「仕事辞めたい!」と思ったら。簡単ステップで人生リセットの退職・転職ガイド

この記事でお伝えすること

・仕事を辞めたくなってしまう理由

・仕事を辞めたい事は甘えでない理由

・仕事を辞める前にすべきこと

・仕事を辞めるべきサイン

・仕事を辞めてから転職までの流れ

転職アドバイザー星野

早大卒。新卒でIT関連の大手企業に入社後、営業として活躍。5年営業として勤務した後、人事に異動。採用業務に関わる。

その後、IT企業を退職して転職エージェント運営企業に転職し、

キャリアアドバイザーとして求職者の転職を支援する。

現在は人材系コンサルティング会社で組織運営コンサルティングに携わり、人事的な側面から企業の経営をサポートしている。

趣味は読書で、週に1冊は本を読む。

求職者・鈴木

 

明治大学卒。新卒で大手製紙メーカーに入社。営業として働いているが、自分のやりたいことは何かと考えるうちに現状に対して違和感を覚え、転職活動を始める。

こんにちは!転職アドバイザーの星野です!

「仕事辞めたい」と考えている人は、

『頑張っても、頑張っても給料は上がらないどころか減らされた。』

『上司と合わない。あんな上司の下でもう働きたくない。』

『こんなはずじゃなかった。つまらない仕事よりももっとやりがいのある仕事がしたいのに。』

と悩みますよね。

星野

結論からいうと…

仕事を辞めたい気持ちを晴らすには、仕事を辞める前から転職エージェントを利用して転職活動を行うなど、自主的に行動を起こすことが大切です!

そうすることで仕事を辞めたい状態から脱し、理想の職場に出会うことが可能になります。

そこで、この記事では転職アドバイザーの目線から、「仕事を辞めたい状態から脱する方法」に関するノウハウを全てお伝えします。

最後まで読めば、仕事を辞めたい状態から脱することができて、理想のキャリアで新たなスタートを切れることでしょう。

仕事を辞めたくなる理由ランキング7

鈴木

給与も減らされてしまったし、やる気も出なくなってしまったので、仕事を辞めたいと考えています。

星野

給与を含めたお金関連のことは、仕事を辞めたくなるもっとも多い理由です。

仕事を辞めたくなる理由には何があるのでしょうか?様々な理由がある中で、どのような理由が多いのかそれぞれ見ていきましょう。

1位「お金」給与・ボーナスのカットがつらい

2位「人間関係」業務以外でのストレスフルな環境がつらい

3位「仕事内容」入社時のイメージと異なる、やりがいのない毎日がつらい

4位「労働時間」家と会社の往復でワークライフバランスが取れない日々がつらい

5位「社風」職場に馴染むことができない自分がつらい

6位「評価」正当な評価を受けられずモチベーションの上がらない日々がつらい

7位「働きたくない」そもそも人生に疲れている自分がつらい

1位「お金」給与・ボーナスのカットがつらい

仕事を辞めたい理由の1つとして、「お金」に関することが上げられます。仕事の頑張りの評価としてわかりやすいのも「お金」です。

毎日毎日頑張っているのに、給与が増えないのは、モチベーションが下がる原因になります。残業して、毎日クタクタになって帰ってきても、「給料日に支給額を見て低いと愕然としてしまいますね。ボーナスがある会社だと、月々の給与が少ない代わりにボーナス月を楽しみにしている方もいるはずです。

けれど、ボーナスカットとなってしまうと、報われなさを感じ、仕事を辞めたくなるのも無理はありません。

2位「人間関係」業務以外でのストレスフルな環境がつらい

仕事内容は好きでも、会社内の上司や同僚など人間関係の悩みがあると「仕事を辞めたい」理由に繋がります。

仕事は頑張っているのに、嫌味を言われる、激しく叱責される、悪口で盛り上がる……そんな雰囲気だと、楽しんでいたはずの仕事もストレスになりかねません。

人間関係が嫌になって、仕事を辞めたいという話も割と多いです。他の会社でも似たような仕事内容ができるとなると、仕事を辞めたくなる原因ともなります。

3位「仕事内容」入社時のイメージと異なる、やりがいのない毎日がつらい

入社時には「やりがいがありそう」「ワクワクする」と、楽しく仕事ができそうな雰囲気でいたのに、入社後に待ち受けていたのは、入社時の説明とは異なる仕事。

電話応対や、目的のわからない単純作業の繰り返しで過ぎていく毎日だと、何のために働いているのかわからなくなってしまいます。会社への不信感も、モチベーションが下がる原因となるでしょう。

4位「労働時間」家と会社の往復でワークライフバランスが取れない日々がつらい

仕事のために会社へ行き、仕事が終わってようやく自宅へ帰ると夜中だったという家と会社の往復だけで1日が終わってしまうのも、仕事を辞めたくなる原因となります。

ワークライフバランスはとても大切で、仕事とプライベートの両立ができてこそ、仕事を頑張ろうと思えたり、乗り越えようと思えます。

けれど、仕事ばかりが続いてしまうアンバランスな状況はいずれ崩れてしまいます。適切な労働時間があってこそ、しっかりと心身ともに休むことができます。

5位「社風」職場に馴染むことができない自分がつらい

入社して初めて知ることになる「社風」。会社の雰囲気になじめなかったり、自分には合わない”ノリ”を強要されるようなことは、ストレスになります。いずれ我慢は限界に達し、「仕事辞めたい」という気持ちに繋がるでしょう。

6位「評価」正当な評価を受けられずモチベーションの上がらない日々がつらい

人は正当な評価があってこそ頑張れるもの。努力や能力が正当に認められず、昇給・昇格に反映されなければモチベーションは当然下がります。「こんなに頑張っているのに」というフラストレーションは、「仕事辞めたい」という気持ちに繋がります。

7位「働きたくない」そもそも人生に疲れている自分がつらい

日々頑張っていると、心身が疲労し、働きたくなくなる時もあります。しかし、「なぜこんなに疲れているんだろう?」「なぜ、やる気がでないんだろう?」という状態を放置すると、復帰が難しくなります。

好きなように過ごしたいという願望と、家賃や光熱費などを稼がなければならないという現実的な事柄の間に生じるジレンマ。悩んで悩んで、疲れ切ってしまうこともあります。

仕事を辞めたくなる主な理由を述べました。辞めたい気持ちが強くなればなるほど毎日が辛くなるものです。誰でも1度や2度、仕事を辞めたくなる気持ちは持ったことがあるはずです。一度、その気持ちを整理してみるといいかもしれません。

【コラム】「とにかく、仕事を辞めたい。もう無理!」は甘えじゃない

鈴木

もう、今の仕事をしたくない気持ちが強いので、辞めてしまいたいのですが・・・

星野

仕事を辞めてしまいたい気持ちは決して悪いことではありません。今後の自分のキャリアを考えた時に、発展が望めないのであれば早めに次の進路に視点を切り替えることで、働く意欲が湧くきっかけになります。

会社を辞めることは、本当に甘えなのでしょうか?

皆さんは、下記の4つのうちどれか経験があるでしょうか。

  • 今の業界や職種でキャリアを積んでいくことに迷いを感じている
  • パワハラやセクハラを受けていて精神的につらい
  • 会社の将来が期待できない
  • 職場の人間関係が悪い

◆今の業界や職種でキャリアを積んでいくことに迷いを感じている場合

今いる業界や職種が本当に自分に合っているのか、やりたいことなのか。そして、今後数十年続けていけるものなのか。挑戦をしないまま終わっていいのか……と悩みはじめたら、それが転機である可能性があります。新しい世界に飛び込むのは早いほうがいいに越したことはありません。

◆パワハラやセクハラを受けていて精神的につらい場合

パワハラやセクハラなどによる精神的な苦痛を受けている場合、一刻も早く転職すべきでしょう。

なぜなら、放っておくと心身のバランスを崩す可能性もあるからです。

我慢は何の得にもなりません。

新たな職場で環境をリセットするべきなのです。

◆会社の将来が期待できない場合

「会社の売上がどんどん落ちている」「予算削減が続いている」などで会社の将来が期待できない場合も、辞めることを検討する理由になります。

自分を守るのは自分自身です。

会社が倒産しそうなのであれば、いち早く転職活動を行い、自分の生活を守りましょう。

◆職場の人間関係が悪い場合

修復不可能なまでに職場の人間関係が悪化している場合、転職してリセットするのがベストでしょう。

職場の人間関係が悪いと、円滑なコミュニケーションができず業務に支障が出るほか、孤独感を深めてしまったりと精神的にもよくありません。

努力ではどうにもならない理由で仕事を辞めたいのであれば、それは甘えではなく、選択です。

決断をして、新たなキャリアを歩みだす準備をすべきなのです。

あなたの行動のみが、状況を変えます。

退職前にやるべきこと3選

鈴木

もう、仕事を辞めたくて仕方がありません。退職したいのですが、このまま今の仕事を辞めてもいいですか?

星野

勢いに任せて仕事を辞めてしまうのは、危険です。転職活動でなかなか次の仕事が見つからないという別のストレスを抱える原因にもなるので、一度冷静になる時間をつくってみましょう。

退職したいという気持ちだけで仕事を辞めてしまうと、新たなストレスを抱えてしまいかねません。転職活動は、順調に進んでも1か月は時間が必要ですし、うまくいかないと半年以上時間を要することも。

辞めたい気持ちを一度見つめ直す時間を作ってみることをオススメします。

1まずは冷静な判断を。有給休暇の申請で日々の気持ちを見つめなおす

2客観的意見を聞いてみる。家族や友人に相談して辞めたい理由を明確に

3ダメ元でも部署異動を申し出る。人間関係や業務内容のストレス・マンネリから抜け出す

1まずは冷静な判断を。有給休暇の申請で日々の気持ちを見つめなおす

仕事を「やめる!」という決断は、一度ストップしてみましょう。有給休暇があるのであれば、仕事から離れる時間を作ってみると、気持ちの整理がしやすいです。休みなく常に仕事をしている状態であれば、気持ちが疲れ切って、柔軟な思考が難しくなります。

自分が置かれている状況や気持ちの整理をするための時間をしっかりと取ってみてはいかがでしょうか?

2客観的意見を聞いてみる。家族や友人に相談して辞めたい理由を明確に

仕事を辞めたいという気持ちを、自分の中に留めているだけになっていませんか?信頼できる家族や友人に相談してみることで、新たな視点や、これまで考えが及ばなかった盲点に気付けるかもしれません。一人で抱え込まずに、信頼できる人の話を聞いてみましょう。

3ダメ元でも部署異動を申し出る。人間関係や業務内容のストレス・マンネリから抜け出す

辞める前に、仕事や今の状況を上司に相談して、部署異動ができないか希望を伝えてみましょう。

人間関係による環境の変化や、仕事内容の変更により気持ちがリセットされて仕事を続けようという気持ちを取り戻せるかもしれません。ストレスが解消され、マンネリ化していた仕事に対する気持ちも前向きになるということもあります。

いずれの方法も、重い腰を上げることになるかもしれませんが、冷静になる時間を作ることで会社を辞めずに済むことがあります。冷静になっても、やはり仕事を辞めたい気持ちが変わらないのであれば、転職活動を行なって会社を変えることで、働く気持ちをリセットしてみましょう。

【コラム】未経験なんて関係ない。今仕事ができなくても大丈夫。転職エージェントへ相談

鈴木

経験が浅く、これといった職歴もありません。自分が別の会社へ転職できるか不安です。

星野

経歴が浅い方や未経験の方でも、諦めてしまうのはもったいないです。まずは転職エージェントへ相談ください。

未経験だから転職できないのではないかと不安になっていませんか?転職エージェントに相談することで、未経験でも自分の希望の職種にキャリアチェンジすることができます。では、どのように相談するといいのでしょうか。

転職エージェントを利用するには、転職エージェントへの登録が必要です。履歴書や職歴書を書く中で自分のこれまでの経歴を棚卸ししていきます。

次に、これからの自分の希望と未来について考えてみましょう。そうすることで、転職エージェントからの質問や紹介された仕事についても自分の気持ちを正しく伝えることができます。

今仕事ができなくても、ポテンシャルで採用される会社も多くあります。

仕事によっては、長期的キャリア形成のため年齢制限がある会社もありますので、未経験であることを理由に転職を先延ばしすると、チャンスを逃すことにもなります。まずは、転職エージェントに相談してみると解決できる可能性があります。

未経験で経歴がないからと尻込みする必要はありません。今仕事ができなくても、今後の可能性が見込まれて採用される方もいるので、諦めずに転職エージェントに相談してみましょう。

辞め時を示す3つのサイン

鈴木

仕事が嫌で仕方なく、やる気が起きません。何か良い方法はありませんか?

星野

心身を壊してしまう前に、環境や気持ちをリセットすることをオススメします。

嫌な状態が続き、強いストレスの環境下にいると、心身が壊れ、ミスが続いたり体調不良になってしまう原因にもなります。仕事を辞めたほうが良いサインが出ていないか自分自身を振り返ってみましょう。

1いくら成果を出しても、評価・人間関係と言った環境が変わらない

2業務に集中できず、遅刻や休みが増えたり、仕事でミスを連発してしまう

3電車に乗るのがつらい、何もやる気が起きない。うつ病になりそう

1いくら成果を出しても、評価・人間関係といった環境が変わらない

成果を出そうとしているのに、会社が認めてくれないとなると頑張り続ける意味がわからなくなってきます。成果を認めて評価をするのは、上司です。特に、上司との人間関係がうまくいかない状態が続いていると、環境を変えるために仕事を辞めたくなります。

どんなに頑張って数字として見えていても、昇格に繋がらず環境が変わらない状態が続くと、「これ以上成果を出しても無駄」「評価に繋がらない」という気持ちが出てきます。

2業務に集中できず、遅刻や休みが増えたり、仕事でミスを連発してしまう

仕事に集中できずにいると、小さなミスが続いて、考えられないような大きなミスに繋がります。そうなると、さらに仕事を辞めたくなり、遅刻や欠勤に繋がり、気後れからさらなるミスをするといった負のスパイラルに陥ることも考えられます。

3電車に乗るのがつらい、何もやる気が起きない。うつ病になりそう

いつも通り電車に乗っていたのが、あるときから電車に乗ることすら辛くなり、途中下車してホームで休む……やがて、仕事だけでなく、日常生活もやる気が起きなくなってくると、うつ病の兆候です。

心の体調不良は放っておくと、解決するまでとても時間がかかります。環境を変えることで、心の病気を未然に防ぐことができます。

電車に乗るのがつらい、もしくは何もやる気が起きないということに気づいたときが仕事を辞めるサインと判断して行動してみましょう。

【コラム】「仕事を辞める決意ができたら」早めに転職をして人生リセット

鈴木

仕事を辞める決意ができました!今後はどうすればいいですか?

星野

仕事を辞める決意がついたなら、早めに行動して転職するべきです。

転職サイトを見てどのような求人があるのか確認したり、転職エージェントに登録して実際に転職活動を始めてみましょう!

仕事を辞める決意ができたら、次のキャリアについて考えてみましょう。まずは、「リクナビNEXT」などの転職サイトで自分の求める条件の会社があるのか見ることをおすすめします。

次に、実際に転職活動を始めましょう。

ただし、転職活動はひとりで始めてはいけません。なぜなら、ひとりだと情報収集も選考対策も難しく、転職成功確率が下がってしまうからです。

そこで、転職活動は転職エージェントに依頼して一緒に進めましょう。

転職エージェントとは、職務経歴書の添削から面接対策、面接の日程調整や入社条件の調整まで転職の初めから終わりまで一貫してサポートしてくれる無料のサービスです。

下記の転職エージェントがおすすめなので、2、3社ほど登録しましょう。

仕事を辞める決意ができたら、どのような求人があるのかを転職サイトで確認してみましょう。その後は転職エージェントに登録して実際に転職活動をスタート。

転職エージェントにはキャリアアドバイザーという担当者がつきますが、キャリアアドバイザーは面接対策や面接のスケジュール調整などのサポートをしてくれます。最大限活用しましょう。

「目指せ円満退社」スムーズな仕事の辞め方と転職までの流れの簡単5ステップ

鈴木

すぐに仕事を辞めたいです。何か方法はありませんか?

星野

すぐに仕事を辞めて転職活動するのは、むしろ不利になります。退職している状態の人よりも現職である人の方が給与の交渉もしやすいですし、ビジネスはどこかで繋がる可能性があるので、円満退社しておくことことをオススメします。

自分自身が不利にならないための転職活動をして、退職後も会社との関係が良好な状態になるための流れを紹介します。

ステップ1働きながら転職活動。転職エージェントに相談して退職スケジュールを把握

ステップ2退職の意思表示。引き止め対策も考えて直上司に前向きな理由で退職報告

ステップ3退職日の設定と退職願の提出。退職に伴う公的手続きも同時に確認しておくと良し

ステップ4業務の引き継ぎ。業務でトラブルが起きないようにマニュアルを明文化

ステップ5退職当日。社内外への挨拶や身の回りの整理整頓

ステップ1 働きながら転職活動。転職エージェントに相談して退職スケジュールを把握

退職した状態で転職活動をすると、経済的にも精神的にも不利な状態での活動になります。可能な限り働きながら転職活動をしましょう。

働きながらの転職活動はスケジュール管理が大切です。面接は仕事の時間との調整も必要になるので、転職エージェントにしっかりと相談しながら進めていきましょう。1社のみで選考が終わるということはあまりありません。複数の会社に応募しながら選考に進み、1社に絞っていく流れになります。

ただし、面接時に「いつ頃から当社で働けますか?」といった質問がある場合があるので、事前に転職エージェントにおおよその退職までの時間を確認しておくと安心です。

退職までのスケジュールを把握しておくことで、引き継ぎなどの整理もできてスムーズな転職活動ができます。

ステップ2 退職の意思表示。引き止め対策も考えて直上司に前向きな理由で退職報告

転職までのスケジュールを把握したら、退職の意思を会社に伝えましょう。上司に話すことで退職の意思表示になりますが、「辞めないでほしい」と引き止めにあるかもしれません。引き止めにあったところでマイナスな感情をそのまま伝えると、引き継ぎまでの時間がギクシャクしたり、気持ちの良い終わり方ができなくなります。

キャリアチェンジの希望など前向きな理由を伝え、応援してくれるような関係性に繋げて退職するようにしましょう。

ステップ3 退職日の設定と退職願の提出。退職に伴う公的手続きも同時に確認しておくと良し

会社の就業規則で「退職日の1か月前までに」など、退職の希望を伝えるまでの時間が記載されています。事前に確認しておき、上司に相談のうえで退職日を決めていきましょう。

退職日が決まると次に社会保険や雇用保険など、退職に伴う公的手続きについても合わせて確認しておくことで、スムーズに退職することができます。

ステップ4 業務の引き継ぎ。業務でトラブルが起きないようにマニュアルを明文化

自分が担当する業務は誰に引き継ぐのか、上司に確認の上で後任者に引き継ぎを行います。何を引き継いだのか第三者からみて分かるよう、引き継ぎ内容のチェック項目をリスト化して、後任者と確認しながら引き継いだ項目にチェックをすることをオススメします。

この引き継ぎのチェック項目で「引き継いだ」「引き継いでいない」というトラブルを防ぐことができます。

また、引き継いだ時は後任者が理解していても、時間が経過すると忘れてしまうことが起こり得ます。マニュアルを準備して明文化しておくことで、退職後に確認の連絡が来るなどを避けることもできます。

引き継ぎを怠ると、のちのちトラブルが発生することもありますので、しっかりと行うようにしましょう。

ステップ5 退職当日。社内外への挨拶や身の回りの整理整頓

いよいよ退職日当日。元の職場がのちに、取引先になるということも十分に考えられます。未来の自分を苦しめないために、退職の挨拶はしっかりとしておきましょう。

社内で関係の深い人には面と向かって挨拶をして、関係性が深くない方に向けてはメールにて挨拶を済ませておくといいでしょう。社内だけでなく、社外の方にも後任者の紹介と合わせて退職の挨拶を済ませておくと、後任者もスムーズに業務に取りかかれます。

また、自分のデスク周りやロッカーなど身の回りの整理はしっかりと行い、私物の持ち物は退職日当日までに持ち帰るようにしましょう。

仕事は様々な関係性で成り立っていますので、退職後にしばらくして、元いた会社とビジネスすることは十分考えられます。どんな理由であっても円満退社しておくことが未来の自分の可能性を広げることに繋がりますので、引き継ぎや挨拶など基本を徹底して気持ちの良い終わり方をしておくと良いでしょう。

【コラム】「上司が怖い」「どうしても辞められない」退職代行サービスもアリ?

鈴木

上司に「辞めます」なんて、とても言える関係性ではありません。何か良い方法はありませんか?

星野

上司の圧力や引き継ぎ相手がいないなどの理由で、仕事が辞められないという話があります。基本は、上司に退職の意思を伝えて引き継ぎを行なってからの退職です。

しかし、最近話題にもなりましたが、どうしても辞められない場合の最終手段として、退職代行サービスを利用するのも一つの手段です。

退職代行サービスをご存知でしょうか?会社を辞めたいのに辞められない場合に、退職に伴う手続きを代行してくれるサービスです。どのようなサービスか紹介します。

会社を退職する場合、会社から借りているパソコンやスマートフォンなどの貸与品は返却しなければいけませんし、社会保険や健康保険の手続きや離職票の受け取りといった事務作業も発生します。

本来であれば、会社へ直接伝えて退職手続きを行うのばベストです。けれど、会社の上司と話をしたくないなど会社に退職の意思を伝えづらく、連絡すらも取りたくないなどの理由で退職の手続きが難しい場合には、退職代行サービスを利用するのも一つの手段です。

退職代行サービスとは、退職したいという連絡をするだけで、退職による手続きを全て代行してくれるものです。会社との連絡は一切する必要がなく、即日での退職が可能です。

料金はもちろんかかりますが、やむを得ない事情で退職ができないという理由がある場合は、退職代行サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

退職の基本は自分で意思表示を示してから進めるものですが、パワハラなどやむを得ない事情で手続きが難しい場合、退職代行サービスを利用することも考えてみましょう。