仕事が楽しいって本当?仕事が楽しいと言う人の7つの特徴とは

転職アドバイザー・星野

早大卒。新卒でIT関連の大手企業に入社後、営業として活躍。5年営業として勤務した後、人事に異動。採用業務に関わる。

その後、IT企業を退職して転職エージェント運営企業に転職し、キャリアアドバイザーとして求職者の転職を支援する。

現在は人材系コンサルティング会社で組織運営コンサルティングに携わり、人事的な側面から企業の経営をサポートしている。趣味は読書で、週に1冊は本を読む。

求職者・鈴木

明治大学卒。新卒で大手製紙メーカーに入社。営業として働いているが、自分のやりたいことは何かと考えるうちに現状に対して違和感を覚え、転職活動を始める。

こんにちは!転職アドバイザーの星野です!

「仕事が楽しい」と考えている人を見ると、

『仕事が楽しいなんて考えられない…』

『自分より待遇の良い仕事に就いているのかな…』

『自分ばかり辛い思いをしているのではないか…』

と考えることもあるでしょう。

星野

仕事を楽しいと思えるようになるためには、仕事への目標やビジョンを持つことが大切です!なぜなら、目標やビジョンをもつことで、今の仕事の目的を明確にすることが可能になるからです。

そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、仕事が楽しく感じられるようになるためのノウハウを全てお伝えします。

最後まで読めば、仕事に充実感をもつことができ、楽しく仕事ができるようになりますよ!

ジャンプできる目次

仕事が楽しい人の7つの特徴とは

鈴木

友人が「仕事が楽しい」と言うのですが、私はそんな風に思えたことがありません。正直羨ましいです。どうすれば仕事が楽しいと思えるようになるのでしょうか。

星野

楽しみながら仕事をしているなんて羨ましいですよね。しかし、自分にピッタリ合う仕事をしているから仕事が楽しいと感じているとは限りません。ポイントは仕事への向き合い方です。

人生の内の長い時間を費やすのですから、仕事は楽しい時間であるにこしたことはないですよね。
しかし、現実は「辛い」気持ちや「働きたくない」と思う人が多く、「仕事が楽しい!」と言える人は少ないかも知れません。仕事が楽しいと考える人の特徴には、どのようなものがあるのでしょうか。

仕事が趣味。好きなことを仕事にしている

楽しく仕事をしている人の中で多いのは、「仕事が趣味」というパターンです。心から興味がある仕事に就いていたり、やりたいと思っていたことを仕事にできている人は、趣味のように仕事を楽しむことができます。仕事に没頭し、それなりの評価を得て、満足できる待遇を得られれば、さらに仕事が楽しいと思えるようになるでしょう。羨ましい限りの好循環といえるパターンです。

作業に追われない。自分のペースで仕事に取り組めている

担当している仕事の量が自分のキャパシティに見合っているかも、仕事が楽しいと感じられるかどうかの大切な要素です。 常に多くのタスクを抱え込み、時間に追われ、強いストレスを感じていると、当然楽しいという感情は生まれません。一方で、手が空きすぎてしまう事もストレスになりえますので、自分のペースに合った仕事量であることは、快適に仕事ができるかどうかのポイントなのです。

苦難も楽しめる。どんな時でもポジティブ思考である

ポジティブな考え方の人は、困難にぶつかっても前向きな気持ちで乗り越えていくことができます。仕事でも同様に、ミスをしてしまったり、トラブルがあった時でも、後に自分の身になる試練だと考えるので、心が折れにくいのです。苦難が待ち受けているほど楽しめる人もいますので、ポジティブ思考はビジネス上の大きな強みといえます。

プライベートも充実。オンオフの切り替えがうまい

仕事を楽しんでいる人は、プライベートも充実している傾向にあります。仕事が終わった後に趣味の時間を設けていたり、週末や休みの日にライブやスポーツなどの楽しみを持っていると、効率的に仕事を終わらせようという前向きな考えが湧いてきます。プライベートが充実すればリフレッシュにもなるので、ストレスを溜めずにすむのです。

夢や理想がモチベーション。目標やビジョンを定めている

夢や目標を明確に持っていることも、仕事を楽しいと感じられる要素のひとつです。困難があっても、乗り越えることで自分の夢に近づくと思えば、活力となり、辛さも軽く感じられるはずです。夢や目標という明確な理想があればあるほど、仕事が楽しく思えるでしょう。

社会貢献が目的。仕事をする意義を明確に持っている

仕事を通して社会貢献をしたいというパターンも、仕事を楽しみやすくなります。自分の仕事に意味を見出し充実感を感じられるので、仕事への満足感も高いのです。やはり、自分の仕事に意義を持つことは、仕事を楽しむ上でも重要な要素でしょう。

他人に左右されない。自分で自分を褒めている

仕事は、常に適切な評価を受けられるわけではないでしょう。しかし、自分で自分を認め、褒めることができる人であれば、ストレスなく楽しみながら仕事をしやすくなります。周りの人達が不満を抱え愚痴を言っていたとしても、それに流されることなく、ちょっとしたことであっても自分を認め、前へ進む姿勢が大切です。

仕事を楽しいと感じるためには、ストレスを軽減することが大切です。ポジティブな気持ちで過ごすことで、いつのまにか仕事を楽しいと思えるようになるかもしれません。将来の夢や目標を明確にし、仕事をする意義を感じられたら、仕事に対するモチベーションは上がるはずです。

【コラム】仕事が楽しいって本当?なかには充実アピールの人も多い

鈴木

SNSを見ていると仕事もプライベートも充実している人が多くて、仕事にストレスを抱えているのは自分だけかもしれないと思えてきます…みんなそんなに仕事を楽しめているなんて。自分だけがどこかおかしいのでしょうか…

星野

楽しそうに仕事をしている人を見ると羨ましいですし、うまくいっていない自分とついつい見比べがちですよね。でも、みんながみんな本当にやりたい仕事に就いて、満足しているというわけではないと思うんですよね。大手人材会社の調べでは、仕事が楽しいかどうかのアンケートに対し、「はい」が 51.8%、「いいえ」が 48.2%となっていました。どうやら半数近くの社会人が、仕事を実は楽しめていないという現状があるようです。穿った見方かもしれませんが、SNS上だけでは、充実しているというアピールをしているだけの可能性があるかもしれないので、そこまで気にされないほうが良いかと思いますよ。

仕事を楽しいと感じられず日々過ごしていると、周りの人たちに取り残された気持ちになることもありますよね。しかし、心配することはありません。すべての人達が心から「仕事を楽しめている」とは限らないからです。

 

どんなことに対しても、周囲の人達から「羨ましい」と思われたい人がいます。SNS上では特に、「いいね」欲しさに、ちょっと無理をしてでもインスタ映えする写真を撮る人がいるように、仕事やプライベートが充実しているアピールをする人がいます。

つまり、自分が評価されている人間であり、仕事もプライベートも充実した恵まれた人間であるというアピールをするために、「仕事が楽しい」と言っているだけで、それが本音や実態ではない可能性も高いという事です。

 

最近では、SNSのフォロワーが増えればそれがビジネスになる事もありますので、仕事としてアップする情報をコントロールする人もいます。SNSはビジネスの要素を孕んでいる可能性が高いので、あまり惑わされないようにしましょう。

 

SNSはあくまでもSNS。そこに溢れる情報を真実と思い込まず、自分と比較して自信を無くしたり振り回されてはいけません。仕事で悩みを抱えていたり、楽しめていない人は自分だけでは決してないので、踊らされすぎないように注意してください。

充実度が低め。仕事が楽しくない5つの理由とは

鈴木

私は仕事に対して楽しいと感じたことがありません。仕事が楽しめない人にも、何か特徴があるのでしょうか。

星野

仕事が楽しめる人に特徴があるように、楽しめない人にも特徴があります。楽しめない人の特徴やその要素を取り除いていくことが、充実感を得やすくなるポイントです。

同じ仕事をやるのであれば、楽しみながらやりたいですよね。
楽しめない理由を知れれば、それを出来る限り取り除き、仕事を楽しめるようになるかもしれません。

コミュニケーション不足。人間関係がうまくいっていないから

仕事に対する不満が大きくなる原因としては、人間関係が挙げられます。一人でコツコツ進められる仕事もありますが、大半は社内外の人とコミュニケーションをとる必要があるはずです。普段からコミュニケーションをうまく取れていないと、トラブルがあった時にもギクシャクしてしまい、ストレスを感じやすくなります。過剰なコミュニケーションもまたストレスとなってしまう場合もあるかもしれませんが、ストレスにならない適度な距離感で、良好な人間関係を維持出来るように工夫してみましょう。

目標がない。やりがいを感じていないから

毎日ただなんとなく仕事をしているだけではメリハリもなく、楽しさを感じにくいかと思います。充実感や達成感を得るためには、目標や目的が必要になるからです。かつ、自分が夢に近づいているとわかれば少々の困難も受容でき、やりがいも生まれます。それが、「楽しむ」という前向きなマインドに繋がるのです。大げさな目標を今すぐ掲げられない…という人も安心してください。

「いつまでにこの仕事を終わらせる」「資料作成の一部を工夫する」「お客様に喜んでもらう」などの、ちょっとした目標を立てるだけでもやりがいが生まれ、仕事を楽しめる事に繋がるはずです。

競争ばかりで消耗。自分と他人を比較しているから

同僚よりも早く出世したい!評価されたい!営業成績を上げたい、などと、競争心が芽生えることはよくあります。それがモチベーションとなるケースもあるので悪いことではないのですが、競争心ばかりが先立ちプレッシャーやストレスになってしまうと仕事が楽しめなくなってしまいます。誰かと比較するばかりではなく、自分自身と向き合い、認めてあげること、自分だけの目標を設定してみることも大切かもしれません。

好きなことをできていない。本当にやりたい仕事をしていないから

必ずしも自分のやりたい事を仕事にできるとは限りません。また、会社組織に所属していると自分には向いていない、やりたくない仕事にも取り組まなければならない場合もあるでしょう。多少の事は、向き合い方や気持ち次第でカバーできる事もありますが、あまりにも自分の興味と逆行していたり、得意分野からかけ離れていると、自信を無くしてしまったり精神的にも辛いでしょう。嫌な仕事でも一時的なものだ、経験の幅が広がるぞ、と思えれば良いですが、そう思えないくらい精神的に辛い場合は、仕事を変えることも視野に入れても良いのかもしれません。

口を開けばグチばかり。ネガティブな人に囲まれているから

周囲の環境が自分に及ぼす影響は大きいものです。特に先述したように人間関係は、職場の雰囲気や自分のモチベーションに大きく作用します。あなたの職場の仲間にはどんな人達が多いですか?会社への不満や仕事の愚痴ばかり言う人ばかりであれば要注意です。その愚痴や不満に引きずり込まれてしまうと、自分自身も同じように不満が強くなりがちです。

適度な愚痴でストレス解消が出来る範囲であれば良いですが、仕事に対する取り組み方もネガティブな気持ちに満ちてしまうとあなた自身の精神上にも悪影響なので、他人の不満に振り回されないようにしましょう。

仕事に楽しさを感じられない理由は様々ですが、小さな目標でも目的を持つことや、他人と比較しないようにするなど、気持ちをコントロールすることで前向きな気持ちを持てる可能性があります。ネガティブな事項にはついつい目が向きがちですが、少し目線を変えて仕事に取り組んでみましょう。

【コラム】好きなことを仕事にするには?転職エージェントに相談がおすすめ

鈴木

仕事を楽しめない理由が、好きな仕事をしていないからだと気付きました。自分の希望にマッチする仕事に出会うには、どうしたらいいでしょうか。

星野

自分が本当にやりたい仕事に気付いたら、転職することも一つの方法です。転職活動には根気が必要ですが、少しでも早く、確実に希望の仕事に転職するためには、転職エージェントを活用しましょう。

気軽に登録できる転職サイトと違い、転職エージェントは敷居が高いと思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、効率的に転職活動を進めるには、転職エージェントの活用が必要不可欠です。では、転職エージェントの活用にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

転職は人生の一世一代の大イベントといっても過言ではありません。求人サイトでも転職エージェントでも、自分に有用なものはとことん利用して、少しでも有利に進めましょう。特にエージェントは専任のキャリアアドバイザー(コンサルタント)がつき、マンツーマンであなたの転職活動をサポートしてくれます。キャリア相談にのってくれ、様々なアドバイスが受けられますし、あなたに合った求人を厳選してくれます。

 

特にプロにキャリアの相談にのってもらうことで、あなたの「出来ること」「したい事」の整理ができるはずです。好きなことを仕事にしたいと考える人にとっては、この条件の整理はとても重要になるはずです。

 

また、効果的な職務経歴書の書き方や面接対策もしてくれますので、内定獲得の確率がグンと上がります。先方とのスケジュール調整や進捗管理、内定時の条件交渉まで全てサポートしてくれるので、是非利用するべきサービスと言えるでしょう。

 

初めて転職エージェントを利用するという人は、リクルートエージェントがおすすめです。取り扱っている案件が非常に多いので、きっとあなたにぴったりな希望の仕事が見つかりやすいと思います。手厚いサポートを重視するのであれば、マイナビエージェントもおすすめです。サポートが充実していて安心して転職ができたという口コミが多い、信頼できる大手のエージェントの一つです。

転職活動は、書類の作成、求人の選定、面接の準備、スケジュールの調整や雇用条件の交渉など、するべきことは多くあり、就業中の方にとっては特に負担が大きいはずです。かつ失敗したくない重要な事なので慎重に進めたいですよね。そんな人には、様々な事をあなたの変わり代行してくれて、サポートしてくれる転職エージェントを利用するメリットは大きいでしょう。

 

転職エージェントは複数登録しても問題ありませんので、転職活動を管理する上で混乱しない2社か3社程度の登録をオススメします。

人生を充実させるために。仕事を楽しむための4つの方法とは

鈴木

これまで、仕事にやりがいを感じられませんでした。でも、充実した人生を送るために仕事を楽しみたいと思うのですが、今からでも出来るようになるでしょうか。

星野

仕事に対する気持ちをうまく切り替えることができれば、 いつでもやりがいを感じることが可能です。人生の多くの時間を仕事に費やすことになるのですから、せっかくなので楽しいと思える時間に変えていきましょう。

嫌だと思っていた仕事を楽しめれば、今までよりもずっと充実した人生を送れるようになるはずです。ここからは、仕事を楽しめるようになるための4つのポイントをご紹介します。

原因を解明。仕事が楽しくない理由を整理する

仕事に楽しさを感じるためには、楽しめない理由を把握することが大切です。人間関係など一つの事柄が原因になっていることがあれば、複数の理由が絡み合っていることもあります。ゆっくりと自分の気持ちに向き合って理由を整理し、楽しめない原因を取り除いたり、対処法を考えていきましょう。

成功体験が大切。今の仕事に全力で取り組む

淡々と仕事をしていてはメリハリもなく楽しみは生まれません。楽しいと思えるようになるためには、充実感や達成感を味わうことが大切です。「今日は昨日よりも効率的にタスクを完了できた」「お客様から喜んでもらえた」というような、日々の小さな達成感を積み重ねていくことによって、やりがいや充実感が生まれます。まずは自分のできる範囲で目標を立て、少しでも達成感を味わうように工夫してみましょう。

人間関係を改善。コミュニケーションを積極的に取る

仕事に対してストレスを感じやすい理由として、人間関係は数多く挙げられます。仕事なので致し方なく、苦手な人と関わらなければならないこともあるでしょう。少しでも職場環境を良くするためには、無理のない範囲で普段からコミュニケーションをとることが大切です。何かトラブルがあった時に助けてもらいやすくなり、仕事もやりやすくなるでしょう。人間関係が改善されればストレスも軽減されて、仕事が楽しいと感じやすくなります。

人生は一度きり。やってみたいと思う仕事に転職する

現在の仕事が合わないと感じていたり、やりたい仕事が見つかった時には、前向きに転職を検討してみましょう。我慢することで得られる事もあるかもしれませんが、人生は一度きりです。やりたいと思った時にやらなければ、タイミングを逃してしまう可能性もあります。もし、やりたい仕事に転職することができればモチベーションもアップし、仕事を楽しめる充実した人生を送れるかもしれません。

仕事を楽しいと感じられるようになるためには、まずは自分の気持ちと向き合い、楽しめない原因を探ることが大切です。原因が解ったら適切な対処法を実践していきましょう。時には転職など、環境を変えることが必要な場合もあるかと思います。一度きりの人生、悔いが残らないよう、最善の解決策を見出せると良いですね。