30代フリーターも正社員に転職できる。就職する方法4つとコツ4つ

転職アドバイザー・井上

新卒で入社したメガバンクで法人営業として働いた後、『人材』に興味を持ち、大手人材会社に転職して早6年。
現在はキャリアアドバイザーとして、幅広い業界、業種の転職者のキャリア相談にのり、転職活動のお手伝いをしています。

求職者・鈴木

明治大学卒。新卒で大手製紙メーカーに入社。営業として働いているが、自分のやりたいことは何かと考えるうちに現状に対して違和感を覚え、転職活動を始めた経験あり。

妹と兄がおり、妹は人生初の転職活動中。兄は新卒の就職活動でやりたい仕事に就けず、現在はフリーターとして飲食店でアルバイトをしているそう。兄も色々と悩みを抱えているようで、弟ながら出来ることがあれば支えたい!と考えている兄弟想いの良いやつ。

こんにちは!転職アドバイザーの井上です!

「30代・フリーター・正社員・転職」というキーワードでこの記事にたどり着いた人は

『フリーターという経歴に自信がない』

『内定がもらえず自己否定されるのが正直怖い』

『そもそも就活のやり方が分からない』

『何をやりたいか考えてるけど一向に見えてこない』

と悩まれているかもしれません。

井上

「30代で正社員を目指す」ためには、正しい転職活動の知識と行動が大切です!また、社会のニーズを知ることで、あなたが今後進むべきキャリアが見えてくるかもしれません。

そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「30代で職歴なしの方が正社員になる」ためのノウハウを全てお伝えします。最後まで読めば、自分のとるべき行動が明確になり、自信を持って転職活動をすることができるはずです!

目次

正社員にはならず。30代フリーターをやっている理由5つ

鈴木

現在兄は34歳。新卒の時に就職活動で失敗してしまったようで、やりたいことが見つけられずに色々とアルバイトを続け、いわゆるフリーター状態です。しかし将来に不安を感じ、そろそろ正社員として就職を考えているようです。でも職歴も無いことで自信が持てず悩んでいるようなんですよね。

井上

なるほど。お兄さんのように悩みを抱えてフリーターを続けている人は、実はたくさんいるんですよ。ここ数年で減少傾向ではありますが、日本におけるフリーターは今現在140万人程いると言われています。家庭の事情で致し方なくその働き方を選んでいる人もいれば、やりたいことが見つけられずにそのまま…という人もいるでしょうが、今は求人数も豊富で、正社員の道も開けているので、就職もしやすいタイミングと言えるでしょう。

フリーターとは、アルバイト、パート、派遣社員、臨時社員など、正社員以外の就労形態(非正規雇用)で生計を立てる人のことを指します。労働力不足で『売り手市場』と言われている昨今は減少傾向ではありますが、総務省の調べによると、2018年度におけるフリーター人口は143万人となっています。つまり日本の総人口のうち約1.13%、およそ88人に1人がフリーターということになります。では、その働き方を選ぶことになった理由とはどのようなものが多いのでしょうか。

理由1:止むを得ず。新卒で就職活動に失敗してしまったから

現在30代後半の方は、俗に言う「就職氷河期」を経験した方もいらっしゃるかもしれません。1991年の日本のバブル崩壊をきっかけに多くの企業では人件費削減のために新規採用枠を大幅に減少させ、1991年に就職活動を行っていた、93年卒の学生から2005年度までの13年間を一般的に就職氷河期と呼んでいました。この時期は新卒の就職活動がうまくいかず、致し方なく正社員ではない道を選んだ方も多くいます。また、氷河期にかからずとも、新卒時に希望の職に就けなかった人は、やむを得ず正社員以外の働き方を選んだ方もいます。

ここ最近は売り手市場となり減少傾向ではあるものの、少なく見ても「1割」、多く見ると「3割」もの大卒者が卒業後もフリーター状態になっていると言われており、そうなると100人いたら、10〜30人はフリーターになっているということから、「大学を卒業したけど就職できなかった」という状態が、決して珍しいことではないということがわかります。また、大卒のフリーターの割合は、全体のフリーター数の40%以上を占めているというデータもあり、若年層のフリーターの高学歴化が進んでいる傾向もあります。

理由2:夢や趣味に熱中。やりたいことを追い求めていたから

やりたい事があり、それを追い求めるために正社員の道を選ばなかった方も多いのではないでしょうか。人生という時間は有限ですし、夢を追求できるのも若いうちかもしれません。自分自身の選択と選んだ道に確固たる信念と意志があれば、精神的満足度も高いかもしれません。しかし、年齢を重ねるうちに状況や心境が変わり、ふと、このままでいいのだろうか、と不安にかられることもあるのが、30代の方たちの傾向です。

理由3:どれも違う。やりたいことが見つからなかったから

色々な職を経験したもののどれもしっくりこず、正社員以外の雇用形態で職を転々としてきた方もいるかもしれません。いつかは天職に出会えるかも、やりたい事が見つかるかも、という思いかもしれませんが、やはりなかなか短期間でのアルバイトで自分のやりたい仕事を見極めることは難しいかもしれません。そして厳しい事を言うかもしれませんが、やりたい仕事に就けている人の割合は、全体の3割に満たないというデータがあり、その中で自分の仕事に満足している人は、6割未満だったそうです。つまり、少ない割合の中で自分の好きなことをせっかく見つけて仕事にできたとしても、必ずしも満足できるわけではないということなのです。逆に、やりたい仕事に就いてはいないものの、満足しているという答えもあり、どのような仕事に就いたとしても、自分自身がそこにやりがいを見いだせれば充実した社会人ライフが送れる可能性があることを痛感します。

今、やりたいことを見つけるためにアルバイトで職を点々としている方がいたら、一度腰を据えて、嫌なことも含めて一つの仕事に取り掛かる経験も必要かもしれません。

理由4:自由が1番。フリーターの働き方が楽だったから

フリーターという選択をした方で、「自由」を最重要視されている方は多く見られます。やはりアルバイトであれば重大な責任を追うことは避けられますし、嫌なことがあれば辞め、次の仕事を見つければいいと考えれば気楽かもしれません。しかしアルバイトでも、年齢を重ねるうちに選べる仕事が減ってきたり、周りから同年代のフリーターが減ったことを感じるなど、状況の変化を感じるようになるかもしれません。30代はフリーターであることにやりづらさを感じるシーンも増えてくる年齢なのです。

理由5:健康の都合。病気が原因で働けなかったから

病気や身体的事情で正社員にならなかった方もいます。自分の体と健康が最優先ですので致し方のない選択ですし、それを気にする必要はありません。仕事は生活をする上でお金を稼ぐ手段のひとつで、働き方はひとそれぞれですので、各々が状況に応じて、自分に合った働き方をするべきです。健康状態によっては、働くペースを落としたり、または増やしたりする事も重要です。

「フリーター」と聞くと、あまりいい印象を持たない人もいるかもしれませんが、さまざまな働き方の選択肢があって当然ですし、どれを選ぶかももちろん個人の自由です。ただ、もし今あなたが惰性でフリーターを続けていて、少しでも将来に不安を感じたり正社員を目指すべきか悩んでいるなら、慎重にこの先の道を選択してほしいと思います。

【コラム】2倍以上!!正社員とフリーターの収入は30代から大幅に差がつく

鈴木

兄は大学を新卒で卒業してから、やりたいことが見つからずフリーターとして様々なアルバイトを転々としてきました。何にも縛られたくなく、自由が好きな兄には合っていたようで自分の生き方には満足していたそうなのですが、最近友人と話をしていて、周りの収入の差に愕然としたと言っていました!ほぼフルで働いており、周りの友人と大差ない時間労働しているというのにそんなに差が出るものなんですね……!??

井上

20代はともかく、30代ともなると、社員で働いている人たちも経験を重ねて昇給し、役職に就くこともあるため給与のベースアップがあるはずです。ボーナスの出る社員と比べると、フリーターの方たちと圧倒的な年収差が生まれてしまうのは無理のないことかもしれません……。

同じ労働時間でも、収入に2倍以上の圧倒的格差が!!30代以降のフリーターの人が気づく、厳しい現実。

 

フルで働いているフリーターの方の平均年収は200万円程と言われていますが、それに対し、正規雇用の30代の平均年収は442万円となっています。20代ではあまり気付かなかった年収の差が、30代になると2倍以上となるのです。また、その格差は年齢層が上がるほどより顕著になります。独立行政法人労働政策研究・研修機構の集計によると、 大学卒業をした男性が正社員になった場合と、フリーターになった場合を比較したとき、25歳から29歳の正社員の平均年収が約350万円、フリーターの平均年収が約180~200万円となっています。これに対し、30代の正規雇用の方の平均年収442万円、40歳から44歳では約650万円となり、フリーターと正社員では年収の開きが3倍以上となり、格差は広がります。

この格差の理由は、フリーターは年齢や勤務年数に関係なく、年収に大幅な上昇がないからです。昇給は望めないことが多く、ボーナスもないため、正規雇用の社員と比べ、このような差が広がってしまうのです。

では、定年まで働いてもらえる収入にはどれくらい差があるのでしょうか?一般的には、フリーターの生涯年収が9千万円くらいなのに対し、正社員であれば約2~3億円だと言われています。

また、違いは収入だけではなくさまざまな保障にもあります。老後にもらえる年金額は、約3倍の差がある上に、払う額は正社員のほうが少ないこともあります。正規雇用の場合、納める年金の半分を企業が負担してくれますが、自営業などの場合全額払う必要があるためです。

また、マイホームや車を買う時にはローンを組むと思いますが、その時にも信用の差がありますので許可が下りるまでの時間に差があることもあります。

このように、収入や保障に差がありますので、まずはしっかりと違いを理解し、その上で自分にはどちらの働き方が合っているのか考えてみると良いでしょう。自分の理想のライフプランには、どれくらいお金があれば実現できるのか逆算して考えてみるのも良いかもしれません。また、もしも働けなくなったら、という万が一の場合も考えておくと安心です。自分の働き方に誇りを持てるよう、まずは情報を集めてみましょう!

フリーターと正規雇用の社員では、年収の差だけでなく、年金などの保障やローンの組みやすさにも大きな違いがあります!将来的に頭を抱えることが無いように、今のうちから情報を集め、自分の働き方について考えておきましょう。

30代以降もフリーターで居続けることのデメリット5つ

鈴木

フリーターという働き方と、正規雇用の働き方で、年収にこんなにも差が出てきてしまうことが分かりました。でもお金だけが全てじゃないですもんね。自分が生きる上で必要最低限のお金さえ稼げればいいからやっぱりフリーターでいい、と考える人もいるでしょうね。

井上

さまざまな働き方の選択肢があって当然ですし、どれを選ぶかももちろん個人の自由です。ただし、年齢を重ねると体力も衰えますし病気になるリスクも高まるので、必ずしも今と同じペースで働き続けられるかわからないというのが現実だと思います。フリーターを続けることで、将来的にどのようなデメリットがあるのかも知った上で、正しい選択をした方が後々後悔がないでしょうね。

フリーターという働き方を選択するにあたって、知っておいて欲しい5つのデメリット。

デメリット1:時給制だと影響大。体力が落ちて働くペースが落ちてしまう

社員は月給という固定給があり、与えられた任務さえ遂行し、定時さえ守ればば、残業などで増えることはあれど、給与ベースが減ることは基本ありません。また、年間10日以上の「有給休暇」もあるので、その範囲内で休みをとっても給与が減ることはありません。

しかしアルバイトの場合、時給制となるので、働けば働いた分だけ給与は増えるものの、休んでしまうとその分だけ賃金が減ってしまいます。つまり若く体力があるうちは無理をしてでもたくさんシフトに入れて稼ぐことが出来ますが、年齢を重ね体力的に衰え無理がきかなくなってしまった場合、途端にその分だけ給与が減ってしまうのです。

デメリット2:採用率ダウン。正社員に就職しにくくなっていく

フリーターとしての期間が長くなり、社員としての経歴がない場合、「職歴なし」と捉えられてしまうケースが多く、就職難易度は上がります。特に30代以上の年齢の場合、フリーター期間が長くなってしまった理由を問われますし、「責任感に乏しいのか」「我慢がきかないのではないか」などとマイナスなイメージを抱かれやすいです。加えて、社会人としてのビジネスマナーなど、基本的な事をイチから教えるコストもかかるため、採用の場ではどうしても敬遠されてしまうのです。

デメリット3:経済面や印象面。恋愛・結婚が難しくなっていく

フリーターという働き方はどうしても収入面が安定しません。また、昇給や年収のベースアップも期待ができません。そういった経緯から、結婚相手として安定を求められないとみなされ、お付き合いの対象から外れてしまうのです。また、「責任を負うのが嫌な人」だという印象を持たれがちで、社会的信用を得ることが難しくなっていくという厳しい現実もあります。

デメリット4:雇用が不安定。常にクビになるリスクが伴う

アルバイトやパート、派遣社員といった、正規雇用でない働き方は常に雇用が安定しないリスクが付きまといます。もちろん不当解雇は違法ですが、一時期「派遣切り」といったワードをよく耳にしたように、会社都合で契約終了となったり、アルバイトとしてフルで働いていたのに突然解雇を言い渡され、来月から職がなくなることも充分ありえるのです。突然職を失い、収入源がなくなることは非常に大きなストレスとなってしまうでしょう。

デメリット5:年齢が上がると特に。ケガや病気で収入が途絶える

年齢が上がると病気のリスクも高まります。先述したように、アルバイト・パートの時給制による働き方だと、働いた分だけが給与に直結するため、万が一病気や怪我で働けなくなった場合、収入を得られなくなってしまうのです。医療保険に加入していない方がほとんどかと思いますので、医療費の心配も発生するでしょう。肉体だけでなく精神的にも辛い状況になりかねません。

【コラム】居心地が悪い。30代になるとアルバイト先に居づらくなることも

鈴木

兄は今30代で、飲食店でアルバイトリーダーという立場らしいです。後輩から慕われ楽しく仕事をしていたようなのですが、最近店長が新しくなり、20代のバリバリの人がやってきたらしく、居づらさを感じるようになったと言っていました…

井上

フリーターとしてアルバイトをしている方は年齢を重ねるうちに、周りの若い人たちから浮いていると感じて疎外感を感じたり、直属の上司が年下になることもあり、やりづらさを感じる人は多いようですよ。周りから取り残されている感じがする、とぼやく人も増えてくるので、心配ですね…

30代でアルバイトを続けていると、『世間体』が気になり、社会の『風当たり』が強くなると感じ、どうしても生きづらさを感じるシーンが増えてくるようです。具体的にどういった心境になるのでしょうか…

 

20代のうちはアルバイトをしていても同世代のバイト仲間に出会えます。しかし30代にもなると、だんだんと職場に同世代のフリーターが少なくなります。職場では若い先輩や後輩に気を遣われ、仕事に行くのもだんだん辛くなってきます。上司は自分よりも年下となり、怒られたり注意を受けると、プライドも傷つくこともあるかもしれません。

実家にいづらいですし、家を借りようにも物件の審査にもギリギリ通るか通らないか。家を借りるため、もしくは更新するために不動産屋に行って「フリーターです」というのもなんだか気まずい。そもそもそんなお金の余裕があるわけでもありません。久しぶりに会う同級生はすでに働いてもう10年以上経ち、ある程度の役職に就いている人もチラホラ…仕事の話もなかなか噛み合いません。なにより収入の格差に愕然とすることも増えました。「ちゃんと将来を考えて社員として働け!」と怒ってくれる友人も、心配ゆえの発言でしょうが、なかなか素直に受け止められなかったり…。疎外感から友人たちから疎遠になってしまう人も多いようです。そうなると悩みや不安を打ち明ける人もいなくなり、次第に孤立した存在になっていきます。このように、30代になってもアルバイトで生きていくのは、収入の面だけでなく精神的にも結構きついものがあるようです。

年齢を重ねると、アルバイトで働くことに対しての周りからの目も気になるシーンが増えてくるようです。自分が気にしなければ良い問題かもしれませんが、やはり現実的に金銭面の不安も募り、精神的にも辛い思いをする人も。劣等感から社会から孤立し、ますます自分の首を締めることがないように、辛いと感じたらできるだけ早めに具体的アクションを起こすことを考えるべきでしょう。

狙いは人手不足の業界。30代フリーターにおすすめの仕事8つ

鈴木

なんだか兄が心配になってきました…でもフリーター経験が長いせいで自信が無いみたいで、就職活動に踏み出せないようなんですよね。そんな人に狙い目な業界ってあるんですかね?

井上

はい。まだまだ30代なんですから、社員になれる可能性は充分にありますよ!加えて今は、人材不足で『売り手市場』と言われています。狙い目な業界や職種を知って活動すれば、割と早めに社員として働けるチャンスを掴めるかもしれません!

現在は労働者不足の時代なので、フリーター経験が長くても、将来性を感じられれば、採用したいと考える企業はたくさんあります。特に経験上、フリーターから転職する際は、年齢よりも本人の素質のほうが重視されやすいと感じます。今狙い目な業界や職種を知って、面接対策やスキルの習得に努め、正社員としての道を掴みましょう!

仕事1:コミュニケーション能力があればOK。営業職

ほとんどの会社には、営業活動があるはずです。どのような会社でも、仕事をとってこないことには、もしくは商品を買ってもらわないことにはビジネスが成り立たないからです。つまり「営業」はどの業界にも、なくてはならない仕事です。そのため『営業職』の求人は他のどの職種よりも募集が多いのです。

また、『営業』は全ての仕事の基本が詰まっていると言えるでしょう。普通は、会社での業務は「分担」されており、自分の仕事以外の情報は入りにくいものです。そのため、広い括りでビジネス(商売)を感じたり、会社単位の目線を培うのは難しいのです。しかし、営業はその全てが仕事になります。初対面で営業をかけるところから始まり、クライアントと一緒になって企画をして、社内調整をして、スペックや単価の交渉をして、やっと受注。その後もあります。クライアントの要求通りに何かを作って納品します。ここでやっと売上があがりますが、その翌月末ぐらいにはその代金の回収もあります。ここは、事務職、経理職の人が分担してくれてるはずですが、営業はこれを全て把握しておく必要があります。筆者は代金の支払い依頼に直接クライアント先に出向くこともありましたし、場合によっては催促の電話を入れることもありました。このように、商売の基本をすべて学べると言っていいでしょう。

この仕事にはなんと言ってもコミュニケーション力は必須です。相手の懐に飛び込む力。相手の意図を汲み取る力。物を伝える力。信頼関係を築く力。全てのコミュニケーション力を試される職種なので、学べるところは多く、今後の自分のキャリアにとって大切な土台となることは間違いありません。もし、人と関わることがやコミュニケーションが苦にならない(もしくは力を高めたい意欲がある)人は挑戦するべき価値のある職種でしょう。

仕事2:スキルがあればOK。IT系エンジニア

IT化がますます急速に進む昨今、エンジニアは引き続き需要が高く、人材が不足している業界です。そのため人材確保のために給与や待遇の良い会社が多いのです。未経験でも募集している会社も多いのですが、最低限の要件としてIT関係のスキルがあることは求められます。つまり、「IT関係のスキルを使って仕事をした経験はないけれど、現場で働くための最低限の知識や技術がなければならない」のが原則です。よって、フリーターで働く一方、ITに興味を持っていてプログラミングを自分でやってきた、という人なら魅力的だと考えてくれる企業も多いでしょう。最低限プログラミングができることを求められるのが通例なので、未経験で就職先を探したいと考えている人はまず勉強しなければなりません。Javaのように人気のあるプログラミング言語であれば資格学校や専門学校もあり、通信教育で勉強することもできます。またオンラインの無料テキストもあるので独学で学ぶことも可能です。スキルがあることを示すには資格を取得したり、検定試験に合格したりするのが効果的です。情報処理関係の資格を手に入れるか、Javaなどのプログラミング関係の検定を受けた上で就職に挑むようにしましょう。アルバイトと並行して地道に能力を磨いていけば誰にでも可能性があります。

仕事3:コミュニケーション苦手な方もOK。製造業

なかにはコミュニケーションが苦手で極力一人で完結できる仕事をしていきたい、と考える人もいるでしょう。そのような方には製造業はおすすめです。生産に関わる仕事は、製品の製造や加工、機械の組み立て、製品検査、生産設備の制御、機械整備、修理などの業種を指します。なお、製造業にもさまざまな種類があるので、求人サイトなどで具体的にどのようなものがあるのかチェックしてみるといいかもしれません。私たちの生活を支え、日本経済の要となるのが「製造業」の仕事です。決められた仕事をもくもくと作業すること、コツコツ作業が苦にならない人には、おすすめできる仕事内容です。

仕事4:アルバイトからスタート。飲食業界

飲食業は多くのアルバイトに支えられている業界です。また、アルバイトからスタートして社員になるケースも多く見られ、多くの企業がそのようなルートでの社員採用の門戸を広げています。自身がやっているアルバイトが飲食業で、なおかつその仕事が好きな場合、社員を目指し働きぶりをアピールする方法もあるでしょう。また、飲食業界の企業での正社員の募集でも、アルバイトでの飲食業経験は直接的なアピールとなります。業界知識が既にあり、現場を知っていることは大変な強みとなるからです。

仕事5:礼儀正しさが重要。コールセンター

コールセンターの求人は高時給で、高待遇な案件も多いかと思います。マニュアルがあり、研修体制が整っている会社も多いので、未経験者でも安心して挑戦する事ができます。またシフト制を敷いており、時間や働き方も柔軟に選べる事が多いのも特徴ですので働く時間や曜日を固定したくない人にはおすすめです。電話対応は相手が見えない分、言葉遣いや対応が非常に重要であり、適応力も試されます。そのスキルは今後他の職種を選ぶ際にも共通して活きるスキルでしょう。

仕事6:万年人手不足。介護職

高齢化が進む社会では、言わずもがな介護職のニーズはどんどん高まっています。体力的に厳しい割に給与が低いイメージがあり、若い層から人気がないことも理由にあるようです。しかし、優良企業は研修体制も整っており、待遇も改善傾向にあります。資格取得のためのサポートを行う企業も増えてきました。難易度は低いとは言えませんが、国家資格である『介護福祉士』をとれば、介護のプロとみなされ、資格手当がつき、今後の地位向上も期待される職種です。

働き方については、介護職員の正社員の場合、アルバイト・パートの方のシフトを優先して、休日を設定していくので、プライベートの予定が変更されやすいことがあるようですが、総じて社会的に意義のある仕事内容です。

仕事7:オリンピックで人手不足。施工管理士

オリンピックでの建設ラッシュで、建設業界全体が好景気である今、施工管理の求人は増えており、大手企業から中小企業まで、若手の未経験者の積極採用を進めており、待遇面も非常に良い求人を見かけます。

住宅需要は安定的に伸び、複合ビル・商業施設などの再開発ラッシュ、道路・河川などのインフラ整備、リニア中央新幹線プロジェクトなど、今後も建設・工事ニーズは高まっていくでしょう。そのため、建設業界各社では長期的な視点に立った人材育成に力を入れています。そのなかでも注力されている「施工管理」という仕事は、建設工事の準備から完成まで、プロジェクト全体を指揮・管理する役割です。現場責任者として、実際に工事作業を行う職人や協力会社と密にコミュニケーションを取りながら、「安全が徹底されているか」、「工程・日程・品質が守られているか」、「予算内で進んでいるか」などに目を行き届かせ、工事が計画どおりに進むよう、現場を動かしていきます。現場での業務が中心となりますが、施工計画・施工図面の作成、資材や協力会社の手配、工事をするにあたって必要な行政などへの申請書作成、報告書作成などのデスクワークも行います。

未経験で入社した場合、初めからいきなりすべてを任されるわけではありません。施工管理の先輩に付き、サポート業務を行いながら業界用語や現場の流れ、資材・工法・設備の知識、職人とのコミュニケーションの取り方、指示の出し方などを学んでいきます。専門分野や担当物件にもよりますが、工期が長いこともあり年間スパンで育てていく企業も多く、未経験からでもじっくりと成長を目指せます。したがって若ければ若いほど採用されやすい傾向にあるようです。

自身の手掛けた建築物が目に見えるカタチとして残るということが、この仕事の何よりのやりがいです。そして、実務経験を積むことで、国家資格を取得できるチャンスがあり、資格取得後の待遇はより良いものとなります。

仕事8:資格を取得しやすい。電気工事士

電気は、わたしたちの生活に欠かせないものです。 オフィスや住宅、ビルなどの建物で必ず使われますし、鉄道や工場を動かすのにも電気が必要です。電気工事士とは、一般住宅から、工場などの大規模施設などで、電気工事をする人の事です。

一般的にはまず 「第二種電気工事士」という国家資格が必要になりますが、特に受験資格に制限はありませんので、筆記と実技によって行われる試験に合格すれば「電気工事士」になることができます。工業高校や専門学校、大学の電気科を始め、通信教育や短期集中講座など各種資格取得のための課程、講座は数多くあります。また、「無資格・未経験OK」で求人募集している会社も多く、資格取得支援制度がある会社も珍しくありません。

 一度現場で身につけた電気工事の技術は長く使うことができます。 また、上記の通り、学歴や経歴に関係なく国家資格を取得でき、一度技術をつけると、仕事がなくなることはまずないでしょう。災害を防ぎ、人々の生活を支え、人の命を守る大変やりがいのある仕事と言えます。

アルバイト経験が長くても、職歴なしで未経験でも、挑戦できる仕事はたくさんあります!まずはその知識と情報があるかないかです。社会的なニーズを知り、自分の興味の持てる仕事を見つけられたら、今からでもアクションを起こしてみましょう。

未経験でもOK。30代フリーターが正社員として就職する方法4つ

鈴木

30代フリーターでも正社員への道ってたくさんあるんですね!希望が見えてきました!

井上

はい。正しく就職活動をすれば、間違いなく社員になる道はあるはずです。諦めず色々な可能性を探ってみましょう。

30代フリーターが正社員になるために、とるべき正しいアクションとは。その方法のご紹介。

その1:アルバイトから。正社員雇用制度のある企業で働く

アルバイトでもその働きぶりを認められ、社員として声が掛かるケースも多々あります。前述でもお伝えしたように、飲食業界はその場合が多いです。しかしそれは自分の意思でチャンスがめぐるわけではないので、声がかかったらラッキー程度でしょう。そのチャンスを高めるためには、求人情報に『正社員登用制度あり』『正社員登用実績あり』の文言のある求人に応募するのも手かもしれません。従業員も、まずはアルバイトで働いてみて、いいな、と思った上で社員になれるので双方にとってミスマッチの少ない合理的な方法かもしれません。

その2:社員になる前提で。紹介予定派遣で働く

『紹介予定派遣』をご存知でしょうか。紹介予定派遣とは、派遣期間の後に派遣先の企業と直接雇用を結ぶことを前提にした派遣のことです。つまり派遣期間を試用期間と考えて、企業はこの試用期間を通して紹介予定派遣の派遣社員を直接雇用するかどうかを判断します。もちろん試用期間ですので、派遣期間時に企業側から直接雇用を断ることもありますし、逆に派遣社員の方がこの企業とは合わないと感じれば、その誘いを断ることもできます。

このように紹介予定派遣とは、上手く活用すれば自分だけでは探せなかった企業に出会え、転職活動にかかる労力や時間も節約しながら、企業の直接雇用が狙える働き方なのです。双方よく理解した上で社員の道を選べるので、入社後のミスマッチを防げることも魅力です。そして、あくまでも入り口は『派遣』という働き方になるので、正社員としての採用試験をいきなり受けるより、遥かに採用ハードルが下がるのです。

その3:まずはスキルを獲得。職業訓練学校で訓練を受ける

この制度は、仕事を探している人が、スキルや知識を身に付けることができる制度です。上手く利用すれば、仕事探しの選択肢が増えるでしょう。

「仕事を探しているけれど、スキルや経験が足りないと不安を抱えている」方にはぴったりです。職業訓練校は国や自治体が主体となって運営しており、年間30万人に利用されています。職業訓練校の申込み等はハローワークで行います。(※受講要件があるのでお近くのハローワークで確認を行ってください)

また近年は職業訓練の需要が増えていることもあり、各都道府県が専門学校や大学、資格の学校に委託をして職業訓練を実施する委託訓練も増加しています。主に民間が行っている職業訓練校に通い、就職に必要な知識・スキルを習得するために無料講習を受けられますので、使わない手はありません。コースは多岐にわたり、事務・ITなど社会人基礎的なコースを学べます。具体的には、パソコン、簿記、営業、販売、介護、医療事務、ITなどが開講されていて、選択肢も多いので、最寄りのハローワークに相談してみると良いでしょう。まずは自分のキャリアプランを設計し、何を学ぶべきか、どんなスキルを身に付けるべきかを明確にしましょう。なによりアルバイト期間の長い人は、企業側から「なぜその期間が長くなったのか」を気にされますので、理由付けとして「資格取得」や「スキル獲得のための勉強期間」と答えることで、印象がだいぶ好転します。

その4:プロがサポート。転職エージェントを活用する

プロの転職エージェントのサポートを受けることで得られるメリットはたくさんあります。

・求人の選定

・自己分析や業界研究の手助け

・提出書類の書き方のアドバイス&添削

・面接でどういった内容を伝えたら良いか

などあらゆる悩みを解決してもらえます。まずはプロに相談して見るところが就活の第一歩だと思ってください。特に正社員として就職をしたいと考えるのであれば、求人探しや面接対策は非常に重要です。未経験でも研修に手厚く、教育指導の実績のある企業を見つけようにも、求人サイトを一人で見るだけではなかなか探しきれません。また、面接ではなぜアルバイト経験が長くなったのか、必ず聞かれることになるでしょう。準備不足で不利な返答をしてしまわないように、プロのアドバイスを聞きしっかり対策を立てるようにすると良いでしょう。

また、転職エージェントは求職者が転職に成功した際に、採用先の企業から一定の報酬を貰う仕組みになっているため、あなたに金銭的負担は一切ありません。

フリーターや職歴なしの方でも採用実績のある企業を紹介してくれるはずですので、未経験者に強い「転職エージェント」を積極的に使っていきましょう。

転職に成功するために。30代フリーターの転職活動のコツ4つ

鈴木

30代フリーターで正社員になるためには色々な方法があるんですね!知ってるか知らないかは大きな違いですね。本当にありがとうございます!急いで兄にその事を伝えようと思います!ちなみに成功のためのコツってあるんでしょうか??

井上

はい。闇雲にやると良い結果につながらず、時間もかかり心も折れてしまいかねないので、正しい方法でアクションを取ることが重要です。以下成功のためのコツをいくつか伝授しますね。

30代、フリーターの人が転職活動で成功するためのコツとは。正しいアクションを取り、効率的に成功をつかみましょう!

コツ1:転職活動の原動力に。将来的にどうなりたいかを決める

自分の明確なキャリアビジョンがあるかどうかで、就職活動のモチベーションは大きく左右されるでしょう。あなたのこれまでのアルバイトでの仕事経験を活かすためにも、これまで自分がどのような経験をして、結果何が好きだったか、もしくは苦手だったか、一度整理をして自己分析をしてみましょう。その上で、どんな仕事であれば楽しく働けるかを把握し、3年後、5年後、10年後、それ以上のスパンに分けて自分が将来的にどうなっていたいのかのイメージを膨らませてみましょう。明るい未来をイメージして活動に励めば、良い結果も生まれやすくなるはずです。

コツ2:経験を強みに。フリーターで培ったスキルを活かせる仕事を選ぶ

あなたがこれまで培ってきたアルバイト経験も決して無駄にはなりません。必ず次の仕事でも活かせる共通項があるはずです。職探しの時はその点を見つけながら探してみましょう。その共通点が多ければ多いほど、成功しやすく、次の職場で活躍できる可能性が高まるはずです。

例えば、

・接客で培ったコミュニケーション力や対応力

・業界知識

・パソコンスキル

・リーダー経験のある人は指導経験

などなど、細分化すれば得たスキルは多岐にわたるはずなので、自分がこれまで得てきたスキルを今一度整理してみましょう。

コツ3:難航する可能性も。不採用が多くても根気よく転職活動する

転職活動は誰しもがうまくいくとは限りません。書類選考で落ちてしまうことも、面接で見送りとなることも当たり前にあるでしょう。しかし、それは自分により合った職場を見つけるための過程で、誰しもが通る道なのです。挑戦をする上で、困難はつきものですので、それは覚悟の上で取り組んでください。不採用が続いても諦めることはありません。ご縁がなかったといえばそれまでなのですが、なぜダメだったのか振り返り、改善できる点は改善し、サポートを得られそうならうまく頼りながら、次に活かせるように気持ちを強く持ちましょう。

コツ4:可能性を狭めない。固定概念だけで仕事を選ばずリサーチする

固定概念でその仕事の良し悪しを決めつけてしまうと、視野が狭くなり、自分の可能性を狭めてしまいます。チャンスがありそうな仕事は、勝手に決めつけずに、しっかりリサーチをしてから判断をするようにしてください。

因みに、厚生労働省所管の独立行政法人「労働政策研究・研修機構」の調査によると、日本にある職種の数はなんと 約1万7000種類以上にも登るようです。あなたのまだ知らない仕事がこんなにあるということです。自分に向いているか否か、『やりがい』もあなたの知らないところに魅力があるかもしれません。

就職をサポート。30代フリーターにおすすめ転職エージェント3選

鈴木

やはり転職エージェントに登録して、プロのサポート受けたほうが成功率は高まりそうですね。色々なエージェントがあることは知っているんですか、兄のように30代フリーターの方向けのエージェントというのも存在するんですか?

井上

はい。転職者の属性や業界によって特化したエージェントがあるように、比較的若い年齢層で、職歴のまだない、未経験者のサポートに強みのあるエージェントもあるんですよ。そのようなエージェントは、未経験者採用に積極的な企業の求人が豊富で、サポートも手厚いのでおすすめできます。

未経験者におすすめできる転職エージェントとは。求人数が豊富でサポートに手厚いエージェントを一挙ご紹介!

その1:安心感のあるサポートが魅力|doda

dodaは、パーソルキャリアが運営している大手の転職エージェントです。求人数が10万件以上あり、キャリアアドバイザーも親身であると評判です。また、同業界・業種への転職に強いという特徴もあるようです。職歴の無い、もしくは浅い方へのサポートも手厚く、面接の際のアドバイスが大変役に立ったとの口コミも多く聞くエージェントです。利用者満足度も90%以上ですので、おすすめできるエージェントの一つです。

その2:非公開求人20万件以上|リクルートエージェント

リクルートエージェントは業界最大手で老舗の転職エージェントです。20万件以上もの膨大な非公開求人を保有しているので、自分に合った求人と出会える可能性が高まるでしょう。また、スピード感のあるサポートが特徴で、早めに転職活動を終えたい人にもおすすめできます。また、累計40万人以上の転職実績があり、転職ノウハウも豊富です。あなたに合った的確なサポートを期待できるので、利用して損はないでしょう。在籍しているキャリアアドバイザーの人数も多く質も高いので、業界にそった適切なアドバイスが期待できるでしょう。想定より高い年収で内定が出た、などの口コミも見るので、企業との高い交渉力も魅力だと思います。

その3:未経験可の案件も豊富|就職shop

就職Shopは、先程のリクルートエージェントを運営する株式会社リクルートキャリアが運営する対面型の就職・転職活動支援サービスです。『経験豊富な専任のキャリアコーディネーターがあなたの正社員就職活動をサポートします。』と銘打っているように、職歴がない(もしくは浅い)フリーターから正社員を目指す求職者にとっては大変強い味方となってくれるでしょう。もちろんサービスはすべて無料ですし、未経験者に向けた求人数も豊富です。カウンターが近くにある方は、是非一度相談に行くと良いでしょう。

30代フリーターの方が正社員を目指す場合、登録するべきエージェントをご紹介しました。今は『売り手市場』と言われており求人数も多く、未経験者を積極的に採用する企業も増えています。経験に自信がないと諦める必要はありません!是非、自分に合ったアプローチで就職活動を行い、正社員の道を掴んでください。