難しいという話も聞きます。30代の転職事情について教えていただけますか?

鈴木

30代の平均転職回数は1.5回から2回程度です。よって2回目という転職回数がネックになることはほぼありません。20代と30代の転職における違いは、企業の期待です。基本的に企業は20代にはそのポテンシャルに期待し、30代には即戦力を求めます。この点をはっきり認識して転職活動に挑むことが重要です。

キーワードは即戦力!30代の転職事情をご紹介!

30代の転職が不利になる理由は?適応力低下・若手の将来性を優先

30代が20代と比較して転職に不利だと言われる理由は、前職歴が長くなることで新しい環境となる転職先への適応力が低下することや、20代に比べて定年までのキャリアが短いことが挙げられます。

2回まではセーフ。3回目から転職成功率が大幅にダウンする

30代の平均転職回数は1.5-2回程度とご紹介しましたが、転職が3回以上となると企業側も不安を抱くケースがあります。「ストレス耐性が低いのではないか」「協調性がなく組織の輪を乱すのではないか」「規律を守れないのではないか」などは、企業が転職回数の多い求職者に抱く代表的な不安です。求職者にはこれらを払拭するアピールが必要になる点で、転職成功の難易度は高くなります。

まとめ
    転職回数は2回までがベストです。それより多くなってしまう場合は、企業の不安を取り除く配慮が必要です。

【コラム】1社にいては気付けないことも。30代までに1回は転職しておいた方が良い理由

星野

転職回数が多すぎるとデメリットになることがよく分かりました。やはり転職回数はなるべく少ない方がいいのですね。

鈴木

転職回数が多いと転職が難しくなるのは、転職回数が多い理由を深掘りされる点に起因しています。よって、しっかりとした理由のある転職であれば、例え転職回数が3回を超えていても、その後の転職は可能です。むやみに転職をする必要はありませんが、30代までに1回は転職しておくことをおすすめします。

30代までに1回は転職しておくことのメリットをご紹介します!

初めて海外旅行に行った時、母国とは異なる点がたくさん目に付くと思います。
企業も同じであり、転職して違う組織に入ることで、前職では当たり前だと思っていたことが、当たり前ではなかったことも含めて、初めて知ることがたくさんあります。

30代のうちにこのように視野を広げておくことで、大きな自己成長に繋がります。

まとめ
    転職により新しい環境を知ることは、視野を広げ、自己成長に繋がります。

30代2回目の転職が上手くいかないパターン2つ

星野

30代で2回目の転職なのですが、うまくいかないパターンも想定しておきたいと思います。転職がうまくいかないパターンとして、どのような理由が考えられるでしょうか?

鈴木

30代で2回目の転職ということであれば、年齢や経歴に問題がある可能性は低いです。その前提でうまくいかないパターンをご紹介します。

30代で2回目の転職がうまくいかない理由をご紹介!

パターン1:30代はスキル必須。完全未経験の職業に転職する

冒頭でご説明した通り、30代の転職に企業は即戦力を期待します。すなわち、求職者のスキルを重視するということです。
そのニーズを充分考慮せずに、完全に未経験な職業を志望してしまった場合は転職活動がうまくいかないことが多々あります。

パターン2:同じ仕事をしているからこそ。思考に柔軟性がない

もう一つは、企業のニーズを汲み取り、即戦力候補として同じ仕事を志望している場合ですが、業界や職種に精通しているが故に、凝り固まった考えを企業に印象付けてしまうパターンです。同じ仕事であっても、企業が異なれば仕事の進め方や考え方に違いは出てきます。
そういった違いを受け入れる柔軟性がなければ、企業はなかなか採用してくれません。

まとめ
    30代、2回目の転職でうまくいかない場合、完全未経験職種への転職を目指してるパターンと、経験している仕事だからこそ、自分のやり方しか認めないといった柔軟性が欠如しているパターンがあります。

採用担当者はどこを見てる?30代転職2回目でチェックされるポイント3つ

星野

転職で気をつけるべきパターンをよく理解できました。即戦力を求めていることは基より、自分のスキルに自信を持つことで、柔軟性が欠如しないよう気を付けたいと思います。その他にどのようなことに気を付ければ良いでしょうか?

鈴木

そうですね。アピールに熱が入りすぎてしまうが故に、柔軟性がないと思われてしまうと勿体ないので注意して下さい。それでは次に、30代2回目の転職で気をつけるべき、よくチェックされるポイントを確認しましょう。

30代2回目の転職で採用担当者がチェックするポイント3選!

ポイント1:最低でも3年は必須。勤続年数はどのくらいか?

前職の勤続年数は必ずチェックされます。3年以上あれば、特に大きな問題はありませんが、それ以下の場合は「転職理由」を深く聞かれますので、しっかりと答えられるように準備が必要です。

ポイント2:退職後は何を。ブランクはどのくらいあるか?

原則として、退職前に転職先を決めることが最も重要です。転職回数よりもキャリアにブランクがある方がマイナスになることが多いとご認識下さい。もし止むを得ない理由で転職先が決まる前に退職してしまった場合は、その時間を何に使っていたか説明できるように意識することが重要です。ブランクは短い方が良いので、すぐに転職活動を始めることをおすすめします。

ポイント3:求めていることを確認。前職を辞めた理由は何か?

前職を辞めた理由は必ず聞かれます。その理由は、ストレス耐性等のネガティブチェックと、求職者が求めているものを自社で提供できるかを確認するためです。
例えば、「海外に関わるビジネスがしたくて、前職を辞めた」という求職者に対して、自社では海外ビジネスを閉じる計画がある場合、この求職者が求める環境は提供できない可能性が高いと企業は判断します。

まとめ
    採用者がチェックするポイントは、転職前の勤続年数や転職する理由、そしてすでに退職している場合はブランク期間とその間の活動内容です。

やる気だけじゃない。30代の転職で求められるスキル3つ

星野

採用担当者がどのような視点で求職者を見ているか具体的なイメージができました。その他に30代の転職だからこそ求められるものはありますか?

鈴木

30代の転職は「即戦力」が求められます。その即戦力の観点から求められる具体的なスキルをご紹介します。

30代の転職で求められるスキル3選!

スキル1:実務経験が重要。即戦力レベルの「実務能力」

即戦力となるか否かを判断する際に、実務能力が問われます。現職で積んだ実務経験を詳しく話せるようにしましょう。ただ「企画をやっていました」とか、「営業経験者です」ではなく、当該業務の詳細を詳しく伝えることで、即戦力となり得るかどうかを企業は判断します。

スキル2:育成経験が肝心。管理職としての「マネジメント力」

30代ではマネジメント能力も問われます。管理職としての経験を詳しく語るようにしましょう。その際、マネジメントにおける軸(モットー)やマネジメントで苦慮したこと、それを乗り越えた経験もなるべく具体的に語ることが重要です。

また、30代で管理職経験がなくても特に問題はありません。業界や企業によって、管理職は40代からという組織も多々あります。そのような場合は後輩への接し方に置き換えて話すようにしましょう。

スキル3:実績が証拠に。安定的に成果を出せる「達成力」

実績は最も重要です。「結果」はビジネスの世界でとても重要なので、どのような成果を出したか、それも単発ではなく安定的に出せていることをアピールして下さい。その際、客観性を保つために、定量的かつ定性的に成果を伝えましょう。

まとめ
    30代の転職で重要となるスキルは、「実務能力」「マネジメント能力」「達成力」の3点です。

【コラム】結婚や出産を懸念。30代女性の転職はキャリアプランを明確に伝える

星野

30代の転職で重要となるスキルを理解できました。特に実務経験は細かく整理しておく必要がある点に注意したいと思います。

鈴木

そうですね。実務経験の詳細を伝えることは重要なのですが、職務経歴書でなく面接の場合は特に、伝え方におけるコミュニケーション能力を問われますので、ただひたすらあなたの実務経験を話し続けるのではなく、面接官との対話の中できっちりと伝えるようにして下さい。もう一点、30代女性が転職する際の注意点をご紹介します。

30代女性が転職する際はキャリアプランを明確に伝えましょう!

性別が雇用機会や昇進に影響することはあってはならず、従業員のライフステージに応じて働き続けやすい環境を用意することは企業の責務です。しかし、例えば数年単位のプロジェクトにアサインすることを前提に採用を考える際に、産休や育休、または退職の可能性をどの程度折り込むべきか想定したい企業もあります。
このような特殊事情がある場合は、キャリアプランを明確に伝えることで企業の不安を取り除くことが可能です。

まとめ
    30代女性の転職はキャリアプランを明確に伝えることで企業の不安を取り除くことができます。

30代の転職2回目を成功させるためのポイント5つ

星野

30代で2回目の転職について理解が深まってきました。転職を成功させるために重要となるポイントを教えて下さい!

鈴木

30代で2回目の転職を成功させるために必ず押さえておくべきポイントをご紹介します!

30代2回目の転職を成功させるためのポイント5選!

ポイント1:第三者の意見。転職エージェントに相談して市場価値を把握する

年齢や転職回数に関わらず、転職エージェントへの相談は必須です。転職のプロフェッショナルである転職エージェントから様々な情報を入手し、アドバイスを受けることで、あなたの転職に質の高い客観性を加えることができる上に、自分自身の市場価値を正しく把握することができます。

ポイント2:後悔しないように。転職したい理由を明確にしておく

転職の軸を明確にすることも重要です。転職には人それぞれの動機がありますが、共通して重要なのことは、必要最低限の収入を算出することです。昇給の見込みも含め、不確定要素は多くなりますが、老後の生活も含め長期的な視点も持ちつつ、どれほどの収入であれば許容できるのかを算出して下さい。自分のライフスタイルとそれに必要なお金を見つめる時間を持つことで、自分が生きる上での優先順位が徐々に見えてきます。

その後、転職したい理由を箇条書きして優先順位をつけてください。全ての希望を叶える転職はなかなか実現できませんが、最低限必要な収入を満たす転職候補先から、優先順位をつけた転職理由をより好条件で満たす転職先を選択することで、転職に後悔する可能性が低くなります。

ポイント3:複数の手段を持つ。転職サイトと転職エージェントを併用する

転職エージェントについては既述しましたが、転職エージェントを1つに絞る必要はありません。エージェントによって得意分野が異なりますので、複数のエージェントに登録して下さい。また、転職サイトにも登録して、なるべく多くの転職手段を確保することが重要です。

ポイント4:印象も重要。ポジティブな転職理由を用意する

転職理由はポジティブなことばかりではないかもしれません。例えば、現職の新規営業のノルマがキツいので退職し、ルート営業に転職したい場合であっても、その理由をそのまま伝えるのと、「新規顧客を次々と獲得していく営業スタイルもスピード感に溢れ良かったが、特定の顧客と深く向き合える営業をすることで、顧客への貢献を実感したい」と伝えるのとでは、まるで印象が変わります。このようにポジティブな転職理由を伝えるように準備しましょう。

ポイント5:他責がクセの人に見られる。前職の悪口は絶対に言わない

転職理由を伝える際に、前職の悪口を言うのはやめましょう。例えあなたに何の落ち度もなく、明らかに前職の環境に転職理由がある場合であっても、「他責の思考性がある」と勘違いされてしまいます。

仕事はいかなる業界・企業であっても、根本は「課題や不の解決」なので、課題や不に対して主体性を持って取り組めることをアピールしましょう。

まとめ
    30代2回目の転職を成功させるためのポイントは、転職エージェントや転職サイトに複数登録すること、転職の軸を決めて、ポジティブな転職理由を用意することです。

失敗パターンを回避しよう。30代で転職2回目の注意点2つ

星野

30代2回目の転職を成功させるポイントをよく理解できました。その一方で、ありがちな失敗パターンはありますか?

鈴木

失敗パターンも頭に入れて頂き、そうならないように意識してもらうことが重要です。以下でご紹介します。

30代2回目の転職の失敗パターンを2つご紹介!

注意点1:空白期間は禁物。転職先が確定するまでは退職しない

既述しましたが、特別な事情がある場合を除いて、転職先が確定する前に退職することは避けて下さい。キャリアに空白期間がある場合は、転職において大きなハンデキャップを負います。有給休暇がなくなってしまった場合でも、欠勤を利用するなど安易に退職をしない方法を模索して下さい。

注意点2:さらに適応力低下。35歳までに転職しておく

30代の転職は20代と比べて、転職先への適応力が低くなる点を企業は懸念するとお伝えしました。転職の計画を立てる際は、なるべく30代前半までに転職するように準備を整えましょう。

まとめ
    30代2回目の転職の失敗パターンは、転職先が確定する前に退職してしまうことと、30代後半に転職活動を開始して、転職の難易度を上げてしまうことです。

いかがでしたでしょうか?
30代2回目の転職について詳しくご紹介いたしました。

星野

30代2回目の転職について、知識を深めることができました。何を準備すべきか、どんなことに気をつけるべきか、もう一度しっかり整理して転職に臨みたいと思います。

鈴木

そうですね。また迷うことがありましたら今日の話を振り返って、転職活動を進めて下さい。応援しています!