仕事に行きたくない原因と解決策とは?転職をするときに活用できるサービスも紹介

【この記事でお伝えすること】

仕事にいきたくなくなる原因

仕事に行きたくない状態を放置しておくのがよくない理由

仕事に行きたくなくなる状態から抜け出す方法

転職時に役立つサービス

転職アドバイザー星野

早大卒。新卒でIT関連の大手企業に入社後、営業として活躍。5年営業として勤務した後、人事に異動。採用業務に関わる。

その後、IT企業を退職して転職エージェント運営企業に転職し、

キャリアアドバイザーとして求職者の転職を支援する。

現在は人材系コンサルティング会社で組織運営コンサルティングに携わり、人事的な側面から企業の経営をサポートしている。

趣味は読書で、週に1冊は本を読む。

求職者・鈴木

 

明治大学卒。新卒で大手製紙メーカーに入社。営業として働いているが、自分のやりたいことは何かと考えるうちに現状に対して違和感を覚え、転職活動を始める。

「何だかやる気が出ない……仕事に行きたくない」と思うこともありますよね。
明確な理由なくやる気が出ないとなると、自分でもどうしていいかわからなくなってしまうでしょう。
また、そんなことを考えてはいけないと思っていると、余計にやる気が出なくなることも。

仕事に行きたくないのは、良くないことなのでしょうか。

星野

いいえ。

毎日楽しく仕事に向かえるのであれば、それに越したことはありません。

しかし、気分には波がありますし、何か理由があって仕事に行きたくないと考えてしまうこともあるでしょう。

このように考えることは、甘えとは限りませんし、恥ずかしいことでもありませんので、安心してください。

社会人として仕事を全うするためには、毎日出勤することは大切なことです。

とはいえ、無理をして出勤し続けるのは、心にも体にも良いこととは言えません。

仕事に行きたくない人は意外と多い?行きたくない原因5選

鈴木

朝、目が覚めると、なんとなく仕事に行きたくないと思ってしまうことがあります。

やる気を出さなければと思うほど、モチベーションが下がってしまうのです。

仕事に行きたくないと思ってしまうのは、珍しいことなのでしょうか。

星野

決して珍しいことではありませんよ。
実は、仕事に行きたくないと考えたことがある人は意外に多いのです。
一度だけ思ったことがあるという人もいれば、毎日仕事そう思いながら出勤している方もいます。

早めに解決策を見出す必要がありますが、そのためにはなぜ行きたくないと思ってしまうのか、理由を理解しておきましょう。

自分で決めた会社だからこそ、毎日出勤しなければならないという使命感が生まれるものです。

しかし、無理に出勤し続けていると、うつ病など突然の不調に襲われる可能性もあります。

楽しい毎日を送るための解決策を導き出すためには、「行きたくない」というネガティブな感情が生まれる原因を確認しておく必要があります。

健康を大切にしながら、働き続けられる環境を整えていきましょう。

その1 職場の人間関係がストレス

その2 長時間労働や過重労働をしている

その3 仕事でのプレッシャーやトラブルを抱えている

その4 仕事が合っていなくてやりがいを感じられていない

その5 仕事で疲れが溜まっていて意欲が低下している

その1 職場の人間関係がストレス

働いている人のうち、多くの人が悩み苦しんでいるのが職場での人間関係です。

「上司に理不尽なことを言われて反発したら、部内の人たちに避けられるようになった」

「同期の人たちから仲間外れにされている気がする」

「もともとコミュニケーションが得意ではないので、話をするのが苦痛」

など、様々な原因が考えられます。

ストレスの原因となっている相手も、上司や同期だけでなく、取引先の人や顧客という場合もあるでしょう。

何年、何十年と働き続ける間、常に気の合う人とだけ仕事をするというのは難しいことですから、ある程度の我慢は必要です。

しかし、心身ともに疲弊する可能性が高いので、早めに改善する必要があります。

その2 長時間労働や過重労働をしている

近頃、「働き方改革」が話題となっていますが、長時間労働を強いられる企業は、まだまだあります。

「過労死ライン」と呼ばれる月80時間を超えて残業をしなければならなかったり、時にはサービス残業を求められることもあるかもしれません。

働きすぎは体への負担になるだけでなく、強いストレスで心が疲れてしまいます。

メンタルの不調にも繋がり、仕事に行きたくないという気持ちが生まれる大きな原因の一つです。

その3 仕事でのプレッシャーやトラブルを抱えている

希望の職種に就いても、想定より高いノルマを設定されてしまったり、過度な業務量を依頼されることもあるでしょう。

自分の能力を超えた仕事を任されると、人はプレッシャーを感じ、仕事から逃げたいと考えてしまうものです。

また、仕事上で何らかのトラブルを抱えることも、強いストレスとなり、仕事へ行きたくないと思ってしまう原因になります。

その4 仕事が合っていなくてやりがいを感じられていない

希望する企業に就職できたとしても、自分が望んだとおりの仕事ができるとは限りません。

事務職を希望していたのに営業を任されたり、企画をしたかったのに単純作業しかさせてもらえないということも考えられます。

「仕事が合わない」というモヤモヤとした気持ちはストレスの原因になりますし、やりがいを感じられません。

前向きな気持ちが削がれてしまい、仕事へ行きたくないというマイナスの思いが生まれる原因になります。

その5 仕事で疲れが溜まっていて意欲が低下している

体と心は大きく影響しあっていています。体の疲れは心の疲れにも繋がります。

疲れがたまっていると、体は休息を求め、「休みたい。もう仕事をしたくない」と意欲を低下させてしまうのです。

やりがいを得るために頑張ることも大切ですが、頑張りすぎは禁物です。

仕事に行きたくないと思う原因は、日常生活の身近なところに潜んでいます。

人間関係や過重労働など見えやすいことから、仕事でのプレッシャーや相性など見えにくい部分まで、多岐にわたって存在しているのです。

時には、プライベートでの疲れやストレスが原因となっている場合もあります。

心と体のバランスも大切にしましょう。

【コラム】仕事に行きたくないは疲れの現れ。体からの休養のサイン

鈴木

仕事にやりがいを感じていたはずなのに、最近は仕事に行きたくないと思ってしまいます。

風邪をひいたわけでもないのにだるかったり、常に疲れている感じがするので、仕事もなかなか捗りません。

キャリアプラン通りに頑張りたいと思っていたのに、このままでは挫折してしまいそうです。

星野

強いプレッシャーを感じたり、頑張りすぎたりしていませんか?

仕事に行きたくない、やる気が出ないというのは、体や心が疲れているサインです。

そのまま無理を続けてしまうと、肉体的あるいは精神的な病になり、取り返しのつかないことになってしまう可能性もあります。

時には足を止めて、休養をとってみてください。

憧れの企業に入って希望する仕事をやりたい、様々な業務に触れ、幅広く活躍できるようになりたいなど、将来を見据えて頑張ることは大切なことです。

希望のキャリアプラン通りに進むために、どのようなことに気を付けていけばいいのでしょうか。

 

自分の理想へたどり着こうと、急いでしまっていませんか?

思い描いていたキャリアプランのとおり、ゴールまで真っ直ぐ進んでいければ一番効率的です。

常に足を進めていれば、早くゴールにたどり着くこともできます。

しかし、急な上り坂や道のりの長さに息切れをすることもありますよね。

立ち止まって、休憩をしたくなるかもしれません。

この息切れの状態が続き、疲れてしまっている状態を仕事に例えるとどうでしょうか。

仕事を頑張りすぎて疲弊してしまうと、少し休みたい、仕事へ行きたくない、という気持ちが芽生えてしまうのです。

仕事へ行きたくないと感じるのは、体も心も疲れてしまっている証拠です。

時には足を止めて休息をとり、回復したらまた歩き出せばいいのではないでしょうか。

無理をして歩き続けるよりも、一度休息をとった方が、より効率的にゴールまで進めるはずです。

仕事のやりがいを求め、必死になって取り組みすぎていると疲れてしまいます。

心や体が限界だと感じる前に、まずは自分の体や心と向き合ってみると良いでしょう。

「急がば回れ」という言葉の通り、急いでいる時こそ休息をとってみることも大切です。

「仕事に行きたくない」気持ちのまま仕事に行くことが良くない3つの理由

鈴木

やる気が出ないまま、何とか出勤したのですが、仕事で失敗をしてしまいました。

人間関係も悪くなり、会社での居心地も悪いです。

結果、余計にモチベーションが下がり、仕事に行きたくないという思いが強くなってしまいました。やる気が出ない時は、仕事に行かないほうが良かったのでしょうか。

星野

なるほど、難しい問題ですね。

「仕事へ行きたくないと思っていたけれど、頑張って出勤して良かった」と思うこともあるでしょうけど、それは結果論になってしまいます。

絶対に行かないほうが良いとも、頑張って行ったほうが良いとも言えません。

ただ、仕事へ行きたくないという気持ちのまま過ごしていると良くないのは事実です。

仕事に行きたくないと思った時、それでも頑張って行くべきかどうか悩んでしまうものです。

しかし、無理に頑張っていても良い結果に結びつかない可能性があります。

それは、一体なぜなのでしょうか?

理由1 人間関係が悪化する可能性があるから

理由2 集中力や注意力が欠如してミスに繋がってしまうから

理由3 ストレスが溜まり健康に良くないから

理由1 人間関係が悪化する可能性があるから

仕事のやる気が出ない状態だと、コミュニケーションをとることも億劫になります。

笑顔で話せなくなったり、イライラしながら返事をしてしまったり、話しかけられても聞こえなかったふりをしたくなることもあるでしょう。

そのような対応をすれば当然、人間関係は悪くなります。

相手から良くない印象を持たれてしまい、距離を置かれてしまう可能性があります。

楽しく過ごせた間柄の人と過ごす時間も、全く楽しめなくなってしまうので、注意が必要です。

理由2 集中力や注意力が欠如してミスに繋がってしまうから

「会社へ行きたくない」「仕事をしたくない」というマイナスの気持ちでいると、集中できず注意力も欠如してしまいます。

いつもなら間違えないようなケアレスミスが増え、時にはそれが原因でお客様とのトラブルに発展してしまうこともあります。

どんな仕事でも、ミスは禁物。

誰かに迷惑をかけてしまう可能性もありますので、常に集中できる状態を保つことは重要なことといえます。

理由3 ストレスが溜まり健康に良くないから

やる気が出ないのはストレスが溜まっていることが原因ということも、実はよくある話です。

ご存知の通り、ストレスは腹痛やめまいなど、体の不調を引き起こすこともあります。

仕事やノルマよりも、体の健康は大切なはず。

健康のことを考えれば、ストレスを溜め込む生活は良いこととは言えません。

仕事に行きたくないのに無理して出勤していては、良くないこともたくさん起こります。

良くないことが起これば、ますます仕事へ行くのが嫌になってしまうでしょう。

「仕事に行きたくない」という思いが強くなった時には、自分の体や心と向き合ってみてください。

「仕事に行きたくない」から抜け出す解決策6選

鈴木

朝から仕事に行きたくないという思いが強く、通勤時間も苦痛で仕方がありません。

会社に着くころには憂鬱な気分になっています。

何とかしたいと思っているのですが、仕事のやる気が出ない時の解決策はあるのでしょうか?

星野

毎日の通勤、お疲れ様です。

ただ、仕事とは何が何でも頑張らなければいけないものと思っている方も多いようですが、本当にそうでしょうか。

ネガティブな思いが強いと、仕事でミスをしたり、誰かに迷惑をかけることもあります。

周囲の人たちに迷惑をかけないために、自分に合った解決策を見出していきましょう。

仕事へ行きたくないけど頑張らなければいけないという葛藤は、自分自身へのプレッシャーになります。悩み続けなくて済むように、自分に合った解決策を見つけましょう。

解決策1 思い切って休みを取ってリフレッシュする

解決策2 憂鬱な通勤時間に楽しみを取り入れる

解決策3 仕事の後の楽しみを作る

解決策4 信頼できる上司に相談してみる

解決策5 いっそのこと、仕事に行きたくない理由と向き合ってみる

解決策6 どうしても行きたくない状態が続くなら転職も視野に

解決策1 思い切って休みを取ってリフレッシュする

まずは思い切って休んでみること。

会社や仕事のことを忘れて、趣味に没頭したり、遠出をするなど、リフレッシュする時間を作るのです。

「やる気が出ないからといって休むなんて……」

と自分を責める必要はありません。

休みを取ってリフレッシュすることで、仕事の効率を上げることができるのであれば、有意義な休みではないでしょうか。

休むことを悪いことだと決めつけるのはやめましょう。

思う存分羽を伸ばすことは、仕事にとっても大切なことなのです。

解決策2 憂鬱な通勤時間に楽しみを取り入れる

仕事に行きたくない時、通勤時間はとても憂鬱です。

会社に近づくたびに、どんどん気分が落ち込んでしまいます。

そこで、少しでも気持ちを上げるために、通勤時間に楽しみを取り入れてみましょう。

漫画を読んでもいいですし、好きなアーティストの音楽を聴いてみるのもいいです。

周囲に迷惑をかけないような方法で、憂鬱な通勤時間を前向きな気持ちになれる時間に変える工夫をしてみましょう。

解決策3 仕事の後の楽しみを作る

趣味や楽しみの予定を、仕事の後に入れてみてください。

「この仕事が終わったら楽しいことが待っている」と思うと、だんだんと気分が上がってくるはずです。

仕事に対しても気持ちが前向きになり、気が付いたら仕事自体も楽しく、早く終わらせることが出来ることもあります。

解決策4 信頼できる上司に相談してみる

悩み事を自分の中にだけ秘めていると、どんどん煮詰まってしまいます。ですが、人に話したらスッキリしたという経験を、あなたもしたことがあるのではないでしょうか。

仕事に行きたくないという悩みに関しても、誰かに聞いてもらうことで気分が楽になれるかもしれません。

しかし、相手によっては余計に悩みが深くなってしまう可能性もあります。

仕事にまつわる悩みは、心から信頼できる上司に相談するようにしましょう。

解決策5 いっそのこと、仕事に行きたくない理由と向き合ってみる

仕事に行きたくないと思う理由と向き合ってみることは、勇気がいることですが根本的な解決に繋がります。

「人間関係が嫌だ」といった理由かもしれませんし、他にもいくつか絡み合っている場合もあるかもしれません。

理由を明確にすることで、直接的な解決策を見つけることが可能になります。

意外と単純な理由だったということもありますので、やる気が出ない状態が長く続いている場合は、面倒がらずに自分の思いと向き合ってみましょう。

解決策6 どうしても行きたくない状態が続くなら転職も視野に

「何をやっても解決しない、どうしても仕事に行きたくない」というのであれば、転職することも視野にいれましょう。

勤務先を自分に合った環境に変えられればいいのですが、なかなかそううまくはいきません。

それならば、自分に合った会社を探して移ることは、とても良い手段だと言えます。

会社が変わることでやる気が復活し、毎日が楽しくなったという人もたくさんいます。

今の会社にこだわる必要がないのであれば、前向きに転職を考えてみましょう。

マイナスな気持ちを持ったまま過ごしていては、毎日がとても憂鬱になります。

仕事以外にも楽しみを取り入れたり、環境を変えることで、前向きな気持ちを取り戻していきましょう。

星野

仕事に行きたくないという気持ちを放置していると、いずれにしろ良い結果を生みません。考えうる対策をすべて取ったうえで、今の仕事を続けることが得策ではないと思ったら、転職を考えてみましょう。

行きたくなる仕事に出会おう。転職するときに活用できるサービス

鈴木

仕事に行きたくない気持ちがずっと続いているので、転職をすることにしました。

でも、自分に合った職場を探すには、どうしたらいいのかわかりません。

何度も転職をしたくはないのですが、ぴったりな職場に出会える方法はあるのでしょうか。

星野

転職サイトやハローワークなど、仕事を探す方法は色々ありますが、自分の力だけでぴったりの職場を見つけ出すことは難しいかもしれません。

転職探しのプロがいますので、密に連絡を取りながら転職先を探すことをおすすめします。

転職は、人生を左右するほど重要なことです。

自力でコツコツと仕事を探していても、ピッタリな職場に出会えるまでにどのくらいの時間がかかるかわかりません。

プロの力を借りながら「ここだ!」と思える勤務先を探してみましょう。

プロの目線であなたに合った仕事を。「転職エージェント」

自分の適性に合った仕事を知ろう。「転職サイトの適職診断」

もう仕事に行きたくない人に。「退職代行サービス」

プロの目線であなたに合った仕事を。「転職エージェント」

転職は、書類を用意し何度も面接に行かなければならず、とても時間がかかります。

転職サイトに掲載されている企業へ手当たり次第に応募するのは非効率で、転職先を見つけるまでに何か月かかるかわかりません。時には数年かかることすらあります。

スムーズに転職先を見つけたいのであれば、転職エージェントを利用しましょう。

自分の希望をヒアリングした上で、条件にマッチする仕事を紹介してもらえるので、より早く自分に合う企業を見つけられる可能性が高いのです。

転職エージェントの中でも、「リクルートエージェント」は欠かせません。

たくさんの企業情報を持っていますので、条件に合う企業を見つけやすくなります。

大手のリクルートが運営しており、利用者の満足度も高いのも特徴です。

ハイクラス求人を狙うなら、「JACリクルートメント」がおすすめです。

外資系や日系大手の企業が多いため、キャリアアップや年収アップを目指せます。

サポート力が強いのも、魅力の一つです。

自分の適性に合った仕事を知ろう。「転職サイトの適職診断」

本当に自分に合った仕事を見つけたいなら、適職診断を利用してみましょう。

自分の性格はもちろん、ビジネスにおける強みと弱み、仕事に求めることなどを回答することで、自分に合った仕事を知ることができます。

適職診断は「マイナビ転職」や「doda」など、多くの転職サイトで用意されており、多くのサイトは無料で使うことができます。

診断結果に合った仕事も提案されますので、転職エージェントと併せて利用してみましょう。

もう仕事に行きたくない人に。「退職代行サービス」

円満退社ができれば良いに越したことはないですが、そうではない場合は、退職手続きをするのは気まずいですよね。

そんなときは、退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行はここ数年で話題になり、サービスを提供する企業も増えてきています。

料金は各社によって異なりますが、30,000円から50,000円が相場のようです。

最後まで我慢し続けて会社に行くストレスを考えたら、安い料金と言えるしれません。自分から退職を切り出しづらい、会社へ行かず退職手続きを済ませたいのであれば、利用を検討してみましょう。

転職活動で利用できるサービスはたくさんあります。

転職エージェントや転職サイトは、複数登録した方が希望条件に合う仕事に出会える可能性が高くなります。

いくつか登録を行い、効率的に転職活動を進めましょう。

星野

仕事に行きたくないという気持ちに向き合い、対策を立てることは一つの経験でもあります。自分が何を求めているのか、どんな会社が本当に合うのかに気付くためのシグナルと言えるのかもしれません。
罪悪感を持つ必要はありません。この機に、本当の気持ちをじっくり感じてみてくださいね。