年収1500万の割合は?稼げる職業や生活レベルとは

転職アドバイザー星野

早大卒。新卒でIT関連の大手企業に入社後、営業として活躍。5年営業として勤務した後、人事に異動。採用業務に関わる。

その後、IT企業を退職して転職エージェント運営企業に転職し、

キャリアアドバイザーとして求職者の転職を支援する。

現在は人材系コンサルティング会社で組織運営コンサルティングに携わり、人事的な側面から企業の経営をサポートしている。

趣味は読書で、週に1冊は本を読む。

求職者・鈴木

 

明治大学卒。新卒で大手製紙メーカーに入社。営業として働いているが、自分のやりたいことは何かと考えるうちに現状に対して違和感を覚え、転職活動を始める。

こんにちは!転職アドバイザーの星野です!「年収1500万円」や「高収入」に興味を持たれて、この記事を読んでいる人は、

『年収1500万円って夢のような話だけど自分は目指せるのかな……』

と思いますよね。

結論からいうと…

「年収1500万円という高収入を目指す」ためには、そのレベルの人たちがどのような生活をしていて、どんな工夫をしているのかを知ることが大切です!

なぜなら、年収1500万円という高収入は並大抵では得られる収入ではないので、それだけの工夫や努力が必要になります。年収1500万円を得ている人の特徴や考え方を理解することで、「年収1500万円を目指すための第一歩を踏み出すこと」が可能になるからです!

そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「年収1500万円を得ている人の実態や考え方」に関することを全てお伝えします。

最後まで読めば、年収1500万円ほどの収入を得ている人たちの実態が把握できて、そこを目指していくための行動を理解することができます!

年収1500万の実態は?手取り金額と職業とは

この前読んでいたビジネス誌に、世帯年収1500万円の家族でも老後のことや子どもの教育費を考えると不安になる……という相談をしている人の話が載っていました。その人は比較的贅沢な暮らしをしているようでしたが、それでも不安になると聞いてびっくりしました。

私はまだ結婚をしていないので、一人で年収1500万円を稼ぐというのは想像がまだついていません。どんな風にするとそこまで稼ぐことができるのでしょうか。

年収1500万円はかなりの高収入ですよね。たとえ世帯年収であっても十分な金額だと思います。一人で稼ぐとなるとより大変です。1500万円貰っているサラリーマンというのは稀ではありますが実際に存在します。実際どのような働き方をしてどんな生活をしているのかをまずは見てみましょう。

年収1500万円を貰っている会社員の割合や、目指せる職業をチェックしていきましょう!

年収1500万以上2000万未満の人は142人に1人

国税庁が定期的に発表している「民間給与実態統計調査」によると、1年間会社勤めをした給与所得者のうち、年収1500万円以上2000万円未満の人は全体の0.7%でした。これは142人に1人の割合になります。全体の割合から見てもなかなか少ないのが実情です。

しかし、これだけの人が実際にいるというのも事実。仕事を選んでそれだけのスキルと知識を身に着けた人、それだけの努力と忍耐を積み重ねてきた人は、年収1500万円に届く可能性があるとも言えますよね。

年収1500万の割合が最も高いのは50代

年収1500万円の収入を得ている人の割合が最も高いのは50代です。大企業に勤めている人や高収入を得られるような職種の人であっても、1500万円近くの年収となるとそれだけの勤続年数が必要なケースが多いことを示しています。近頃は実力主義の企業も増えていますが、まだまだ年功序列で年収が上がっていく企業が多いため、高収入となるとそれだけの年齢・経験・勤続年数が必要です。

年収1500万を目指せる職業

実際に年収1500万円を目指せる職業は、そんなに多くはありません。普通に働いていては届かないラインだといえます。しかし、次のような職業についていれば、年収1500万円にたどり着くことは可能でしょう。

・医師

・弁護士

・外資系コンサルティング企業社員(マネージャークラス)

・外資系金融企業社員(マネージャークラス)

・大手総合商社社員(マネージャークラス)

国家資格の中でも最難関と言われるような資格が必要な職種であったり、入社の難易度の高い企業でマネージャークラスまで昇り詰めるなど、それだけの努力と経験が必要だといえます。

年収1500万の手取りは約1,040万前後

年収1500万円の人の手取りはなんと約1040万円前後となります。なんと460万円近く手取りでは減ってしまうんですね。手取り額とは給与から社会保険料や税金を引いて手元に実際に入ってくる金額のことを言います。日本の所得税は累進課税制度を採用しているので、所得が高くなればなるほど支払う税金の額が増えてしまうんですね。

年収1500万円といっても手元に残る金額はおよそ3分の2程度。これだけの年収の人であれば、しっかりと節税をしないとかなり損をしてしまいますね。

年収1500万の貯金額は毎月16万以上

年収1500万円の人の手取りは約1040万円。賞与などを鑑みて毎月に割り振ると、月におよそ75万円程度貰っていることになります。そして統計によると、単身世帯では24万円前後、2人以上の世帯では16万円以上の貯金を行っている世帯が多いことが分かりました。

単身世帯のほうが支出が少ない分、貯金に回している金額が多いようです。このように、毎月十分な額を貯金に回せる余裕があるのはとても良いことですよね。

年収1500万の生活レベルとは?子育て世代でも余裕のある暮らし

年収1500万円貰っている人は、散財ができるほどではありませんが大変ゆとりのある生活を送れるようです。家賃は約20-25万円前後までなら生活上問題が無いレベルなので、東京都内の中でも便の良い所に家を構えることができます。また、マイカーを持っていても負担に感じることはなく、子どもがいたとしても日々の生活コストは抑えることなく過ごすことができるようです。

際限のない無駄遣いさえしなければ、かなりゆとりを持った生活ができそうですね。

年収1500万円あれば、日々のお金の心配はほとんどなし!かなりゆとりのある層といえます。

【コラム】世帯主の所得が年収1,500万の場合は配偶者控除の対象外

将来的にゆとりのある生活をしたいなと思うので、年収1000万円から1500万円くらいを稼ぐことができるようにしていきたいです。まだまだ漠然としてますが、手取りで可能な限り沢山のお金を手に入れて、貯金や投資でお金を貯めておきたいです。まずはこれだけ稼げるように頑張っていきます!

目標を持つことはとてもいいことですね。しかし年収が増えていくとそれだけ節税を気にしないと手取りで増やしていくのが難しくなります。節税につながる「控除」の中に配偶者控除というものがあるのですが、それを受けられなくなる年収ラインというものがあるんです。このように、様々な制度をしっかり理解して、自分にとって一番お得になる収入を知っておくのも大切です。

 

配偶者控除は、年収1000万円を超えると受けられなくなる!?

 

本来、生計を共にしている配偶者が専業主婦・主夫またはパートで少ししか稼いでいない場合、主たる世帯主は配偶者控除を受けることができます。配偶者控除を受けると、たとえ同じ年収でも控除の分だけ所得が少なくなるので、所得税が減ります。高所得の人ほど所得税としてもっていかれる額は高くなっていきますので、とても重要なポイントです。

しかし配偶者控除は平成30年以降に税制が改正されて、世帯主の所得が1000万円を超える場合は受けられなくなってしまいました。この事実をふまえた上で、各種控除をうまく活用して手取り額を増やせるように工夫していきましょう。

配偶者控除を活用できるラインをしっかり考えて、節税を心掛けていきましょう!

年収1500万円を目指す方法3選

将来的に自分だけでなく子どもたちにもゆとりをもって生活してほしいと考えているので、今のうちにできる限り頑張って稼げるようにしていきたいです!1つの目標として長期的に年収1500万円を目指せるようにしたいと思っているのですが、そのために良い方法などがあれば教えてもらえると嬉しいです!1つずつ頑張っていきたいと思います。

目標を掲げてアクションしていくのは素晴らしいですね!年収1500万円を目指していくのはなかなか険しい道ではありますが、色んな工夫をすることでたどり着くことができる年収ラインでもあります。これから一つひとつ努力を積み重ね、しっかり稼げるようになっていくための方法をお伝えしていきます!

年収1500万円を目指していく人が今からすべきアクション3選!

その1 資産運用や投資で収入を増やす

高収入の人が必ず行っているのが、資産運用・投資です。サラリーマンの月収だけで稼ぐためには自分の頑張りだけで伸ばせないところもあります。だからこそ、自分の手元にある資金をできる限り活用して収入を増やす工夫が必要です。

また、単純に貯金をしていたらそれでは資金は一切増えません。逆にインフレが起こってしまうとそれだけ現金の価値は目減りしてしまうので、損をしてしまうことだってあります。そのため、手元にあるお金が増えるように資産運用をしていくのはとても重要になります。少しずつでもいいので、証券会社などに相談をしながらお金の巡りを変えていくのも、今からできる行動の1つといえるでしょう。

その2 副業で収入を増やす

先ほど述べたように、本職の収入は一定の流れでしか増えていきません。今すぐに手元のお金を増やしていくためには、自分で新たな収入源を増やしていく必要があります。そのための方法として副業をオススメします。そして副業には「目先の収入が増える」以上の価値があります。それは、本業とは違う環境での経験やスキルの蓄積です。

こうした経験をもとに、本業で活かしていったり自分で行う新しい事業のノウハウにしていったりと活用できるポイントがたくさんあります。副業を次なるステップの踏み台としてみるのもいいかもしれません。

その3 転職で収入を増やす

根本的に収入をより良くしていくには、転職という手段が一番早いです。ベースアップを図るためにはそれだけの企業に勤めたりそれだけの評価を得た状態で入社をする必要があります。

だからこそ、自分の実力や経験を踏まえて、近々で希望の年収に達することができそうな企業をピックアップして転職活動をしていくのも良い方法といえるでしょう。そのときは面接などで自分の実力を最大限に発揮できるように準備をしておく必要がありますし、非公開の高収入求人などを見つけるためのアクションも重要となります。

年収1500万円を目指すためのアクションは、基本的に長期的な目線で行う必要がある!

年収1500万を狙うならエグゼクティブ求人が豊富な転職エージェント

高収入を目指していくためには、自分の実力を発揮できるように準備をすることと、高収入の非公開求人に触れられるようにしておくのが重要だというのはわかりました。でも、一人で転職活動をしていても限界があります。知人経由やネットの情報だけではそんなに高収入の求人を見つけることはできません。どんな風にして高収入の仕事を見つけるのが良いのでしょうか?

高収入の求人を見つけていくには、エグゼクティブ求人が豊富な転職エージェントがおすすめです。そもそも転職エージェントでは、必ずあなたの担当エージェントがつきますので、あらゆる転職の相談を受けてくれます。そして転職エージェントは高収入に見合う人にだけ紹介する非公開求人を保有していることもあるので、その情報を掴むためにも転職エージェントを活用するのは重要だといえます。

オススメのエグゼクティブ求人が豊富な転職エージェントはこの2つ!

 

まずおすすめできるのは「BIZREACH(ビズリーチ)」です。最近テレビCMなども増えてきて知名度が上がってきており、ハイクラス層向けのエージェントとしての認識もついていますね。CMの内容にもなっていますが、即戦力やマネージャー候補となるような人材を紹介することが上手い転職エージェントといわれており、その分高収入の案件がたくさん集まってきています。

次に、おすすめなのは「リクルートエージェント」です。求人広告・転職エージェントの古株ともいえるリクルートが提供しているエージェントサービス。保有している案件数が圧倒的に多いという点と、高収入の非公開求人も集まってきやすいブランド力があるので、年収1500万円を目指したい人にとって登録していて損はない転職エージェントといえるでしょう。

また同じリクルートがやっている、ハイキャリア向けのサービス、ヘッドハンティング形式の[careercarver-link]「キャリアカーバー」[/careercarver-link]も高年収の求人が多数あります。

外資に強い[randstad-link]「ランスタッド」[/randstad-link]なども実績があります

年収1500万円超えのエグゼクティブ求人を見つけるならば、ビズリーチとリクルートエージェントは外せない!