仕事に向いていないと悩む人へ。向き不向きの判断方法10選を解説

転職アドバイザー・星野

早大卒。新卒でIT関連の大手企業に入社後、営業として活躍。5年営業として勤務した後、人事に異動。採用業務に関わる。

その後、IT企業を退職して転職エージェント運営企業に転職し、キャリアアドバイザーとして求職者の転職を支援する。

現在は人材系コンサルティング会社で組織運営コンサルティングに携わり、人事的な側面から企業の経営をサポートしている。趣味は読書で、週に1冊は本を読む。

求職者・鈴木

明治大学卒。新卒で大手製紙メーカーに入社。営業として働いているが、自分のやりたいことは何かと考えるうちに現状に対して違和感を覚え、転職活動をしていた経験あり。

現在妹が人生初の転職活動中で、色々と悩みを抱えている様子。兄としてサポートしてあげたい!と考えているようです。

こんにちは!転職アドバイザーの星野です!仕事が向いていないと考える人は、
『仕事に対して前向きになれない…』
『楽しんで仕事ができない…』
『自分に向いている仕事なんてないのでは…』
と悩みますよね。

結論からいうと…「仕事が向いていないと感じる現状を打破する」には、自分がどんな仕事向き不向きなのかを判断することが大切です!なぜなら、自分の性格やスキル、強みなどを明確にし、向き不向きの仕事を判断することで仕事に対して前向きにとりくむことが可能になるからです!そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「仕事の向き不向きを判断する方法」に関するノウハウを全てお伝えします。最後まで読めば、自分はどんな仕事に向いているのかを知ることができ、最後まで読めば、やりがいを持って仕事に取り組めるようになります!

※なお、最低でも2社以上の転職エージェントを利用するのがおすすめです!
なぜなら、複数の転職エージェントを併用すると以下のようなメリットがあるからです。

1.各転職エージェントのデメリットを打ち消して利用できる
2.様々な視点でアドバイスをもらえる
3.多くの非公開求人を確保できる
4.複数の企業に内定した時に好条件で入社できる

目次

仕事に向いていないと悩んだら。向き不向の判断方法10選

入社当時は、意欲や熱意を持って仕事に取り組めていたのですが…。最近は、いつもどこか仕事に対して消極的な部分があり、いっそのこと退職してしまおうかと考えることもあります。毎日イキイキと働いている後輩や上司の姿を見て、温度差を感じることも少なくなく、「自分は今の仕事が向いていないのではないか」と考える時間が増えました。

たとえ一度でも、「今の仕事が自分には向いていないのではないか」と思ってしまったら、仕事に対して前向きな気持ちがなかなか持てなくなるものです。ですが、向いていないと感じる気持ちは一過性の場合もあります。そのため、今の仕事が本当に向いていないのかどうか、しっかり判断することが重要です。

楽しんで仕事ができないのは思い込みのせい?
向き不向きを判断する10つの方法。

その1 一過性の感情かも?楽しさ・やりがいを感じられる時はあるか

向き不向きを判断するとき、まず最初の考えたいのは、「今の仕事に対して、楽しさややりがいを感じられるか」ということです。
目標を達成したり、お客様に喜んでもらったり、会社に貢献できたとき、「頑張ってきてよかった」という思える瞬間があれば、それは不向きとは言えません。
しかし、毎日仕事をたんたんとこなし、時間を過ぎるのを待つような状態では、今の仕事は向いていないと考えられます。

その2 尊敬できなければ。上司や先輩に憧れをもてるか

ともに仕事をしている上司や先輩に、あこがれや尊敬の気持ちが持てるかどうかも重要なポイントです。
「いつかあの人のようになりたい」という目標となる存在がいることで、仕事に対するモチベーションUPにも繋がります。
ですが、逆に尊敬できる上司がいない場合や、上司をみても将来を見いだせないような場合は、仕事に対して前向きになれない原因となってしまうこともあります。

その3 職場環境はどうか?向き不向きより人間関係に問題があるのではないか

仕事内容は好きでも、職場の人間関係で悩みを抱えている人は少なくありません。
上司や会社からの圧力が強かったり、長時間労働を強いられたりして職場環境が整っていない場合は、好きな仕事に対しても前向きに取り組めなくなることもあります。

その4 成長意欲があるならば。向いていなくても成長したい気持ちはあるか

仕事に対する成長意欲があるかどうかも、向き不向きを判断する大きな決め手です。
初めはだれでもうまく仕事はこなせないもの。
失敗や経験を積み上げながらも、成長していく気持ちがあれば、向いていない仕事でも成果が出るようになります。

その5 改善すれば良いだけかも?仕事で改善できることはないか

今の仕事は自分に向いていないと思っても、「上司に怒られた」「ミスをした」など、一過性である場合も少なくありません。
まだ改善の余地があるのであれば、まずは自ら失敗を振り返り、改善することはないか考えることも重要です。

その6 オンオフ両方大事。プライベートの時間を取れているか

仕事とプライベートをしっかり線引きし、充実した休日を過ごせているかどうかも、実は向き不向きに影響します。
プライベートが充実していると、仕事を頑張る目標ができ、自然と仕事に対するモチベーションがUPするのです。
逆にプライベートが充実していないと、仕事で溜まった疲れやストレスを発散できず、仕事に対する意欲も低下してしまいます。

その7 作業によるかも。仕事で好きな作業と嫌いな作業を分析してみる

誰しも得意なものと苦手なものがあるでしょう。
たとえば、人づきあいが苦手な人は、接客など人とのコミュニケーションが必須になる仕事は苦痛に感じるものです。
自分に性格を見つめなおし、やりたいと感じる仕事は何なのかを分析してみましょう。

その8 共感できないなら。会社の方針・文化は自分に合っているか

会社の方針や文化は、職場の雰囲気や働き方にも大きく関わってきます。
そのため、会社の方針や文化に共感できない場合、職場で仕事をしていくなかで、ストレスを感じる瞬間が多くなってしまうのです。
社長の考えや社風、経営理念などが自分に考えと合っているかどうか、方向性は同じかどうかを今一度確認してみましょう。

その9 嬉しいならまだ。仕事で成果を出したことを喜べるか

売上目標を達成できたり、上司から褒められたりして、自分の仕事を認めてもらえることは嬉しいものです。
このように、仕事を評価し成果を出すことで、やりがいや達成感を感じられるのであれば、今の仕事が向いていないとは言い切れません。

その10 無ければちょっと。今の仕事の好きなところを10個あげられるか

どんな仕事でも、嫌なことや向いていないと感じる瞬間はあります。
ですが、仕事に対して「ここが良い」と思える部分もきっとあるはずです。
給料や待遇面でも良いですし、人間関係や福利厚生など、良いと思える部分は人それぞれ異なります。
どんな小さなことでも良いので、今の仕事に対して「好き」と言える項目が10個程度あれば、向いている可能性の方が高いです。
しかし、いくら考えても仕事に対して好きだと思える部分がなく、それどころかマイナスのことばかり浮かんでしまうという場合は、今の仕事は向いていないと判断できます。

仕事の向き不向きは、一過性のものもあれば、根本的に解決しないとモチベーションを上げるのが難しいものもあります。

【コラム】向いていないと言われたら?他人の評価に惑わされないことが大切

先日は、仕事で些細なミスを立て続けにしていまい、上司から「今の仕事向いていないな」と言われました…。自分でも仕事が向いていないと感じたことは何度もあったのですが、身近な人から直接言われたことで、気分が落ち込んでしまっています。それからというものの、仕事に対してのモチベーションややる気がおきず、このまま辞めてしまいたいと思いながら出社するのがつらいです。

ミスを多発したとはいえ、他人から「向いていない」と断言されるのは、精神的にも落ち込みますよね。ですが、人から向いていないと言われても、さほど気にする必要はありません。良い面で上司から評価されるのは前向きにとらえるべきですが、マイナスな評価は真に受けなくて大丈夫です。叱責されても、落ち込んだり、自分を責めたりしなくても、他人の評価に惑わされないことが重要となります。

他人の評価は受け流す!仕事に向いていないという判断材料にはならない。

自分よりもキャリアを積み重ねている上司の意見は、絶対的なものに感じるものです。
そのため、上司の意見によって、自信を失ったり、落ち込んだりすることもあるでしょう。
しかし、仕事の向き不向きは、他人に判断されるものではありません。
とくに上司は、長年の経験から、個人的な考えで叱責してくる場合も少なくないのです。
上司の性格によっては、荒い言葉遣いや強い口調で話してくる人もいます。
そういった度を過ぎた言動はパワハラとなりますので、上司の言葉を真に受けて落ち込む必要はないのです。

上司の意見や言葉に耳を傾けることも大切ですが、上司の言っていることが全て正しいということはありません。
「向いていない」と言われたら、同僚など職場の仲間に相談してみることをおすすめします。

この仕事に向いていないのかもと感じる3シーン

今の仕事をすればするほど、覚えられないことが多く、「なんでこんなことも上手くできないんだろう」と悩みがどんどん膨らんでいってしまいます。自分自身、仕事を覚えたいという気持ちはあるのですが…。考えていることと行動がイコールせず、「向いていない」という気持ちが強くなっています。

やる気はあるのに、思うように仕事が覚えられない、進められないという状況だと、解決策がなかなか見つけられないものですよね。今の状況では「仕事が向いていないかも」と感じるのも無理はありません。仕事が向いていないと感じる瞬間は、人によってさまざまですが、実は不向きを実感しやすいシーンというものがいくつかあるんです。

仕事に向いていないと感じやすいシーンは3つある。

シーン1 わかっていても。仕事の些細なミスが人より多い

「同じミスは繰り返さない」と頭では分かっていても、何度も繰り返してしまうと、自分の仕事に対して自信が持てなくなります。
結果、同期や後輩と比べてミスが目立つことに対しても、「仕事そのものが向いていないこと」を原因と結論付けてしまうのです。

シーン2 同僚よりも作業をこなすスピードが遅い

自分としてはテキパキと仕事をこなしているつもりでも、気づけば周りから遅れを取ってしまうということが続くと、焦りや不安感を抱いてしまいます。
「もっと早く仕事をしなければ」と気持ちが先走り、結果ミスを連発してしまうという悪循環に陥ることも少なくありません。
仕事のペースが人よりも遅いことは、さまざまなストレスの要因を生み出してしまうため、「仕事が向いていない」と感じ、自信が持てなくなる人は多いです。

シーン3 上司や同僚から向いていないと言われる

上司や同僚など、ともに仕事をしている職場の人間から「向いていない」と言われるのは、精神的につらいものです。
仕事の向き不向きは他人から評価されるものではないと分かっていても、きつい言葉は心に大きくのしかかります。
そのため、つい自分を責めてしまったり、落ち込んでしまったりすることで、「自分は今の仕事に向いていない」と強く思い込み、精神的に疲弊してしまうケースもあるのです。

ミスをしてしまう、周りから遅れをとってしまう、他人から叱責されることは、「仕事が向いていない」と考える大きなきっかけとなるようです。

この仕事に向いていないと考えた時の対処法5つ

今の仕事をしていても、悩み事は増えるばかり…。「向いていない」という現状を打破したい気持ちはあるのですが、いくら考えても良い方法が見つかりません。仕事が向いていないという現状から抜け出すには、何か良い対処法はあるのでしょうか。

悩みを抱えたまま仕事をするのは、心身ともにつらいですよね。このまま今の仕事を続けていくのなら、一刻も早く対処すべきです。「仕事が向いていない」と感じる人でも、現状を抜け出し、再び仕事に前向きになれる方法はいくつかあります!

仕事が向いていないと感じたときに、現状を抜け出す対処法は5つある!

その1 一旦冷静に。やりたくない仕事と比較してみる

仕事に対して前向きになれないときは、自分のなかでもっともやりたくないと思う仕事と、目の前の仕事を比べてみましょう。
苦手なことや嫌なことと比べることで、仕事のハードルが下がり、モチベーションが復活することもあります。

その2 感情を整理。長期休暇を取って気持ちをリフレッシュする

仕事が向いていないと感じたら、思い切って一度仕事から離れてみることも1つの手です。
仕事から解放され、蓄積したストレスや疲れを思いっきり発散することで、一回気持ちをリセットできます。
ずっと走り続けるのではなく、ときには立ち止まって休むことも大切です。

その3 思い過ごしかも?信頼できる上司や同僚に相談してみる

マイナスの気持ちが芽生えると、どんどん負の感情が膨らんでいってしまいます。
小さなミスから芽生えた感情も、考えるうちに大きくなり、自分自身のなかで「向いていない」と決めつけてしまうこともあるのです。
まずは信頼できる同僚や上司に相談し、客観的な意見を聞いてみましょう。
自分では気づけなかった良い部分や意見を聞くことができ、本当に向いていないのかがより明確になります。

その4 やりがいはここから。全力で仕事に取り組んで「成果」を出してみる

「向いていない」と思っても、一度スイッチを入れて全力で取り組んでみるのも有効な手段です。
もう頑張れないというほど仕事に打ち込み、全力投球してみることで、成果を生み出せることもよくあります。
成果出すことができれば、仕事に対するモチベーションもUPし、自分に自信が持てるようになるのです。

その5 ミスマッチかも。人事に相談して移動したい希望を伝えてみる

人間関係などの職場環境が、仕事が向いていないと感じる原因となっているケースもあります。
その場合は、部署変えや人事異動などを希望し職場環境を変えることで、現状を打破できる可能性が高いです、
まずは上司や人事部に相談し、異動を希望する理由を伝えてみましょう。

仕事が向いていないと感じている人でも、再び仕事に前向きになれる対処法はあります!
まずはできることから実践し、現状を打破していきましょう。

【コラム】辞めたいのは甘え?向き不向きは大事なので転職するのはあり

いろいろな対処法を実践してみても、自分のなかで「向いていない」という気持ちが変わりません。転職して、新たな場所で一から頑張りたいという気持ちが強いのですが…。転職をすることは「甘え」に感じて、なかなか一歩を踏み出せずにいます。

転職をすることは、決して甘えや逃げではありません。どう頑張っても現状が変えられないのなら、転職をして職場環境を変えるのは有効な手段です。

転職は自分に向いている仕事を見つけるための有効な手段!

転職をすることに対して、逃げや甘えを感じる人は少なくないでしょう。
しかし、転職をすることは決して悪いことではありません。
むしろ、仕事に対して前向きになれるチャンスです!
転職をしようと思ったら、できるだけ早く転職活動を始めることが重要です。
向いていない仕事を頑張り続けてしまうと、心身ともに疲弊し、転職活動をする活力もなくなってしまいます。
あまりにも疲れやストレスが溜まってしまうと、転職活動に対する意欲まで失ってしまう可能性がありますので、悩む前に行動しましょう。

仕事に対して「向いていない」という気持ちが払しょくできない場合は、迷わずに転職を検討しましょう。

仕事に向いてないと悩んだ時の転職方法3ステップ

「仕事が向いていない」という理由で転職する際、まずは何から始めればよいのか思い浮かびません。次の職場は自分に向いている仕事に就きたいという気持ちが強く、「失敗できない」という焦りや不安も気持ちが強いです。転職活動を進めていくには、まずどういったことから始めればよいのでしょうか。

不安や焦りの気持ちを抱えながら、1人で転職活動を進めていくのは負担が大きいですよね。まずは、心を落ち着かせて、段階を踏みながら転職活動を進めていきましょう。自分だけでなんとかしようとせず、借りられる力はどんどん活用していくことが重要です。

「仕事が向いていない」と悩んだら、次のステップを踏んで転職活動を進めましょう!

ステップ1 いきなり辞めない。まずは転職活動の準備を始める

転職をすることを決めても、すぐに仕事を辞めるのは避けましょう。
退職の手続きや転職活動の手続きを同時進行するのは、想像以上に大変です。
心身的に余裕がないなか、退職と転職の両方をこなしていくのは、本末転倒となってしまいます。
退職してしまうと金銭面でも余裕がなくなり、焦りや不安感が増しかねませんので、収入源はキープしておくことが大切です。
まずは転職活動の準備を整えることから始めていきましょう。

ステップ2 枠を広げる。気になる業界の情報をリサーチする

自分が好きなことややってみたいと思う仕事を書き出してみましょう。
気になる職種があれば、実際の業務内容など、とにかく情報をリサーチします。
興味のある仕事や好きな仕事の情報を集めることで、自分に向いている仕事の枠が広がり、転職活動がスムーズに進めやすくなるのです。

ステップ3 客観性も大事。転職エージェントに相談してみる

自分に向いている仕事を探すには、主観性だけでなく客観性も大切です。
転職エージェントは、専任のキャリアアドバイザーと二人三脚で転職活動を進めていけるので、新たな強みに気付ける可能性があります。
さらに、丁寧なカウンセリングがあり、客観的に見て自分にマッチングする求人を探してくれるので心強いです。

転職を決断したら、すぐに退職はせず、段階を踏んで転職活動を進めていくことが成功のカギとなります。

それでも向いていないと思ったら。転職時の注意点4つ

向いていないと感じる仕事から、転職をする場合、転職先でまた同じようなことにならないかが不安です。転職活動を進めていくうえで、気を付けた方がよいことはありますか?

せっかく転職活動へ踏み切るのなら、楽しんで仕事ができる転職先を見つけたいものですよね。次の転職先でも「仕事が向いていない」と悩まないようにするには、向いていないと感じる原因を明確にしたり、向いている仕事は何かを自己分析したりする必要があります。

「向いている仕事」に転職するために!転職活動を行う際の注意点。

その1 向いていないと思ったことを明確にする

今の仕事をしていて、なぜ向いていないと感じるのか、その理由を明確にすることが重要です。
原因が不透明なまま新しい職場を探しても、また「向いていない」と悩むのは目に見えています。
どんな職種、職場環境、待遇が向いていないと感じる原因なのかが分かれば、次の転職先を決める際の判断材料となります。

その2 データで確認。適職診断を受けてみる

人によって、性格や持ち合わせているスキルが異なるように、向いている仕事にも違いがあります。
まずは適職診断を受けてみて、客観的にどんな仕事が向いているのかを理解することも需要です。
診断結果がすべてではありませんが、診断を受けていくなかで、自分の特性や強みが浮き上がってくることもあります。

その3 自己分析で自分の価値観を把握する

仕事に対して、何をもっとも重視したいのかを明確にすることも大切です。
自己分析をして、仕事に求めるものを具体化してみましょう。
重視するものは、給料や労働時間、休日、社員育成制度、昇給制度、福利厚生など、何でも大丈夫です。
できるだけたくさんの項目を挙げて、そのなかで何を重視したいのか順位付けをしておきましょう。

その4 自分の価値観を基準に会社を探す

自分に合う、働きやすい会社は、価値観が同じかどうかも重要なポイントです。
知名度の高い企業やブランド力のある企業に魅力を感じ、あこがれを持つのは悪いことではありませんが、自分に向いている仕事かどうかの決め手にはなりません。
企業理念や方針をチェックし、自分の考え方や価値観をマッチングしているかどうかを確認しておくことで、長く働いていける職場を見つけやすくなります。

自分に向いている仕事かどうかを判断するには、「向いていない」と感じる原因を明確にし、自分の価値観に合う会社を選んでいくことが重要です。転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが客観的に判断して、マッチング率の高い企業を提案してくれるので、楽しんで働ける職場が見つかりやすくなりますよ。