20代の転職はデメリットよりメリットが多い。転職を成功させるための手引き

この記事でお伝えすること
  • 20代の転職に伴うデメリット4選
  • 20代で転職をした方がいいメリット5選
  • 20代での転職成功のポイント
  • 第二新卒と中途採用の違い
  • 転職エージェントを活用した方がいい理由

こんにちは!転職アドバイザーの鈴木です!20代での転職を考えている人は、
『自分にとってベストな転職時期っていつだろう…』
『今の会社でキャリアを積んだ方がいいの…?』
『転職をする時に注意した方がいいポイントとは…』
と悩みますよね。

鈴木

「20代で転職を成功させる」ためには転職をする明確な理由が大切です!

なぜなら、転職理由を明確にすることで、「良い転職先に出会える」が確率が上がるからです!
そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「20代の転職に伴うメリット」を全てお伝えします。

最後まで読めば、転職に伴うメリット・デメリットを理解したうえで、「成功する転職の手引き」をお伝えできます!

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

Point
  • 1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
  • 2.様々な視点でアドバイスをもらえる
  • 3.多くの非公開求人を確保できる
  • 4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

20代で転職するデメリット4選

星野

転職は考えてはいるものの、新しい職場環境に身を置くリスクも感じます。実際には企業から、どんなイメージや声が挙がることが多いのでしょうか?

鈴木

20代の転職では、キャリアが浅いがゆえに、転職をする理由を明確にすることが大切なポイントです。転職をすることのデメリットをまずは考えてみましょう。

20代の転職には、「第二新卒枠」「経験者採用枠」の2つがあります。一般的に新卒で入社後、3年以内に転職をする人のことを第二新卒と呼び、それ以降は経験者採用と呼ぶケースが多いです。特に入社して3年目のタイミングは多くの方が転職を考えるターニングポイントでもありますが、同時にデメリットもつきものです。それでは、どんなデメリットがあるのか見ていきましょう。

デメリット1 またすぐに辞めると思われてしまう

一般的には、業務全般を理解し、1人で一連の仕事を担うまで、3年程度必要とされています。
今の仕事や職場環境の良い面・悪い面の両面を見ることで、就職前には分からなかった、働く上で重要視しているポイントが見えてくることもあります。
嫌なことがある度に、転職を考えてしまっては、「継続力」や「忍耐力」が無いと判断され、またすぐに辞めてしまうのではないかと思われる可能性が高いです。特に3年以内に転職を考えている人は、転職理由を明確にすることを推奨します。

デメリット2 転職直後の給料が下がってしまう可能性がある

第二新卒での内定を目指す場合、転職後の給料が下がってしまうケースがあります。
経験者採用であれば、これまでの経験やスキルに応じての年収査定ですが、第二新卒の場合、
就業先の規定に沿って決定されるケースが多く、会社によっては、新卒と同等や、社会人経験の年数によって決定されます。また1年遅れの給与パターンとして、3年目で転職した場合、その会社の2年目と同等の扱いとなることもあります。

デメリット3 同期の仲間がいなくなってしまう

入社3年目までは、特に新人研修や年次研修など手厚い企業が多く、同期との交流の場も盛んです。
また、同期とは切磋琢磨して成長しあえる大切な仲間でもあります。
転職者の場合、入社日も異なれば、年齢・経験も異なります。同じ悩みを持つ同期に相談ができる環境を息抜きと考えている方も多いのではないでしょうか。

デメリット4 またイチから仕事を覚えなくてはならない

転職先では、新しい環境下のルールや、仕事、更に人間関係などが新たにスタートします。
前職と職種が同じであっても、会社ごとで手順や使用ツールが異なるケースは多く、ましては未経験職種への転職の場合、専門用語などを新たに覚える努力も必要です。中途採用は新入社員程、手厚く研修を手取り足取りして頂けるとは限りませんので、イチから自分で仕事を覚える根気が必要です。

まとめ
    20代の転職では、「第二新卒枠」か「経験者採用枠」のどちらを選択するかも重要なポイントです。年収等の条件面を重視するのであれば、現職でキャリアを積んで専門性を磨くことも大切です。

デメリットよりもメリットが多い。20代の転職で得られるメリット5選

星野

会社の同期の転職の話も最近聞く頻度が増えてきました。また、転職して良かったという声も聞きます!転職の際に挙げられるメリットとはどんなものが挙げられますか?

鈴木

同期の転職話も増えてきたのですね!最近では、20代で転職を経験される人は、3割以上とも言われています。それでは転職のメリットとして、実際にどんな声が挙がっているのか見ていきましょう。

 
かつて「日本型雇用」とも言われていた終身雇用の考え方が最近では薄れ、個人が自立する社会への考え方が強まってきました。また、女性の社会進出が進み、男女共に、キャリアアップを目指して転職をする方も増えてきています。転職をすることで得られるメリットとは?

メリット1 やる気や意欲といったポテンシャル重視で採用してもらえる

20代の転職には、現状のスキルだけでなく、これから発揮されるであろう潜在的な能力を重視した「ポテンシャル採用」という考え方があります。最近は多くの企業の求人でも、この言葉が登場しています。
特に新卒~第二新卒に適用されており、優秀な若手採用が困難なことから、採用後に企業で育成するというスタンスの企業も多いです。やる気や意欲も若手の特権と言えるでしょう。

メリット2 未経験の業界・業種にもチャレンジしやすい

20代の転職では、メリット1でも挙げた様に、ポテンシャル重視の採用件数も多く、未経験の業界・業種へのチャレンジがしやすいこともメリットです。採用側も第二新卒であれば、社会人としての最低限のビジネスマナーは身についているものの、企業や職種への固定概念がなく、柔軟性が見込めます。
またキャリア採用ですと、売り手市場で採用自体が難航だったり、賃金テーブルが見合わないケースも多く、企業も採用に踏み込みやすいと言えます。

メリット3 キャリアプランの再形成ができる

20代の多くは、新卒で企業に入社し育成をされ、社会人としてのキャリアの土台を形成する大切な時期です。年齢を重ねると、様々なライフイベントも伴い、自分だけの判断で転職しがたい状況にある方もいるかと思います。そのため、20代は自身のキャリアを積んだり、やりたいことを探す貴重な期間と考える方が多いです。ポテンシャル採用を取り入れている企業も多いため、転職という道を選択し、キャリアプランの再形成を目指すことができます。

メリット4 年収アップのための転職は20代が有利

特に社会人3年目以降であれば、年収アップも期待できます。全くの未経験業界へのチャレンジですと一概には言えませんが、同業・同職種ですと、即戦力として扱われるため、これまでの実績評価などで、年収交渉できるケースもあります。また、未来の幹部職候補のポジションなどで、20代の採用を求める企業もあります。最近ではハイキャリア思考の転職エージェント等もありますので、有効に活用してみてはいかがでしょうか。

メリット5 第二新卒は市場のニーズが高い

近年第二新卒の企業からの採用ニーズは高まってきています。主な理由としては、「教育コストの削減」「給与テーブルが低い」「ポテンシャル採用」などが挙げられます。多くの方は新卒で入社した企業で、ビジネスマナーやメール・電話対応など社会人としての基礎を身に着けています。また、キャリア採用ではないため、新卒同等での給与テーブルでの採用が可能であったり、前職に染まり切っておらず、潜在的な能力を持っている層のニーズが高いことが挙げられます。

まとめ
    転職において、若さは1つの武器になります。特に未経験職種への転職を考えている方は、ポテンシャル採用を狙うチャンスでもあります。今の会社での自分の将来像に悩んでいる方は、参考にしてみて下さい。

20代の転職を成功させる5つのポイント

星野

初めての転職という事もあり、不安も多々あります。転職を成功させるには、どのような点に注意すれば良いのでしょうか?

鈴木

 転職をすることは決して悪いことではありません。また不安を一切抱えず転職活動をする人の方が少ないです。では、どんなところに注意をして転職活動を進めていけばいいのかを見てゆきましょう。

はじめての転職には不安もつきものです。不安を少しでも解消させるために、転職を成功させるためのポイントについて見ていきましょう!

ポイント1 これからのキャリアプランをアピールする

20代は先ほども挙げたように、キャリアの土台を形成する大切な時期です。
新卒採用の時には、エントリーシートや、面接では、学生時代頑張ってきたことなど、過去の経験を元に判断していましたが、転職市場では、過去よりも今後の未来を重視しています。
実際に入社をし、どんな功績を残して頂けるか。
また、入社後のミスマッチが起きない様、その会社に入社し、何がしたいのかをしっかりとアピールしましょう。

ポイント2 転職理由をはっきり伝えられるようにする

20代の転職者に対し、若手採用を目指す企業からのニーズは多いですが、
転職理由がはっきりとしていない求職者に対しての面接官の目は厳しいです。
単に「その会社が嫌だから辞める」、「人間関係が合わなくて辞める」、「福利厚生面が見合わないので辞める」といった理由は、入社後の会社でも同じような事象に陥った際に、「どうせまた嫌になったら辞めるんでしょ?」と思われてしまっても仕方ありません。転職理由は、前職の嫌な所で通すのではなく、入社後の企業で自分が描きたいキャリアを形成するためのストーリーを組むことが大切です。

ポイント3 今までの実績をどう活かせるかアピールできるようにする

先ほども述べたように、転職の場では、過去に実績だけでなく、その実績を入社後の企業でどう活かせるのかがポイントとなります。
特に同業界や、同職種での転職の場合、前職での経験値に基づいて年収設定をされるケースもあります。
アピールの際は、「上司に褒められることが多かったです」などの抽象的な表現ではなく、数値化できる実績の提示を心がけましょう。また、その結果入社後の企業でどんな貢献ができるのかまでを一貫性をもってアピールできるかが重要です。

ポイント4 未経験の業界・職種に転職するときは事前に調査しておく

特に、未経験の業界・職種への転換を考えている方は、事前の下調べが必要です。
業界には様々な特色があり、各業界ごとで職場環境の雰囲気も大きく変わります。
また未経験職種への転換となれば、入社後の研修制度が整っているかなどもポイントとなります。
望んでいた未経験の業界や職種に転職できたとしても、万が一自身に合わなかった場合、
職歴に一貫性が無くなってしまい、マイナスなイメージにも繋がりかねないので、注意が必要です。

ポイント5 転職エージェントを利用する

f昨今では、第二新卒や若手をターゲットに転職支援を行うエージェントも増えてきました。
勤続年数が短い20代では、転職先に何を求めているのか明確に答えられない方もいるでしょう。
転職エージェントを利用すれば、リクルーターとの面談などを通し、数ある求人の中から、あなたに合う案件を紹介し、効率の良い転職活動ができるでしょう。

まとめ
    転職を成功させるには、転職をする理由を明確にし、入社後のミスマッチがない様、入社後のイメージをどこまで出来るかが重要です。職歴だけがどんどん増えていくことが無い様、しっかりと準備をして臨みましょう。

【コラム】第二新卒と中途採用では企業側のニーズが異なる

星野

20代前半であれば、第二新卒という言葉をよく耳にしますが、そもそも第二新卒と中途採用の違いや、企業が求めているニーズはどのようなものですか?

鈴木

いいところに気づきましたね!採用側が求職者に求めているポイントが分かれば、内定を貰える確度も上がります。

第二新卒と中途採用の違いは?また、企業が求職者に求めているポイントについて。

第二新卒と中途採用では、求職者に求める採用側のニーズが異なります。
一般的に第二新卒とは、新卒で入社後3年以内に転職をする人のことを指します。
そのため、第二新卒ではキャリアやスキルよりも、ポテンシャルを重視する傾向にあります。
一方で中途採用は、即戦力採用に当たるため、過去の実績や経験、スキルを重視しています。
どちらの枠での採用を目指すかによって、アピールの仕方も異なるといえるでしょう。

まとめ
    未経験業界や職種への転換にチャレンジする人は、第二新卒の間であれば、ポテンシャル採用が見込めるため、年齢が若い人程これといったスキルがなくてもチャレンジができます。一方で年収条件などを上げたい方は、自分のこれまでの経験・スキルを活かせる転職先を見つけた時に備え、現職の間にしっかりとキャリアを磨くことが大切です。

20代の転職は第二新卒向け転職エージェントがオススメな3つの理由

星野

周りの友人に転職の相談をしたところ、転職エージェントの利用を勧められました!20代におすすめの転職エージェントや、活用術を教えて下さい。

鈴木

特に働きながら転職活動する人は、使える時間にも限りがあるので、転職エージェントに登録し、様々な情報を得ることで効率的な転職活動が出来ます!

転職サイトでは落ちてしまう案件にも、転職エージェントで推薦を頂くことで選考の通過率も上がっていきます。では実際にはどんな支援を頂けるのか、また、なぜ転職エージェントがオススメなのかを一緒に見ていきましょう。

理由1 短期離職者や未経験者向けの求人が豊富だから

20代前半は、職歴や経験年数が浅くスキルの可視化がしずらいため、企業のHP上の中途採用枠からエントリーをしても、書類選考の通過率は高くありません。
しかし、転職エージェントでは、キャリアカウンセラーがあなたと面談し、良い所を推薦付きで企業に提案してくれるため、比較的面接実施まで繋がりやすいです。
また、短期離職者や未経験者向きの求人を多数用意しており、紹介してくれるため、自分で探すよりも良い求人に出会える確率も高いでしょう。

理由2 企業の雰囲気を知っているのでミスマッチが起こりにくいから

転職エージェントでは、その企業の求人がより魅力的に映る様に、企業の情報を沢山仕入れています。
企業のHP上では伝わりきらない、実際の現場の雰囲気等を知っているため、入社後のミスマッチが起こりづらいです。特に面接の場ではなかなか聞きずらい社内の人間関係や、企業独自のルールなどは、事前に知っておくことで安心して面接に臨むことができます。

理由3 初めての転職を手厚くサポートしてくれるから

転職エージェントではキャリアカウンセラーが、これまでの経歴の棚卸を手伝ってくれます。
自分だけでは気付けなかった視点での自己分析ができ、自分と価値観の合う企業を紹介してくれます。
また、はじめての転職の機会を迎える20代には、職務経歴書や履歴書についても詳しくアドバイスを頂けるため、書類選考の通過率も高くなります。

まとめ
    転職エージェントは、様々な企業との取引実績があるので、沢山の情報を持っています。そのため、他社との比較も行ったうえで、あなたに合った求人の紹介が可能です。また、その企業の求めている求職者のポイントも把握しているため、面接対策まで支援して下さいます。自分だけでは、出会う事の出来なかった素敵な求人を見つけ、是非納得のいく転職活動を行って下さい。