年収250万の手取り金額は?今すぐ転職して年収アップすべき理由

転職アドバイザー・星野

早大卒。新卒でIT関連の大手企業に入社後、営業として活躍。5年営業として勤務した後、人事に異動。採用業務に関わる。

その後、IT企業を退職して転職エージェント運営企業に転職し、キャリアアドバイザーとして求職者の転職を支援する。

現在は人材系コンサルティング会社で組織運営コンサルティングに携わり、人事的な側面から企業の経営をサポートしている。趣味は読書で、週に1冊は本を読む。

求職者・鈴木

明治大学卒。新卒で大手製紙メーカーに入社。営業として働いているが、自分のやりたいことは何かと考えるうちに現状に対して違和感を覚え、転職活動を始める。

こんにちは!転職アドバイザーの星野です!

年収250万円という現状について危機感を抱いている人は、

『日々の生活でいっぱいいっぱいで、貯金や将来への投資ができず不安…』

『今後年収が上がるのか…』

『転職活動をしてもうまくいかないんじゃないか…』

などと悩みや不安も多いかと思います。

結論からいうと…「年収250万円を脱出」するためには、現在の状況を理解し、転職活動を進めることが大切です!現在の状況を客観的に理解することで、年収アップする方法も知ることができるからです。そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「年収250万円から年収アップをしていく」ノウハウを全てお伝えします。

年収250万は少なめ?手取りや貯金額は

現在の年収は250万円程度で、ボーナスも他の同年代と比べて貰えているわけではありません。生活はできますが、好きなことにお金を使ったり旅行をする事はできないので不満を感じるようになりました。現状を変えたいのですが、どうすればいいのかわかりません。転職も勇気がいりますし…。何かいい方法はないですか?

悩まれているんですね。こういうときは現状をしっかりと見つめ、自分のやりたいこと、目指したい姿などを整理すると良いです。自分のキャリアプランを描き、年収を上げる方法を知りましょう。そのうえで必要であれば、転職を考えるのも手かもしれません。

まずは、年収250万円の人の現状を見てみましょう。

年収250万は20代前半の平均年収

年収250万円とだけ聞いてしまうと、平均年収などに比べて低い印象を受けますが、年齢にもよるので一概には言えません。実際に年代別のデータを見てみると、年収250万円は20代前半の平均年収になります。しかしながら、非正規雇用の人やフリーター、学生アルバイトなども含まれているため、正社員で考えるともう少し上がると考えたほうがよさそうです。20代前半の正社員の方で年収250万円だと、平均をやや下回るくらいになります。

年収250万は日本全体の平均年収を大きく下回る金額

次に、年代を問わず、日本全体で見ていきましょう。国税庁が算出している「民間給与実態統計調査」によると、日本の労働者の平均年収は441万円となります。こちらも正社員だけでなく、派遣社員・契約社員・パートタイマーやアルバイトの人も含まれています。正社員だけに限って平均年収を見ると、なんと504万円。年収250万円はそれの半分以下となるのです。

年収250万は時給1,000円のアルバイトと同じ金額

年収250万円を12か月で割ると、約20万円となります。1か月に20~23日程度勤務し、1日当たり8時間前後働くとすると、時給1000円程度という計算です。時給1000円のアルバイトであれば、フルタイム勤務のものに絞ればすぐに見つかるでしょう。つまり比較的特殊なスキルや経験は必要ない業務であっても、これだけの年収が手に入るということです。その仕事で得られるものや将来的に大幅に昇給をするという確証がなければ、働き続ける事は難しい条件です。

年収250万の手取りは約200万前後

年収250万円とはいえ、その金額が全て手元に入るわけではありません。会社員であれば額面上の年収から税金や保険料を引いた額が給与口座に振り込まれますので、総額50万円程度が引かれることになります。毎月のお給料とボーナスを併せて、実際に銀行口座に振り込まれる年間の総額は約200万円です。自由に使うことのできるお金は、月当たり15~17万円前後でしょう。1人暮らしができなくはないですが、ゆとりの無い生活になりそうですね。

【関連記事】

年収別の税金はいくら?手取り額もご紹介

節約をすれば生活はできるが、貯金や遊びのお金は残らない収入

年収250万円の人が毎月どのような生活になるのかを見ていきましょう。毎月手取りで17万円程度の収入が見込めます。家賃・食費・光熱費・生活雑費などの毎月かかる費用が12万円程度はかかるので、残りは5万円程度。その残った額から通信費や必要最低限の交際費、衣服代なども出さないといけないため、基本的に貯金は厳しい生活となります。削れるところをできる限り削ったとしても、貯金ではなくその月に必要な臨時の出費などに回ることが多いでしょう。

年収250万円では「生活」することがやっとで、将来への投資や貯金などは難しい!

【コラム】年収250万は老後も不利。年金だけの生活が難しい

老後資金2000万円問題などと言われていますが、今の私は老後のことを考えて生活するほど余裕がありません。数年・数十年先のための貯金ができないんです。このままいくと、毎月天引きされる国民年金のみに頼る老後になりそうです。年金だけに頼るなというニュースが良く流れていますが、やはり厳しいのでしょうか。

将来の資金計画のことを考えると、色々と不安がでてきますよね。そういう時は実際に、今置かれた状況を可視化していくことが大切です。一般的な民間の会社員で年収250万円の人が、年金だけで老後を過ごすことができるのかシミュレーションをしてみて、そのうえで対策を考えてみましょう。

年収250万円(国民年金+厚生年金)の人が将来貰える年金の額は…?

 

一般的な会社員の人は、国民全員が入っている「国民年金」と民間の会社員がほとんど加入している「厚生年金」の2つの年金制度に入っています。それぞれ老後にもらえる金額の計算方法は以下の通りです。

【国民年金】受取年金額(年)=2万円×加入年数

※受け取るのに必要な加入資格期間は10年以上必要

【厚生年金】受取年金額(年)=加入中の平均年収×0.55%×加入年数

※受け取るのに必要な加入資格期間は1ヵ月以上必要

(但し、国民年金の受給資格を満たしていないといけない)

それぞれを計算すると、年収250万円の人が65歳から受け取る年金額は年間約132万円になります。年収200万円での生活がギリギリになるので、年間132万円だけでは暮らすのは難しいといえるでしょう。年金以外に別の資金を蓄えておく必要がありそうです。

一般的な年収250万円の会社員であれば、将来貰える年金は年間132万円程度!

20代後半以降で年収250万の人は迷わず転職するべき理由5選

現在27歳で今の会社には5年ほど勤めています。年収250万円から上がっておらず、これから上がるという保証もありません。このまま結婚や子育てなどの将来のことを考えるとなるととても不安です。新しい環境に飛び出すのも怖いのですが、転職を考えるようになりました。このような私でも転職して上手くいくのでしょうか?本当に転職をしたほうが良いのでしょうか?

私は転職することをお勧めします。20代後半に差し掛かり年収250万円前後の人は、転職をすることで今の条件は良くなる見込みが非常に高いです。その理由を一つひとつお伝えします。

20代後半で年収250万円の人が今すぐに転職をしたほうが良い理由5選!

理由1 家庭を持った時に経済的に厳しくなるから

一番の理由は、将来的に訪れる様々なライフステージに対応ができないことです。結婚・出産を経ると急に出費が増えます。養う人が増えるだけでなく、子育てには出費がかさみ、教育費なども考えないといけません。この時期将来に備えて貯金をしておく必要がありますが、年収250万円ではそれはかなわないでしょう。

理由2 ローンが組めないから

家を建てるときや不動産の購入、また自動車の購入などの多額な資金が必要なとき、多くの人はローンを組みます。その際、多くの銀行では多額のローンを組むときに「年収300万円以上」というのが基準になります。つまり、年収250万円ではローンを組めないこと場合があるということです。将来的に家や車などの購入を考える場合は、年収300万円以上の給与が見込める仕事に就く必要があります。

理由3 現時点で年収250万の会社では昇給が望めないから

年収250万円という年収は、正社員であればかなり低い給与といえます。このような低い給与を設定している企業であれば、今後昇給や臨時賞与などを支給する可能性はとても低いでしょう。その理由は2つあります。一つ目は、企業活動の中で重要な「ヒト」に十分な投資をしていないということは、今後も従業員に利益を分配する可能性が低いからです。二つ目は、現時点で年収が低い場合スキルを必要としない業務であることが多く、今後昇給をするためのスキルアップ・知識の考慮などが見込めない場合が多いからです。

理由4 転職は若いうちにした方が有利だから

未経験の職種・業界に転職をする場合、これまでの経験やスキルはリセットされます。つまり極端な話をすると新卒に比較的近い状態になるということです。その場合、その会社では条件面は良くない状態から始まる事が多いでしょう。それでも、生涯で稼ぐ収入の総額を増やすには、将来的に十分な収入を見込める企業に転職をするほうが得です。

また、現在転職市場では「一般的な社会経験は積んでおり、あまり企業の色に染まっていない人」に対して教育し、即戦力化させる流れがあります。そのため、若い転職者はニーズがある状態なのです。

理由5 年収250万からの転職は年収アップがしやすいから

先述の通り、年収250万円のお仕事は比較的スキルの要らないお仕事が多いです。だからこそ、今後スキルアップを望める職種や、未経験からしっかりと育ててくれる企業を選び就職することができれば、容易に年収アップを図ることができます。正しい企業選びと正しい自己分析、正しい転職活動を進めることができれば、転職をするだけで年収があがることも可能です。

年収250万円の人は、今すぐ転職活動を始めるのをオススメします!

年収250万からの転職は転職エージェント利用がオススメ

色々と話を聞けて参考になりました!今すぐにでも転職活動を始めてみたいと思います!転職活動をするのが初めてなのですが、色んな転職メディアや転職エージェントなどがあり迷っています。なにかアドバイスはありますか??

年収250万円前後の人や、初めて転職をする人は転職エージェントを活用した転職がおすすめです。事前にする面談で、自分のキャリアにそったアドバイスを受けられ、スキルや経験を活かした転職活動を進めてもらえます。職務経歴書の書き方もアドバイスをもらえて、面接の事前対策も行ってくれるので、内定をGetできる可能性が格段に上がります!

年収250万円前後の人は、転職エージェントを活用した転職がおすすめです!その中でもオススメの転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントの良いところは、やはり担当のアドバイザーが一人ひとりについてサポートをしてくれるところ。あなたに合う求人を厳選してくれるのはもちろん、経歴やスキルにそったアドバイスをくれるので転職活動が進めやすくなるでしょう。職務経歴書を添削してもらえたり、面接対策もしれくれます。面接日程の調整や、給与も含めた条件の交渉までトータルでサポートをしてくれるので、初めての転職という人にはぴったりです。

どの転職エージェントを利用するか迷うかもしれませんが、「リクルートエージェント」「マイナビエージェント」が年収250万円前後の人の転職にオススメ。業界業種を問わない豊富な求人数や、未経験業界・職種OKの求人が多いという点、手厚いサポートがあなたの転職活動を支えてくれるはずです。

転職活動をするならば、転職エージェントに登録してみよう!信頼の出来るエージェントに複数登録することで、成功の可能性がぐっと高まります!