年収400万の手取りや生活レベルは? 年収400万以上を目指す転職ガイド

転職アドバイザー星野

早大卒。新卒でIT関連の大手企業に入社後、営業として活躍。5年営業として勤務した後、人事に異動。採用業務に関わる。

その後、IT企業を退職して転職エージェント運営企業に転職し、

キャリアアドバイザーとして求職者の転職を支援する。

現在は人材系コンサルティング会社で組織運営コンサルティングに携わり、人事的な側面から企業の経営をサポートしている。

趣味は読書で、週に1冊は本を読む。

求職者・鈴木

 

明治大学卒。新卒で大手製紙メーカーに入社。営業として働いているが、自分のやりたいことは何かと考えるうちに現状に対して違和感を覚え、転職活動を始める。

 

こんにちは!転職アドバイザーの星野です! 「年収400万」と検索している人は、

『今勤めている会社でいつ頃400万円まで給与が上がるんだろうか……』と悩みますよね。

結論からいうと……

「年収400万円を目指す」ためには自分の経験・スキルを見つめなおしたうえで、昇給を期待するのか転職するのかを見極めるのが大切です!

なぜなら、自分の現状を見つめなおし、転職市場などをちゃんと知ることで、「年収400万円に達するまでの流れを知ること」が可能になるからです!

そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「年収400万円を目指していくため」に関するノウハウを全てお伝えします。

最後まで読めば、年収400万円台の人の一般的な事情と、年収400万円台をすぐに目指す方法が理解できます!

年収400万の平均手取りや月収は?気になるお金事情とは

新卒のころから少しずつ昇給はしてきましたが、まだまだあまり生活が変わったようには思えていません。このまま勤めていてもなかなか給料が上がるとも思えていないので少し不安です。希望としては年収400万円くらいあればいいな、と漠然と思っています。今の仕事のまま目指していくのか、転職をしてから目指すのがいいのか悩んでいます。

目標があることはいいことですね! まずは目標の「年収400万円」が日本のサラリーマンの中でどのような位置づけになるのか現状をしっかり理解するのが大切ですね! そのうえで自分のキャリアプランなどを見直して、どのような進め方で目指すのかを一緒に考えてきましょう!

まず、日本における年収400万円の位置づけを改めて見直していきます。目指す先をしっかり把握して、アクションを起こせるようにしていきましょう!

約5人に1 人が年収400万円台

日本の正規雇用で働く人のうち約5人に1人が年収400万円台という調査結果が出ているように、意外と多いようです。とはいってもこの結果は日本の正規雇用で働く全年代での調査結果となるため、若い人のみに絞ると数字は高くなさそうですよね。

日本は年功序列制で歳を重ねれば少しずつ年収が上がっていくスタイルが多いため、働き盛りの年代の多くが年収400万円台であると推測できるでしょう。

年収400万の手取りは約320万で月収は25万前後

年収400万円といっても、そのまま丸々手元に入ってくるわけではありません。会社員であれば額面上の年収から税金や保険料を引いた額が給与口座に振り込まれますので、総額80万円ほどが引かれている計算になります。毎月のお給料とボーナスを併せて、実際に銀行口座に振り込まれる年間の総額が約320万円です。

自由に使うことのできるお金は、月当たり25万円前後となります。お住いのエリアによっては、もう少し欲しいなと思う人もいるかもしれません。

【関連記事】

年収と手取りの違いとは?手取りをアップさせるためのテクニック

年収400万の平均貯蓄額は591万円

そして年収400万円の人がしている貯蓄の平均額は、591万円と言われています。近頃、貯蓄がほとんどできていない若者が多いと言われている中、この層はしっかりとできているようですね。

毎月安定した額が給与として入ってくると余剰金が生まれ、貯蓄に回す余裕があるのでしょう。それだけでも、精神的にも安定するのでとても良いことですよね。

30代前半の平均年収が400万前半、40代で400万後半に

実際に年代ごとに見ていくと、30代前半の平均年収が400万円前半、40代の平均年収が400万円後半となっています。つまり、この世代が年収400万円台のメイン層となりますね。着実にキャリアを重ね、一定の役職を与えられるようになって初めて年収400万円台に手が届くようです。そしてこの世代だからこそ、老後や子どもの教育費等を考えて貯蓄をしていたのでしょうね。まだまだ日本では、真面目にコツコツと勤めあげて年収を伸ばしていくスタイルが多いようですね。

20代もしくは女性で年収400万は高収入

これまでの話をまとめると、年収400万円台の会社員は30代~40代でしっかり勤め上げて来た人に多い印象ですよね。つまり20代で年収400万円以上というのは、コツコツと新卒から働き続けていても到達しにくいものだといえます。

また、女性の方も結婚・出産などのライフステージで一時的にお休みをされることが多いため、男性よりも年収400万円台に到達するのは遅い、または難しいというのが分かります。20代や女性で年収400万円というのは比較的高収入の部類に入るんですね。

多くの場合、年収400万円はコツコツと勤めあげて得られる年収! 30代~40代男性に多い!

年収400万円以上を目指す人が転職するべきパターン3選

年収400万円をこれから目指すのは、根気がいるんですね。このまま勤めて目指していくのと転職をして目指していくのどちらがいいのかも迷いどころです。転職はリスクが付き物ですし……。こういうとき、他の人はどんな選択をするのかも気になります。転職をしたほうが良いタイプがどんな人なのか、などを教えてもらうことはできませんか?

もちろん大丈夫ですよ! 転職は自分のキャリアを大きく変える転換期なので、ためらってしまうのもよく分かります。しかし、今の仕事を続けることだって「リスク」になりうるということを理解しておきましょう。ではこれから、年収400万円を目指したい人が転職すべきパターンをお伝えしていきます!

年収400万円を目指す人の中で、今すぐ転職に動き出すべき人はこんな人!

その1 現在の会社で昇給が見込めない場合

年収400万円を目指すときにまず気にすべきは、今の会社の昇給制度です。多くの会社では年齢給・能力給に応じた賃金テーブルを準備しており、それを社員に公開できる状態にしているはずです。それを確認しながら、年収400万円という額がどのようにして目指せるのかを確認してみましょう。そうすると、自分が希望する時期にその額まで届くか否かの大まかな予想を立てることができます。

なかなか難しいかもしれませんが、ロールモデルとなる先輩がいれば聞いてみるという手もあります。またはその先輩の羽振りなどから判断するという方法も。今の会社で昇給が見込めるか否かを冷静に判断して、思ったよりも貰えないと判断した時に、転職を考えるのが良いでしょう。

【関連記事】

給料が上がらない。昇給できない人の特徴5つと給料アップ方法を解説

その2 給与や待遇が業界の平均を下回っている場合

日頃意識をしないと、なかなか分からないかもしれませんが、同じ業界・職種などの平均年収を下回っているときも、転職で年収アップを目指せます。同じ業界・職種の平均年収を知る方法は大きく2つあります。1つ目は地域の統計情報などを見る方法。もう1つは転職メディアや転職エージェントを活用する方法です。

転職メディアであればエリア・業界を絞って検索をかけるとその内容で求人広告をリストアップできます。その年収・月収の項目をチェックして、自分より高いか低いかを比べてみましょう。また、転職エージェントであれば豊富な情報・経験からすぐに判断をしてもらえるのでオススメです。

その3 転職してやりたいことのビジョンがはっきりしている場合

実は、転職において一番重要なのはここです。今まで積み上げてきたキャリアの方向性を変える一大イベントとなる転職。明確な意志もなく行ってしまうと、転職先ですぐに考えが変わってしまって再び転職を検討することになってしまいます。不用意な転職は自分の履歴書を傷つけてしまうだけなので、それは避けたいですよね。

しかし裏を返せば、転職してやりたいこと・将来のビジョンがはっきりとしていれば、転職先で多少の苦難があったとしても乗り越えられる強さが生まれます。自分のキャリアを見直して確固たる意志を持っている人であれば、今すぐにでも転職をオススメします。

行き当たりばったりではなく、しっかりと根拠をもって転職を進めていくのが重要!

年収400万円以上を目指す転職で成功するための4つのポイント

これまでのキャリアを見つめなおし、やりたいことなどを洗い出してみると自分の考えがはっきりしてきてとても良かったです。その上で私は転職をしたほうが良いと決意しました! しかし、転職をするのが初めてなのでどんな心持ちで進めていけばいいのかが分かりません。自分の考えに合う会社で、年収400万円以上をすぐに目指せる会社であればいいと思っています。良い方法を教えてください!

はい、一緒に転職活動を頑張っていきましょう! 自分のキャリアや、やりたいことを事前に洗い出しているのは良いことですね、これから転職活動を行う上で大きな糧になると思います。転職の求人広告・転職エージェントがたくさんある中で、どのようにすれば自分の理想に合った会社を見つけられるか、役立つ視点・ポイントをご紹介していきます!

年収400万円を目指す人が転職で成功するポイント4点をご紹介!

ポイント1 年収にとらわれず仕事内容や社風などもしっかり見定める

年収400万円という条件ばかり見ていると、見落としがちなのがこのポイント。たとえ給与面の条件が良かったとしても、自分に合った仕事内容や社風でなければ長く続けることができません。高収入というのは、一定の高い水準の給与を一定期間しっかりもらわなければ成り立たないものです。

自分がやりがいを感じることができるのか、体力的に、精神的に無理のないお仕事なのか、職場の人間関係や距離感は自分に合っているのか、などの環境面をしっかり見定めて選んでいきましょう。

ポイント2 経験業種・職種を活かせる企業に転職する

今の給料よりも上を目指していくのであれば、まったく未経験の業種・職種はオススメできません。未経験の業種・職種であれば、またイチからのスタートとなるため賃金テーブルの低いところから積み上げていかなければなりません。そうなると高収入をすぐに目指すのは困難です。

だからこそ、これまで経験してきた業種や職種を活かせる仕事を探していくのが近道と言えます。パッと見では未経験の業種・職種に見えるお仕事でも、自分の経験ややってきたことが活かせるものであれば十分可能性がありますので、自分のできることや得意なことはしっかり棚卸をして把握しておくのが良いでしょう。

ポイント3 スキルや実績を最大限にアピールする

ポイント2でも述べたように、今の給料よりも上のお仕事に転職することを考えるのであれば、自分の経験やキャリアを活かして転職するのがオススメです。そして書類選考・面接の際にしっかりそのことをアピールしていくのが重要になってきます。パッと見ただけではあなたにどんなスキル・経験があるのかは分かりません。

書類選考や面接という限られた方法・時間の中で的確に伝えていくためにも、アピール方法を工夫する必要があります。あなたのスキルや経験に魅かれた場合、面接担当者は他の会社に取られないように、あなたに好待遇の条件を出してくれることだってあります。

ポイント4 年収交渉でよりよい条件に引き上げる

書類選考・面接と進んで内定をもらえた時、自分が思っていたよりも低い条件を提示されたとしてもそこで落ち込んでいるだけではいけません。まだ雇用契約を結ぶ前段階なので、十分交渉の余地が残されています。むしろ自分の給与を自分で調整できる最後のチャンスと言っても過言ではありません。そのタイミングでしっかりと自分のスキル・経験を根拠に条件交渉をしましょう。

もしも自分で行うのが難しいという人は、転職を検討する段階で転職エージェントを活用するのがオススメ。転職エージェントを介していれば、代わりに条件交渉なども進めてくれます。

自分のスキルと経験を最大限に活かして、自分に合った仕事探しを進めていきましょう!

年収400万円以上の転職が叶う転職エージェントをご紹介

年収400万円を目指すために、さっそく転職活動をしてみたいと思います! 自分で条件交渉をするのが苦手だと思ったので、転職エージェントを活用してみたいと思うのですが、たくさんあってどれにしようか迷っています。僕みたいな悩みを持っている人に合う転職エージェントってあったりするんですか??

もちろんありますよ!年収400万円台を目指す層ににぴったりの転職エージェントをご紹介します。あなたのキャリアの棚卸をしっかりサポートしてくれたり、親身になって転職を応援してくれるエージェントがオススメです!

今から年収400万円台を目指していきたいという人にオススメの転職エージェントはこちら!

 

まず、お勧めできるのは「リクルートエージェント」です。求人広告・転職エージェントの古株ともいえるリクルートが提供しているエージェントサービス。保有している案件数が圧倒的に多いという点と、これまでしっかりと蓄積されているノウハウをもとに、適切なアドバイスをもらえること間違いなしです。

次に、お勧めなのは「マイナビエージェント」です。20~30代の利用者がとても多く、現状を変えたいという人から、若いうちから年収400万円代を目指していきたいという人まで丁寧にサポートしてくれる転職エージェントです。近頃利用者数もどんどん増えており、それに合わせて保有求人数も伸びてきているようですよ。

年収400万円台を目指したい人には、リクルートエージェントとマイナビエージェントを活用するのがオススメ!