年収650万の手取りや貯金は?年収650万を稼ぐための転職のポイント

転職アドバイザー・星野

早大卒。新卒でIT関連の大手企業に入社後、営業として活躍。5年営業として勤務した後、人事に異動。採用業務に関わる。

その後、IT企業を退職して転職エージェント運営企業に転職し、キャリアアドバイザーとして求職者の転職を支援する。

現在は人材系コンサルティング会社で組織運営コンサルティングに携わり、人事的な側面から企業の経営をサポートしている。趣味は読書で、週に1冊は本を読む。

求職者・鈴木

明治大学卒。新卒で大手製紙メーカーに入社。営業として働いているが、自分のやりたいことは何かと考えるうちに現状に対して違和感を覚え、転職活動を始める。

こんにちは!転職アドバイザーの星野です!

年収650万円超の収入を得たいと考えている人は、

『どのようにすれば収入を上げられるのだろうか…』

『求人サイトを見ても、そんな高収入なものが見つからない…』

『転職活動をしたとして、そんな高収入で自分を雇ってくれる企業があるのだろうか…』

と考えることもあるかもしれません。

「年収650万円以上の高収入を得る」ためには、そのための転職ノウハウを知ることが大切です!高収入を得るためにはそれだけの報酬を支払う企業に勤める必要があるわけですから、今の務めている会社でそれが実現不可能となれば転職することは必須です。そのための転職ノウハウを知り、戦略的、かつ効率的に活動を進める必要があるのです。そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「年収650万円以上の仕事に就くため」のノウハウを全てお伝えします。最後まで読めば、年収650万円の人の生活実態やそこに至るまでの方法が理解できて、今すぐにでも転職活動で活かすことができますよ!

年収650万の実態とは?手取りや貯金額は

大企業務めの社員や、しっかり基盤のある企業のミドル層が年収650万円くらいだとの噂を聞きました。順当にいくと自分自身がそこに辿り着くのはずっと先だと思うのですが、今すぐに年収を上げる方法があるとすれば知りたいです。目標は年収650万円なのですが、何か方法はないでしょうか。

今後の目標を立てることはとても重要ですね。よりイメージを膨らませるために、まずはその年収の人たちの現状などを知ると良いでしょう。その上で、そこにたどり着くまでの道筋をつけていきましょう。

年収650万円の人の実態を知ろう!

年収600万円台は16人に1人

国税庁が2018年に発表した「民間給与実態統計調査」によると、年収600万円台の人は約16人に1人という結果となりました。しかし、この統計調査は年代別で行われているわけではないので、年功序列のシステムを採用する企業が多い日本では、年代が上の人に高収入が集中していることを頭に入れておく必要があります。

年収650万は40代後半〜50代の平均年収で高収入

実際に平均年収が650万円前後となるのは、40代後半~50代という結果が出ています。会社の中でもハイミドル・シニア層が高収入を得て平均を引き上げているようです。この年代がこれまでの知識や経験、人脈を活かして働き、最も稼ぐ層なので、彼らはやはり高収入であると言えるでしょう。若手層がこれだけの収入に達するのは難しいようです。

年収650万の手取りは約490万前後

年収と手取りは大きく違います。年収650万円の人も手取り額は約490万円程。会社員であれば、額面上の年収から税金や保険料を引いた額が手元に入るので、総額160万円ほどが天引きされることになります。毎月のお給料とボーナスを併せて、実際に銀行口座に振り込まれる年間の総額が約490万円程で、ボーナスの無い場合は、手取り月収は40万円程度となります。

年収650万の貯金額は月10万程度

年収650万円前後の層は月に10万円程度の貯金も可能なようです。先述の月々40万円前後が手取りのうち4分の1を貯金できると理想的です。年間120万円近く貯金に回せるということですが、この額を多いと捉えるか少ないと思うかは人それぞれでしょう。年齢や扶養家族の有無によっては、総貯金額は思ったよりも多くないかもしれません。また、単純に貯金をするのではなく資産運用に回す人もいるでしょう。

年収650万の家賃は12万程度で食費は高めで74,000円

家賃は月収の3分の1以下が目安といわれます。年収650万円の人の月収は約40万円前後なので、家賃の目安は12万程度でしょう。総務省の調査によると、この年収世帯の食費はややゆとりのある74,000円程度。たまに高めのお店でディナーを楽しんだり、外でのランチをしたりと、家計で食費の占める割合が高い世帯が多いようです。家族構成によるところは多分にありますが、それほど切り詰めた食生活を送らなくてもよいようです。

年収650万円は会社員であれば高収入の分類。それなりにゆとりのある生活を送ることができるようです。

【関連記事】

年収別の税金はいくら?手取り額もご紹介

年収650万を目指す転職のポイント5選

できる限り早い段階で収入を上げ、ゆとりのある生活を送りたいです。まずは年収650万円を目指して転職活動を始めようと思うのですが、初めての転職活動なので不安です…年収アップのための転職活動の成功の秘訣を教えて下さい!

具体的目標があると転職活動は成功しやすいですよ。年収650万円を目指すとなると、いくつかコツがあります。難しいことではないので、着実に行動し成功を掴みましょう!

年収650万円を目指す人が抑えておくべきポイント5選はコチラ!

ポイント1 同業種で年収ベースが高い会社を狙う

年収を確実に上げるためには、同業種に転職をするのがオススメです。全くの未経験の職種だと独り立ちまでに時間とお金がかかるため、必然的に給与のベースも下がるのが通常です。経験者採用として給与アップを狙うためには、同じ業種で転職先を探すのが良いでしょう。即戦力を採用できる企業のメリットは大きいので、年収も含めた条件は自然と上がります。企業規模や、あなたの経験・スキルのマッチ度合いによっても違いが出るので、あなたに合った企業選びが大切になります。

ポイント2 業種を変更する場合、今までの職種のキャリアを活かす

上記の通り、できる限り業種は変えないほうが良いのですが、変える場合は今までの職種のキャリアを活かせるようにしましょう。例えば、オフィス機器の営業だった人が、別業種の営業職を中心に探すなどです。営業という職種での経験を活かせるので、戦力としてベースアップの要素は多分にあります。適切なアピールをすれば、転職市場でも引く手あまたになり得ます。いかに自分の職種のキャリアをアピールし、相手に伝えられるかが鍵となります。

ポイント3 実力や実績を評価してくれる企業を選ぶ

先述の通り、これまでのキャリア・実績をもとに転職活動をすることが、年収UPの転職をする際のセオリーです。重要なのが、そのキャリア・実績をきちんと評価してくれる企業を選ぶということ。加えて、今後の昇給なども考えると、実績に則った評価制度があるかどうかも重要です。自分に合った正しい企業選びをするためには、事前の情報収集や分析は欠かせません。自分だけでは大変、という人は、転職エージェントに頼って有用な情報を集めることも検討しましょう。

ポイント4 今までのキャリアをうまく提示して年収交渉をする

内定を貰う前に行うべき最重要事項は「年収交渉」です。書類選考・面接を進め、いざ内定が具体的になったタイミングで、だいたいの企業は条件の確認や、面談を行うでしょう。その際に、求人広告や求人票に記載されていた条件をベースにしながら、求職者のスキルや条件に合わせた年収やその他条件が提示されます。

このタイミングで、自分の今までのキャリアからさらに良い条件を引き出したいと考えた場合は、条件交渉を行う事になります。希望の年収額(前職の年収を元にした、現実的な額)とその妥当性(あなたがその給与を貰うにふさわしい理由、もしくはその給与が必要な理由)をハッキリと伝えましょう。年収アップを前提とした転職活動を行う場合、希望を伝えるのは早い段階の方が良い場合もあります。どちらにせよタイミングや伝え方が大変重要なので、難易度の高い交渉です。自信の無い方は、転職エージェントにその交渉を代行して貰うのがベターでしょう。

ポイント5 ハイキャリア向けの転職エージェントを利用する

転職エージェントを活用した転職は今や主流ですが、そのなかでも高収入を目指す人であれば、ハイキャリア向けの転職エージェントを利用することをオススメします。通常の転職エージェントでは取り扱わないような、経験者や役職者向けの求人や非公開求人などを保有しているからです。求人広告には載っていない、あなたにピッタリな求人と出会うためには、ハイキャリア向けの転職エージェントに登録するのは必須です。

高収入を目指すには、自分のキャリアを活かした転職活動を進めるための手段をとることが重要!最大限自分の経験をアピールできるように、事前準備も大事です。情報収集や年収交渉に自信がない人は迷わず転職エージェントに登録しましょう。

【コラム】年収交渉は悪印象?ベストな交渉のしかたとは

先日とある企業の面接を受けたのですが、求人票に書いてある年収額の幅が大きかったので質問してみたのです。すると面接官は少し嫌そうな顔をして詳細を話してくれたのですが、結局落ちてしまいました。年収の交渉はとても重要なことだと思うのですが、これで落とされてしまうようではなかなか希望の年収を言い出せません。僕なにか間違ったことしましたか?

「年収のことを聞く」のは、センシティブで、タイミングも言い方も大変気を遣いますよね。本来ならば雇用契約を結ぶにあたって双方でしっかり話し合わないといけない重要事項なのですが、日本は「待遇条件面が最重要事項の転職」はどうもよく思われない傾向があります。しかし、転職活動の際にきちんと年収交渉を行うタイミングはありますので、適切なタイミングでしっかり伝えましょう。

年収交渉は、面接の時ではなく、選考が進み内定がほぼ明確になったタイミングで上手に話をしていきましょう!福利厚生や待遇面の細かい質問については原則内定後の面談時に行います。それまでは自分のキャリア・スキルをアピールすることに集中し、そこから先方が提示する条件を引き上げられるように注力しましょう。その後内定が見えてきた頃(もしくは内定が出た後の場合もあり)に行われる面談時に条件が提示されてからが「条件交渉」のタイミングです。

給与の決定と内定は並行して行われることが多いです。その際も一方的に自分の条件を提示するのではなく、これまでのキャリア・スキル・経験を根拠とした常識の範囲内での年収交渉を行っていきましょう。これまでと同業界・同職種に転職をするのであれば転職先の実情がよく分かるので、目標数字を明確に示すのも一手かもしれません。このように、自分の条件を引き上げていくための根拠を必ず示し、物腰柔らかく話を進めていくのが重要です。

年収交渉は、自分を売り込む営業活動!相手に好条件で自分を買ってもらえるように慎重に進めていこう。

 

年収650万以上の求人を探すなら転職エージェントがオススメ

年収650万円以上を目指した転職活動が少しずつ見えてきました!早速大手の転職メディアに登録をしてみたり、転職エージェントにも登録をしました!これから職務経歴書を書き、面談を受ける予定です。こんな感じの進め方で大丈夫ですか?

しっかりアクションを取れていますね!高収入を目指すための転職であれば、やはり転職エージェントを活用した転職活動をするべきでしょう。一般的には非公開の求人なども見ながら、希望とする求人案件をしっかり選別して提案してくれますよ。転職エージェントもたくさんあるので、その中でも鈴木さんにおすすめのものをご紹介しますね!

年収650万円以上の高収入を目指すあなたにオススメの転職エージェントはこちら!

 

まずおすすめは最近テレビCMなどで知名度が上がってきている「BIZREACH(ビズリーチ)」です。CMの「どこであんな人材を?」と面接担当者が驚くような人材に出会える点を企業へのアピールポイントにしているなど、即戦力となるような人材を紹介することが上手い転職エージェントです。その分、経験者向けの高収入の案件を多数保有しており、ユーザーの満足度も高いです。今後も認知度はさらに上がり、高収入案件数も増えていくでしょう。

次に、おすすめなのは「リクルートエージェント」です。求人広告・転職エージェントの古株ともいえるリクルートが提供しているエージェントサービス。圧倒的ブランド力で、保有している案件数の多さと、非公開求人の豊富さが魅力です。キャリアアドバイザーも多数在籍しているので、あなたに合ったアドバイザーと出会える確率も高まるでしょう。高収入を目指す人にとっては登録しておいて損はない転職エージェントです。

高収入求人の多いところは、ハイキャリアに特化した転職エージェント!それぞれの特性を見極めて転職エージェントを選ぼう!