50代未経験でも転職できる業界7選と転職成功のコツ3つ

こんにちは!転職アドバイザーの鈴木です!「50代未経験 転職」と調べている人は
『そもそもこの歳で仕事なんてあるのだろうか』
『50代で未経験業界への転職なんて、何から始めればいいのだろう』
と悩みますよね。

鈴木

「50代未経験の転職を成功させる」ためには、許容できる年収を把握し、ご自身のスキルや経験を整理した上で、在職中に転職活動をすることが大切です!

なぜなら、最低限必要な年収やご自身のスキル・経験を明確にすることで、転職先候補を絞り込むことができすので、「50代未経験の転職を成功させる」上で重要な、効率的で効果的な就職活動ができるためです!
そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「50代 未経験での転職」に関するノウハウを全てお伝えします。

最後まで読めば、50代が未経験の転職をする上で重要なことやおすすめの業界などが理解できて、転職を成功させる確率を高めることができます!

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

50代未経験でも転職はできる?50代で実績なしは厳しい

星野

50代で未経験業界への転職は可能なのでしょうか?定年が伸びている企業も多く、50代の転職が一般的になってきたことで、昔よりもハードルが下がっているという話も聞くのですが、半信半疑です。

鈴木

50代での転職は、未経験業界に限らず決して容易ではありません。確かに50代の転職者数は増加傾向にありますが、特にアピールできる実績がなければ、非常に難しい転職活動となります。

ただ50代であればマネジメントや問題解決能力など、業界が異なっていても共通して重宝されるスキルやノウハウをお持ちの方が多いと思いますので、そういったアピールポイントを訴求するための準備が重要です。また業界は違えど職種が共通している場合は、求められるスキルも重なることが多々あります。

50代での未経験業界への転職は容易ではない。未経験業界の場合、業界分け隔たなく必要なマネジメント能力や職種で求められるスキルをブラッシュアップすることが重要。

50代の転職成功率とは?成功の目安は10%程度

50代の転職希望者のうち、100%でなくとも「転職が成功した」と言える方は10%程度というのが現実です。年代に関わらず希望を100%叶える転職は難しいのですが、自分にとって譲れない転職軸を明確にすることが最も重要になります。その際に、最低限必要となる年収を明確化することが重要です。

希望通りにはいかないかも。50代で転職するリスク

50代の転職リスクとしては、
・転職先候補が限られていること
・転職が決まらず活動が長期化すること
・年収などの諸条件が現職よりも下がる可能性が高いこと
などが挙げられます。

相応のスキルや実績を積まなければ、年収アップ等の転職は望めないことが一般的です。

まとめ
    50代の転職では、年収アップは希望にくく、希望の転職条件と現実のすり合わせた上で、地に足をつけた転職活動を行うことが重要になる。

年齢・経験不問。50代未経験でも転職できる業界7選

星野

年収や諸条件について高望みできない現実があることは理解しました。
条件が下がることを許容しても、50代の未経験業界への転職は難しいのでしょうか?

鈴木

結論から申し上げると、そんなことはありません。条件を下げたほうが、転職を成功させる確率は上がります。

また、年齢や経験不問の転職の方が、スキルや実績など諸条件が問われる転職に比べて難易度は圧倒的に下がります。一方で、その場合は一般的には収入などの諸条件も下がります。

それでは、経験不問で且つ50代であっても転職可能な業界をいくつかご紹介します。


50代であっても経験不問で転職できる業界の例を7つほどご紹介します。

その1:タクシー業界

1つ目はタクシー業界です。車や運転が好きであったり、道に詳しい方はタクシードライバーに転職する方もいますが、転職にあたり経験が求められることはあまりなく、条件としては第二種免許を取得することくらいです。

第二種免許とは、一般的な運転免許(第一種免許)と異なり、旅客自動車(お客様を乗せる車)を運転する場合に必要となります。教習所に通い免許を取得する場合は、約20万円ほどの費用が必要となり、取得所要期間は10日ほどとなります。

その2:介護業界

2つ目は介護業界です。少子高齢化の中で、介護職は特に人材が不足しており、未経験者であっても1から教育を受けることができる研修制度を備えているケースが多くあります。

日本の高齢化は深刻な問題となっており、介護施設や病院は常に人手不足なので、人材需要に供給が追いついていません。このような業界は、未経験者でも転職を受けれてくれやすい傾向があります。

その3:メーカー・自動車業界

3つ目はメーカー・自動車業界です。特に技能職と呼ばれるライン作業は無資格・無経験での応募を認めていることが多く、モノづくりや工場が好きで転職を希望される方も多くいます。

ただ、長時間立ち続けて業務にあたる職場が多いので、体力が必要な仕事ではありますが、その一方で比較的に待遇が良い点が特徴となります。

その4:運送業界

4つ目は運送業界です。ドライバーの応募には運転免許が必要ですが、それ以外は特に必要ありません。大型のトラックを運転する場合は別途専用の免許が必要ですが、一定期間当該企業で勤務すれば、その費用を負担してくれる企業も多くあります。

長距離運転などは非常に体力が必要な仕事ですが、短距離を1日に何回か往復するような業務もあります。トラックの運転手は昔から残業が多く、きつい仕事のイメージがありますが、最近では労働規制が厳しくなったこともあり、長時間残業や休日出勤の恒常化は減りつつあります。

その5:運輸・倉庫業界

5つ目は運輸・倉庫業界です。運輸・倉庫業界への転職も特に必須となる資格はありません。各物流拠点で商品の仕分けや入出庫作業を含む、倉庫管理業務がメインとなりますので、フォークリフトの免許を持っているとより有利になります。

倉庫業も力仕事の一面があり、また勤務時間も場合によっては夜間になることがありますが、夜勤の場合は手当もつきますので、収入面では好条件となることもあります。

その6:ビルメンテナンス業界

6つ目はビルメンテナンス業界です。ビルメンテナンスと言っても仕事内容は多岐に渡りますが、その中でも特に清掃業務は、未経験でも募集していることが多くあります。

体力的な問題や清掃という業務内容から人材が慢性的に不足しており、さらに清掃内容によっては顧客の業務終了後の夜間から始業となるケースがある点に注意が必要です。その一方で、掃除が好きな方にとっては魅力的な仕事であり、さらに待遇は非常に良いケースが多いことも
特徴の1つです。

その7:印刷業界

最後に、印刷業界をご紹介します。印刷業界と聞いてもイメージしにくいかもしれませんが、特殊な印刷物などであっても翌日には納品してくれるサービスを利用した経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現在この業界でも機械化(自動化)が進んでいますが、人の手による対応もまだ多く、人材が慢性的に不足しています。インクの特有な匂いがする環境であるケースも多く、納期対応に追われてスピードが求められる仕事ですが、未経験者であっても採用を積極的に行なっている業界です。

【コラム】金融・コンサルタント業界など。未経験が不利になる求人は少ない

星野

未経験者であっても募集している業界についてよく理解することができました。一方で、未経験者では転職できない業界はあるのでしょうか?

鈴木

実は未経験者では転職できない業界というものは、ほぼあまりありません。所謂、研究職や技術職などの専門的な会社を除いては、コンサル業界や金融業界などが未経験での転職は難しい業界にあたりますが、その他の多くの業界は未経験であっても転職の可能性はあります。

未経験業界に対する転職希望者の向き合い方をご紹介します。
未経験が不利になる業界は少ないとご紹介しましたが、これは未経験者だからと言って門前払いされる業界があまりないことを意味します。マネジメント能力や問題解決などのノウハウは、業界が違えど重宝される面もありますし、業界は異なっていても職種(例えば「営業」)が同じであれば、必要な能力や経験が共通する部分も多々ありますので、転職のチャンスはあります。

まとめ
    未経験だからこそアピールすべきポイントをしっかりと把握することで、未経験業界への転職を成功させることができます。

50代未経験の転職で失敗しやすい人の特徴4つ

星野

50代の転職で何をアピールすべきか少しずつ見えてきました。アピールポイントもこれからじっくり考えたいと思いますが、転職活動で失敗しやすい人の特徴はありますか?

鈴木

希望する業界・企業によって事情は様々なので、一概に「こういう人は失敗しやすい」という断定は難しいのですが、いくつかの共通点はあります。傾向としてご紹介しましょう。

50代の転職で失敗しやすい人の特徴や条件を4つご紹介します。

特徴1:現在の仕事で役職についていてない

採用活動は短期間で人物評価をしなければならないため、現職の「役職」は、「現職の会社の評価」を最もよく表す客観的指標として扱われます。また、役職が高いほどその転職希望者がもつ人脈への期待値が上がり、マネジメント能力などビジネス上で必要とされるノウハウを高いレベルで習得していると評価されます。

よって、役職定年を迎えている場合は別ですが、役職定年を迎える歳ではないにも関わらず、役職についていない方は、ハンデキャップを負っていると自覚し挽回策を練る必要があります。

特徴2:転職先業界のスキルや経験がない

転職先で求められるスキルや経験がない場合は、転職先候補を見直す必要があります。例えばこれまでずっと人事ばたけを歩いていた方が、営業職へ転職する場合は、なかなか内定を得ることは難しいと言わざるを得ません。

特徴3:新しい環境に順応する適応力がない

50代になって慣れ親しんだ環境から新しい環境に身を置くことには、相当大きなストレスが伴います。ある研究データには、転職には片親がなくなるほどの心理的ストレスがかかるというデータもあります。

50代の転職には、心理的なタフさや環境順応能力が求められることに加え、自分のやり方に固執せずに、転職先のやり方に応じて、柔軟に意思疎通を図ることができる力が求められます。

特徴4:コミュニケーションスキルが低い

転職先の人事制度や条件によっては、自分よりも年下の上司を持つことや、前職のやり方が通じないことなど、様々なカルチャーショックがあることが一般的です。どんな環境下であっても、問題なく意思疎通を測れるコミュニケーションスキルがなければ、内定を得ることは難しくなると言えます。

まとめ
    転職先で必要なスキルがない場合は、転職先の選定を見直す必要があります。また、現職で役職がない場合はその他の面で挽回する必要があり、具体的には適応力やコミュニケーション能力のブラッシュアップが効果的です。

50代未経験の転職で成功しやすい人の特徴4つ

星野

失敗しやすい特徴のうち、適応力やコミュニケーションスキルについては、自分の意識や訓練によって改善できそうなので、取り組んでいきたいと思います。一方で、50代の未経験転職で成功しやすい人の特徴はありますか?

鈴木

そうですね。是非、ご自身にウィークポイントがあれば改善に取り組んでみて下さい。成功しやすい人の特徴には、失敗しやすい人に比べて共通点があります。こちらも意識や訓練で改善できる項目もありますので、是非参考にしてください。

50代未経験転職で成功しやすい人の4つの特徴をお伝えします。

特徴1:役職経験がありスキルや経験が豊富

先ほどもご紹介しましたが、役職というのは「現職の評価」を表す指標として扱われます。役職が高いほど50代の転職者に求める人脈への期待値も上がり、マネジメント能力や問題解決能力などの様々なノウハウや、ビジネスにおける経験値も高く評価されます。

「役職に就いてからどのようなプロジェクトを推進し、どのような役割を担ったか」
「どのような問題がおき、それをどのように解決したか」
「成果はどうだったか」
などを、簡潔に紹介できるように準備しておきましょう。

特徴2:専門性の高いスキルや知識を持っている

専門性の高いスキルや経験を持つ人材は、その専門性や経験を求めている企業にとっては喉から手が出るほど欲しい人材となります。しかし専門性といっても、専門分野によってニーズが異なりますので、多くの企業が共通して求めるような専門性であれば、自ずと需要が高くなり好条件での転職を目指すことができます。法律や会計の知識などは需要の高い専門性といえます。

特徴3:責任感やモラルがある

どのような仕事をする上でも、責任感やモラルは求められます。50代では、ご自身に責任感やモラルがあるだけでなく、それを後進にどのように伝えて、身に付けさせるかという教育視点を持つことも重要です。

また50代の転職は転職者自身のメンタルが不安定になることもあり、転職先の年下の社員に横柄な態度を取ってしまうケースもあり、転職先の社内環境が悪化することがあります。50代であっても、転職先では分からないことを年下の社員に素直に教えてもらう、コミュニケーションを積極的に取る中で礼儀も忘れないといったモラルをもつことを心がけましょう。

特徴4:柔軟な思考で固定概念にとらわれない

50代の転職に関わらず、中途採用と新卒採用を比較した際に、企業が中途採用において最も懸念することの1つが、「前職ではこうだった」「このやり方はおかしい」などと、前職の文化や慣習から脱却できない人材を採用してしまうケースです。これは採用面接だけではなかなか見抜くことが難しい特性になります。

それが50代となれば、長い人で30年以上前職に在籍していたことになりますので、企業の懸念も大きくなります。よって、柔軟な思考を持ち、固定概念とらわれないことを具体例などとともにアピールすることが重要です。

まとめ
    50代の転職で成功しやすい人の特徴は、役職が付いている、経験やスキルが豊富なことに加えて、責任感があり、節度を守れることが挙げられます。

【コラム】経験やマネジメント力が大事。50代に企業が求めるポイント

星野

転職に成功しやすい人の特徴もよく分かりました。これらの特徴は企業が求める視点からも納得でしたが、その他に企業が転職者に求めていることは何でしょうか?

鈴木

企業の採用目的は、人材の確保ですが、その採用形態によって求める人材の特徴も異なります。例えば、新卒採用と中途採用を比べた場合、新卒採用は1から自社で教育することを前提としていますが、中途採用は自社と異なる環境で培った経験に期待していたり、社内に新しい風を吹かせて組織を活性化させることなども含めた即戦力に期待しています。
その中でも、50代の転職者に求めることについて、以下でご紹介いたします。

50代の転職者に企業が求めること

専門的なスキルや経験も重要ですが、企業が50代の転職者に特に求めるものは「経験」と「マネジメント力」です。
例えば問題解決1つをとっても、本屋に行けば問題解決のハウツーやフレームワークに関する本はたくさん置いてありますが、実際の経験値はより貴重なデータとして扱われます。

マネジメント力も同様ですが、個々の多様性が認められ、一律のルールで管理することが難しくなってきた昨今では、特に生きたマネジメント経験が重宝されます。

50代未経験の転職を成功させるコツ3つ

星野

企業が求める能力も納得です。自分がアピールしたいことだけでなく、相手が何を求めているかを意識することは重要だと思いました。
これまでの経験等でなく、心がけ次第で対応できる「50代での転職を成功させるためのコツ」はありますか?

鈴木

おっしゃる通りですね。相手が求めていることを把握して、丁寧なコミュニケーションを心がけましょう。企業が求めていることに100%応えることは難しいですし、これまで培ってきた経験を変えることはできませんが、これからでも対応できる「転職を成功させるコツ」をご紹介します。

転職を成功させるコツは、職種の選択、転職活動の方法、心構えの3つです。

コツ1:即戦力性が大事。培ったスキルや経験を活かせる職種を選ぶ

1つ目はご自身のスキルや経験が活かせる職種を選ぶことです。未経験の転職も可能ですが、まずはご自身のスキルや経験がアドバンテージになる職種を選ぶことで、転職の成功率は高まります。

コツ2:ブランクを作らない。現職に在籍中に転職活動をスタートする

2つ目はキャリアにブランクを作らないことです。よく退職してからじっくりと転職を考えたいという方がいますが、余程の理由がない限りは現職に在籍している間に転職活動をしてください。最近では、平日の遅くや土日に面接を実施する企業も増えています。

先に退職してしまうと、「前職で何かあったのではないか?」といった不信感を与える上に、退職してからのブランクが長ければ、「他の企業も採用しない人材なのか?」「長期間仕事を離れ、パフォーマンスが落ちているのではないか」といった不安も募ります。

コツ3:年収アップは難しい。年収が下がることを考慮しておく

50代の転職において年収は下がる前提で準備を進めることで、転職活動時の焦りもなくなります。この際、どの程度の年収ダウンであれば許容できるのか、老後に必要なお金の計算も含めて考えておくことが重要です。

まとめ
    50代の転職を成功させるコツは、

  • 自分のスキルや経験を活かせる職種を探すこと
  • 在職中に転職活動をすること
  • 年収ダウンを想定しておくこと
  • の3点です。

50代未経験の転職を成功させるアプローチ3つ

星野

転職成功のコツもお伺いし、実際に自分が転職活動をするイメージが湧いてきました。まずは自己分析も進めながら企業を探したいと思いますが、おすすめのアプローチ方法はあるのでしょうか?

鈴木

企業へのアプローチ方法については、50代での転職ならではの方法も含めて、いくつかおすすめがありますので、ご紹介します。

50代の転職者は必見!おすすめのアプローチ方法とは?

その1:50代だからこその強み。人脈を活用する

1つ目は人脈を活用することです。50代になると、人材採用の意思決定権を持つ役職に就いている方もいますので、転職の話がトントン拍子に進むことがあります。

また、少数の募集人数の場合や特定の専門性を求めている場合は、公募ではなく人脈の中で採用候補者を見つけようとする企業もありますので、人脈の活用も意識しましょう。

その2:経験やタイミングによっては。志望企業に直接応募する

2つ目は企業に直接応募する方法です。ニッチな経験を求めていたり、採用終了後思わぬ内定辞退が出たケースでは、公募はしていなくても、採用を考えているケースがあります。

また、中途採用の意思はなかったが、話を聞いてみたところ優秀な人材だったという理由で採用に至るケースもあります。

その3:ぴったりな仕事を提案。転職エージェントを活用する

3つ目は、最も一般的な方法である転職エージェントの活用です。1つ目と2つ目も有効なアプローチ方法ですが、どのケースでも転職エージェントを併せて活用するようにしましょう。
豊富な情報量や経験をもとに、あなたに合う会社を紹介してくれるだけでなく、面接等のアドバイスも受けることができます。

まとめ
    50代の転職活動におけるアプローチの基本は転職エージェント。併せて、人脈の活用や企業に直接応募することも効果的です。

未経験も要相談。50代の転職におすすめの転職エージェント3選

星野

様々なアプローチ方法があり、勉強になりました。でもやはり基本は転職エージェントの活用ということで、おすすめの転職エージェントはありますでしょうか?

鈴木

多くの転職エージェントがありますが、それぞれが独自の強みをもっています。その特徴をご説明しながら、おすすめエージェントを3つご紹介します。

50代の転職におすすめできる3つのエージェントをご紹介!

その1:非公開求人豊富でブルーカラーに強い|doda


引用元:https://doda.jp/consultant/
1つ目のおすすめは、「doda」です。50代が転職しやすいブルーカラーに強く、非公開求人も豊富に取り扱っています。
幅広い年齢層の転職に対応しているため、カバーしている企業数も多く、普段は3,40代の転職が多い企業であっても、50代の転職需要が生まれた際に素早く情報収集をすることができます。未経験転職を目指す方にもおすすめです。

その2:管理職や専門職向け|JACリクルートメント


引用元:http://www.jac-recruitment.jp/
2つ目のおすすめは、「JACリクルートメント」です。ハイクラス求人に特化したエージェントで、外資系や日経のグローバル企業に強みを持っています。対応も丁寧で、利用者の評価も好評なエージェントで、外資系企業も転職先候補の方にはおすすめのエージェントです。

その3:ミドルシニア層向け|ビズリーチ


引用元:https://www.bizreach.jp/
3つ目のおすすめは、「ビズリーチ」です。テレビCMでもお馴染みの同社ですが、ミドルシニア層といわれる管理職クラスの転職にも強みを持っています。高収入の案件が多く、収入アップを目指す方にはおすすめのエージェントです。

まとめ
    50代の転職におすすめのエージェントはいくつもありますが、それぞれのエージェントの特徴を理解することも重要です。また1つのエージェントに絞らずに、情報収集のためにも複数のエージェントに登録しましょう。

鈴木

ご自身の転職の目的を明確化し、軸を決めつつ、どの程度の年収ダウンであれば許容できるのかも想定しながら、転職を考えていくことが重要です。
また、経歴は変えることができませんが、それ以外で転職を成功させるためにできることはたくさんありますので、ぜひブラッシュアップしていただければと思います。

星野

50代の未経験転職の実情や転職を成功させるための方法をよく理解できました。未経験業界でも転職できる可能性があることや、自分が経験している職種と同様の職種で求人を探すなど、今後の転職活動の中で意識していきたいと思います。

鈴木

また転職活動をしながら迷った時は今日のお話に立ち返って、頑張ってください!