年収200万円は低い? 生活実態と年収を増やすための4ステップ

転職アドバイザー星野

早大卒。新卒でIT関連の大手企業に入社後、営業として活躍。5年営業として勤務した後、人事に異動。採用業務に関わる。

その後、IT企業を退職して転職エージェント運営企業に転職し、

キャリアアドバイザーとして求職者の転職を支援する。

現在は人材系コンサルティング会社で組織運営コンサルティングに携わり、人事的な側面から企業の経営をサポートしている。

趣味は読書で、週に1冊は本を読む。

求職者・鈴木

 

明治大学卒。新卒で大手製紙メーカーに入社。営業として働いているが、自分のやりたいことは何かと考えるうちに現状に対して違和感を覚え、転職活動を始める。

こんにちは!転職アドバイザーの星野です!「年収200万」と検索している人は、

『収入が少なすぎて、結婚や子育てなんて考えられない……』

と悩みますよね。

結論からいうと……

「年収200万円を脱する」ためには、現状を見つめなおし、転職活動をしてみることが大切です!

なぜなら、転職活動をすることで、「今の自分の経験やスキルで目指せる道を知ること」ができるからです!

そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「年収200万円を脱して年収アップを目指す方法」に関するノウハウを全てお伝えします。

最後まで読めば、年収200万円を脱する方法が理解できて、収入アップを目指すためのアクションを起こすことができます!

年収200万円の生活実態とは? 手取りや貯金額は

新卒の時に就職活動が思ったようにいかず、今は非正規雇用で働いているため、年収が大体200万円前後です。しっかりと新卒のタイミングで正規雇用の条件で勤めた友人は、はるか上の年収で働いているようです。何だか自分に自信が持てなくなってしまいます。私たちの世代で、同じように悩んでいる人っているんですかね……。

思いつめていらっしゃるようですね。でも安心してください。同じような悩みを抱えている人は、意外と多いようです。そして、少しの決断と行動で環境は変えられます。ぜひ一緒に今後のキャリアプランを考えてみましょう。まずは、年収200万円台の皆さんの現状を見つめなおし、現状分析をしてみましょう。

日本における年収200万円の人の実態を徹底的に調査しました!

年収200万円は6人に1人

年収200万円台の人は日本に約16%いるといわれており、約6人に1人の割合になります。思っていたよりも多いですよね。実際、日本には非正規雇用で働いている人が多いという点もありますが、扶養内でパート・アルバイトをしている人などもこの数に含まれているためこのような数字になっています。しかし、これらを鑑みても年収200万円台で働いている人は多いといえるでしょう。

年収200万円は男性は少なく、女性が多い

男女別の平均年収は、男性が532万円、女性が287万円という数字が出ています。そのためこれだけを見ると、男性であれば年収200万円は少なく、女性であれば年収200万円は平均的といえるでしょう。

この結果についても先ほど述べた通り、女性は扶養内でパート・アルバイトをしている人が多いという点と、結婚・出産・育児などのライフステージにおいて休職・退職をする女性が多いため、キャリアが積み重ねにくいという日本の現状も反映されているのでしょう。

年収200万円の手取りは約160万円前後

年収200万円の方の手取りは約160万円前後となります。手取りとは年収から社会保険料と税金(所得税と住民税)を引いた額です。会社員の社会保険料は、企業の雇用保険によって異なりますが、年収のおよそ14%くらいです。

年収200万円の場合、社会保険料は28万円、所得税は2.8万円、住民税は6.1万円となります。これらを計算すると、手取りの金額は約163万円です。

【関連記事】

年収と手取りの違いとは?手取りをアップさせるためのテクニック

年収200万円の貯金額は多くて毎月2万円程度

年収200万円の人が毎月どれくらい貯金をできるのかを見ていきましょう。年収200万円の人は毎月手取りで13万円程度の収入が見込めます。家賃・食費・光熱費・生活雑費などの毎月かかる費用が11万円程度はかかるので、手元には2万円程度が残ります。

そしてその残った額から通信費や交際費、衣服代なども出さないといけなくなるため、基本的に貯金は厳しい生活となります。可能な限り削ったとしても、毎月2万円できるかどうかというラインです。基本的にその月暮らしになりやすい生活スタイルといえるでしょう。

年収200万円の家賃相場は4.4万円以内で食費は3万円以内

家賃の相場は、月々の手取り額の3分の1以内が相場といわれています。年収200万円の場合月々の手取りは約13万円程度となるので、3分の1にすると約4.4万円となります。また、一人暮らしの際に思ったよりかかってしまうのが食費。年収200万円の人の平均は、食費を月3万円程度で抑えているようです。

1日約1,000円となるので、自炊をしていないと厳しいでしょう。外食やコンビニ飯などが増えてしまうと、きっと他のところに影響が出てしまいます。このように日々の暮らしのあらゆる部分で節約を意識しないといけない生活になってしまいます。

世帯収入200万円で結婚すると収支は厳しい

これまでは年収200万円の一人暮らしについて話をしてきました。もしも結婚をして片働きであればどうなるでしょうか。現実的な話をすると、世帯年収200万円で二人暮らしはなかなか厳しいところがあります。家賃は1人で暮らしても2人で暮らしても変わりませんが、光熱費や食費はいくら努力をしても1.5倍程度に増えます。

そして衣服や消耗品費については2倍に増えてしまい、その他交際費等を考えていくと、年収200万円で2人暮らしは厳しいと誰もが認めると思います。貯金を切り崩したり何かしらの援助があれば可能ではありますが、それでも収支が厳しいのは変わりません。

年収200万円では、1人暮らしで毎月2万円の貯金をする程度が限界か。

【コラム】非正規雇用の75%が年収200万円未満

私自身、非正規雇用で働いているので分かっているのですが、周りの同じような境遇の人も、年収の低さにいろいろと悩んでいるようです。正規雇用の人と比べてもお金のかけどころや生活スタイルがやっぱり違うと思っています。正規雇用・非正規雇用でそんなにも違いが生まれてくるのでしょうか。

同じような悩みを持たれている人は案外多いですよ。特に非正規雇用でしか働いたことのない若者にとって、ずっと解決できない問題のようです。

年収が低いとそれだけ目の前の暮らしに一杯いっぱいになり、根本的な解決が図れなかったり、思い切ったアクションをとれなかったりする傾向にあります。非正規雇用の方の現状をもう少し見ていきましょう。

非正規雇用の人の大半が年収200万円未満という現状。

 

非正規雇用とは、契約社員・パート・アルバイトなどの有期契約で勤めている人のことをいいます。そしてこうした非正規雇用で働いている人の75%は年収200万円未満です。確かに、扶養に入っている関係で年収を抑えようとするパートの奥様などもいますが、現実に非正規雇用から抜け出せずに低収入で苦しむ若者も数多くいるようです。

景気回復などが叫ばれていますが、日本には非正規雇用の20代~40代の労働者が増えていることも社会問題としてあげられています。非正規雇用の人に関する低収入の問題は、若者の可能性を削いでしまう問題として、今後も考えていくべき内容といえるでしょう。

非正規雇用で平均を超える収入を得るのはとても難しい。年収200万円未満もざらである。

年収200万円の人が収入や貯金を増やすためにするべき4つのステップ

このままでは良くないと自分でもわかっているので、ひとまず現状を変えていきたいです! 年収200万円のままでは色んなアクションを考えるのが難しいので、今できることを一つひとつやっていきたいと思っています。ぜひアドバイスをいただけないでしょうか。

新たな一歩を踏み出そうとするその姿勢、とても素晴らしいと思います。少しの努力と勇気できっと現状は変えられるはずです。では、私からは前向きにこれからどのようなアクションを起こしていくと良いかという目線で、一つひとつアドバイスができればと思います。無理なく自分にできることから始めていくと良いでしょう。

年収200万円の人が、収入や貯金を増やしていくために実施すると良いアクション4つ!

ステップ1 教育訓練給付金で負担を減らしながらキャリアアップを狙う

教育訓練給付金とは、雇用保険法に定められている給付金の1つ。雇用保険に一定期間以上加入している人が、今後のキャリア形成を行っていくために職業訓練を受けたり、資格試験の予備校に通ったり、通信教育を受けたりなどしたときに、費用の一部を支援してくれる国の制度となります。

この制度、失業中の人だけに限られていると思っている人も多いようですが、初回の場合は雇用保険に加入している期間が1年以上であれば対象になります。受講終了した後に、管轄のハローワークで手続きをすることになります。ただし、どの講習が対象になるかは、事前にHPかハローワークに問い合わせて調べておきましょう。

このように、自主的なスキルアップを促している制度を最大限活用し、自分の行いたいスキル・キャリアアップにつながる学びを得ることができます。こうして自己負担を抑えながら、市場価値を高めていくための学びを得ることができます。

ステップ2 公営住宅に入居して家賃負担を減らす

今すぐ収入アップが見込めない場合は、まずは支出を抑えることを考えましょう。月々の支出の中でも多くを占める家賃を抑えることができれば、収支を圧迫するものはだいぶ軽くなります。

そこで一番に考えられる良い方法は、公営住宅に入居するということ。公営住宅はなんといっても家賃が安く、たとえ家族暮らしのできるような家であっても、家賃は2万~3万円程度というのもざらです。とにかく家賃を抑えたいという人は、公営住宅を探して引っ越すというのも良い手かもしれません。

ステップ3 非正規雇用の場合は正規雇用を目指す

非正規雇用で働いている人は、正規雇用を目指すのが一番の解決方法です。前述したとおり、非正規雇用で働いている人の75%は年収200万円以下という数字も出ています。まずは正規雇用を目指していくことで、状況の改善を見込めるでしょう。今の会社で正規雇用として雇われる基準や試験などを調べるのはもちろん、同じような業界業種で正規雇用の求人を出している企業を探すのも重要です。

意外と今のスキルや経験でも正規雇用してくれる会社は見つかるかもしれないので、まずは探してみることをオススメします。

ステップ4 それでも年収アップが望めない場合は転職をする

それでも年収アップが望めないときは、転職を検討しましょう。今自分ができることやこれまで仕事で経験してきたことを今一度棚卸をしてみて、これからのキャリアやしたいことを考えてみてください。それに合わせて自分の転職したい業界や企業を定めていくと良いでしょう。

これまでは今いる会社のことばかり考えていたと思いますが、様々な転職メディアを見てみると、意外と色んな求人があることに気づけます。あとはあなたの頑張り次第で、十分に年収アップを目指せるでしょう!

年収200万円の人が年収アップを目指すには、やはり転職がオススメ!

年収200万円で悩んでいるなら転職エージェントに相談してみよう

これまで年収200万円で働いてきたのですが、そろそろこの現状を打破していきたいです! 転職する決意はできましたが、どのように進めていけばいいのか、なかなかわかりません。自分のスキルや経験に自信もないですし……。こういうとき、どうしたらいいんでしょうか?

大丈夫ですよ、安心してください! 年収200万円の方や非正規雇用だった方にありがちなのが、自分のスキルや経験の棚卸しが苦手というケースです。

しかし、キャリアアドバイザーなどの助言に沿って進めていけば、自分の強みや弱みを把握し、自分を見つめなおすことができます。だからこそ、転職エージェントを活用するのがオススメです。

転職エージェントを活用することで、自分のキャリアをしっかり見つめなおすことができる!

 

転職エージェントは、単に企業と求職者を繋いだり広告を紹介したりするだけではありません。適切なマッチングにつながるように、求職者の強みと弱みをしっかりと把握し、それに合わせた求人を紹介するようにする転職のプロです。様々なキャリアアドバイスや悩み相談も受けてくれますので、あなたの転職活動の頼もしいサポートとなるでしょう。

また、履歴書や職務経歴書等の書類添削、面接前の面接指導なども受けてくれるので、しっかり活用するのをオススメします。また、内定をもらった後もその企業との条件交渉をしてくれることもあるので、入社するまでしっかりサポートしてくれますよ。

まずは、求人を豊富に保有するリクルートエージェントdodaに登録しましょう。

自分に自信がない人ほど、転職エージェントに頼ってスムーズに転職活動を進めていこう!

【コラム】推定年収はいくら? 年収を査定してくれるサービスもオススメ

これまで年収200万円くらいでしか働いたことがないので、転職して本当に自分が年収アップできるのかまだまだ不安です。転職をしたところでまた同じような年収の会社に勤めることになるのではないか……と考えてしまいます。こういう時はどうしたらいいのでしょうか?

そうした悩みを抱いてしまうのも、やむを得ないと思います。これまで収入の面でたくさん悩まれてきたからこそ、同じ轍を踏みたくないと思うのでしょう。しかし、そんなあなたも大丈夫です。今ではAIなどを用いて想定年収を査定してくれるサービスなどが生まれています。それを一度試してみるといいでしょう。

今のあなたの想定年収をAIで査定するサービスを使って、自分の市場価値を知ることできる!

 

想定年収査定サービスは様々な人材系の会社や、転職求人を載せているメディアが提供しています。これは、各企業が保有する過去の求職者・転職先の情報等のビッグデータを活用して、あなたに近い過去のデータをピックアップし、想定年収を算出するようです。

特にミイダスがおすすめです。

このサービスを使うときは、年齢・性別・これまでの簡単な職務経歴や資格の有無などについて答えていきます。全ての質問への回答が終了すると、自分の市場価値である想定年収が出るというものです。自分のことを見つめなおすきっかけになるので、ぜひ一度試してみるのもいいかもしれません。

自分の推定年収を算出して、それ以上の年収を目指して転職活動をしていきましょう!