自分に合った仕事とは?見つける方法3つと考え方5つ

転職アドバイザー・星野

早大卒。新卒でIT関連の大手企業に入社後、営業として活躍。5年営業として勤務した後、人事に異動。採用業務に関わる。

その後、IT企業を退職して転職エージェント運営企業に転職し、キャリアアドバイザーとして求職者の転職を支援する。

現在は人材系コンサルティング会社で組織運営コンサルティングに携わり、人事的な側面から企業の経営をサポートしている。趣味は読書で、週に1冊は本を読む。

求職者・鈴木

明治大学卒。新卒で大手製紙メーカーに入社。営業として働いているが、自分のやりたいことは何かと考えるうちに現状に対して違和感を覚え、転職活動を始める。

こんにちは!転職アドバイザーの星野です!

「自分にあった仕事を見つけたい」と考えている人は、

『どうやって仕事探そうかな……』とか

『自分にあった仕事なんてあるのかな……』とか

『どんな人が転職で成功しているんだろう……』とか

と悩むことがありますよね。

自分に合った職場を見つけるためには…「沢山の求人から比較検討」をして比較的条件の良い仕事・適性が合いそうな仕事を相対的に見つけることが大切です。そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「沢山の求人から比較検討すること」のメリットと「自分に合った仕事の見つけ方」に関するノウハウを全てお伝えします。

自分に合った仕事とは? 自分に合った仕事を見つける方法3つ

今の仕事も少し物足りなくなってきたので転職を考えています。ですが、求人も多くてどれが自分に向いているのかわかりません。自分にあったお仕事の見つけ方ってあるんでしょうか。

自分にあった仕事を見つける方法はたくさんあります。ですが、正解がないので見つかるまでやり続けることが必要です。定番の方法でいくつかご紹介したいものがあるのでこれから説明していきますね。

自分にあった仕事探しをするには、まずは情報の整理から始めましょう。必要なのは3STEP。自己分析、リコメンドを受けてみる、キャリアプランの視覚化の3つです。

その1 自分を分析。今の仕事がなぜ自分に合わないのか書き出す

天職という言葉がありますよね。生まれつき自分の性質にあった仕事という意味です。現代の職業選択が自由な環境では、選択肢が多すぎてなかなか天職を見つけることは難しいことでしょう。では、天職を見つけた人はどのようにして見つけたのでしょうか。まず、大きな視点から適正判断をするためには軸が必要です。これを自分軸として持つことで今の仕事と自分軸がどうずれてしまっているのか分析しましょう。今の仕事がどのように自分と合わないのか分かれば、まずはそれを書き出して、言語化することです。

その2 意外な選択肢もあるはず。適職診断で仕事の適性を診断する

人は自分の知識の中で選択してしまいます。仕事に住所に食事など全てにおいて、自分が全く知らないものを選択するということは困難でしょう。誰でも失敗は避けたいものですから。しかし、この世界にはあなたの知らないものの中にも、あなたに向いているものはたくさんあるかもしれません。幸いなことに、現代ではネットやサービスでたくさんの情報に触れることができます。あなたの職業選択もその恩恵を授かることができるやもしれません。

「適職診断」というものをご存知でしょうか。質問に答えることであなたの適職を診断してくれるサービスです。もちろん全てを真に受ける必要はありませんが、自分で選択しなかった新たな職業に興味を持つのに良い機会かもしれません。

その3 進みたい道を視覚化。キャリアプランで理想のヴィジョンを描いてみる

キャリア設計というのは答えがありませんから、自分の描きたいキャリアプランは自分自身で設計するしかありません。私がオススメする方法の1つに、「視覚化する」という手法があります。例えば、何年後に管理職になるとか、どういう業界にいるとか、そういった事をマップ状にすると目指すべき方向が明確になります。

書く負担も文章より軽いので、マインドマップやマンダラシートで視覚化すると自分の目標と過程を同じ時間で書くことができます。意外かもしれませんが、キャリアビジョンを描くときに視覚化すると目標と過程を一緒に作ることができるので、作ったことだけでは満足しないようになります。

自分にあった仕事を見つけるには、分析、情報収集、視覚化のステップを踏んで情報を加工していく必要があります。

【コラム】自分では気付けないかも。転職エージェントに相談もあり

具体的にありがとうございます。でも、なんだか見落としてるポイントが多そうで怖いですね。

確かに膨大な情報を扱う転職活動では情報に制限をかけたり、うまく情報を引き出す必要がありますね。思い切って、転職エージェントの力を借りてみるのはどうでしょうか。使い方次第で大きな力になってくれますよ。

 

大切なのは情報の引き出し方!?転職エージェントは宝の宝庫だけど、使い方には要注意!?

 

情報を加工し、必要な形に整形したら次は具体的な形に落とし込まなければなりません。つまり、求人を探すということです。ただし、求人は数も多く種類も豊富です。しかも、すぐに無くなってまた新しい求人が出てきます。現実的に自分だけで探すには骨の折れる作業になりがちです。抵抗感があるひともいるかもしれませんが、転職エージェントを利用することも1つの手です。

 

転職エージェントのもとには、日々たくさんの求人が届きます。それらを業界もしくは地域ごとにソートをかけて担当がいるため、担当の人と関係性を築くことで求人情報を優位に取得することが可能です。また職業選択に当たって、記載されている誤解しやすい表現(例えば週休二日制と完全週休二日制のような)の落とし穴を教えてくれたりします。プロだからこそ、頼れるポイントをうまく生かしましょう。

 

逆に、条件を定めていないとエージェントも自分の持ち札の中でおすすめな求人を出してくるので、その求人とあなたの適性があるかどうかの見極めが重要です。

転職エージェントは求人情報の宝庫です。自分の希望をきちんと伝えて手間を削減しましょう。

発想の転換。自分にあった仕事を見つけるための考え方5つ

なるほど。ここまで実践方法を教えていただきましたが、転職にあたってどんな考え方で臨めばいいんでしょうか。何かおすすめはありますか?

そうですね。条件をかけたり外したりする柔軟性は持っておくべきですね。情報が膨大なので絞り込みは大切ですが、絞り込みすぎて結果ヒットしなかったということもあります。そのような場合でも柔軟に条件を変えて、希望条件をシフトできるようにしておくと転職活動が比較的楽になります。
発想の転換でチャンスをつかもう。仕事探しの上で絞るべき条件と緩めるべき条件の見つけ方。

その1 思い込みNG。苦手と思い込んでいる仕事も選択肢にする

苦手に思っている仕事は、当然一番最初に選択肢から外れやすいです。ですが、苦手と思っている分野をあえて選択肢にするということも検討してみてください。嫌いだなと思っていたことでも、克服してみると、むしろ好きになったという経験はありませんか? スポーツでも勉強でも何でも良いですが、苦手意識のあるものを克服すると、嬉しく感じるものです。視野を広げるという意味で、苦手なことをあえて選択肢に入れてみるのはいかがでしょうか。ただし、検討してみた結果、辛くなるようなら無理をすることはありません。

その2 理想はあくまで理想。完璧な仕事・会社を探しすぎない

その1で、苦手なものを視野に入れたことには理由があります。ずばり、理想の求人を求めすぎないためです。仕事選びは、家探しに似ています。理想100%の条件はなかなか見つかりませんし、競合がとても多いです。あなたのスキルを家賃に換算したとすると、自分の持てるリソースで得られる仕事には上限があるということです。徹底した理想主義は、実は条件のよかった求人や比較的良い求人からあなたを遠ざける可能性があるのです。

仕事選びが難しいのは、こだわりを持ちながらこだわりを捨てるという事を同時にしなければならないからです。ぜひ広い視野で仕事を探してみてください。この場合混乱しないように、今回の転職活動で絶対に達成したい条件(Must)と、できれば叶えたい条件(Want)を分けて整理しておくことをオススメします。

その3 イメージと違うかも?少しでも気になったら調べてみる

自分に合った仕事を見つけるためには、譲れない条件を徹底的に調べ上げることが必要不可欠です。その2で語った、こだわりを捨てるべきタイミングもありますが、何でも捨てれば良いというものではありません。例えば、求人票の中でメイン業務の他に雑務という表記がある場合、それの内容について質問することもそれに当たります。これはお互いに少し面倒なことです。採用する側も、人事が現場について細かく把握していなかったり、聞く側も面倒な奴だと思われるのではと敬遠しがちです。

しかし、雑務に入っていた業務が希望しない仕事だったり、思いの外ボリュームのある仕事でメイン業務に手が回らなかったりしたら、どうでしょうか。後に取り返しのつかないことにならないよう、違和感をおぼえたり、気になったことは徹底して調べ上げるようにしてください。

その4 まずはのめり込む。どんな仕事も全力で取り組んでみる

少しステージが違うお話になってしまいますが、一度のめり込んでみるというのは、今の仕事は本当にあっていないのかを再検討する上で必要なことです。仕事が嫌だったり、嫌いだったりするのはどこかで嫌になる出来事があって、モチベーションが下がっているため起きやすいのです。期間を決めて少しでも本気を出してみると、新たな発見があります。

苦手と思っていたこと、あるいは得意だと思っていたことが、実はそうでもなかったということに気付くかもしれません。また本気で臨んだ結果、何がダメだったのかを冷静に判断できるので次に目指すべき仕事を判断する軸作りの糧にすることができます。転職の際にも本気で頑張ったことはエピソードトークで評価ポイントとなりやすいので、ぜひ頑張ってみてください。

その5 給料?やりがい?仕事に求める軸をはっきりさせる

ビジネス書や啓蒙書ではよく「目標を設定する」ということを推されています。仕事でも、会社から目標が設定されてその達成率を問われます。個人が仕事を頑張る上でも目標設定は重要です。あなたの目標軸が給料であれ、待遇であれ、働きやすさであれ何でも良く、頑張れる理由を持つことが大切なのです。

視野を広く持って疑問を持たないくらい調べ尽くしましょう。その上で今の仕事にのめり込んでみて、頑張るための軸を持ってみることが大切です。

【コラム】転職成功者はどんな人?自分で自分を決めつけない人

ここまで説明していただくと、かなり具体的にイメージできるようになりました!ちょっと気になったのですが、実際に、転職を成功させてる方ってどんな方が多いですか?

いろんな成功のパターンがあるので、一概には言えませんがよく転職を成功させる人は人も良いですね。人間的な魅力があるというか……少し詳しく説明していきましょう。

 

人に好かれる人は転職も成功させやすい!? ただ、好かれる人も、特別なことはしていない。素直な人であろう!

 

転職で成功する人はどんな人でしょうか。仕事ができる人でしょうか、人に取り込むのがうまい人でしょうか。いろんな成功のパターンがあるので一概には言い切れませんが、自分で自分を決めつけない人は成功しやすいです。

 

要は人の意見に素直な人です。素直な人は、仕事でミスがあっても素直に指摘を受け入れてすぐに修正します。ミスへのカバーも上手く、周囲の信頼も手厚くなります。また、転職アドバイザーの意見も素直に受け入れるので、アドバイザー視点で見たときにも自分の担当領域でなるべく良いお仕事を斡旋したいと思うようになるでしょう。仕事はいかに人に好かれるかで難易度が変わってきますから、立ち回りの上手な人になると転職を成功させやすいのです。

一概には言えませんが、人の意見に素直な人は人に好かれやすく、仕事もうまく周囲を巻き込みながら完遂できる人が多いです。周囲の評価と仕事の評価が差異なく進められるので、昇進や昇給も早く、本人に違和感を感じさせないのも特徴と言えます。

自分にあった仕事かも?適職かもしれない仕事4選

今回は色々とご指導いただいてありがとうございます。ちなみに自分で普段選ばないような仕事も見てみたいんですが、何か方法ってありますか?

人に感謝されやすい仕事とか、趣味を仕事にするとかいろんな方法がありますよ。探し方が色々ある分、おすすめをいくつか紹介しますね。
自分にあった仕事を選ぶには、たくさんの仕事をみて比較しないと良い仕事かどうか判断できません。選び方はたくさんありますが、代表的な仕事の見つけ方をいくつかご紹介します。

仕事1  労力の割に周りの人がありがたがってくれる仕事

例えばですが、社内のITサポート部署などは感謝されやすいです。パソコン関係は、やり方を覚えてしまえば大したことはないのですが、わからない人にとっては直すこともままなりません。自分が覚えた事を多くの人に還元できて、多少の専門性があるゆえ、労働力の割にやりがいを感じやすい仕事かもしれませんね。

仕事2  長続きしやすい。貢献できていると感じられる仕事

人から感謝されるお仕事には二種類あります。例えば、営業事務などの事務職は会社の中で発生する雑多な業務を取りまとめる仕事です。煩わしい細かなことを引き受けるため、営業や人から感謝されやすいです。次に、専門性が高く代替の効かない仕事も感謝されやすい存在です。IT人材や法務、経理など会社の運営に欠かせない存在ですから、会社が有事のときには頼られる存在になります。

仕事3  趣味を仕事に。自然とモチベーションが湧いてくる

趣味を仕事にするのも選択肢の1つでしょう。ある意味、自分にあった仕事を見つける上で鉄板の選び方です。しかし、適性にもよります。趣味を仕事にしたほうが良い人とそうでない人の二種類がいます。趣味を仕事にするメリットは、モチベーションを維持できる点です。好きで情熱を持てるもの仕事にしているわけですから、面倒なことも苦にならないでしょう。昇進や昇給のためだけに頑張っているわけではないので、勉強もはかどるかと思います。ただし、飽きると一気に仕事への情熱が失われてしまうという難点があります。

仕事4  意外に得意なことも。適職診断でマッチした仕事

もしかすると、自分が考えてもいなかった仕事に適性があるかもしれません。ですが、一つひとつ調べて仕事との相性を判断していくのは骨が折れますよね。そこで、手っ取り知りたいという人におすすめなのが、「適職診断」というものです。選択肢に答えていくだけで、適性のありそうな職業をおすすめしてくれます。対人式ではないので、自分に合わない仕事を無理におすすめされることもありません。面倒くさがり屋な人には使いやすくていいですね。新たな発見があり自分の可能性が広がるかもしれません。

人に感謝されやすいポイントが多そうな仕事を探してみましょう。ただ、長く働けそうな仕事でなければいけません。好きな事を仕事にするのも良いかもしれませんし、これまで興味がなかった新しい仕事に目を向けるのも良いでしょう。