40代の転職が厳しい現実。それでも成功させるために必要なこととは

こんにちは!転職アドバイザーの星野です!「40代 転職 現実」と調べている人は
『40代で転職するのって、やっぱ厳しいのかな…』
と悩みますよね。

星野

「40代の転職」を成功させるためには慎重に行動し、転職エージェントの力を借りることが大切です!そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「40代の転職」に関するノウハウを全てお伝えします。最後まで読めば、40代の転職を成功させることができて、理想の生活が実現できるようになるでしょう!

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

40代での転職が厳しい3つの理由

鈴木

40代の転職は厳しいって聞きましたが、それって本当ですか?

星野

何人もの部下をマネジメントしていたり、高いスキルを持っている人であればキャリアアップできる場合がありますが、そうでない場合は一般的に厳しいと言わざるをえないのが現実です。では、なぜ40代の転職が厳しいのかその理由を見ていきましょう!

40代の転職が厳しい理由は以下3つ!

その1 転職先の環境ややり方に適応が難しい場合がある

40代ともなると、長年勤めた会社の社風や文化が染みついているため、転職先企業としては環境に適応できるのかどうかが懸念点となります。

会社の環境に適応できるポテンシャルのある20代と比べると、どうしても40代の求職者は不利になってしまうと言わざるをえません。

その2 未経験の業種だと、余程人手不足でない限り経験者が優遇されがち

企業が未経験業種を採用する場合、伸びしろのある20代と伸びしろが期待できない40代、どちらを採用するかは明白でしょう。

未経験業種で転職したい場合、40代は若くて伸びしろがあり、人件費の安い20代にはかなわないのです。

40代で未経験で転職したい場合、業種業界を選ぶなど工夫することが必要になります。

その3 女性の場合、出産や育児でキャリアが途切れると再就職の難易度が上がる

女性の場合に多いですが、出産や育児などでブランクを挟んでしまうと再就職の難易度が上がるのが一般的です。

企業は40代の人材を採用する場合、即戦力であることを期待して採用します。

ブランクがある場合は即戦力として期待できないので、採用を渋るのです。

まとめ
    即戦力でない限り、40代はポテンシャルのある20代に及ばない。

40代の転職で失敗する人の2つの特徴

鈴木

40代の転職で失敗する人はどうして失敗してしまうんですか?失敗してしまう人の特徴などがあれば教えて頂きたいです!

星野

これから40代の転職で失敗してしまう人の特徴をお話しますが、衝動的に行動してしまうことで失敗する人が多いです。では、具体的にどのような40代の人が転職に失敗してしまうのか見ていきましょう!

40代の転職で失敗してしまう人の共通点は「衝動的」なこと。

その1 事前の調査や知識なしで未経験分野に挑戦しようとする

企業側は40代の人材に即戦力であることを求めています。そのため、40代で未経験分野に挑戦することは無謀であると言えます。

企業は未経験分野で人材を採用する場合、ポテンシャルのある20代の人材を採用します。

その事実を知らずに「未経験でもいける」と未経験業種に挑戦しようとすると後で痛い目に合うのです。

その2 周囲の話を聞かず、衝動的に退職や転職を決断する

40代の転職活動は一般的に長期間になる場合が多いです。

衝動的に会社を辞めて転職活動を始めた場合、なかなか転職が決まらずに生活費だけがかかってしまうということにもなりかねません。

また、ブランクが長引き転職に不利になってしまいます。

まとめ
    40代の転職市場を調査せず、衝動的に行動すると失敗する確率が高い。

40代の転職を成功させる3つのポイント

鈴木

どうやったら40代の転職はうまくいくのですか?正直不安です…

星野

40代の転職はポイントさえ押さえればうまくいく可能性を高めることができます!この章では3つのポイントをご紹介しますね。

40代の転職を成功させる3つのポイントについて見ていきましょう!

その1 転職エージェントを活用する

40代となると、求人の数は20代、30代と比べて減ってしまいます。

しかし、転職エージェントに登録することで40代の人にも合う求人を紹介してもらえることが可能になります。特に、膨大な求人数を誇るリクルートエージェントへの登録はマストです。

ポイントは複数の転職エージェントに登録することです。複数の転職エージェントに登録することで、少なくなりがちな求人数を確保することができます。

また、転職エージェントは面接対策などの選考対策をしてくれたり年収交渉をあなたにかわって行ってくれたりします。

孤独になりがちな転職活動を支えてくれる力強いパートナーになるので、転職エージェントを活用することが40代の転職成功の一番の秘訣と言えるでしょう。

その2 資格を取得して、転職の幅を広く

40代の転職では、豊富な知識・経験に基づいた即戦力性、マネジメント力、コミュニケーション能力、そして人間性が評価されます。

このうちどれが欠けても厳しいのが40代の転職市場です。

しかし、他の求職者と評価が似たり寄ったりになったときに「資格を持っているか」が効果を発揮します。

知識を持っていることをアピールできるので、資格を持っているとよいでしょう。

その3 転職活動が長期になることも予測して、転職先が決まるまでは現在の仕事を続ける

先述の通り、40代の転職活動は長期化する傾向にあります。
仕事を辞めてから転職活動をした場合、収入がなくなってしまうといった事態にもなりかねません。

また、転職活動が長引いた場合、ブランクになってしまうので選考に不利にもなってしまいます。

そうならないためにも、長期戦になることを考えて転職先が決まるまでは現在の仕事を続けることが大事です。

まとめ
    転職エージェントを複数利用し、在職中に転職活動しましょう。

40代の転職に有利な資格

鈴木

そんなにマネジメント力や即戦力に自信があるわけではないので、40代の転職で有利になる資格があれば教えていただきたいです!

星野

即戦力として自信があるわけではない場合など、資格をもっていたほうが有利になることもあります。では、どのような資格を持っていれば40代の転職に有利になるのかご紹介していきますね。

40代の転職で有利になる資格はこれ!

あらゆる職で役立つMOS

ExcelやWordなど日常的に利用するOfficeソフトを応用まで使いこなせる、高いデスクワーク能力を持っていることが証明できます。
あらゆる職種でデスクワークは必須になるので、MOSを持っておくといざというときに役立つでしょう。

エンジニアには欠かせない情報技術者関連

ITエンジニアの場合はプログラミングスキルが第一ではありますが、40代でITエンジニアとして転職したい場合、情報技術者関連の資格は持っていたほうがよいでしょう。

何よりも知識の証明になりますので、技術を磨くと同時に取得を目指しておきましょう。

通信講座で取得可能な業務関連資格

通信講座で取得できる資格でも、40代の転職で有利になる資格は多数あります。
例えば、行政書士、1級FP技能士(CFP)、中小企業診断士などの資格は持っていると有利になるでしょう。
これらの資格は難易度が高めのため、キャリアアップに役立ちます。
その他でも介護福祉士や証券アナリストなどの資格が通信口座で取得可能で、持っていると有利になります。

まとめ
    即戦力であることが最も大事ですが、資格を持っていたほうが良いのも事実。取得できそうな資格は取得しておくのが良いでしょう。

40代で転職するときの2つの注意点

鈴木

40代の転職で失敗したくはありません。具体的に、どのようなことに注意したら良いのでしょうか?

星野

40代は家庭があったり親の介護もあったりと、20代30代に比べて失敗できないことが多いですよね。40代は転職エージェントをうまく活用し、慎重に転職活動を進める必要があります。この章でご紹介する2つのことさえ守れば失敗するリスクを下げることができるはずです!

では、2つの注意点について見ていきましょう!

その1 勢いで転職すると準備不足で失敗する

40代の転職においては、慎重さが重要です。
勢いで会社を辞めてから転職活動を開始してしまうと、思った以上に内定が取れず、無収入で生活費だけかかってしまう、なんてことになりかねません。

長期戦を見据えた上で入念に準備して転職活動に臨む必要があるのです。

その2 エージェントなど専門家の力を借りるのは必須

40代の転職活動はひとりで進めるべきではありません。
転職エージェントに登録し、専門家の力を借りましょう。
転職エージェントは求人の紹介、選考対策、年収交渉などをやってくれるだけでなく、あなたが不安な時の相談相手になってもくれます。
40代向けの求人は一般的に少なくなりがちなので、求人をより多く確保するという意味でも転職エージェントに登録しておくべきでしょう。
ポイントは、複数の転職エージェントに登録することです。そうすることで、少なくなりがちな40代向けの求人を確保する事ができるのです。

まとめ
    40代の転職活動は、転職エージェントを使って慎重に進めるべき。