年収700万の手取りや貯金額は?年収700万を目指すための行動4選

転職アドバイザー星野

早大卒。新卒でIT関連の大手企業に入社後、営業として活躍。5年営業として勤務した後、人事に異動。採用業務に関わる。

その後、IT企業を退職して転職エージェント運営企業に転職し、

キャリアアドバイザーとして求職者の転職を支援する。

現在は人材系コンサルティング会社で組織運営コンサルティングに携わり、人事的な側面から企業の経営をサポートしている。

趣味は読書で、週に1冊は本を読む。

求職者・鈴木

 

明治大学卒。新卒で大手製紙メーカーに入社。営業として働いているが、自分のやりたいことは何かと考えるうちに現状に対して違和感を覚え、転職活動を始める。

んにちは!転職アドバイザーの星野です!「年収700万円」と検索している人は

『高収入を目指すために、今すべきことはどんなことがあるんだろう……?』

と悩みますよね。

結論からいうと…

「年収700万円を目指す」ためには、それだけの収入を得られる仕事について知ることが大切です!

また、そうすることで、「自分が目指すべきキャリアプランを考えること」が可能になります!

そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「年収700万円を目指していくためにどうするか」に関するノウハウを全てお伝えします。

最後まで読めば、年収700万円を目指すための行動が理解でき、高収入を得るためのアクションを今すぐ起こすことができます!

年収700万の実態とは?手取りや貯蓄額は

老後資金2,000万円問題などが話題に上がり、今の給与のままキャリアを積み重ねていくのが少し不安になってしまいました。もちろん今すぐにとは言いませんが、しっかり高収入を見込める仕事に就きたいな思っています。近い将来に年収700万円くらいを目指すのが理想です。

今から、将来のことを考えているのはとても素晴らしいことだと思いますよ! その方向性で転職活動を進めていくことも、もちろん可能です! まずは軸として掲げられた年収700万円の人がどんな層なのかをしっかりと捉えて、自分に足りないところを把握しましょう。その上で転職活動を進めていくのが、年収700万円の近道と言えます!

まずは年収700万円の層がどんな人で、どんな暮らしをしているのかを知ろう!

年収700万の人は24人に1人

国が実施している「民間給与実態統計調査」によると、年収700万円台の人は約4%とています。これは約24人に1人の割合。やはりこれだけの収入となると、少なくなってきますね。十分なスキルや経験、マネジメントを行うポジションにいるなど、様々な条件が必要になってきます。年収700万円を目指すということは、それだけの知識や経験を積み重ねていく覚悟と努力が必要となります。

年収700万の手取りは約550万円前後

しかし、年収と手取りは大きく変わってきます。年収700万円の人も、手取り額に換算すると約550万円まで下がってしまうのです。サラリーマンであれば額面上の年収から税金や保険料を引いた額が手元に入るので、総額150万円ほどが引かれている計算となります。

毎月のお給料とボーナスを併せて、実際に銀行口座に振り込まれる年間の総額が約550万円です。もしもボーナス無しの場合は、手取り月収は40~46万円程度となります。

年収700万を稼いでいる人の多くは勤続年数が25年以上

平均給与を勤続年数別にみていくと、勤続年数25年以上で初めて平均年収700万円を超えてきます。勤続年数25年以上のときの年齢は、高卒の人であれば43歳以上、大卒の人であれば47歳以上。もちろん昇給・昇格が十分に見込める会社である必要がありますし、長く腰を据えて働く意志の強さも必要です。年収700万円を超える人は、それだけの苦労と実力の上にその報酬が成り立っているようですね。

年収700万の平均貯金額は年間140万

年収700万円の人は、一般的には高収入と言えますが、贅沢をしすぎてしまうと生活が苦しくなることには変わりありません。そのため、もしものときに備えて貯金をしっかりしておくのはどんな年収の人であっても重要です。年収700万円の人の平均貯金額は年間140万円ほどと言われており、貯金総額の平均は800万円前後と言われています。

今後の大きな出費や老後に備えて堅実に将来を見据えている人が多いようですね。また、これだけの貯金や収入がある人は、長期的な投資なども行っている人が多く、資金計画に余念のない層だといえるでしょう。

年収700万は扶養家族がいても余裕のある暮らしが可能

年収700万円の世帯は、たとえ扶養家族がいても余裕のある暮らしが可能です。2018年度の総務省「家計調査」によると、2人以上の世帯の月平均消費支出は28万円と言われています。年収700万円の人の手取り月収を約40万円とした場合であっても、毎月12万円の余剰が生まれます。毎月しっかりと貯金や投資などに回すことができるため、扶養家族がいる世帯であっても、十分余裕のある暮らしが可能だといえるでしょう。

女性で年収700万以上の人はたったの1.4%

一方で、女性で年収700万円以上になる人はたったの1.4%ほどと言われています。女性の場合は非正規雇用で働く人や、扶養の範囲内で働く人が多いため、割合として低くなってしまうようです。また、女性の場合はライフステージ(結婚・出産)によってはキャリアが停滞してしまうこともあり、なかなか実力に応じて評価が反映されにくいということも。女性で年収700万円を目指すことの難しさが数字で表れているようです。

年収700万円となると、単身でも扶養有の世帯でも余裕のある暮らしができるようです。

【コラム】年収700万を目指せる業界や職種をご紹介

将来、余裕のある暮らしをしたいと思っているので、ゆくゆくは年収700万円に達したいなと思っています。今の仕事だと年収700万円を目指せるのか分からないので、まずは自社の給与テーブルなどを調べたいです。それと並行して、年収700万円を目指しやすい業界や職種についても知っておきたいです! そういった高収入を目指せるような業界や職種は、実際にあるんですか?

しっかりと調べようとする姿勢、とても良いですね!そして質問の通り、高年収を着実に狙える業界・職種は存在します。だからこそ、今から将来の年収を気にする人はそこについて調べておくのがベストだといえるでしょう。それでは今から、年収700万円くらいを目指せるお仕事について紹介したいと思います!

年収700万円を目指したい人必見!高収入を得られる業界・職種をご紹介!

 

国税庁の調査によると、給与所得者1人当たりの平均給与が最も高いのは「電気・ガス・熱供給・水道業」の769万円という結果が出ています。その次は「金融業・保険業」の626万円です。専門的な知識が必要で、社会インフラに関係する業界だと、キャリアを重ねるほど高収入を得られる傾向にあるといえるでしょう。

また、年収700万円を目指しやすい職種は、エンジニア、コンサルタント、インセンティブのある営業職、マスコミ系の総合職、国家資格系士業などが挙げられます。やはり専門的な知識やスキルがものを言うお仕事が多いですね。しっかりと働きながら力を蓄えていくことが、遠回りのようですが高収入への近道のようです。

インフラ系の手堅いお仕事や、スキル・知識の重要視されるお仕事が高収入の近道!

年収700万を目指す人が取るべき行動4選

高年収を目指せる業界・職種についてしっかり理解できました! 将来のことを考えて色んな可能性を今のうちに見つけておきたいと思っています。だからこそ、高収入を目指すための方法を色々と試してみたいんです! 今すぐ、高収入を目指せる方法などを教えてもらえると嬉しいです!

やる気があってとても良いですね。必ず高収入になれるという魔法のような方法はもちろんありませんが、高収入を得ている人に近づくためのヒントはたくさん存在します。その中でも再現性の高い方法をいくつか紹介できればと思います!

年収700万円・高収入を目指すなら今からすべき行動4選を紹介!

その1 役職を目指してマネジメント能力を高める

高収入を得るため、どのような業界・職種でも重要となるのが、役職を目指してマネジメント能力を高めるという方法。一定の年次を重ねたら現場でのスキルよりもマネジメント能力のほうが重要になってきます。多くの人が現場で働くプレーヤーの考えから抜け出せず、役職についても思ったより成果を上げられずに困る人がいます。

そこで、自らマネジメントに関する知識を蓄え実践していくと、自ずと評価へとつながっていくでしょう。マネジメントについて書かれた本を読んでみるのも良いですし、最近は福利厚生の一貫として、研修に行きたいと自ら手を上げた従業員に対して、補助制度を設ける企業も増えてきました。また、最近ではマネジメントスキルを学ぶための学校などもあるので、自己投資のために通ってみるのもいいかもしれませんね。

その2 能力給や成果給をアップさせる

より短期的な目線で年収をアップさせるには、能力給や成果給(インセンティブ)を活用するのがおすすめです。まずは社内で取り決められている能力給・成果給アップの基準を把握し、自分が目指すべき成果・目標を定めます。

それに合わせてしっかりと業務を進めていきましょう。すぐに成果が上がるとは限りませんが、自分で立てた目標に向かって仕事をすると、よりやりがいも生まれてくるはず。その姿を上司や同僚は見てくれているはずなので、きっといい方向にキャリアが進んでいくでしょう。

その3 国家資格を取る

たとえ現在の仕事に直接は関わらなくとも、国家資格を取るというのは良い方法です。国家資格は企業を問わず社会全般からスキル・知識が認められるので、どんな場所でもあなたの強み・知識を証明してくれます。今勤めている企業で高収入がなかなか見込めなくなったとしても、その取得した国家資格をもとに開業をしたり、その資格をうまくアピール材料にして転職することだって可能です。

また、企業によっては取得資格に応じて手当てが出たり、専門の部署に配属されることも。自分の描きたい将来像に合った資格勉強を始めるのも一策です。

その4 思い切って年収の高い業界や職種に転職する

先ほど述べたようなインフラ系の業界や、エンジニア、コンサルタント、インセンティブのある営業職などに転職するのも有効な方法といえるでしょう。現在の仕事で高収入を目指す方法を考えたとしても、手段がわずかしか見つかりません。

一方で転職という方法を考えると、様々な業界・職種があるので、高収入を目指すための方法がたくさん見つかります。視野をグッと広げるためにも、一度転職について考えてみるのも良い方法です。今の仕事を続けながら転職活動を少し始めるだけで、少しキャリアへの見方が変わるかもしれませんよ。

年収700万円を目指すためには、長期的な計画が重要! すぐにでも収入を上げたい人には、転職がおすすめ!

年収700万の求人は転職エージェントへの相談がおすすめ

色々と話を伺い、やはり年収700万円をしっかり稼げそうなところに勤めたいと思いました! さっそくですが転職活動を進めていきたいと思っています。しかし、なかなか高収入の求人を探すのは難しいです。こういった条件で仕事を探すとき、どんなふうにするのが良いんでしょうか?

転職のご決断をされたんですね。これから一緒に頑張っていきましょう! 高収入を目指すためのであれば、やはり転職エージェントを活用した転職活動がおすすめです。公開されている求人だけでなく、非公開求人なども見ながら、高収入を目指せる求人案件をしっかり選別して提案してくれます。転職エージェントと言ってもたくさんありますので、おすすめのものをいくつかご紹介しますね!

転職エージェントといっても様々です。年収700万円を目指すあなたへのおすすめはこちら!

まず、おすすめできるのは「BIZREACH(ビズリーチ)」です。

最近、テレビCMなども増えてきて知名度が上がってきていますよね。CMの内容にもなっていますが、即戦力を紹介することが上手い転職エージェントと言われており、その分、高収入の案件がたくさん集まってきています。今後も認知度が上がっていくうえでどんどん高収入案件数も増えていくでしょう。

次に、おすすめなのは「リクルートエージェント」です。求人広告・転職エージェントの古株ともいえるリクルートが提供しているエージェントサービス。保有している案件数が圧倒的に多い点と、高収入の非公開求人も集まってきやすいブランド力があるので、高収入を目指したい人にとって登録していて損はない転職エージェントといえるでしょう。

高収入を目指す人は、経験やスキルを活かした転職が得意な転職エージェントがおすすめ!