20代がキャリアチェンジ転職を成功させるためのポイント5つ

この記事でお伝えすること
  • キャリアチェンジの転職は基本的に20代が最も有利
  • キャリアチェンジは経験値が広がる等のメリットがある反面、収入ダウンの可能性が高い
  • 現職の在籍期間が1年未満の転職活動は注意が必要
  • キャリアチェンジを成功させるポイントは転職先の入念なリサーチと自己分析の徹底
  • キャリアチェンジ成功には転職エージェントへの相談が効果的

こんにちは!転職アドバイザーの鈴木です!20代でキャリアチェンジの転職を考えている人は、
『20代での転職は早すぎる気もするし、もう少し現職で経験を積むべきかなぁ。。』
『キャリアチェンジはキャリアアップではないし、自分のキャリアに傷が付くのではないか』
『もし転職した先の企業が自分に合わなかったらどうしよう。。』
と悩みますよね。

鈴木

「20代のキャリアチェンジの転職を成功」させるためには、転職先の業界や企業をしっかりリサーチして、自分自身の転職目的やスキル・経験を明確にすることが大切です!

なぜなら、転職先の企業をよくリサーチして、自身の転職軸やスキルを明確にすることで、転職後の後悔が生まれにくくなり「20代のキャリアチェンジ転職を成功せる」ことが可能になるからです!
そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「20代のキャリアチェンジ転職」に関するノウハウを全てお伝えします。

最後まで読めば、20代のキャリアチェンジ転職を成功させるために重要なことが理解できて、転職において重要なポイントや転職に際するリスクを把握することができます!

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

キャリアチェンジとは?キャリアチェンジ転職のベストタイミング

星野

自分の将来をなんとなく考え始めている中で、キャリアチェンジという転職を最近知り興味を持っています。未経験の業界にチャレンジすることだと理解しているのですが、正しいでしょうか?また、キャリアチェンジに適した年代も教えてください。

鈴木

未経験という理解で正しいのですが、例えば同じ業界であっても職種が変わればキャリアチェンジと呼ぶこともあります。キャリアチェンジの場合、現職の経験が生かされないこともありますが、その分業務の経験幅が広がるメリットもあります。キャリアチェンジをするのであれば、一般的に早い方がよく20代が適していると言えます。以下で詳しくご説明します。

キャリアチェンジの意味と、キャリアチェンジにベストなタイミングをご紹介!

20代のキャリアチェンジは最適なタイミング

キャリアチェンジとは先ほどご紹介した通り、現職とは異なる業界や職種に転職することで、場合によっては前職の経験が充分に生かされないケースがあります。
よってキャリアチェンジであっても、前職の専門的な経験が求められている場合は20代が有利であるとも言い切れないのですが、前職の専門的な経験が特に生かせない場合は、新卒と同じ「ポテンシャル採用」の趣が強く、このケースは20代が最適なタイミングになります。

このような前提に立つと、「新卒を採用した方が良いのではないか?」という疑問が生まれますが、新卒は社会人としてのルールやマナーから教育が必要になりますが、20代の転職者にはその必要がないので、企業には20代の転職者を採用するメリットがあります。

30代以降のキャリアチェンジはハードルが上がる

30代以上のキャリアチェンジは、基本的にはハードルが上がります。
ポテンシャル採用の要素が強くなれば、その後のキャリアが長い20代の方が有利なためです。
しかし、例えば「会社が新しい事業に参入するので、参入業界の経験者を採用したい」といった場合は、前職の専門的なスキルや経験が必要とされているので、30代以降がターゲットとなるケースもあります。

まとめ
    キャリアチェンジとは現職とは異なる業界や職種に転職すること。一般的にキャリアチェンジに最適な年代は20代!

夢・憧れを叶える。キャリアチェンジのメリット3つ

星野

キャリアチェンジの意味や最適なタイミングについてよく理解できました。キャリアチェンジにはどのようなメリットが考えられるのでしょうか?

鈴木

キャリアチェンジのメリットはいくつかあります。夢や憧れを叶えられる点も大きなメリットですよね。今回はポイントを3つに絞ってお伝えしますので、以下を確認してください。

キャリアチェンジのメリットとは?主要な3点をご紹介!

メリット1:憧れの職業に。好きな業界・仕事に就ける可能性がある

学生時代から憧れの業界や職業がありながらも、夢破れて異なる仕事をしている方もいると思います。また、社会人になってからやりたいことが現職の他に見つかるケースもあります。
キャリアチェンジのメリットの1つは、そのような憧れの業界や職業に就けるということです。

メリット2:個人価値をアップ。新しいスキルを身に付けられる

キャリアチェンジによって、現職と異なるスキルを身に付けられる点も大きなメリットです。長い目でみたときに、複数の業界や職種を経験していることは、自身の市場価値を図る際の武器になることも多くあります。

メリット3:複数の業界経験から自分のキャリアを客観視できる

多くの人材は、1つの業界や1つの職種しか経験しないのですが、複数の業界や職種を経験していることで、自分のキャリアを俯瞰的に認識することができます。よって、自分のキャリアを多くの選択肢の中から選ぶことができるメリットがあります。

まとめ
    キャリアチェンジには、憧れの職業に就けること、新しいスキルを身に付けられること、自分自身のキャリア観を広げることができることなどのメリットがあります。

良いことばかりではない?キャリアチェンジのデメリット3つ

星野

キャリアチェンジのメリットを知り、私もキャリアチェンジを積極的に考えていこうと思いました!その一方で、キャリアチェンジのデメリットはあるのでしょうか?

鈴木

キャリアチェンジにもデメリットはあります。転職においては、メリットとデメリットをしっかりと確認して、ご自身の転職軸に照らした上で、転職するか否かを含めて判断するようにしてください。それでは、デメリットをご紹介いたします。

キャリアチェンジのデメリットを3点ご紹介します!

デメリット1:0からスタート。新しい仕事を覚えるのに時間がかかる

転職後に活躍できるようになるまで時間を要することはキャリアチェンジのデメリットです。キャリアチェンジは基本的に新しい仕事を0から覚える必要があります。転職前の職場において、ようやく仕事を回せるようになってきたタイミングで転職し、また0から新しいことを覚えるのは精神的にもストレスがかかります。

デメリット2:未経験なら必然。即戦力でない場合は収入ダウンの可能性もある

2点目のデメリットは収入ダウンです。即戦力採用でなく、ポテンシャル採用の時点で収入が落ちることは必然とも言えるのですが、
転職に際してはご自身が許容できる最低限の年収を計算して、転職を決める必要があります。

デメリット3:合わないことも。新しい仕事でミスマッチする可能性もある

最後のデメリットは、憧れの仕事だったはずなのに「合わなかった」というケースです。憧れや想いが強いからこそ、現実とのギャップに失望してしまうケースもありますので、事前に企業のリサーチをしっかり行うようにしましょう。

企業をリサーチする際は、インターネット等の情報だけでなく生の声を聞くことが重要です。知人や転職エージェントを積極的に頼って、意見を聞くようにしましょう。

まとめ
    キャリアチェンジのデメリットは、仕事を0から覚え直す必要があること、収入が下がる可能性が高いこと、転職してみたら「合わなかった」というケースがあることの3点が挙げられます。

【コラム】最低でも1年以上は。勤務継続年数が少ないと転職に不利になる

星野

キャリアチェンジのデメリットについてよく理解できました。収入面を考えても、キャリアチェンジ転職をするのであれば、早いに越したことはないですよね。

鈴木

一般的にキャリアチェンジは20代の方が有利であることは確かなのですが、現職の在籍年数が短すぎると不利になるので注意が必要です。詳しくは以下でご紹介します。

転職する際に注意が必要な現職の在籍年数についてご紹介します!

キャリアチェンジの転職は特に20代が有利であるとご紹介しましたが、現職の在籍年数が短すぎると不利になります。これはキャリアチェンジに限ったことではなくあらゆる転職全般に言えるのですが、在籍年数が1年未満の場合は、「在籍期間が1年未満ということは本人に何か問題があるのではないか?」「うちに入ってもすぐに辞めてしまうのではないか?」という疑念を持たれますので注意が必要です。

まとめ
    キャリアチェンジをする際は、特別な事情がない限り、現職の在籍年数が最低1年位以上となるように注意をしてください。

チャンスを活かすには?キャリアチェンジを成功させるポイント5つ

星野

現職の在籍年数にまで注意が及んでいなかったので勉強になりました。在籍年数が短すぎると不利になる理由も納得です。キャリアチェンジの転職をする際の注意点は理解できたので、成功させるためのポイントはありますでしょうか?

鈴木

キャリアチェンジの転職を成功させるポイントは大きく分けて2つです。1つは、転職する業界や企業、職種をよく調べること。もう1つは、ご自身の経験やスキルをしっかり棚卸しすることです。詳しくは以下でご説明します。

キャリアチェンジを成功させるためのポイント5つをご紹介!

その1:転職に成功するために。業界・会社のリサーチを入念にする

キャリアチェンジの転職は、特に経験のない業界や職種への転職になりますので、転職先の業界や企業、職種を入念にリサーチすることが必要です。これは、転職後のギャップをなるべく減らすことが主な目的です。

転職後にギャップを感じればまた転職すれば良いと考えてしまいがちですが、既述した通り、現職の在職期間が短い状態での転職は非常に難しくなりますので、このようなギャップを生まないために、事前に時間をかけて入念に転職先を調べるようにしましょう。また、これらのリサーチはインターネット情報だけでなく、転職エージェントや知人等から生の声を直接聞くことを心がけましょう。

その2:第三者の意見も重要。自己分析を深く掘り下げる

キャリアチェンジであっても、あなたのポテンシャルを示すために自己分析は必要不可欠です。まずは自分自身で整理することをお勧めしますが、第三者があなたをどのように見ているか、先入観を持たずに素直に聞くことで、分析を深掘りすることが可能になります。

その3:できることや資格を整理。仕事で培ったスキルの棚卸をする

仕事で培ったスキルは丁寧に棚卸しましょう。その際に、自分の強みだと認識した点、その逆に弱みだと思った点も書き出してみましょう。特に、どういう困難があり、それをどう乗り換えたかは詳しく分析してください。キャリアチェンジの場合は、仕事を0から覚え直す可能性が高いため、企業としてはあなたが「困難にぶつかったときにそれをどうやって乗り越えるのか」という点を重視します。

これは、「以前Aという問題があった際にBで乗り越えた」のであれば、転職してから「Cという困難があってもBのように乗り越えてくれるだろう」という再現性を確認するためのものです。その他にも、資格など分かりやすい情報を整理することも有効と言えます。

その4:スキル・経験が仕事にどう役に立つのか伝えられるようにする

キャリアチェンジであっても、前職のスキルや経験が全く役に立たないことはありません。仕事というのはどの業界、職種であってもその根本は「課題の解決」であり、多くの場合は「チームでの解決」が求められ、その中に「個人としての役割や得意分野」があります。

こういった広い視点に立ち、自分の経験やスキルがどのように活かせるか、伝えられるように準備することがポイントです。

その5:経験値が実績。職務経歴書には詳細な経歴を記入する

職務経歴書はエントリーシートと同様に、面接に進むために必要な最初の関門となります。「詳しくは面接で話せばいいや」と簡潔に書くのではなく、「この人に会いたい」と採用担当者に思ってもらえるように、詳細な経歴を書くようにしましょう。

まとめ
    職務経歴書はあなたの経験を代弁しますので、見づらくならない程度に、可能な限り詳しく書くようにしましょう。

【コラム】客観的な判断も重要。転職エージェントに相談してみよう

星野

様々な角度からキャリアチェンジについて知ることができました。自分自身にキャリアチェンジが適しているのか、もう一度整理してみる必要があると思いました。

鈴木

転職すべきかどうか、どういった転職が適しているのか、を判断するのは、なかなか難しいと思います。もちろん、自分自身のことなので、ご自身の考えが最も重要なのですが、その道のプロフェッショナルの意見も参考にしたいですよね。そういった場合は、是非転職エージェントに相談してください。

転職に際しては、まず転職エージェントに相談することが重要!

転職を何度も経験する人は少ない上に、人生において重要な決断になるので、なるべく慎重に、正しい判断をしたいですよね。その際に最も頼りになるのは、転職エージェントです。様々な企業の情報や転職のノウハウを持っているだけでなく、多くの転職事例を経験値としてもっていますので、あなたの思考性やスキル・経験を踏まえて、より適した選択肢をアドバイスしてくれます。
是非、多くの転職エージェントに登録して、情報量を増やすとともに、よき相談相手を獲得してください。

まとめ
    転職する際は複数の転職エージェントに登録し、プロの客観的な意見を参考にすることが重要です。