北海道で転職するなら知っておきたい転職を成功させる全知識

転職アドバイザー・星野

早大卒。新卒でIT関連の大手企業に入社後、営業として活躍。5年営業として勤務した後、人事に異動。採用業務に関わる。
その後、IT企業を退職して転職エージェント運営企業に転職し、キャリアアドバイザーとして求職者の転職を支援する。
現在は人材系コンサルティング会社で組織運営コンサルティングに携わり、人事的な側面から企業の経営をサポートしている。趣味は読書で、週に1冊は本を読む。
求職者・鈴木

明治大学卒。新卒で大手製紙メーカーに入社。営業として働いているが、自分のやりたいことは何かと考えるうちに現状に対して違和感を覚え、転職活動を始める。
現在妹も人生初の転職活動中で、色々と悩みを抱えている様子。兄としてサポートしてあげたい!と考えているようです。

「北海道で転職したい!」
このように思っていてもなかなか行動に移せない人も多いのではないでしょうか?その理由はとてもシンプルで、あなたが転職に関する知識があまりないからです。
この記事では、北海道で転職するために必ず知っておきたい知識を全てまとめました。最後まで読んで行動していただけたら、あなたの望み通りの転職活動ができることをお約束いたします。

北海道で転職する特徴

北海道での転職は、広い大地や観光地であることから、運送業やサービス業の需要が高いと言えます。また、東京などで大学を卒業した方のUターンとして、地元に帰る人もいますが、都会の喧騒から離れて、自然豊かな土地で暮らしたいと考える方のIターン先にもなっています。
北海道といっても地域がとても広いですが、企業が集まるのは主に札幌市内です。ですが、札幌市よりも他の地域の方が有効求人倍率が高く、競争率が激しいです。
札幌での転職は、少々厳し目と言えるでしょうが、北海道全域で見ると観光に関わる職業の求人は多いです。

北海道で転職するメリット

北海道で転職するメリットとしては以下の5つが挙げられます。

check
北海道で転職するメリット

  • 通勤ラッシュから解放される
  • 生活費が安い
  • 看護師の求人の場合、高給である
  • 病院数が多いので医療職は転職しやすい
  • ストレスフリーな生活
1つずつ詳しく解説いたします。
●通勤ラッシュから解放される
特に東京などの大都市で生活している方が、ほぼ毎日通勤時間にストレスを感じるのが通勤ラッシュです。北海道では、東京ほど電車は発達していませんが、地下鉄もバスも地方都市としては比較的発達していますし、マイカー通勤可能な職場も多いです。
毎朝、毎晩、電車にすし詰めになって会社と家を往復するストレスから解放されますので、気持ち良く仕事をスタートできるでしょう。
●生活費が安い
都会に比べると、北海道の生活費は大都市に比べるとまだまだ安いです。電気代やガス代は、比較的割高ですが、アパートなどの居住費や食料品はかなり安いので、独身の方ならば食費も安くですみます。
アパートは札幌市内の場合、1DKでも4万円代で住めます。
東京の場合、地域によって大きな差がありますが、通勤に便利なエリアに住む場合は10万円代を軽く超えます。23区外でも6万円以下の物件はほとんどありませんので、北海道のアパートの安さは魅力です。
●看護師の求人の場合、高給である
北海道で看護師として働く場合、他の業種よりも比較的高給です。
東京よりも、年間80万円ほどの差はありますが、病院の数自体が多いので、求人も多く転職しやすいという利点もあります。他の地方都市で働くよりも、北海道の方が看護師として働くにはお給料が良いです。
●病院数が多いので医療職は転職しやすい
北海道の人口の3分の1は札幌に集まっています。
また、北海道は病院数も全国で2番目に多いので、それだけ医療職の方は求められる傾向にあります。医療に隣接する福祉関係の仕事も多いので、資格を持っている方は転職しやすいといえます。
●ストレスフリーな生活
大自然に囲まれており、同じ北海道内でもあちこちに観光スポットがあるので、余暇を十分に楽しめます。
都会の喧騒から離れたい方、自然豊かな場所で子育てをしながら働きたい方にはおすすめです。

北海道で転職するデメリット

北海道で転職するメリットとしては以下の4つが挙げられます。

check
北海道で転職するデメリット

  • 求人数が少ない
  • 職種の幅が狭い
  • 年間所得が下がる可能性がある
  • 運転免許が必要になることもある
1つずつ詳しく解説いたします。
●求人数が少ない
特に大学などを北海道以外で卒業し、そのままその土地で就職した人が北海道へUターンする場合に悩むのが、「求人数が少ない」ということです。
北海道労働局の統計を見ると、平成28年度では全国の有効求人倍率は1.25でした。
北海道全域ではそれを下回り、1.04です。県庁所在地である札幌は、室蘭や網走といった地方都市よりも低く、1.06しかありません。ちなみに北海道全域でも、平成27年度以前までは、有効求人倍率が1未満でした。
人口が多い割に、札幌市内での職探しは難しいといえるでしょう。
●職種の幅が狭い
北海道で働く場合、特に事務系の仕事を探すのは困難です。北海道の転職に強いサイト「ジョブキタ」などを見るとわかりますが、ドライバーや飲食や販売といったサービス業の求人が多くあります。
また、工場系勤務、土木建築なども400件以上と多いですが、事務系の求人は北海道全域でも250件程度です。以上のことから、特に女性で経理などの経験を生かした事務職に転職するのは、比較的難しいといえます。
●年間所得が下がる可能性がある
厚生労働省の都道府県別賃金水準を見てみると、北海道の平均賃金は年間267.6万円です。宮城県でも280万円を超えていることから、人口が多い割には所得が少ないのがわかると思います。実際に、年間所得の平均額が300万円を超えるのは、東京や近郊の関東圏、愛知、大阪などの大都市に限られます。
現在、こうした都会で働いている方は、北海道で転職する場合50万円以上年収が下がることもありえます。
●運転免許が必要になることもある
都会で働いている方は、電車通勤をするのが当然になっているでしょう。営業の方などは、車を使うこともありますが、電車の方が早いので、営業マンでも電車で客先周りを行うことができます。
ですが、北海道は広いので、運転できないとお客様のところへ行くことが難しいです。
また、ドライバーの職が多いため、そういった職に転職する場合は必然的に運転免許を取らざるをえません。

北海道の平均年収

年収ガイドによると、2016年の北海道の平均年収は約「417万円」という統計が出ています。つまり、日本全国での平均年収は「420万円」であるため、全国平均をやや下回るデータとなっています。
また、2016年に男性と女性では次のようになっています。

平均 男性 女性
月給 29万円 32万円 23万円
ボーナス 66万円 75万円 50万円
年収 417万円 464万円 332万円

 

北海道における求人倍率

リサーチfunjobの統計データによると、北海道での求人倍率は「1.13倍」となっています。
ちなみに日本全国平均では「1.43倍」となっているため、北海道の求人倍率は全国に比べて低めであると言えます。
北海道は広いため、地域によってもかなりのばらつきがあります。
室蘭などは有効求人倍率が1.25と道内でも比較的高めですが、札幌など有効求人倍率が低い地域も多いので、平均するとやや低めになってしまいます。

北海道で転職しやすい職種

北海道は、広大な土地を有していますので、運送関連の仕事は見つかりやすいです。
また、観光スポットが多いので、移動手段としての観光バスやタクシーなども需要が多くあります。
同じく観光地での飲食店、旅館、土産物屋などサービス業の求人は比較的多いです。

ドライバー

北海道は観光地が各地にあり、近年は外国人観光客も多いので、建設ラッシュも進んでいます。
道内だけでもとても広いので、長距離のトラック運転手はかなり求人が多いです。利用者の多い観光バスのドライバーや観光タクシーなども求人が多いため転職しやすいです。

飲食・サービス業

宿泊業は少々減少気味ですが、観光産業が盛んなため、飲食店などのサービス業は獣人数が増加傾向にあります。
北海道は、特に雪を見たことのない台湾の方にとって人気の観光地として、近年注目されていますので、さらに国内外からのお客様が増えることでしょう。

北海道での転職を成功させるポイント

北海道での転職を成功させるにはいくつかポイントがあります。

check
北海道転職を成功させる4つのポイント

  • 会社を辞める前に転職活動を行う
  • Uターン・Iターンフェアを活用する
  • 資格を取得しておく
  • 転職エージェントを利用する
1つずつ詳しく解説いたします。

会社を辞める前に転職活動を行う

どこでも、転職する際に必ず守ってほしいことがあります。
それは、「会社を辞める前に転職活動を行う」ということです。
なぜならば、以下の3つの理由があるからです。

check
会社を辞める前に転職活動を行うべき3つの理由

  • 金銭的にも精神的にもゆとりをもった転職活動ができる
  • 転職先企業の労働状況・就労環境を垣間見ることができる
  • うまくいかなかったとしても無職にはならない
●理由①:金銭的にも精神的にもゆとりをもった転職活動ができる
会社を辞めた後に転職活動を行い、思うように職が決まらなかったとします。すると生活費や交通費など転職活動にかかる費用が膨らんでいき、一刻も早く職を決めなくてはと焦りが生じるでしょう。
一方、北海道の転職市場は前述のとおり、日本の他の地域よりも厳しめ。一般的に転職活動は早くても3か月程度の時間を見積もるべき。北海道ではもっと時間がかかるかもしれません。
「焦って仕事を決めた結果、自分に適性のない職種へと転職してしまった」という事態にならないように、当面の仕事をキープした上で転職活動を始めるべきです。「どうしてもいまの仕事を一刻も早く辞めたい」という場合は、最低でもアルバイトで食いつなぐことができる程度の環境は整えておいてください。
●理由②:転職先企業の労働状況・就労環境を垣間見ることができる
特に事務系などオフィスワーク系の転職を希望している方は、籍を残しながらの転職活動は「転職先の労働環境を垣間見る」機会になり得ます。
いま勤めている会社に在籍したまま転職活動をする場合、実際の面接は「労働時間外」に行うことになります。即ち基本的に面接が行われるのは早朝か、夜間か、休日となります。
職種がオフィスワークであるにも関わらず、早朝や20時以降のオフィスに妙に社員が多い。休日であるにも関わらずオフィスにたくさん人がいる。こういった場合、その会社はブラック企業である可能性が高いです。
無論、もしもあなたがエンジニアや接客など、必ずしも9時~18時や10時~19時の仕事に就くとは限らない場合は面接時間帯の「オフィスの様子」は参考になりません。その場合「面接官以外の顔色」を見るようにしてみてください。
従業員に覇気がない場合も、その会社の就労環境の悪さが疑われます。
●理由③:うまくいかなかったとしても無職にはならない
籍を残しながら転職活動をする最大のメリットです。転職活動に失敗しても無職にはならないので、転職活づがうまくいかない場合は自分のスキルを磨きなおしてから、再チャレンジしてみてください・

Uターン・Iターンフェアを活用する

例えば、神奈川や埼玉、千葉に住んでいて東京の会社の説明会に行ったり、面接を受けるのは簡単です。
関西でも京都に住んでいて、大阪の会社を受けるのも比較的楽です。一日に複数の会社を受けることも可能ですし、帰宅できます。
しかし、北海道となると、かなり遠方のため、毎回面接のためだけに北海道に行くことは経済的にも厳しいでしょう。
泊りがけになると、今働いている方はどうしても休まざるをえません。
そこで、Uターン・Iターンフェアを活用すれば、東京などにいながら北海道での転職先を探すことが容易です。
北海道の企業が一度に集まるだけでなく、Iターン希望者には定住化のサポートや、北海道の魅力を伝えるコーナーもありますので、北海道出身者以外にとっては生活上で困らないための知識も教えてもらえます。
交通費の節約になるだけでなく、仕事以外の文化なども教えてもらえるのは一石二鳥と言えます。

資格を取得しておく

北海道で、専門職として手に職をつけるなら、介護や医療福祉関係がおすすめです。
先にも述べたよう、病院数が多いため、医師や看護師の有効求人倍率は比較的高い水準となっています。
これらの職以外でも、介護職や医療事務など病院や施設に関わる仕事ならば、一定の求人数があり、なおかつ一生涯の仕事として安定した生活ができます。
特に介護事務、医療事務、ソーシャルワーカーなど比較的短期間でとれるものならば、今の仕事を続けながら独学やスクール通いで取得できますのでおすすめです。それ以外の職種の場合、建設業やドライバーなどの求人が多いです。
ここで役に立つのは、フォークリフトや運転免許などです。フォークリフトも免許としてはかなり短期間かつ安価で取れますので、建設業での転職を考えている方は取っておくと良いでしょう。

転職エージェントを利用する

転職に成功するには、より高度な転職に関する知識が必要となります。
そのため、転職サイトを使って自分で求人を探していては、面接対策や職務経歴書の正しい書き方や業界の専門知識の多い転職プロもいるので、数十社受けても1社通るかどうか怪しいところです。
しかし、転職エージェントではあなたの代わりにスケジュール管理や求人の紹介、面接対策や書類の添削など、転職に関わる様々な業務を無料でこなしてくれます。
さらにあなたを担当する業界に詳しいコンサルタントもつき、応募先の人事が好きな人物像も教えてくれたりします。
ここまでしてもらえると書類審査の通過率や面接の合格率なども上がり、あなたの転職が成功する確率は格段に上がることをお約束いたします。
以下に北海道転職に強い転職エージェントをご紹介いたしますので、あなたに合った最高の転職エージェントを見つけましょう。

北海道転職に強い転職エージェント

北海道に特化した転職エージェントは、主にジョブキタやリージョナルエリア北海道などです。
これらのエージェントは、北海道の求人を細かなエリア別で探せるほか、Iターン希望者への手厚いサポートも充実していますので、初めて北海道へ行かれる方も安心です。
また、リクルートエージェントは北海道だけに限りませんが、専門のスタッフが丁寧にコンサルティングをしてくれますので、成約率の高さと実績で、北海道での転職にも強いです。
そこで、これだけ登録しておけば失敗しない、という転職エージェントを3つご紹介いたします。

リクルートエージェント | 業界トップ数の求人数と札幌駅から近い!


リクルートエージェントは、数ある転職サイトの中でもトップの獣人数を誇ります。
求人の90%以上は非公開求人なので、登録して初めて応募することが可能な企業も多いという点から、実は採用活動を行っている企業を見ることができます。
また、札幌の支店も駅から3分とかなり近くアクセスが良いので、すでに北海道に住んでいる方は支店に立ち寄るのもとても便利です。
様々な業界や、年代に対応していただけますので、成約率の高さもトップクラスです。

詳しい特徴・評判を確認

公式サイトへ

ジョブキタ | 北海道に特化した転職エージェント


ジョブキタは、北海道にある求人だけを探せる転職サイトです。
北海道の求人だけを載せているので、効率よく道内の仕事が探せます。
職種だけでなく、エリアも札幌からオホーツクまで幅広く網羅しています。
また、北海道の道内環境特集なども充実していますので、Iターン希望者などは不動産の紹介も行ってもらえるという嬉しい特典もつきます。
北海道へのUターンやIターン希望者は登録してみてはいかがでしょうか?

公式サイトで登録

リージョナルキャリア北海道 | 30代からの転職に強い!


リージョナルキャリア北海道は、「暮らしたいところで思い切り働く」をテーマにしており、大都市圏から北海道へのIターンやUターンをバックアップしてくれるコンサルタント会社です。
北海道に根ざしたコンサルタントが丁寧にサポートをしてくれますので、初めて北海道へ行く方も安心です。
また、北海道での30代以上向けの案件や、管理職案件も300件以上ありますので、30代の方は登録してみてはいかがでしょうか。
年収も北海道の平均より100万近く高い案件も揃っていますので、管理職を目指す方にも適しています。

公式サイトで登録

まとめ

いかがでしたか?
北海道で転職する際に必ず押さえておくべきポイントを全てお話ししました。
その中で最も重要なのが、転職エージェントを利用することです。
まずは以下の3社を利用してみて、ダメだったら他の転職エージェントを利用するといった方法を取れば最短で転職が成功できるでしょう。

check
  • ジョブキタ
  • リクルートエージェント
  • リージョナルキャリア北海道
あなたの転職活動が成功することを心から祈っております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *