年収2000万円の手取りや生活レベルは?稼いでいる人の特徴とは

こんにちは!転職アドバイザーの星野です!「年収2000万円」と検索している方は、

『転職をしてもっと他の人より稼げる仕事に就きたい……』

と、思うこともあることでしょう。でも、給与やお金のことなどはなかなか相談しづらく、身近に高収入を稼いでいる人がなかなかいないので、聞くことすら難しいですよね。

結論からいうと……

「年収2000万円を目指していく」ためには、年収2000万円の人の特徴や日々の姿勢を学ぶことが大切です!

なぜなら、年収2000万円は一般的にもらえる給料の額ではありません。それだけの給与を貰えるということは、人とは違うスキルや強みを持っていることが評価されているのです。そして年収2000万円の人の特徴を掴むことで、「自分と年収2000万円の人のギャップを知ること」が可能になります!

そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「年収2000万円を目指していくためにどうするか」に関するノウハウを全てお伝えします。

最後まで読めば、年収2000万円を目指すことができ、次に、どのようなアクションをとればいいのかが理解できます!

年収2000万円の手取りや生活レベルは? 一体どんな職業が稼げるのか

この前、ビジネス誌を読んでいるときに、サラリーマンでも年収2000万円を得ている人がいると知りました。自分は比較的高給取りだと思っていたのですが、さすがにここまで稼いではいません。生活レベルも全く違いそうで、想像もできないですね。いったいどうやったら年収2000万円を稼げるサラリーマンになれるでしょうか?

目標を掲げることはいいことですね。年収2000万円というとまるで雲の上の存在のようにも見えますが、皆さんと同じようにサラリーマンをして稼いでいる人もいるんです。こうした人々がどのようにしてその地位を確立したのか、どんな生活をしているのかを知ったうえで、年収2000万円を目指していく道程を一緒に考えていきましょう。

年収2000万円を稼いでいる人は、日本にどのくらいいて、どんな生活をしているのかを見てみましょう!

年収2000万円は全体のたったの0.5%で200人に1人

給与所得者が年収2000万円以上の人口に占める割合は、国税庁の民間給与実態統計調査の結果によると、全体のわずか0.5%です。200人に1人という限られた存在です。年収1000万円を超えて2000万円以下の人は約4%いますが、年収2000万円を超える人は、本当にごくわずかの存在ということが分かります。一般的に多くのサラリーマンが目標としている年収1000万円の大台を超えた後、2000万円に達するのは、なかなか難しいことだといえるでしょう。

年収2000万円を稼いでいる人はどんな仕事や立場?

年収2000万円を稼いでいる人はどんな仕事をしているのか気

になると思います。まず第一に挙げられるのが、「経営コンサルタント、戦略コンサルタント」といった職業。外資系の大手コンサルティングファームは完全に実力社会で報酬も決まっており、激務である一方で高収入が得られる職業として知られています。

また、大手企業で「経営企画」として働いている人も高収入を得ている人が多いようです。次に、金融専門職である「ディーラー、ファンドマネージャー」といった職業の人も、年収2000万円を超える高収入を得ているようです。その他、各企業の経営陣として会社を運営している人もそれだけの年収を得ている人がいます。

年収2000万円の手取りは意外と少なく約1300万円前後

年収2000万円の人の手取りはなんと、約1300万円前後となります。これは月収160万円前後になる計算です。手取り額とは給与から社会保険料や税金を引いて手元に実際に入ってくる金額のことを言います。

日本の所得税は累進課税制度を採用しているので、所得が高くなれば高くなるほど支払う税金の額が増えていきます。そして年収2000万円の人は税金で約4割は引かれてしまうことになるので、節税対策をしっかりと考えないといけません。

【関連記事】

年収と手取りの違いとは?手取りをアップさせるためのテクニック

年収2000万円の貯金額の目安は、年間400万円以上

年収2000万円の人の平均貯金額の目安は月に18万~24万円となります。大卒社会人の初任給と同じくらいの額を毎月貯金しているんですね。これは年間で400万~500万円ほどの額となりますが、20年間この額を貯金できて初めて1億円を達成できるようです。俗にいう「老後の貯金2000万円問題」とは縁のない生活スタイルとなりそうですね。

年収2000万円をもっとも稼いでいる年代は50代

年収2000万円を稼いでいる人を年代別に見ていくと、ほとんどが50代であることが分かります。年収2000万円以上の人の7割が50代です。そして残る3割が30代と40代で、20代で達している人はほぼ0と言ってもよいでしょう。高収入を得られる業界・業種の重鎮となる存在の人たちが、年収2000万円まで稼いでいるようですね。若手でここまで目指すのは至難の業といえるでしょう。

年収2000万円を稼ぐためには、業界・職種の選択と十分なキャリアが必要!

【コラム】サラリーマンでも確定申告? 年収2000万円は年末調整が受けられない

サラリーマンとして働いている場合、税金関係を会社が処理してくれますが、自営業者や経営者は自力でしないといけないんですよね。それであればサラリーマンのまま高収入を目指していくほうが楽な気がしています。だから、サラリーマンでこれから年収2000万円を目指せたらいいなと思っているんですが、良い方法はないでしょうか。

ちょっと待ってください! たとえサラリーマンであっても年収2000万円を超えたら、会社の年末調整を受けることができず、自力で確定申告の手続きをしないといけなくなるんですよ! このことについては事前に詳しく知っておきましょう!

サラリーマンであっても確定申告が必要! 年収が増えるとやることもそれだけ増えてしまう!

 

給与が2000万円を超えると、税制上会社に属していたとしても年末調整は行われません。もしもそのままにしているとせっかくの控除を色々受けることができず、多く税金を払うだけになってしまいます。だから、しっかり節税をしていくためには、配偶者控除・社会保険料控除などの所得控除を受けるために確定申告を自分で行わないといけません。

ちなみに、年収2000万円を超えると配偶者特別控除や住宅ローン控除などを受けることができなくなってしまうので、年収2000万円というラインは人によっては超えないほうがお得というケースもあるようです。

年収2000万円を境に、税制上の扱いが大きく変わるので要注意です!

年収2000万円の人に共通する5つの特徴

身の回りに年収2000万円ほど稼いでいる人がいないので、どんな生活や考え方をしているのか理解できません。しっかり稼いでいる人の生活スタイルや心がけを真似するところから始めて、高収入を目指していきたいと思っています。年収2000万円の人が働くうえで心掛けていることなどがあればぜひ教えてほしいです!

とても良い心がけですね。といっても私も年収2000万円を稼げているわけではないのですが、これまで出会ってきたそれだけの高収入の方が常にしていたことや大きな特徴などをまとめたので、ご紹介したいと思います。一つひとつの積み重ねがキャリアを形成していくので、ぜひ参考にしてほしいです!

年収2000万円の人に共通する特徴はコチラ! 少しの心がけでできることが意外とありますよ!

特徴1 幅広い人脈をもっている

卵が先か、鶏が先かのような話になってしまうのですが、高収入を得ている人は幅広い人脈を持っているのが共通した特徴としてあげられます。人脈をもとに自分の仕事のアイデアや新たなビジネスの可能性を広げており、そうした癖を常につけているので自然と人が集まってくるようになっていきます。

もらった名刺などの管理はできていますか? 今は忙しいビジネスパーソンのために、名刺の写真を撮るだけで、名前や所属会社などを保存でき、一括管理できるような便利なツールがたくさん出ています。

ただただ人と知り合いになっていても意味がなく、なにかの時に接触が持てるような関係性を築くことは非常に大事です。また、自分自身もなにかの時に思い出してもらえるよう覚えてもらわないといけません。 様々なジャンルで高年収を得ている人は、自身が他者に与えるインパクトをわかっており、ブランディングができている方が多いのも特徴です。

特徴2 平日は長時間仕事だけに打ち込んでいる

働き方改革などが叫ばれる昨今ですが、年収2000万円を稼ぐような人はそのような世論を気にしてはいません。自分のやりたい仕事、やらなければならない仕事をしっかり進めていくことが目的となっているので、働く時間を気にしていない人がほとんどです。そのため必然的に平日は働く時間が長時間になってしまいます。

しかしその分、メリハリはしっかりとつけているようで、休日は無理に働いたりせず自分のリフレッシュや自己研鑽に充てていることが多いです。

特徴3 通勤時間などの無駄な時間を排除している

年収2000万円を稼ぐ人になると、時間というものを他の人よりも特に気にします。なぜなら収入が上がれば上がるほど、働く時間を増やすのではなく時間当たりの効率を上げなければ、収入や成果を上げられないようになってくるからです。

そこで、通勤時間などの無駄な時間は極力抑えるという動きになっていきます。具体的にどのようにするかというと、たとえ家賃が高くても会社のそばに住むようにしたり、お金がかかっても最速でたどり着く手段を選んだりします。

はたまたこんな考えもあります。通勤時間を有効に使い、そこでしかできないことをする。電車での移動中ニュースは耳で2倍速で聞くようにしている人もいます。この倍速での聴覚方法は非常に有効で、他にもこの方法で、移動時などに資格や語学の勉強に充てるそうです。

限られた時間の中で、如何に有用な知識と情報を無駄なく頭に入れるか。稼ぐ人は、一般的なやり方を超えて、大変工夫したやり方で目標達成のための最大効率化を考えています。

特徴4 休みの日は仕事にも活かせる趣味に充てている

休みの日は基本リフレッシュをする日としてメリハリをつけている人が多いとお話ししましたが、休みの日の趣味までも効率を考えているようでした。

仕事の人脈を増やせるような趣味をしたり、自分の顧客や主要取引先との関係を構築できる趣味に勤しんだり、自分のスキルアップをめざせる学びを得たり。また、仕事の際の集中力を高めるためにヨガを行う、という人もいるくらいでした。

高収入を得ている人の趣味は比較的似たり寄ったりになりがちなのは、このような理由からなのかもしれませんね。

特徴5 昼休みや帰宅後は知識を広げるための勉強をしている

無駄な時間をとことん嫌う印象が強く、休み時間やスキマ時間などをうまく活用して自己研鑽をしている人が多いのが、高収入層の特徴です。少しの時間があれば読書をしたり、新たな知識を取り入れるための動きをとったりしています。

最近ではkindleなどの電子書籍が普及して気軽に読書ができたり、オーディオブックなど聞くだけで知識を得られる媒体が増えてきているので、効率よく色んな学びに触れられます。ぜひそれぞれ試してみてはいかがでしょうか。

年収2000万円の人が大切にするのは、日々の学びと効率! 無駄な時間を徹底的に排除した生活を送っているようです。

【コラム】年収2000万円稼いでいる人の職業をご紹介

先ほど、年収2000万円を稼いでいる人のお仕事や立場について少し知ることができましたが、あまり自分にとって馴染みのないお仕事でした。これからでもそういった仕事に就こうと思えば可能なのでしょうか? ぜひ詳しく教えてほしいです。

確かにあまり聞きなれないお仕事が多かったですよね。先ほどせっかくご紹介したので、もう少し詳しくお話してみたいと思います。どれも専門的な知識や経験が必要な難しいお仕事ではあるので、興味を持ったらその仕事にまつわる勉強から始めてみるのが良いかもしれませんね。

年収2000万円を稼ぐことができる仕事の詳細をご紹介していきます!

 

まず「経営コンサルタント、戦略コンサルタント」などと呼ばれているコンサルタント業。これはあらゆる企業の経営・運営・販売戦略などの戦略を構築してアドバイスするお仕事となります。高収入となるのは主に外資系のコンサルティングファームに勤めている人が多いようです。

次に、金融専門職の「ディーラー、ファンドマネージャー」もあげられますが、これも高収入となるのは外資系金融のようです。ディーラーとは株式や債券、為替などの売買の取引仲介を行う人で、ファンドマネージャーは投資信託会社や信託銀行などの金融機関で投資家の資金を実際に運用するポジションです。

最後にあげられるのは、各企業の経営幹部や役員など。大きな企業であれば役員・幹部報酬などで数千万円貰えることも。しかし、これらのお仕事は簡単につくことはできず、専門的な知識や高度な経営スキルをもっている人が続けられるお仕事といえるでしょう。

専門的な知識・スキルが必要な仕事だからこそ、年収2000万円を稼ぐことができる!

年収2000万円を目指す第一歩は転職エージェントへの相談

これからスキルを身に着けながら、年収2000万円を稼ぐことができるような人材になっていきたいと思いました。今の会社に勤めていても難しいと思ったので、転職活動をゆっくり始めてみたいです。年収2000万円を目指すための求人などそんなに見かけないので、どう進めていこうかなとも思っています。何かいい方法があれば教えてください!

大きな目標を掲げていくのはとても素晴らしいことだと思います! これから一緒に頑張っていきましょう! 年収2000万円を目指すための転職は、通常の転職活動とは違う進め方が必要です。いわゆる「ハイクラス求人・エグゼクティブ求人」と言われる部類になってくるため、しっかりとそれに合った方法をとっていかないといけません。

年収2000万円以上を目指していく人がまず行うべき転職活動は、転職エージェントへの相談!

 

年収2000万円以上を目指したいという人は、まず転職エージェントに相談するところから始めていきましょう。先ほど述べた通り、ハイクラス・エグゼクティブ求人は一般的に公開されたところに求人広告をうつことはありません。そのような人材を得たいと思っている企業は、ピンポイントにマッチする人材のみにアプローチをかけています。そのアプローチの方法が、転職エージェントを介した接触やヘッドハンティングになります。

すなわち、転職エージェントとこちらが関係を持たない限り、そのような求人に合うことも難しいといえます。こうした公開されていない「非公開求人」に触れていくためにも、まずは転職エージェントに相談することが重要となります。

転職エージェントに相談することで、高収入の「非公開求人」を紹介してもらおう!

【コラム】エグゼクティブ求人を探すなら登録しておきたい転職エージェント

転職エージェントに登録したほうが良いというのはよく分かりました。しかし、巷にはいろんな転職エージェントがありすぎて何を選んだほうが良いのか分かりづらいです。現在の本業も忙しいので、あまり時間がかからないように有用な転職エージェントに絞って登録をしたいのですが、オススメを教えていただいてもいいですか?

限られた時間の中でしっかり進めていくためにはとても重要な考え方ですね!数ある転職エージェントの中から、年収2000万円を目指すようなエグゼクティブ求人に合ったものをこれからご紹介していきます!

エグゼクティブ求人を見つけるならば、次の2つの転職エージェントに決まり!

 

まず、おすすめできるのは「BIZREACH(ビズリーチ)」です。最近テレビCMなども増えてきて知名度が上がってきており、ハイクラス層向けのエージェントとしての認識もついているようです。CMの内容にもなっていますが、即戦力となるような人材を紹介することが上手い転職エージェントといわれており、その分高収入の案件がたくさん集まってきています。今後も認知度が上がっていくうえで、どんどん高収入案件数も増えていくでしょう。

 次に、おすすめなのは「リクルートエージェント」です。求人広告・転職エージェントの古株ともいえるリクルートが提供しているエージェントサービス。保有している案件数が圧倒的に多いという点と、高収入の非公開求人も集まってきやすいブランド力があるので、高収入を目指したい人にとって登録していて損はない転職エージェントといえるでしょう。

エグゼクティブ求人を求めている人は、ビズリーチとリクルートエージェントに登録するのがオススメ!