「働きたくない」と思ったら。働きたくないと思う理由と仕事に前向きになる処方箋

【この記事でお伝えすること】

・「働きたくない」と思うことは、誰にでもある

・「働きたくない」という気持ちとの上手な向き合い方

・「働きたくない」と思ったあなたにぴったりの解決方法

・それでも「働きたくない」あなたにおすすめする「転職」という手段について

転職アドバイザー星野

早大卒。新卒でIT関連の大手企業に入社後、営業として活躍。5年営業として勤務した後、人事に異動。採用業務に関わる。

その後、IT企業を退職して転職エージェント運営企業に転職し、

キャリアアドバイザーとして求職者の転職を支援する。

現在は人材系コンサルティング会社で組織運営コンサルティングに携わり、人事的な側面から企業の経営をサポートしている。

趣味は読書で、週に1冊は本を読む。

求職者・鈴木

 

明治大学卒。新卒で大手製紙メーカーに入社。営業として働いているが、自分のやりたいことは何かと考えるうちに現状に対して違和感を覚え、転職活動を始める。

こんにちは!転職アドバイザーの星野です!「働きたくない…」と考えている人は、

『それでも働かないといけないから、気持ちに嘘をついてでも働かないといけない』

『皆同じように働いているんだから、働きたくないなんて言ってはいけないんじゃないか』

『職場を変えたってどこも同じ。転職するのだって大変なんだから、ここにいるしかない…』

と悩みますよね。

星野

結論からいうと…

「働きたくない」という気持ちを前向きにしていくためには、

自分がなぜ働きたくないのかという想いを整理することが大切です!

なぜなら、働きたくないという想いを整理することで、自分が何に悩んでいるのかを理解することが可能になるからです!そうすればどんなアクションをとればその想いがすっきりできるのかを判断することができるようになります。

 そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「働きたくないという気持ちを前向きにとらえるため」のノウハウを全てお伝えします。

最後まで読めば、「働きたくない」と思っている今の気持ちを前向きに捉えなおすことができて、次にどんなアクションを起こしたらいいのかが理解できますよ!

働きたくないと思ってしまう理由ランキング7選

鈴木

星野さん。実はもう今の職場を辞めたいと思っているんです。でも、こんな理由で仕事を辞めてもいいのかな…と思ってしまう自分もいます。親や家族のことを考えたり、同級生の頑張っている姿を見ていたりするとなかなか言い出せなくって…。仕事を辞めたいって思うことは悪いことなんでしょうか…?

星野

いいえ! そんなことはありませんよ。会社で働いている人であればきっと一度は考えることかもしれません。

もちろん皆理由はそれぞれですが、ふとしたきっかけで考え始めたり日ごろの不満が積もりに積もって考えたり、新しいことをしたいと思うようになったりと色々働きながら考えているようです。

「仕事を辞めたい」という想い自体は悪いことではないので、何故そのように思ったのかをしっかり考えて行動に移していきましょう!

ここで会社員の方が「働きたくない」と思った理由についてアンケートをとっていますので、ランキングに沿って見ていきましょう!きっと皆さんが今の職場で働きたくないと思った理由に近いものや意外なものまで見えてくるかもしれません。案外皆同じことを考えているのかもしれませんね。

1位 職場の労働環境・条件が悪い

2位 職場の人間関係に疲れている

3位 ワークライフバランスが取れていない

4位 仕事がうまくいっていない

5位 仕事にやりがいを感じられていない

6位 組織で働くことに性格的に向いていない

7位 職場でミスをしてしまうのが怖い

1位 職場の労働環境・条件が悪い

よく「ブラック企業」と呼ばれている会社がここに当てはまるのかもしれませんね。

しかしこの理由がランキングの1位に上がってきてしまうということは、労働条件の悪い職場が多いことを示していると思います。一般的なホワイト企業の勤務時間は9時~17時または実勤8時間前後と考えられます。

しかし、終電の時間に帰るのが当たり前という会社や、定時とは別に拘束時間が定められているようなグレーな会社も存在しているのが現実です。そういった会社に限って残業代を支給しないケースも多いようです。

こうなってしまうと、何のために生きているのか分からなくなるのも無理はありませんね。労働環境や条件が悪いと「仕事を辞めたい」と思い始めるのは当然のこと。今の場所にこだわることなく、外の世界を見るという意味でも、ぜひ転職活動をしてみてほしいですね。

2位 職場の人間関係に疲れている

仕事そのものの悩みとして、上がることが最も多いのが「人間関係」。皆さんにもきっと嫌な上司や同僚、一緒に仕事をしづらい後輩などがいるのではないでしょうか。

仕事内容や業務量の問題であれば自分でコントロールできますが、人ありきの人間関係についてはそう簡単にはいきません。仕事を円滑に進めるためにも我慢をしないといけないときが多々あるでしょう。それを何度も繰り返していると人付き合いそのものが嫌になってくることだってあります。それだけに、悩み続ける人が多いのも特徴かもしれません。

3位 ワークライフバランスが取れていない

今でこそ「ワークライフバランス」という単語が当たり前にはなっていますが、それをしっかり意識して実践できている会社は少ないのが現状です。

あくまでも「仕事」は「生きるための手段」であると捉えて働き方を見直す必要がありますが、会社側の理解が必要なのはもちろん、業務の現状と鑑みると難しいこともあり、なかなかうまくいかないケースが多いようです。仕事とプライベートのバランスは、会社員にとって今後大きな課題になってくるかもしれません。

4位 仕事がうまくいっていない

これは比較的前向きな理由にも見えますね。うまくいっていないものを頑張るというのはきついことです。しかしどんな物事であっても思うとおりにいかない時期はあります。その時にどのように踏ん張るかが重要になってくるかもしれません。

今の仕事の進め方を見直して工夫をするのか、一時的にリフレッシュをするのか、はたまた外の世界をのぞくためにも転職活動をしてみるか。仕事がうまくいっていないときこそ、色んなアクションを起こすのが良いのかもしれませんね。

5位 仕事にやりがいを感じられていない

「仕事のやりがい」は前向きに働きたいと思っている人にとって大変重要な要素です。どうせ仕事をするのであれば自分の業務に価値を見出したいと考えているからこそ、やりがいを求めるのだと思います。

もし、仕事の内容そのものや取り扱っている商品・サービスに興味を持てていなかったり、自分の成長を認識できていないようであれば、一度立ち止まって自分自身の棚卸しをしてみるといいかもしれません。

自分がどのようなものに「やりがい」を感じるのかは、悩みとして上がってきやすいのかもしれませんね。

6位 組織で働くことに性格的に向いていない

組織で働くのが向いていないタイプは、一定数存在します。自分の裁量で決定できないことや、無意味な社内政治などの非効率な事柄にストレスを感じる人は、独立を視野に入れてみると良いかもしれません。

現在はフリーランスとして働くことも当たり前になってきていますし、起業という手段もあります。ただ、会社で働いた経験は自分で事業を起こす際も必ず役に立ちます。今の仕事に全力で取り組んだ経験は、独立後も必ず役に立つことでしょう。

「組織で働くことに向いてない」と思ったら、まずはアクションを起こしましょう。

7位 職場でミスをしてしまうのが怖い

ミスを過度に恐れてしまう人の心理をひも解くと、「ミスをすること自体に恐れを感じるタイプ」と、

「ミスをしたときに咎められるのが怖いというタイプ」の2つに分かれてきます。

前者の場合は心の持ちようが、後者の場合は人間関係が問題になることが多いですね。

人である以上、ミスはつきもの。ミスをすることを恐れていては次には進めません。この場合、ミスをしないようにすることが第一。次に、ミスをしてしまう自分自身を認められるようになるのがベストです。

他人からとがめられるのが怖いというタイプの場合は、人との関わり方や組織の在り方に問題があるケースが多いと思われます。

 仕事を辞めたいと思う理由は様々です。誰だって一度は思ってしまうことなので、その思いに蓋をせずに自分と向き合うことが大切ですね。

【コラム】98%の人が「仕事を辞めたい」と思ったことがある

鈴木

周りの同僚がいつも頑張って働いている姿を見ていると、「仕事を辞めたい」と思ってしまう自分が情けなくみえてしまうんです。

一度そう思ってしまうと、「仕事を辞めたい」という相談をするのもなかなかしづらくって…。それでズルズルと今の職場で働いているのですが、前向きになれない日も多いんです。これって悪いことなのでしょうか。

星野

「仕事を辞めたい」と打ち明けるのは、とても勇気がいることですよね。まるで今いる会社の人たちを裏切る気分になってしまう人もいます。

しかし、それ自体は悪いことではなく、後ろめたく思う必要もありません。

むしろその感情に蓋をすることは良くないので、しっかりと見つめてあげましょうね。

仕事を辞めるということは、これまでの生き方自体を考え直すということ。

 

「辞める」という単語には「中断する、投げ出す」といった少し後ろ向きな印象があるかもしれません。

しかし本来は決してマイナスなことではなく、今の働き方を見つめなおし、自分の人生がより豊かになるように変えていく前向きな決断です。「辞める」ことにフォーカスしすぎるのではなく、その後の「新しい生き方」に目を向けていきましょう。

また、「仕事を辞める」ことは働きたい場所を自らが決めることでもあります。それは、自らの決定や可能性、能力に自信を持っている状態である「自己効力感」が湧くきっかけにもなり、人生を前向きに切り開くことに繋がるのです。

仕事を辞めることで、新しい環境にチャレンジできる! チャレンジと辞めるはセットでやってくる。

どうしても働きたくない。それでも働いた方が良い3つの理由

鈴木

今の仕事のことを考えていると、どうしても憂鬱になってきます。明日出社したらきっと上司に怒られるし…。
もういっそのこと今すぐ辞めてしまいたい! 

そうだ、退職届を今から書いて会社に送りつけてやろうと思います!いいですよね!?

星野

ちょっと待ってください! 

仕事を辞めるという決断をしたのはすごいことですが、安易に辞めてしまうのもオススメはしていません。
冷静に自分の現状を見直して、本当に辞めても大丈夫なのか、それとも働き続けたほうが良いのかを見定めましょう。

やり過ごしていれば、意外と良い方向に転換することだってあるんですよ。働き続けたほうが良い理由もしっかり見直してみましょう。

仕事を続けることだって1つの選択。辞めたいと思っている今だからこそ、改めて働き続けるメリットを見直してみましょう。

1つ目 経済的な安定は心の安定につながるから

2つ目 働いていれば落ち込んだ気持ちが紛れるから

3つ目 働いていればいつか問題を解決するキッカケが見つかるから

1つ目 経済的な安定は心の安定につながるから

仕事をしていれば一定の給料が入ってきますので、色々と割り切ってしまえばそれだけで生きていくことは可能です。また、経済的な自立性がないと自分の行動や考えに自信を持てなくなることもあり、経済的な安定は重要です。

もしも経済的に不安定なまま仕事を辞めてしまうと、新しい職場を探す際に貯金の残高を気にして焦ってしまい、悪条件の求人に飛びついてしまうことだってあります。
冷静に新しい環境を探していくためにも、経済的な安定は重要な要素です。現段階で経済状況が厳しい人は、お金のために働くんだと割り切って過ごしてみるのも一策かもしれません。

2つ目 働いていれば落ち込んだ気持ちが紛れるから

何かに打ち込めている人は、悩みが少ないと昔から言われています。多くの人は一日の大半の時間を使って働いているため、その時間は「働く」ということに集中できています。その間はちょっとした悩みなども忘れることだってできるでしょう。

些細な悩みも、仕事に没頭していくうちに薄れていくかもしれません。今慣れている仕事を進めながら、気分転換ができると良いかもしれませんね。

3つ目 働いていればいつか問題を解決するキッカケが見つかるから

「仕事を辞めたい」と思う理由は、辞めないと解決できないと現時点で思っているからでしょう。しかし、今は辞める選択肢しか見えていなくても、少し成長した自分、色んな経験を経た自分であれば、別の選択肢を見出すことができるかもしれません。

今の自分に全ての決断を委ねるのではなく、将来の自分に期待をしてみるというのも、建設的な行動の1つです。働く中で新しい自分を見つけ出すぞ!と意気込んでみると、意外な景色が開けてくるかもしれませんね。

働きたくないと感じたときに「辞める」という選択以外にもしっかり目を向けるのが大切。自分の人生の選択肢を狭めないように注意しましょう。

星野

辞めたいと思う気持ちを抱えながら働くのは、辛いですよね。ただ、勢いで仕事をやめると、取り返しのつかないことになる恐れもあります。
働き続けることのメリットと、デメリットを天秤にかけ、辞めたいという思いが一時の感情なのか、それとも合理的な判断によるものかを冷静に分析してみましょう。

働きたくないあなたにオススメな解決策

鈴木

そうは言ってもやっぱり今の会社で続けていくのは気持ち的にしんどいです…。明日もまた会社に行かなきゃいけないと思うと憂鬱で…。

そのためにはやっぱり辞めるのが一番だと思ってしまうんです。こんな気持ちになったときはどうしたらいいんですか?

星野

その気持ちは大切に持ったまま、今から教える解決策をぜひ行ってみてください。
 
これらを試した後でどうしても続けるのが難しいと思うようなら、辞める選択をとっても遅くはないでしょう。辞めたいと思った時は、そのことばかりに目が向きがちですからね。自分にとって無理のない選択肢を1つずつ試してみて、できそうなことを続けてみてください。

働きたくないと思ったときはその気持ちを大切に! 自分に素直に向き合う良いきっかけと思って、以下の内容を試してみましょう!

解決策1 長期休暇を取ってリフレッシュしてみる

解決策2 趣味などに没頭しプライベートを充実させてみる

解決策3 なんとなくではなく、目標を持って仕事をしてみる

解決策4 仕事後の自分へのご褒美を作る

解決策5 働きたくない理由を客観的に分析してみる

解決策6 今の職場環境がどうしても厳しいのであれば転職してみる

解決策1 長期休暇を取ってリフレッシュしてみる

また明日も仕事…と思うと憂鬱になりがちなあなたにまずオススメするのは、長期休暇を取ることです。 その間は、仕事のことを全く考える必要はありません。自分のしたいこと、チャレンジしたいことに取り組んでみたり、行きたい場所に行くのもいいでしょう。
その逆に、何にもしないということもアリです。休暇は自分だけのもの。ゆっくり休むことで新たな活力が生まれてくるかもしれません。

長期休暇を取ることに対して罪悪感をおぼえる人もいると思いますが、これはむしろ会社で長く働いていくために必要な時間ともいえます。
この休暇がなければすぐにでも辞めないといけなかったかもしれません。そう考えると、意義を感じられるでしょう。

解決策2 趣味などに没頭しプライベートを充実させてみる

人は働くためだけに生きているわけではありません。仕事はあくまでも生きていくための手段です。しっかりとプライベートの時間もとるのが大切です。

好きなことに打ち込んでいるとき、あなたはきっと良い表情をしているはず。そのときの気持ちを大切にするのが、人生にとっての幸せだと思います。そして、趣味やプライベートに打ち込むと、さらに買いたいものや、やりたいことが生まれてくるでしょう。
そのときに、「もっと稼ぎたい」と思えたらこっちのものです。仕事を頑張りましょう。

そうはならなかったとしても、好きなことをしているとネガティブな感情が解放されるため、その時間を取ること自体に意味があります。

解決策3 なんとなくではなく、目標を持って仕事をしてみる

仕事にやりがいを感じられなかったり、やる気が起きないという人は、改めて具体的な目標をかかげてみるといいかもしれません。営業であればアポイントを1つ増やしてみる、事務であれば今まで1時間かかっていた作業を45分で終わらせられるように工夫してみる……など、小さなことから始めてみましょう。

小さな成功体験を積み重ねることは、自信と希望に直結します。そうやって新しくできることが増えたりスキルアップしていくと、その職場で目指したい姿をイメージできたり、やりたいことが増えてくるかもしれません。

解決策4 仕事後の自分へのご褒美を作る

小さなご褒美を自分にあげていくのも、心理学的にはモチベーションを一時的に上げる効果があり、有効です。お仕事終わりに缶ビールを1杯、コンビニのスイーツを1つ…などでも構いません。大きなプロジェクトが終わった後、または大きな目標を達成した後には、贅沢なディナーを食べに行くこともいいでしょう。

区切りごとに自分をねぎらうポイントを設けておくと、目の前のことに対してもう少し頑張れるかもしれませんね。

解決策5 働きたくない理由を客観的に分析してみる

「働きたくない!」と思ってしまっているときは感情的になっていることが多いです。上司から嫌味を言われたり、うまくいくと思っていたものが失敗してしまったり、とにかく目の前にあるものが面倒くさく感じたり…。

こういうときは、自分の中の理性にもしっかり問いかけをしてみましょう。何が面倒なのか、嫌な上司のどこが嫌なのか、どうして失敗してしまったのか。

働きたくないと思った理由を深堀りしていくことで、自分が本当は何が嫌だったのかが見えてくるはずです。

解決策6 今の職場環境がどうしても厳しいのであれば転職してみる

以上のことを試してみて、どうしてもうまくいかないようであれば、いよいよ転職を考えてみましょう。 現時点では「検討」に留めるだけでもかまいません。お試しで動いてみるだけでも、他社の良い点が見えるのはもちろん、今の会社の良い点も見つかってきます。これまで当たり前だと思っていた環境が、貴重なものだと気づけるチャンスになってきます。

転職活動を行うのは個人の自由であり、後ろめたいことではありません。転職市場での自分の価値を見直したり、あるいは今の会社の良さを見直すきっかけになってくれます。

とりあえず他を覗いてみる、という程度の気持ちで動いてみるのをオススメします。

「働きたくない」と思った時に立ち止まるのではなく、「働く」以外のアクションを起こしてみよう。

【コラム】それでも「働きたくない」のは心の病かも。注意したい心のサイン

鈴木

近頃働きたくないですし、生きていても何も楽しいことがありません。今まで好きだった趣味やスポーツなどもまったくやる気が起きなくなってしまいました。なんだか色んな物事への執着心が薄れてきているようです。

仕事も少しずつ惰性でするようになってきました。このままでは、なぜ生きているのか全然わかりません。こんな私はどうしたらいいのでしょうか。

星野

正直に話してくれてありがとうございます。きっと今はお休みが必要な時なのかもしれません。疲れが溜まると免疫力が下がって風邪をひいてしまうように、あまりに心に余裕がなくなると、心の病(メンタル系の病気)にかかってしまうことがあります。
その可能性があるときは、迷わず専門医に相談しましょう。

働くためには健康な身体が大切。自分の体調・気持ちに素直になって適切な処置をとろう。

 

ストレスの多い現代社会において、心の病はとても身近なものになっています。どんなに明るく気丈に見える人でも、例外ではありません。その人の性格や働き方など因子はそれぞれですが、すべての人がかかる可能性があると思っておくのがよいでしょう。

心の病の可能性があるときは、ひとまず精神科や心療内科に通ってみるのがベストです。今では職場のメンタルヘルスを専門としていたり、リワークプログラム(心の病で休職した場合の復職トレーニング)を提供している病院も増えています。

始めは自分の悩みや現状を医師に話すところからスタートすると思います。そこから不安や苦しい思いを少しずつ吐き出してみると、カウンセリングや薬物治療など、自分に合った治療法を提示してもらえるはずです。

「きつい」「辛い」という感情は大切に。あなたにとって大切なサインかもしれません。

働きたくない人が転職すべき3つの理由

鈴木

「働きたくないあなたにオススメな解決策」を色々試してみましたけど、やっぱり働きたくないという想いが強く残ってしまいました。だからといって、転職をしてこの気持ちが解決できるという自信もありません。こんなときはどうするといいのでしょうか?

星野

働きたくないときは、なかなか前向きになるのは難しいですよね。そんなときこそ、少しずつ「転職活動」をしてみるのをオススメしています。
自分を変えたいと思うとき、最も簡単なのは「環境を変えること」です。環境が新しくなれば仕事の内容も付き合う人も違ってくるため、自分も変わらざるを得ないのです。

そのためにも転職は、とても有効なのです。

転職をすることで、身の回りの環境を変える! 具体的には、どのような変化が起こる…?

1つ目 やりがいのある仕事に就くことで仕事が楽しくなる

2つ目 環境をリセットすることで問題が解決することがある

3つ目 マンネリを解消。新しい気持ちで仕事に挑める

1つ目 やりがいのある仕事に就くことで仕事が楽しくなる

仕事を楽しくできるようになれば、人生の多くの時間を楽しく過ごせるようになります。
「そんな職場なんて、あるものか!」と思ってしまう人もいるでしょうが、自分に合った仕事をしている人は活き活きと過ごしているものです。

今働いている職場も、たまたまあなたに合っていなかっただけのこと。全く違う人であれば、あなたの今の職場で楽しく働けている可能性だってあります。仕事や環境への適性は、やりがいやパフォーマンスに大きく影響します。
それだけに、「自分にとってのやりがいや楽しさは何か?」ということを十分に見つめなおしてから転職活動をするのが得策といえるでしょう。

2つ目 環境をリセットすることで問題が解決することがある

前述したとおり、環境を変えることは、自分を変えるために最も効率的な方法です。

 自分自身や周りにいる人たちの価値観を、一朝一夕で変えるのはとても大変なことです。そこに気を悩ますくらいなら、いっそのこと環境を変えてそこに適応してしまうほうが手っ取り早いことも多くあります。

 自分にとって大切なものが何かを踏まえたうえで、環境をリセットしても大丈夫だと判断できるならば、転職は負荷が小さく、かつ効果の高い選択肢となるでしょう。

3つ目 マンネリを解消。新しい気持ちで仕事に挑める

毎日同じことの繰り返しだと、仕事の意義を感じられなくなりますよね。

仕事に限らず、惰性でものごとを進めてしまうと、やがて人生そのものにすら楽しさを見出せなくなってしまうかもしれません。

そんな風にならないためにも、違う仕事に挑戦することで、気持ちを新たに次のスタートをすることができます。チャレンジ精神で転職する人を今の転職市場は求めているので、うまくいくに違いありません。

転職は前向きな人生を歩むための手段。新しいチャレンジの機会が待っていると思って転職活動に取り組んでみよう。